ブログネタ
NBA に参加中!
ペイサーズ102-83キャヴス
ラプターズ84-79セルティクス
ホークス109-81マジック
ネッツ95-89シクサーズ
ヒート105-82ボブキャッツ
ニックス103-65ウィザーズ
サンズ112-105ロケッツ
サンダー115-89キングス
バックス113-97ピストンズ
ホーネッツ96-85ジャズ
レイカーズ103-97ナゲッツ
マヴス97-94ブレーザーズ


☆本日のハイライト
・ヒートとサンダーは平常運転
・ペイサーズ、アーヴィング不在のキャヴスに出場時間30分台の選手0人の快勝。東3位の座を固める
・セルティクスお疲れ?ラプターズをFG.347に押さえ込みながら敗戦
・ニックスはウィザーズをFG.278に押さえ込み完勝
・シクサーズは低迷終わらず、ネッツに黒星でニックスと東7位タイ
・バックス諦めない、ニックスとシクサーズに2ゲーム差で続く
・レイカーズはコービー不在でもバイナム30得点8リバウンド、そしてバーンズ24得点10リバウンドでナゲッツを振り切る
・ウエストの6位以降は現在マヴス6位、0.5ゲーム差でナゲッツ7位、また0.5ゲーム差でロケッツ8位。1ゲーム差でサンズ9位、0.5ゲーム差でジャズ10位
ホーネッツ、NFLニューオリンズ・セインツのオーナーがNBAからの買収に合意
一方キングスは一転してサクラメント市との新アリーナのディール話が流れて再び移転の危機



これはマズい事になりました。いや、今日のボロ負けについてじゃありません。ドワイトがコーチ・キラーの最新版じゃないかとか、ドワイトがヴァンガンディHCの辞任要求を再度否定したとか、そんな事でも無いんです。つーかドワイトとヴァンガンディHCの件、ヤフーだけが妙にしつこいのは何ででしょうね。

https://twitter.com/#!/stevekylerNBA/status/190927957789904897

今日のホークス戦の前日、ドワイトと同郷の親友ジョッシュ・スミスはドワイトと試合前日を一緒に過ごしていたのですが、そのスミスがドワイトの背中は本当に良くない、と言ってました。そう、仮病じゃなかったのですよ。


http://espn.go.com/nba/story/_/id/7811897/orlando-magic-dwight-howard-herniated-disk-back

http://articles.orlandosentinel.com/2012-04-13/sports/os-dwight-howard-back-injury-0414-20120413_1_stan-van-gundy-magic-need-howard-howard-and-coach
http://www.nba.com/magic/news/dan_savage_magic_injury_update_dwight_howard_herniated_disc_041312.html
http://www.hoopsworld.com/nba-saturday-dwight-howard-out-for-season
http://www.nba.co.jp/news/12-4-14/5828/

ここまでのキャリアにおいて故障を原因とした長期離脱・欠場が一切無かったドワイト・ハワードに、初の大きなダメージとなる故障が発覚したのです。ここ最近背中の痛みを原因として出場を控えていたドワイトでしたが、チームドクターでなくセカンド・オピニオンを求めてロサンゼルスの医師に診察してもらった結果、椎間板ヘルニアという診断結果が出たのです。この結果、ドワイトはレギュラーシーズン中の復帰は望み薄となりました。いや、これ果たしてプレーオフにも間に合うんでしょうか。

ところで椎間板ヘルニアってなんぞ?良く聞く言葉ですし、NBA選手もよくこの故障を抱えてます。最近だと手術の末に復帰したバロン・デイヴィスがそうでしたね。田臥勇太も大学時代に患っていましたね。でも具体的にどんな症状でどんなダメージがあるのか、あんまり良くは知らなかったりします。とりあえずWikipediaでも見て・・・と思ったんですがWikipediaってこういう項目を調べるには専門的な事が書き込まれ過ぎていて、私のような一般ぴーぽーにはよく分からなかったりするんです。

http://placeinsuns.wordpress.com/injury/hernia/

そこでA Place In The Sunsさんですよ。placeinsunsさんはサンズのロビン・ロペスが椎間板ヘルニアになったのを踏まえて、椎間板ヘルニアについて調べていらっしゃったのです。なるほどなるほど、膨隆型と脱出型があるんですか。つまりロペス弟は膨隆型だったんですね。

http://gnyg.com/?p=8293

そう言えばアマレ・スタッダマイヤーも同じような症状じゃなかったっけ?と思ったら、こちらはGo New York Go!にてKennyさんがキッチリ解説して下さってました。アマレのケースも膨隆型であるようです。

