ブログネタ
NBA に参加中!
http://sports.espn.go.com/nba/news/story?id=4938804

皆さん、ハワードと聞いたら最初に誰を思い浮かべるもんなんですかね。私含めマジックファンにとっては勿論かのスーパーマン一択なんですが、NBAファンとなるとドワイト、ジョッシュ、そして古株ファンならジュワンまででしょうか。関係ありませんが米YahooかESPNのどちらかのヴァンクーヴァー五輪記事の執筆者に、「ハワード・ブライアント」という、NBAファンなら一瞬目を剥きそうな名前の方がいらっしゃいましたよ。何その究極のオールラウンダーみたいな名前。まあ私も先日の男子フィギュアの判定がアレかなと思って流し見しただけなんですけどね。

話が逸れました。先の駆け込みトレードの一環でマヴスからウィザーズへとトレードされたジョッシュ・ハワードが左膝前十字靭帯を痛め、今季を終える事となった、これが主題です。こうなってみるとマヴスのトレードは神ムーヴですね。まあ近年のジョッシュ・ハワードを見ていれば彼の故障の多さは明らかでしたし、またアリーナスじゃありませんが何気に謎の言動もありました。マヴスが彼のトレード放出を考えていたのは今回が初めてでは無かったはずです。確かにタイミングは神がかってますが、まあ最近のジョッシュならありそうな事態ではあります。

また、ウィザーズ側もこれでジョッシュへのチームオプションを行使しない方向が明確に示せるのではないでしょうか。確かにジョッシュは有能なプレーヤーですが、「無事これ名馬」という言葉通りでして、やはり健康でプレーしてくれない事には始まりません。ドワイトの鉄人28号振りが有難い訳ですね。また、ウィザーズは変人奇人の扱いはアリーナス1人で十分持て余していると思うんですよ。これ以上トラブルメーカーを増やしたくは無いでしょうね。ま、もしかしたらアリーナスとジョッシュ、変人同士で異常に気が合う可能性もありますけど(笑)。

ともあれ、ジョッシュには厳しい'10オフが待っている事だけは確実でしょう。大物FA選手達の行き先が落ち着いた後に、彼らを取り損ねたチームか、ベンチの層をお値段安目で厚くしたいチームがディスカウント価格で取りに来るぐらいじゃないでしょうか。

しかし、近年の故障の多さを考えるなら、むしろジョッシュはベンチから出場時間短目で出た方が良いんではないか、とも思えます。能力は確かなのですから、まずは故障を治して今オフ、来季に備えて欲しいところです。

banner_03


ソウルイーター 16 (ガンガンコミックス)ソウルイーター 16 (ガンガンコミックス)
著者:大久保 篤
販売元:スクウェア・エニックス
発売日:2010-02-22
おすすめ度:3.5
クチコミを見る