ブログネタ
NBA に参加中!
ブレーザーズ105-99ネッツ
ブルズ102-93キャヴス
ナゲッツ119-113サンズ

☆本日のハイライト

・キャヴス、ブルズに思わぬ1敗
・ナゲッツはカーメロ抜きでOT勝利
ブレーザーズのブレイク、7〜10日間欠場



キャヴスがブルズに負ける度にこの「ザ・ショット」が思い浮かぶ私はオッサンファンです(笑)。まあ今では23番を背負ったスーパースターはブルズではなくキャヴスの方にいる訳なんですが。ああ、歳月の流れるのは早いですなぁ。

http://www.orlandosentinel.com/sports/basketball/magic/orl-sportsmnotes14011409jan14,0,1967447.story

さて、今日のキャヴスの負けによりセルティクス共々3チームイーストの同率首位に立ち、優勝の可能性さえ見えてきて大フィーヴァーなオーランドですが、この記事に注目です。記事タイトルはあくまでスミスGMが「セルティクスとレディックのトレード話なんてしてないプー」という話なんですが、真に注目するべきはそちらではありません。記事二段目、「Magic want Turk to stay」、こっちです。

散々言われている通り、タコルーは今季を終了すると残り契約期間は1年。ですが、オプション行使でFAになれるのですね。タコルーもアラサーとなり、長期大型契約ゲットは恐らくこのオフがラストチャンスなのです。タコルーがオプション行使しても再契約するかについて尋ねられたスミスGMは「そのつもりだ」と答えた後、「分からない・・・それはヒド(・タコルー)が考えないといけないことだよ」となにやらはっきりしない物言いです。

http://hoopshype.com/salaries/orlando.htm

そりゃあそうで、マジックの来季サラリー総額はどえらいことになってます。タコルーの新契約は恐らくマゲッティーの5年5000万ドルに近しい線と見られており、タックス支払いの可能性はいよいよ高まってきました。まして、今のアメリカは100年に1度の大不況を起こした震源地なのです。果たして親会社がキャップオーヴァーに伴うタックスの支払いを認めるか、非常に微妙なところですよね。再契約出来ないなら今季のトレードデッドラインまでに話を纏めてトレード・・・という選択肢も頭を掠めます。

が、チームのこの状況を考えるとロスターの大幅な変更、まして主力の1人たるタコルーを放出する事は非常にリスクが高いです。なるほど彼以外にも3ポイントシューターはいますし、クラッチタイムには今やネルソンも台頭しています。タコルーがいなくなってもルイスが先発SFに入れば問題は無いように思われますね。しかし、ポイントフォワードとしてのタコルーの働きを他の誰かに置き換えるのは相当難しいように思われます。時に手薄なPGに代わってボール運び、ドワイトへのアリウープパス、そしてクラッチシュートと非常にオールラウンドなプレーをしている今のタコルーの価値はマジックにとって非常に大きいと言えるでしょう。

ということで、大変ではありますがこのままタコルーをキープ→ボガンズやクックを放出して少しでもタックス増を押さえた上でタコルーと再契約、の流れでお願いしたいなと思う次第です。

ああ、言い忘れましたがスミスGMはタコルーの代理人、ロン・バビーとトレードデッドラインまでに話し合う模様です。再契約への合意、何卒お願いしたいところですね。

banner_03

ユウキ食品 トルコ風レンズ豆スープ 70gユウキ食品 トルコ風レンズ豆スープ 70g
販売元:ユウキ食品
クチコミを見る