ブログネタ
NBA に参加中!
g.u.の千円ジーンズを裾上げせずにジャストサイズで穿けます。勿論、丈の短い方な!皆様あけおめ、腹は出てませんがよくいる日本人体型の六伍壱です。年越しに「行く年来る年」見てたら新年の鐘を鳴らすお坊さんがすっころんでて、新年始まって10秒で早くも初笑いでした。さて、そんな小市民感溢れる私自身の事をさておいて、新年早々皆様に一言言いたい事が御座います。

「ぬるいっ!」

貴様等もう忘れてしまったのか、あのロックアウトの怒りの日々を!「もうNBAなんか見ないんだ!」などと当blogのコメント欄にも熱い怒りのコメントがあったじゃないですか。あの日の怒りはどこへ行ってしまったとですか!「わ〜いNBA開幕だ〜デュラントたんハァハァ」ですか。喉元過ぎて熱さ忘れ過ぎではないですか。そんなんだから我々はすぐ騙されて政治(ry

最後は仲直りするヴァージョンの「山椒魚」(井伏鱒二)を読んでいれば分かるように、怒りの感情って長続きしませんからね。ましてや怒りの原因だったロックアウトも終わり、めでたく開幕ですよとなっては尚更です。しかし、そんな熱しやすく冷めやすいのが我々日本人の欠点であります。皆さんもう横山弁護士だとか裕木奈江だとかのバッシングの日々なんてお忘れでしょ?そんなしょうもない事に注意を向けてるから、もっと大事な事に気が行かずにコロッと騙されるんです。気をつけましょう。

つー訳で、ロックアウト時の怒りの日々を思い起こして頂くべく(?)、また性懲りも無く新企画を立ち上げます。まだ終わってないシリーズいくつあると思ってんだ貴様とか怒られそうですが、すいません私は気が多いもんで。そうじゃなきゃマジックマジック言いながら全球団情報をフォローしたりしませんよねー。結果、マジックファンの方が少ないマジックのブログという楽しい事になってますし。うむ、余は満足であるぞよ。

ところであのロックアウトを受けて、皆様には投票企画を2つばかりお楽しみ頂きました。「史上最高の選手」「一番カッコいいユニフォーム」、皆様のおかげでどちらも良い感じに盛り上がったと自負しております。そんな中、更に読者の皆様にお楽しみ頂くインタラクディヴ(←最近死語ですかねー)な企画をやってみようと思った訳です。

かつて小林師範が運営されていた伝説のHP「NBAどっと混む」の人気企画のひとつが「NBA虎の穴」でした。師範の出すお題を元に強者揃いの常連さん達をはじめとする読者の皆さんが頭をひねるという嗜好で、実に師範らしい好企画だったんですよ。

で、私はその師範幻の名企画を復活させてみようかなどと考えていた訳です。その名も「新・NBA虎の穴」にしようと思ったところでふと思い当たりました。「虎の穴」って今の若い衆に全く通じなくね?タイガーマスクとか後に実在したプロレスラーの方すらプロレスファン以外には忘れられつつあるのが実際のところでしょう。

それに近年、「虎の穴」って言ったらあれでしょ、なんか「にょにょ」とか言ってるキャラがマスコットのアニメショップ・・・ってそれはゲーマーズってとこでしたっけ?それともメロンブックス?スイマセン、正直その手の専門店の区別がついてませんで(^_^;)オサレCDショップだったはずのHMVまでもがアニメ特典にご執心な世の中になってしまった事だけは把握してますが。世の中変わり行くもんなんですねぇ(´Д`)

それはさておき、師範と私では格が違い過ぎます。師範がタイガーマスクなら私はリングにも立てない付き人が関の山ですよ。「おお、あの技は!」とか言ってるモブキャラですよ。そんな私が虎の穴とか、おこがましいと思わんかねブラックジャックくん。つー訳で、虎の穴などと大きく出るのはやめ、私の身の程を弁えて、その器のちっちゃさに相応しい名前を考えてみたんです。その名も、

「NBA猫の穴」

どうでしょう、千円ジーンズを裾上げせずに穿けて喜ぶ小市民な私のちっちゃい生活スケールにパーフェクトフィットするスケールの小さい名前だと思いませんか。同じ猫科なら虎よりもお前には猫ぐらいがお似合いだにゃー!ってなもんです。が、これは師範ご本人から「全く新しい名前の方が良いですよ」というお言葉を頂きました。てな訳でこの猫ネーミングもボツに。そうこうしているうちに、なんとロックアウト自体が明けてしまいました\(^o^)/

で、色々考えた結果最終的にこのタイトルにしてみようと思った訳だよ皆の衆。

「NBA大喜利」

偉大なるNBAファンだった立川談志師匠も亡くなられた事ですし、ここは師匠トリビュート的な意味合いをも込めて、割と簡潔なこのネーミングに落ち着こうと思います。では早速第1回目のお題、山田くん例のもの持って来て。

「ロックアウト、俺ならこうやって過ごす」

いつ終わるとも知れないトンネルの中、テンション下がりまくりだったロックアウトの暗い記憶がまだ鮮明な今だからこそ、敢えて1回目はこのお題で行きます。えー、ロックアウト向けにお題を考えてたら急にロックアウトが終わったので、今のうちにこのお題を出してしまおうなんて話では断じてありません!・・・ありませんよー(^_^;)

てな訳であの憂鬱な日々を思い返しながら、俺ならこうやって明るくNBAの開幕を待ち続けてみせるぜ!orみせたぜ!という模範回答を出してみて下さい。別に何か当たる訳でもありませんし座布団も商品もありませんから一人いくつ回答を出して頂いても全くOKです。勿論、全て採用されるとは限りませんからね。

但し、今までの読者参加型企画と異なり、今回はコメント欄ではなくメールにて回答を送って下さい。これは言うまでもなくネタバレを防ぐ為です。宛先はmagicalinside651@livedoor.comまでお願いします。多分携帯からでも応募可能なはずです。メールが上手く送信出来ない方は差し当たりコメント欄にて相談願います。ネタバレOKならまあコメント欄に回答を書いちゃってもいいですよ。

そんな訳で皆さん、奮ってネタを持ち込んで下さい。締め切りはとりあえず1/6終日とします。それでは皆さん、今年もひとつ宜しくお願い致しますですm(__)m



笑点笑点
日本テレビ放送網(2006-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る