ブログネタ
NBA に参加中!
ホークス98-84キャヴス
ブルズ87-80ウィザーズ
ピストンズ115-93ラプターズ
ニックス112-98サンダー
セルティクス84-80シクサーズ
ホーネッツ105-91ネッツ
ジャズ112-107ウルヴス
スパーズ109-103ナゲッツ
ロケッツ97-92クリッパーズ


☆本日のハイライト
・セルティクス14連勝
・スパーズ、カーメロが姉妹の逝去のため不在のナゲッツに勝利
・ジェファーソンのミネソタ帰還戦、23得点9リバウンド7ブロックと勝ち星で飾る
・リップ・ハミルトン今季ハイの35得点でピストンズ勝利
・ロケッツ浮上へ、4連勝来ました
ラリー・ブラウン「HC辞めていいかな?」ジョーダンGM「いいとも!」

マジックのポストカーター&ルイス時代を考える

ちょっと間が空きましたが、続きです。

Q.それで、マジックの今後の補強ポイントは?

A.疑問の余地も無く控えセンター。


今回のトレード最大のダメージは、懸念されていたドワイトのバックアップセンターです。ゴタートというリーグトップの控えセンターを今回トレードしてしまった結果、ドワイトのバックアップを務める人材はマリク・アレン、バスしかいなくなってしまいました。

そんな時にタイミング悪くマリクさんが怪我。その結果が前回マヴス戦でのタコルーPF起用という厳しい采配だったのです。バスをドワイトの控えCとして残すという戦術の関係上止むを得なかったとはいえ、流石にこれは苦しいです。むしろノヴィツキー相手によく頑張ったなとさえ思えるレヴェルです。

http://blogs.orlandosentinel.com/sports_magic/2010/12/daniel-orton-had-surgery-today-and-says-it-went-well.html

今年度ルーキーのダニエル・オートンはNBADLデビューを飾るも2試合目で左膝を怪我し、手術は成功しましたが復帰はオールスターブレイク頃の見込み。そもそも高校時代からの古傷とのことですから一層心配です。

http://nba.fanhouse.com/2010/12/20/magic-eye-tony-battie-ronny-turiaf-as-replacement-for-marcin-go/

そんな中、シクサーズに所属するトニー・バティを奪回する話や、ニックスのトゥリアフとデュホンをトレードする話なんてのも聞こえてきます。しかし、シクサーズはここのところ好調ですのでわざわざインサイドを薄くするような取引には応じないでしょうし、ニックスなんて同じイーストのプレーオフ圏内チーム同士でトレード成立するか?という疑問は尽きません。確かにニックスは控えPGを欲していますし昨季までニックスにいたデュホンは悪くない人選ではありますが。

http://hoopshype.com/free_agency.htm

個人的にはもう諦めてFA市場から人材を求めた方が良いのではないかと思いますが、これがまた人材不足でして困り者です。マイキー・ムーアぐらいしか見当たりません。ちょっと前までならダンピアーがいたんですけどねぇ。

http://www.nba.com/dleague/statistics/player/Rebounds.jsp?league=20&season=22010&conf=OVERALL&position=1&splitType=9&splitScope=GAME&qualified=N&yearsExp=-1&splitDD=All%20Teams

NBADLのセンターをリバウンドの多い順に並べてみましたが、これまた人材不足感は否めません。コートニー・シムズぐらいしか見当たりませんね。NBADLといえどNBA所属の選手でNBADLへ回されてるだけの選手なら当然獲得は出来ませんし・・・。ああ、フラン・ヴァスケスでも急遽来てくれないものでしょうか。

(続く)

banner_03

黒子のバスケ 10 (ジャンプコミックス)黒子のバスケ 10 (ジャンプコミックス)
著者:藤巻 忠俊
集英社(2010-12-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る