ブログネタ
NBA に参加中!
ヒート(1勝)101-92セルティクス(3勝)
キャヴス(3勝)121-98ブルズ(1勝)
スパーズ(3勝)92-89マヴス(1勝)
ジャズ(3勝)117-106ナゲッツ(1勝)

☆本日のハイライト

・レブロントリプルダブル、キャヴス完勝で王手
・ヒートはウェイド46得点で敗退を回避
・マヴス&ナゲッツ、揃って王手をかけられる

さて、経過はそれぞれ違いますが、本日1勝3敗に追い詰められたチームが4つ並びました。ブルズは仕方無いです。むしろよく1勝した!と評価したいレヴェルですね。問題はあと3チーム、ヒート、マヴス、そしてナゲッツです。私、正直言いますがこんな早い段階でこの3チームが奈落の縁をさ迷う事になるとは思ってもみませんでした。

ヒートはこの惨状でもなお、「ウェイドは残るだろう」とアロンゾ・モーニングが言ってますね。ま、今のヒートはシャック移籍後のレイカーズと同じようなものですね。コービーがガソルを得て頂上へ返り咲いたように、まともなビッグマンさえ加入すればたちどころにヒートの状況は好転するはずです。

問題はむしろ、マヴスとナゲッツですね。いや、どっちも手強い相手に当たったと思いますよ。思いますけど、あんたら打倒レイカーズを誓ったチームでしょうよと。確かに第2シードなのにスパーズにぶち当たったマヴスにも、カールHC不在のナゲッツにも同情はしますが、五輪フィギュア女子と違って同情じゃ何も勝ち取れませんからね。

昨季カンファレンスファイナルまで辿り着いたナゲッツが今季は1stラウンドで撃沈の恐れとは、ワイルド・ワイルド・ウエストの極みですね。しかし、真にヤバイのはまたしてもアップセットの危機にあるマヴスでしょう。相手がスパーズだとはいえ、'07年のウォリアーズ戦以来のアップセット再来となると流石にチームのトラウマになりかねません。

なお、0勝3敗からシリーズを制したチームはNBA史上皆無、1勝3敗からひっくり返したチームは通算8チームのみ。0勝3敗から1勝のヒートは流石に無理な気もしますが、最後までベストを尽くして頑張って欲しいものです。

同じ崖っぷちでもまだ失うものの少ないブルズ、ウェイドの身の振り方がむしろ心配なヒートに対し、敗退したらなかなかダメージの大きそうなマヴスとナゲッツ。チームの数だけ、選手の人数だけプレーオフにはドラマがありますねえ、と綺麗に纏めておきましょう。

banner_03

MJQMJQ
アーティスト:モダン・ジャズ・クァルテット&ミルト・ジャクソン・クインテット
販売元:ユニバーサルミュージック
発売日:2010-06-16
クチコミを見る


あひるの空(27) (講談社コミックス)あひるの空(27) (講談社コミックス)
著者:日向 武史
販売元:講談社
発売日:2010-04-16
おすすめ度:5.0
クチコミを見る