ブログネタ
NBA に参加中!
さて、「レブ論」シリーズはまだ続きがありますし、他にもあれこれ道半ばなプロジェクトを抱える私はブログ終了してる場合じゃねえ!とAA略で2階へ駆け上がりたいぐらいですが、悲しい事にいつの間にか更新が止まっているブログが世間には少なくありません。学生さんが就職して忙しくなって更新停止ってのは昔からHP閉鎖の黄金パターンでした。侍魂とかそうでしたね。最近流行りの2chまとめサイトもよくよく見ると更新がばったり途絶えたところが珍しくありません。かつてHP更新に疲れていつの間にか更新をストップしてしまった事がある自分としては、その心中察するものがあります。

NBA系のHP・ブログも状況はだいたい同じでして、特にホームページのフォーマットでまだ更新を継続しているところを探す方が難しいですよね。ブログにしてもお客さんが来なくてモチヴェーションが上がらず更新ストップ・・・というパターンを見かけると何だかこちらも切なくなります。私が当ブログでの宣伝を皆様に勧める所以です。

しかし、世の中には逆に、人気があるのに閉鎖・更新停止してしまうブログも存在するのが現状です。最近ちょっとショックだったのが「NBA INS'N'OUTS」さんの更新停止でしたね。私、正直申し上げてあそこの管理人とはかなりスタンスが離れてると思います。レブロンについては全く意見が割れてますし、正直他にも「え?」と思ったエントリーはありました。しかし、私自身は異論反論オブジェクション歓迎でも皆がそうとは限りません。何より、仲良く回っているコミュニティーを引っ掻き回すような事は私もやりたくありません。私はあそこではROM専に徹する事としたのです。

すると、そのレブロンについての記事コメントが凄まじい事になって行きました。1エントリーにコメント3桁とか、NBA系ブログではまず起きませんよ(^_^;)管理人さんはそれでも真面目にコメントを返されていましたが、やがて新エントリーで更新停止のお知らせが出てしまったのです。コメント欄閉鎖で・・・(つД`)

意見やスタンスの違いはあれど、長年ブログをやってきた気持ちはきっと同じです。別に儲かりもしないのに誰に言うでも無く何年も更新し続けるのは並大抵の事じゃありません。ましてやあれだけの大御所です。そこまで育ったブログの更新停止に至った真意は本人にしか分からない事ですが、私には非常に残念至極な出来事でした。いっそブログに突撃して「お前の書いてる事なんか的外れなんだよやーいやーい」みたいな事書いて管理人を怒らせたら更新再開してくれないかななどと思ったぐらいです。

しかし、更新停止理由がなにがしかの病気であれば話は別です。「Go New York Go!」のKennyさんが以前展開されていたブログを閉じた理由は体調を悪くされたからだと語られていましたが、体調不良自体がブログが原因かと思わずにはいられませんでした。日本以上に早くブログ文化が広がっていた欧米ではブログ更新に頑張り過ぎて体調を崩すどころか二度と更新出来なくなってしまう方までいるそうですし(-_-;)幸いKennyさんは規模縮小しながらブログを再開されて一安心ですが、体調だけがブログ更新の敵ではありません。精神的な負担もまた、更新の大きな妨げになります。更新しなきゃって義務感なんか抱くようになるとかなりヤバいですね。私?書きたい事が山とあるので時間が足りないぐらいですから、悩む暇も無いんです(笑)。

単に忙しくて更新が滞るのなら大した問題ではありません。更新頻度を下げるなり、文章量を下げるなりすれば良いのです。もっと気軽に発信出来るtwitterなんかに移るのも手でしょう。考え過ぎずに気軽にやれば良いのです。問題はもっと違う方向で精神的に追い詰められてしまうケース。そう、俗に言う炎上ですね。自分で自分の犯罪行為(レヴェルにもよりますが)を自慢したとか、批判でなく単なる誹謗中傷みたいな完全に根も葉も無い事を書いていたのなら、まあ炎上も良いクスリぐらいに考えても良いかなーとも思うのですが、「え、そんな事で?」と思わずにいられなかったのがちょっと前にあったGo!Denver Nuggetsさんの件でした。

あそこで語られた日本人論の内容、そしてコメント欄での反論内容そのものについて私は特にどうこうはありません。どちらかと言うと管理人Zimingさん側の分が悪いなとは正直思います。しかし諸兄、日本には古来から「武士の情け」という言葉があるじゃないですか。コメント数3桁とかの炎上だった訳じゃありませんが、あの流れはZimingさんの更新する意欲も無くなるよなあと思わずにいられませんでしたよ(´・ω・`)

私はZimingさんとは殆ど面識無いんですが、あの方はあの方なりに日本の事を思ってあのエントリーをアップされた訳じゃないですか。確かに色々と勘違いと言いますか、取り違えたところはあったでしょうし、認識に何かしら視野が狭いところはあったのかも知れません。が、あそこまでフルボッコにする程の認識の差でも無かったはずです。だって管理人だってコメントを寄せた方々だって日本を愛している事には違い無かったはずなんですから。