で、ドワイトの方は上記ソースにも「herniated disk」と明記されているので、脱出型という事になります。placeinsunsさん調べによると脱出型の方が症状の改善は早いらしいそうです。痛みはより厳しいようですが、症状の改善は膨隆型よりは早いようなのが救いですね。もっともこれはあくまで膨隆型よりは早い、という意味でしかありませんし、症状は個々人違うでしょうから一概には言えません。それに背中の故障で無理をすると後々碌な事が無いんです。

私は正直、ドワイトがプレーオフ出場を諦めて治療に専念してくれても全然構わないどころか、マジックの将来を考えればその方がベターであるとさえ思っています。ま、今更シーズンを捨ててもプレーオフ下位シード、残り試合全敗でプレーオフを逃したとしてもロッタリーの確率は絶望的に低いという一番中途半端なタイミングでの故障発覚ではありますが。ともあれ、この件に関しては続報を待つ他無いでしょう。

http://scores.espn.go.com/nba/preview?gameId=320413019
http://articles.orlandosentinel.com/2012-04-12/sports/os-magic-hawks-preview-0413-20120412_1_hawks-at-orlando-magic-hawks-facts-amway-center

え、ホークス戦の結果はどうだったのって?知りたいですか?

http://scores.espn.go.com/nba/recap?gameId=320413019
http://articles.orlandosentinel.com/2012-04-13/sports/os-orlando-magic-atlanta-hawks-0414-20120413_1_live-updates-orlando-magic-defense-amway-center
http://www.orlandopinstripedpost.com/2012/4/14/2947636/orlando-magic-vs-atlanta-hawks-final-score-2012-recap-jannero-pargo-joe-johnson
http://www.nba.com/games/20120413/ATLORL/gameinfo.html#nbaGIboxscore

・・・ま、一言で言って惨敗ですな。1Qからボコボコに点を取られまくり、ホークスにマジックのお株を奪う3ポイント攻勢を喰らってジ・エンド。逆にマジックのオフェンスはグレン・デイヴィスの孤軍奮闘16得点9リバウンド、ファウルトラブルに見舞われたウェイファーの16得点8リバウンドという元セルティクス組ぐらいしか見るものがありませんでした。あまりの惨敗振りのためにガベージタイムも長くなり、リギンズやジャスティン・ハーパーは恐らく今季最長の出場機会を得たんじゃないかと思います。

イッシュ・スミスはTOが3と珍しく多かったですが、やはりPGとしての資質を感じさせるプレーは随所にあったように感じました。デュホンに代わって彼がこのまま出場時間を伸ばしてネルソンの負担を減らせるまでの域に達した時、このチームは随分成長するんじゃないかなとは思います。とはいえ、マジックにとってドワイト不在はニックスのアマレやカーメロ、ブルズのローズ抜きよりダメージが致命的である事は最早明らかです。

今のマジックの面々に先日のピストンズ戦みたいなパフォーマンスが出来ないとは思わないのですが、ドワイトがいつか戻ってくると思ってプレーするのと、戻ってくる目途が立たないと聞かされて戦うのではモチヴェーションが残念ながら異なるのですよね。シャックが欠場していても頑張っていたマジックが、いざシャックがレイカーズに去られてしまうと同じようなパフォーマンスが出来なかったのと同じ事です。マジックの面々はドワイトに移籍される心配こそ無くなったものの、別の理由でドワイトのいないマジックでプレーするという破目に陥ってしまった事になります。

少し前までは、マジックがこのまま第6シードのままならセルティクスにもホークスにも当たらず、割と相性の良いペイサーズが相手なのでむしろ美味しくね?って趣旨の記事を書くつもりでしたが、正直それはもう吹っ飛びました。今の状況ならどこに当たろうが同じ、いやむしろプレーオフでマジックと対戦する事が最早ボーナスステージといって良いでしょう。

何にせよ、全てはドワイトの症状如何です。ダメージが深刻でなく、早期復帰が出来るようならマジックの劇的プレーオフ→今季映画化はまだ有り得ます。しかし、私としてはもう今季終了でも構わないので、ドワイトは無理をしないで欲しいですね。桜木花道じゃありませんが、まだ若いドワイトには先があるのですから。






Greatest HitsGreatest Hits
アーティスト:Weird Al Yankovic
Volcano(2003-06-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

The Essential: Weird Al Yankovic, Limited Edition 3.0The Essential: Weird Al Yankovic, Limited Edition 3.0
アーティスト:Weird Al Yankovic
Sony Legacy(2010-08-31)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る