ブログネタ
NBA に参加中!
マヴス105-99マジック
サンダー99-81ボブキャッツ
ブルズ121-76シクサーズ
ネッツ101-94グリズリーズ
ウォリアーズ117-109キングス
バックス98-79レイカーズ


☆本日のハイライト
・なんとコービー退場、レイカーズも黒星
・ネッツ、延長戦を制してアウェー連敗を10でストップ



http://www.orlandosentinel.com/sports/orlando-magic/os-magic-mavs-gamer-1222-20101221,0,4626499.story

試合後、ヴァンガンディHCは「悪いところよりも良いところが多かった」と敗戦の将らしからぬ発言をしました。ここ8戦中7敗目というどん底にあってこの発言、しかし私は同感です。

今のマジックはまるで、先に連載を再開した「修羅の門」の陸奥九十九、またはやっと物語が動き出した「進撃の巨人」主人公エレンを見るようです。戦力は明らかにあるのですが、まだどこかが壊れているかのようですね。しかし、今日のマジックはそのポテンシャルを垣間見せたのではないか、私はそう思うのです。

昨日も申し上げた通り、この突然訪れた新体制に入ってチーム練習も無いまま実戦へ突入したマジック。昨日のホークス戦は案の定残念な感じになってしまいましたが、その反省もそこそこにマジックは未完成のままリーグトップをひた走るチームとのゲームを3連荘するハードランディングならぬハードテイクオフを敢行する事となったのです。

http://sports.espn.go.com/nba/recap?gameId=301221019

問題点は相変わらず、山積みです。新加入の3人たるアリーナスにJ-RichとタコルーがFG絶不調のままである事、当然ながら早急な改善の難しいディフェンス、そして相次ぐ故障者。ゴタート放出でただでさえ薄くなったインサイドなのに、更にライアンが故障中、更には昨日のホークス戦でマリク・アレンまでも怪我を負ってしまったマジックはこのゲーム、窮余の策でタコルーをPFに、リチャードソンをSFにスライドしてレディックをSG先発に昇格。バスをドワイトの控えとして温存する策に出たのです。これはキッツいですね。

http://nba.fanhouse.com/2010/12/20/magic-eye-tony-battie-ronny-turiaf-as-replacement-for-marcin-go/

既にシクサーズにいる元マジックでドワイトと仲良しのバティーを連れ戻す話や、ニックスへデュホンとトゥリアフのトレードを申し込んだなんて話もあるようですが、とりあえずフォイルでも一時現役復帰させてみては如何でしょうか。マジックのウォリアーズ化がいよいよ鮮明になりますが(笑)。

http://www.nba.com/games/20101221/DALORL/gameinfo.html#nbaGIboxscore

しかし、収穫もまたありました。マヴスに.500のFGを許し、こちらは.442のFGに留まりながら一時は逆転し、突き放された4Qも追いすがって残り24.3秒にはJ-Richの3ポイントで3点差にまで迫ってマヴスをヒヤリとさせたのですから。試合全体ではFG4/13で10得点止まりといまひとつでしたが、彼の4Q終盤の粘りがこの接戦へと繋がったのです。カーターに代わる新たなクラッチプレーヤーの登場、期待して良いと思います。

また、タコルーもFGこそ2/11の9得点でしたが8アシストをマークして、そのポイントフォワードとしての持ち味を再び開花させつつあります。ドワイトは26得点23リバウンド3スティール2ブロックと相変わらずの無双振り。そしてネルソンとレディックのバックコートコンビは19得点6アシスト/21得点とそれぞれ結果を残しているのです。

なるほどアリーナスは今だFG1/6の2得点の上に5ファウルと低調ですが、彼とても17:39の出場時間で4アシストを稼いでいるのです。そして個人的に今回「おっ」と思ったのが、トレード加入第4の男、アール・クラーク。アイヴァーソンに因んで背番号3を選んだ若人はチーム事情もあって12:34の出場時間を与えられ、FG3本全て沈めて6得点と意外な貢献を見せたのです。彼の出番はライアン復帰までの間かも知れませんが、今のうちにヴァンガンディへの印象を良くしておきたいところでしょう。

僅か2試合目にして早くもマヴスと接戦を演じた新生マジック。今だ連敗の闇から脱出こそ出来ていませんが、暗闇を抜ける手がかりは掴みつつあるなと感じます。New-Look Magic Yield Same Old Resultsなんて見出しのESPNさん、それはどうかな?一時はどうなる事かと心配だったクリスマスゲーム、意外とマジックファンにとっても楽しいものが見られるかも知れませんよ。

P.S.

http://sports.espn.go.com/dallas/nba/news/story?id=5944663

このゲームでノヴィツキーさんはあのラリー・バードを抜き去ってNBA通算得点で歴代25位に入りました。おめでとう御座います。



banner_03

犬は吠えるがキャラバンは進む
アーティスト:小沢健二
EMIミュージック・ジャパン(1993-09-29)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る