ブログネタ
NBA に参加中!


http://espn.go.com/nba/story/_/id/7274143/nba-lockout-new-nba-talks-aimed-resolving-lawsuits-sources-say

さて、ロックアウトですがまた久々に動きがありました。クリスマスゲーム開催を目指し、旧選手会とオーナー間の交渉が再開されたのです。元々選手会が裁判に訴えたのを受けて、オーナー達も電話会議を行ったという話はありましたが。まあ選手達もいよいよ給料がもらえなくなり、茹で蛙状態が始まってますからねぇ

具体的な交渉状況は例によってGo New York Go!さんの纏めが完璧ですので、是非ご一読下さい。なるほど、焦点は最早利益配分では無くミドル例外枠へと移りつつあるっぽいですね。

また、ロックアウト関連で同じく充実したエントリーを連発しているのがこれまた毎度ご紹介しておりますエア〜ボールさん私が適当にご紹介していたウェイドへの年俸についてのインタヴュービリー・ハンターの前に選手会事務局長をやっていた方のインタヴューポール・ピアースのロックアウトについての見解、そしてハンターとフィッシャー元選手会会長との対立・・・これ、全部ホームラン級の当たり記事だと断言出来ます。皆さん、是非全部読んで下さい。そうかー、選手会も分裂してたんですね・・・

因みに先日買え買えと煽らせて頂いたH誌ですが、こちらも元ESPNの辣腕記者、クリス・シェリダン執筆&柴田さん翻訳のロックアウト記事が素晴らしい出来栄えです。正直、ロックアウト関連の情報に関しては今回H誌がD誌を圧倒してますね。いやー、皆さんに今回お買い求めをお勧めした甲斐がありましたよ。ところでKenchさん、ジョーダンに初めてインタヴューしたKKさんってもしかして・・・。

Kenchさんと言えば毎度お馴染みツウィート情報です。先だってもこんな情報をリツウィートなさってましたね。

http://twitter.com/#!/ESPNSteinLine/status/139614269053472769

早く妥結を見てロックアウトを終え、シーズンを始めたいハト派チームの名前が出てました。ESPNのマーク・シュタイン記者情報ではヒート、マジック、サンズ(!)、セルティクス、レイカーズだそうです。おいおいサンズはタカ派から180度変身してまんがな。主力選手の先が長くなく、しかも今強いセルティクス&レイカーズは順当ですし、今が盛りのヒートもまあ当然ですね。ではマジックは?ドワイト残留に向けて好成績を収めたいってのは勿論あります。オーナーが元気なうちに優勝したいってのもありますよね。

http://blogs.orlandosentinel.com/sports_magic/2011/11/the-nba-lockout-is-denying-the-city-of-orlando-revenue.html
http://probasketballtalk.nbcsports.com/2011/11/24/if-season-cancelled-magic-would-owe-orlando-2-8-million/

でもまあ、最大の理由はやはりオールスターです。シーズンが飛ぶor短縮シーズンが過ぎればオーランドでのオールスター開催は2年は先になります。が、それだけじゃなかったんです。オーランドでのオールスター開催が飛んだ場合、マジックはオーランド市になんと280万ドルの支払い義務が発生するんですよ。そりゃあ尚更急いで開幕したいですよね。


さてさて、このままグレートな皆様の紹介記事ばかりではお前は何書いてるんじゃ、となりかねませんね。つーかもうなってますかw てな訳で、私もひとつ面白い記事をESPNで見つけましたのでご紹介致します。

http://espn.go.com/espn/commentary/story/_/id/7273866/nba-solve-financial-problems-contracting-teams

NBAも球団減らしてみたら?というやや過激な内容の記事なんですが、これがなかなか踏み込んでます。

According to Forbes, the five most valuable teams -- the Knicks, Lakers, Bulls, Celtics and Rockets -- operated at a combined profit of $188.8 million in 2010, while the bottom eight -- the Hawks, Kings, Bobcats, Hornets, Pacers, Grizzlies, Timberwolves and Bucks -- operated at a combined loss of $71.2 million.

ニックス、レイカーズ、ブルズ、セルティクス、ロケッツが2010年に合計1億8800万ドルの利益を上げている一方で、ホークス、キングス、ボブキャッツ、ホーネッツ、ペイサーズ、グリズリーズ、ウルヴス、バックスは合計7120万ドルの赤字を出していた・・・。あれ、これって上位5チームの利益を4割ほど赤字8チームに回せばトントンになるって事ですよね?

セルティクスとレイカーズは時を同じくして再び良いチームを作り上げてます。アメリカの3大都市圏、ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴは皆バスケットボールに熱狂出来るだけのNBAチームがあり、その次にデカいヒューストン、ダラス、ボストン、フェニックスは全てフランチャイズの資産価値でTOP10入り。エクスパンションチームの中でもヒートとラプターズはこれまたTOP10。そして近年でのエクスパンションチームに入るマヴスは優勝したところですしね。

NBAよりハードなキャップ制度を導入したMLBでさえ、相変わらずボストン、ニューヨーク、フィラデルフィアの強さが際立つ一方で1985年以来プレーオフ進出の無いロイヤルズ、1992年以来勝ち越した事のないパイレーツみたいなチームが存在したりしますし、果たしてキャップ制度の変更で戦力格差が直るのかなーという話もあります。

・・・と、ここまで書いている間に何やら動きがあったようです。さて、大急ぎで次のエントリーを纏めますかね。



Classic Albums-Disco/Disco 2Classic Albums-Disco/Disco 2
アーティスト:Pet Shop Boys
EMI Import(2011-10-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る