世の中皆、私みたいに2chでフルボッコになっても「参ったな〜」なんて頭掻きながら笑ってられるようなメンタルタフネスの輩ばかりではありません。ブログの向こうにいる書き手はロボットでも機械人間でもなく、貴方と同じように色んな事を抱えながら日々を生きている生身の人間なのです。エントリー内容自体への反論ならともかく管理人への個人攻撃みたいな気の滅入るコメントばかりでは、更新を再開する気力も減退するばかりでしょう。カーメロ移籍騒動で最も更新が望まれるブログだけに、現状が残念でなりません。

思えば「NBAどっと混む」で日本におけるNBAHPの第一人者だった小林師範も、数々の中傷じみた批判に耐えかねてあれほど充実したHPを閉鎖してしまったと聞きます。批判するな、とは言いません。しかし議論するならばやはり守るべき最低ラインの礼儀ってのはあるはずです。coinさんや抹茶さんみたいな冷静かつ真っ直ぐな議論をされる方々ばかりならば良いのですが・・・。

こんな事を言うとまた同一人物説が流れかねませんが、少し前にNBA大好き名無しさんが仰っていた「ネット上でのエチケット」という話、私は非常に頷けました。例えば貴方が亀田兄弟(仮)が嫌いだったとして、わざわざファンサイトやmixiのコミュにまで突撃かけるのは、私は違うと思うんです。芸能人やアーティストが何らか犯罪を犯した時にここぞとばかり「ざまあw」とか書き込む風潮も私は好きじゃありません。絶対的に立場が弱くなった途端に叩く、おお、これこそ恥ずべき日本人の姿じゃないですか(^_^;)ブルーハーツがかつて歌った「弱い者達が夕暮れ 更に弱い者を叩く」という歌詞のまんまです。ああ、でも♪シャブが大好き、とか♪あの娘僕がシャブを決めたらどんな顔するだろう、とか大喜利大会になるのは嫌いじゃないですがw

かつてオレンジ・レンジのパクり問題について追及したサイトで、オレンジ・レンジファンとアンチファンが語り合うという貴重な場面がありました。あれは私にとって、理想的な状況でしたね。意見が違うからいがみ合う必要はありません。ただ議論を闘わせ、その後に「やるな、お前」って互いに笑っていれば良いのです。そうして自分と違う立場・意見を知っていけば、視野がどんどん広がっていきます。自ら視野狭窄に陥る事は知識の偏りを生みます。勿論私のブログに書かれた事が正しいとは限りません。どしどし異論をお寄せ下さい。第2のcoinさん、抹茶さんカモン。ああ、私こう見えて結構ヒトの意見に左右されますよ(笑)。

少し前から、私が結構他ブログのリンクを貼っているのにお気付きの方も多いでしょう。私は最近、全てを自分だけでカヴァーする事は不可能だと割り切りました。私の他ブログ記事引用は、言ってみれば論文を書く時に以前に他の方が書かれた論文を引用する感覚にかなり近いです。本当なら英文翻訳ももっとやりたい、全チームの動向も今マジックについてやってるぐらい触れたい。しかし残念ながら我々にはタイムマシンも時と精神の部屋もありません。我々の時間は有限であり、しかもいつまで続くかはまるで予想不可能なのです。ビートルズが言うように「ライフ・イズ・ベリー・ショート」なんですよ。

私も若い若いと思っているうちにいい年になりました。いつまでとも想像がつかない生きていられる時間に何かしら残したい、それだけ思って私はこんなブログやってます。そのためには他ブログさんの意見や指摘、分析も時に視野に入れつつ、それらを元に自分なりの考察、意見等を打ち出して行きたいと思うのです。少しでも時間を大事にする為にも。

「ざまあw」とか「氏ね」とか書き込んだり、AAやコピペでどこかを荒らそうとしている貴方。折角の貴方が生きている時間、そんな非生産的な事に使うのは実に勿体無いですよ。あっという間に時は過ぎていきます。今しか出来ない事を、今のうちに是非やって下さい。アイヴァーソンみたいに折角現役で出来るチャンスがまだあるのにプライドが邪魔してコートに戻れないより、たとえNBAじゃなくてもコートに立ち続けるマーブリーの方が、私は今この瞬間に関しては好感度的に上です。動ける間にプレー、生きてる間に書ける事を書く。同じ事です。

他所のブログでは書き手の事も労わって頂ければオッケーですが、うちはその点は割と大丈夫です。単なる悪口といいますかアレなコメントはあっさり消しますが、真正面からの反論の類は喜び勇んでお受け致しますので、お気兼ね無くお越し下さい。そして生きているからこそ出来る議論に花を咲かせようじゃないですか。

そして最後にこれが一番言いたかったんですがZimingさん、もしもここをお読みになる事がありましたなら是非ブログ復活をお願いします。カーメロ周辺が騒がしい今こそ、貴方の復活に最も相応しい時なのです。ナゲッツファンにしか語れない視点でのエントリー、私はお待ちしてますよ!

banner_03

バスケ中毒Tシャツ(ホワイト)
バスケ中毒Tシャツ(ホワイト)
バスケラブTシャツ(ホワイト)
バスケラブTシャツ(ホワイト)
【バスケ】籠球人Tシャツ(ホワイト)
【バスケ】籠球人Tシャツ(ホワイト)