正直、済まんかった。

私、最近のブログ更新時にミスを犯しておりました。ここんとこの更新で私はずっと「マジックのロスターは16名」と言ってましたが、約1名を完全に失念していたのです。さて、誰を忘れたんでしょーか?(←クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!風)

PG→ネルソン、イッシュ・スミス、イートワン・ムーア
SG→アフラロ、レディック、クリスチャン・イエンガ
SF→アル・ハリントン、タコルー、モー・ハークレス、クエンティン・リチャードソン
PF→グレン・デイヴィス、ニコルソン、ジョッシュ・マクロバーツ、ジャスティン・ハーパー
C→アヨン、ニコラ・ヴセヴィッチ、オクィン


はい、Qちゃんでしたね(´・ω・`)もう一方のリチャードソンが移籍したせいか、完全に忘れてました。ま、正直申し上げて既に戦力構想外の可能性が高い気しかしませんが、人柄的には好きなんで悩みますなあ。

http://articles.orlandosentinel.com/2012-09-19/sports/os-magic-free-agent-signings-0920-20120919_1_free-agents-sign-guard-dequan-jones

てな訳で16名ならぬ17名だったマジックのロスターが、更に2名増えます。いわゆる開幕前キャンプ用の保証無し契約ながら、マジックは2人の選手をロスターに加えたのです。基本的にはガードな2人の名前はデクワン・ジョーンズとアーモン・ジョンソン。・・・名前にはあんまし特徴無いスね(^_^;)



ジョーンズは上背6-8、マイアミ大ハリケーンズで4年プレーして先のドラフトで指名がかからなかった選手です。マイアミなら一応、先日私が客寄せ候補に指摘した「地元枠」とは言えるでしょうね。大学時代に出場したダンクコンテストでバイク越えダンクを見せた事もある彼、この夏のサマーリーグではマジックにてプレーしていました。



一方のジョンソンは上背は6-3で、元々はブレーザーズが'10年ドラフトで2巡目指名した選手です。ブレーザーズから解雇された後はネッツでの10日間契約にてのプレー経験があります。NBAと下部リーグの境界線をさ迷うPGですね。なお、ニュージャージー・ネッツ史上最後の得点を決めた選手は彼だったりします。

開幕前からシーズン丸々ご覧になられた経験をお持ちの方ならお分かりでしょうが、開幕前キャンプで契約した選手がそのまま実際に開幕まで在籍している可能性って著しく低いんですよ。そもそもロスターには最大15名しか登録出来ないのです。保証の無い契約の選手はだいたい優先的にカットされます。マジックの場合、既に17人がロスターにいる事を考えれば、今回加わる2人が開幕時点でマジックのユニフォームを着ている可能性は極めて低いですね。

でも、ドワイトを失った今のマジックにはこういう未知数の選手こそ試してみる価値があります。そもそもこれから迎えるシーズン、マジックは目先の1勝に拘る必要はありません。だったらQちゃんみたいなヴェテランより、こういう若手に一発賭けてみる方が楽しいに決まってますよね。若手にとっても今のマジックは自らの才能を示すチャンスの場であるはずです。

つー訳なので過大な期待はしませんが、特にジョーンズ奇跡のロスター残留に期待してみましょうかね。アスリート能力には確かなものがあるようですし、ダンクコンテストで一発ぶちかましてジェラルド・グリーンみたいな存在になって欲しいですな。来季、どうせそういうお祭りしか楽しみありませんしw



ガウチョガウチョ
アーティスト:スティーリー・ダン
USMジャパン(2011-10-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

GauchoGaucho
アーティスト:Steely Dan
Mca(1999-01-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る