ブログネタ
NBA に参加中!
マヴス106-101グリズリーズ
ホークス110-98ペイサーズ
ロケッツ98-93ネッツ
サンダー98-91ボブキャッツ
ウルヴス101-89ウィザーズ
ブルズ96-85ホーネッツ
スパーズ112-97バックス
ジャズ97-76シクサーズ
レイカーズ112-103キングス
ウォリアーズ132-127サンズ

☆この日のハイライト

・レイカーズ、ガソルのOT執念の同点劇→2OTで圧勝
因みにアーテストは自宅で脳震盪&左肘を痛めてチームに帯同せず
・ウォリアーズ、ハイスコア合戦に勝って連敗を7でストップ
・その頃ネッツは連敗を9に伸ばしていた

腰を痛めてました。いえ、T-MACじゃなくて私がですおかげで土曜から日曜半ばまで更新出来ず、今にしてようやっと更新とかレスとか出来てる訳です。皆さん、私に医療費のカンパとしてアフィリエイトをw

冗談はさておき、こういう事を経験すると故障で長期欠場を余儀無くされる選手達の気持ちが分かりますね。オデン君やT-MAC、かつてのヒル、みんなこんな思いをしたんかなぁと。皆、応援してるチームの選手が長期欠場したからって責め立てちゃいけませんよっと。

http://sports.espn.go.com/nba/news/story?id=4772672

さて、今回の話題はその長期欠場者にして現在NBA最高年俸受領者、そしてネッツに9連敗をプレゼントしたチームに所属する方です。T-MACさん、エイデルマンHCに「もっと出場時間キボンヌ」とネゴシエーションするもエイデルマンがこれを拒否、T-MACはなんと単身ヒューストンの自宅へ帰ってしまったのです。息子の誕生日を祝うという話はあるにせよ、タイミングからしてどう見てもそれだけの理由で試合を休む訳はありません。つーか、このパターンは今季メンフィス方面で見たばかりですね。ええ、今は古巣シクサーズへ戻ったA.I.さんです。

そもそも現状のT-MAC7分前後起用というのはT-MAC自身の希望ではありません。実は彼を試合に復帰させたのはエイデルマンHCの意向です。そのため、この起用自体がT-MACをトレードに出すためのショーケースだという見方も一部でありましたが、これはロケッツ側が否定しています。まあエイデルマンHCにしてみれば、自分で良しと思ってT-MACを試合に出してみたらそのT-MACが調子付いてしまった訳ですからまあ困りますよね。

エイデルマンHCが気にしている事は言うまでもなく故障の再発です。今はリハビリ的に出場させて様子を見ている以上、エイデルマンの中でもT-MACを使いたい気持ちはあるでしょう。この件に関するエイデルマンの発言はこんな感じです。

"You know, he was a great player, and you could go and run the offense through him and all the other guys benefited from it. But now if you're going to do that, because of the injury and the rehabilitation coming back, he suddenly can't do that and we can't go to that. And now that that's happened, it's tough. So we're trying to see if we can't keep a flow where he can still get his touches yet we don't have to put the whole onus on him right now, and that's the dilemma. We need to play a certain way, and he needs to get a feel for what we're doing. And we knew it was never going to be easy."

要するにT-MACは凄いプレーヤーだったけど、彼を中心にオフェンスを組み立てて、また彼が故障でいなくなるとキツイ、という事ですね。A.I.さんもそうでしたが一度フランチャイズプレーヤーだった選手がそれ以外の役割、まあはっきり言えばサポーティングキャスト役を引き受けるのは大変難しい事です。グラント・ヒルさんやラシードはそれを受け入れて今それぞれのステージで頑張ってますが、A.I.もT-MACもまだそれは難しいのかなと思います。特にT-MACはまだ30才と若いですし、この前のカーターとのオーランドでの再会がむしろ彼のプライドを甦らせてしまったのかも知れません。

正直現時点では情報が少なく、T-MACがアイヴァーソンと同じ運命を辿るかは定かではありません。ただアイヴァーソンと違ってマックス契約最終年のT-MACはそう簡単に他球団には移れないと思います。タックス空け狙いで取りに行く球団が現れるか、それともバイアウト待ちかという感じですかね。私はどこの球団も、どこかが彼をトレードで引き取って契約をバイアウトしてくれるのを待っている気がします(笑)。で、どこも引き取らずにそのままロケッツで契約終了・・・ってのもありそうな話ですね。

T-MACの健康がどこまで回復しているか次第とはいえ、彼の去就がリーグのバランスに影響を及ぼす可能性も無くはありません。続報を待ちつつ、かつてはコービーと並び称されるかと思われた元スーパースターの今後に注目しましょう。

banner_03

ファン必見!あの人気NBAプレイヤーが財布に! Houston Rockets /Tracy McGradyプリント財布 2つ折りタイプ【トレイシー・マグレディー】
ファン必見!あの人気NBAプレイヤーが財布に! Houston Rockets /Tracy McGradyプリント財布 2つ折りタイプ【トレイシー・マグレディー】
NBA トレイシー・マグレディ パーフェクトストーム Tシャツ adidas Houston Rockets Tracy McGrady Perfect Storm T-Shirt
NBA トレイシー・マグレディ パーフェクトストーム Tシャツ adidas Houston Rockets Tracy McGrady Perfect Storm T-Shirt
NBA Hard Wood ClassicsLady's Full-Zip Wind Jacket (中綿なし)(Houston Rockets/Black)
NBA Hard Wood ClassicsLady's Full-Zip Wind Jacket (中綿なし)(Houston Rockets/Black)