ブログネタ
NBA に参加中!
ヒート98-90ホークス
ボブキャッツ105-103ネッツ
マジック95-85シクサーズ
ウィザーズ95-94セルティクス
キャヴス110-101ピストンズ
ジャズ90-78ホーネッツ
バックス93-86ラプターズ
マヴス98-91ロケッツ
ナゲッツ134-111ウォリアーズ
サンズ135-127ウルヴス
サンダー120-112キングス


☆本日のハイライト
・マヴス、OTを勝ってレイカーズを抜き西2位に
・サンダーも勝ってレイカーズに0.5ゲーム差と迫る
・ヒート勝利&セルティクス敗戦で東2・3位確定
そのヒート、結局エディー・カリー契約は無し
ネッツのデロン、右手首手術を行う



こんにちは、前回まであんなエントリー3連荘した後でSLAM誌の表紙がヒート、ニックス、ブルズ、レイカーズになる事を知ってブチ切れ気味の六伍壱さんです。マジックは今回は表紙になるのは無理ですから仕方ありません。しかし、セルティクスとスパーズ無視て。まあそもそもニューヨークの雑誌なので久々プレーオフのニックスを盛り上げたい気持ちも分かるんですが、リーグ1位のスパーズがスルーされたのには流石に驚きました。レイカーズと合同表紙でも良かったんでないかい?と。

http://scores.espn.go.com/nba/recap?gameId=310411020
http://www.orlandosentinel.com/sports/orlando-magic/os-magic-76ers-game-0412-20110411,0,6164799.story

愚痴はさておき本日のマジックはフィリーでの試合。しかしながら、出場停止から戻ってきたドワイトを止められる選手がいない時点で、まあマジックの勝ちは見えていましたね。インサイドはドワイトのダンクコンテスト会場、ないしはポスター用写真撮影会の場と化したのです。アリウープにリバウンドダンクにとペイントを所狭しと暴れ回るドワイトの活躍に、シクサーズはただお手上げでした。何しろ、マジックとシクサーズのリバウンドは2Qの一時、25-2という信じ難い大差だったのです。

それでもシクサーズは追い上げ、14-0のランを決めて50-47で前半を折り返すと3Q早々には52-54と逆転に成功します。・・・しかし、そこまででした。3Q、マジックはこのドワイトの豪快なアリウープを含む16-2のランをぶちかまして一気にシクサーズを突き放すと、もうこの試合でシクサーズに接戦に持ち込ませる隙は与えなかったのであります。



ま、この試合そのものがそもそも、両者本気モードだった訳でもありません。マジックは例によってレディック、2試合連続出場停止中のQちゃんに加え、アリーナスまでも欠場。結果、主力選手の負担を減らすためか、一時はネルソン&デュホンのちびっ子バックコートまで形成されたぐらいですしね。また、シクサーズにしてもイグオダラを温存した上に、先発させた選手のうちホリデー、ターナー、ミークス、ハウズはまだ24才に満たない若手ばかり。明らかにこれは、お互い先を見越した戦いでした。

そう、マジックもシクサーズも既にプレーオフを見ています。マジックはホークス、シクサーズはヒート。1stラウンドの開始はもう遠くないのです。昨季は4タテで難無くホークスを倒したマジックですが、今季はホークスを倒すのは昨季よりは簡単では無いように見受けられます。

一方のシクサーズ。シーズン序盤の大きな出遅れからここまで持ち直してきただけに、実際の勝敗数よりも強いんじゃないかという見方も出来ます。ただ、果たしてマイアミのBIG3にシクサーズの流儀が通じるかは、何とも言えませんよね。何しろ、シクサーズには絶対的なエースがおらず、ヒートには3人もいるのですから。

ウエストの順位がまだ未定ですが、そろそろ恒例のプレーオフ予想&答え合わせもやらないとですね。その際には皆さんのご意見も宜しくです。まあ私はマジックについては目一杯楽観的に予想するのがデフォルトなんで、そこは予めご了承の上で宜しくですw





Soul AloneSoul Alone
アーティスト:Daryl Hall
Sbme Special Mkts.(2007-06-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る