ブログネタ
NBA に参加中!
ブルズ102-99マジック
ヒート100-77セルティクス
ラプターズ99-92ネッツ
グリズリーズ111-89ホーネッツ
ピストンズ112-101ボブキャッツ
ニックス110-109ペイサーズ
マヴス115-90サンズ
キングス104-103ウォリアーズ
サンダー120-106レイカーズ


☆本日のハイライト
・東2位争い、ヒート勝って1ゲーム差のリード
・サンダーはレイカーズに圧勝



ドワイトのテクニカル累積による出場停止。Qちゃんのこれまた出場停止2試合。そしてレディック15試合連続欠場。マジックはエース、最近頼れるディフェンダー、6thマンを同時に欠いていました。それでいて、対戦する相手は今季イースト1位を確定させたブルズ。しかも、彼らは手を抜かない宣言までしていました。マジックがこの試合で勝つと予想するのは、流石にマジックファンの私でも難しいですね。プレーオフならいざ知らず、単なるレギュラーシーズン終盤の特に勝敗に意味を持たない消化試合であれば尚更の事です。

http://sports.espn.go.com/nba/recap?gameId=310410019
http://www.orlandosentinel.com/sports/orlando-magic/os-magic-bulls-game-0411-20110410,0,1873979.story

しかし、試合は意外にも縺れました。ブルズは試合序盤のFGを全て沈め、その後も驚異的な確率でFGを決め続けたにも拘わらず、です。センターがライアンだなんで冗談みたいな先発ラインアップだったマジックは、しかし意外と決まる3ポイントと、ブルズのTOの多さに助けられて粘りを見せました。特に圧巻だったのが前半終了時でして、ネルソンがハーフコートライン上から放った3ポイントは見事にリムを貫いたのです。49-50、ドワイト不在という事実がにわかに信じ難いスコアではありませんか。そしてこの試合展開が、驚くべき事に後半も続きます。必死に喰らい付くも3Q以降に電池切れ・・・といったありふれたパターンに陥る事無く、マジックは接戦を演じ続けたのです。

そして4Q。開始8分の間に実に6回の同点を経て、バスのFT、そしてJ-Richが執念で押し込んだレイアップが決まり、マジックは残り2:46にして、94-91と3点のリードを奪ってみせたのです。が、46秒後にはローズのFT、そして速攻ダンクで94-95と試合は覆りました。一旦ブーザーのファウルで得たライアンのFTで96-95となるも、その後更にそのブーザーがFTを得て96-97。両者が互いにTOを犯しているうちに時は過ぎ、しかもリバウンドを取り損ねたマジックはファウルゲームを強いられ引き離されていきました。特に、ギブソンが2本目のFTを外し、そのリバウンドをまたデンに持っていかれたのは痛かったですね。かくて残り9.9秒で96-100という絶望的な状況が出来上がったのです。

それでも、残り2.7秒でネルソンの外れた3ポイントからライアンがオフェンスリバウンドを奪い、J-Richが3ポイントを押し込んでマジックは首の皮一枚で生き残ります。そして残り2.0秒、ライアンのファウルを受けたブーザーはFT2本を決めました。99-102、マジックはもう3ポイントしかありません。そして最後のオフェンス、ボールを持ったのは前半最後にブザービーターを決めたネルソン。ローズをフェイクでかわし、放った3ポイントは確かに今回もリムを貫きました。ただ、彼がシュートを放つ前に既に時間は尽きていたのです。ローズが必死にジャンプし、手を伸ばしながらネルソンをディフェンスした成果でした。うーん、惜しかったですねぇ。

http://www.nba.com/games/20110410/CHIORL/gameinfo.html#nbaGIboxscore


ドワイト抜きでこの接戦、むしろ悪く無い結果と見るべきかなーとは思います。ブルズのTOを21としたのは好材料ではありますし。ただまあ、やはりFG60.0%を許したのは分かり易いディフェンスの崩壊ですね。守りの要たるドワイトを欠く上に、ペリメーターでヴァンガンディHCが信頼を置くレディックとQちゃんを欠き、とどめにSGの控えにアリーナス、SFの控えにJ-Richがスライドではまあ致し方無いかなあと。

評価したいのはやはり、ドワイトの代わりに先発に入って28得点10リバウンドと頑張ったライアンでしょうか。FG10/14、3FG4/5で24点を稼いだJ-Richも良く頑張りました。惜しかったネルソンは17得点5リバウンド11アシスト3スティールでした。あと、個人的にはもっとクラークを使って欲しかった気が。

ともあれ、ドワイト抜きでこの接戦、私は好材料だと見ています。ブルズがシーズン60勝を達成した時は優勝しかしていない、なんてデータをESPNが紹介してましたが、プレーオフでの対戦を考えるとこのゲームはむしろマジック側にドワイト抜きで戦える自信がついて良かったかなと。ま、その前にホークス倒さないといけないんですけどね

シクサーズとの対戦を終えればいよいよプレーオフまであと1試合。今季もいよいよ、本番が近付いて参りました。





サムシング/エニシング?(ハロー・イッツ・ミー)(K2HD/紙ジャケット仕様)サムシング/エニシング?(ハロー・イッツ・ミー)(K2HD/紙ジャケット仕様)
アーティスト:トッド・ラングレン
ビクターエンタテインメント(2008-06-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

カメレオン・ポップ
アーティスト:高野寛
MILESTONE CROWDS(2011-04-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る