ブログネタ
NBA に参加中!
ウィザーズ123-104ネッツ
シクサーズ121-115ニックス
キャヴス90-79ボブキャッツ
バックス96-85ピストンズ
スパーズ113-94キングス
ロケッツ111-107ブレーザーズ
マヴス93-84クリッパーズ

☆本日のハイライト

・キャヴスのウエスト、戦線復帰
ネッツのハリス、右足鼠径(そけい)部を痛めて1週間は欠場の見込み
マーブリー、ニックスのホーム初戦を見に来るも途中退場

久々のマーブリーさんはスパイク・リーの数席隣に陣取ってライヴカメラを回しながら観戦を始めるも、そのカメラで他の客が試合を見難かった上に、席を間違えて座っていたんだそうで。タイムアウト中に従業員に席を動くように言われ、マーブリーは結局マディソン・スクエアガーデンを後にしたのだそうで。それって場所を間違えたのを認めたくないプライドの高さ故でしょうかね。何と言いますか、相変わらずですな。

さて、今日の試合はなかなか個人得点にハイスコアが並びました。テキトーに並べてみましょうかね。

ロイ(POR)42得点
ハリントン(NYK)42得点
アリーザ(HOU)33得点
アリーナス(WAS)31得点
イグオダラ(PHI)31得点
ガリナリ(NYK)30得点
ブラッチェ(WAS)30得点
マーティン(SAC)29得点
ブルックス(HOU)28得点
アルドリッジ(POR)27得点
L.ウィリアムズ(PHI)27得点
ケイマン(LAC)27得点
ゴードン(DET)26得点
C.ダグラス-ロバーツ(NJN)25得点
ジェニングス(MIL)24得点
パーカー(SAS)24得点
ノヴィツキー(DAL)24得点

ノヴィツキーやパーカーといったオールスター級、アリーナスのような復活組に混じって新たな名前が入りつつありますね。注目なのは次代のオールスターへの道を確実に歩んでいるアルドリッジ、ロケッツでゴートゥガイという役割を目指すアリーザ、3年目でシクサーズを牽引するPGに成り上がれそうなルイス・ウィリアムズ、2年目にして台頭するか注目のガリナリ、ネッツで遂に先発の座を掴んだダグラス-ロバーツ、そして1年目にして早くも才能の片鱗を見せつつあるジェニングス。

ジェニングスって高校出て1年ユーロで修行しただけのキャリアですからね。それで2試合平均20.5得点5.5リバウンド6.0アシスト1.5スティールとか半端じゃありません。正直マーブリー化を心配していましたが、このまま行くとバックスの未来を背負う大黒柱になる可能性すらありますよ、これは。新人王争いはグリフィン1択で無風状態かと思っていましたが、これはもしやのダークホース現る、かも知れませんね。

banner_03

【送料無料】SPALDING 2panel NBA Game Ball スポルディング 2パネル NBA ゲーム ボール Size:7
【送料無料】SPALDING 2panel NBA Game Ball スポルディング 2パネル NBA ゲーム ボール Size:7