さて、D誌・H誌共にプレーオフ圏内見込みチームの半分しか記事を割かれなかった我らがマジックです。まあプレーオフ圏外チーム見込みチームは皆そうなんですが。もっともブリーチャーズレポートなんかもっとアレでして、各チームで注目の選手は?という記事全チーム中ただ1チーム、マジックだけが「無し」と書かれておりますw まあ「デルネグロHC」と書かれてるクリッパーズも大概ですが。

http://www.orlandosentinel.com/sports/orlando-magic/os-magic-off-season-surgery-0922-20120921,0,701133.story

そんなメディアの扱いも雑なマジックに更なる悲報が。PGイッシュ・スミス、新人SFモー・ハークレス、そしてアル・ハリントンがキャンプ及びシーズン頭に間に合わない事が判明したのです。まずハリントンは膝の手術からの回復の為にキャンプの一部、場合によっては全部を休む見込み。そしてより問題なのはスミスとハークレスでして、両者はキャンプどころかシーズン開幕にも間に合わないそうです。ハークレスはスポーツヘルニアの手術を受けていたそうでして、ドワイトが去ってもまだヘルニアっすかという感じですな。

正直なところ、この故障自体はそんなに今のマジックにとって痛手ではありません。優勝争いどころかプレーオフすら遠いだろう今のマジックにとって、3人程選手がいなくてもさしたる違いなどありませんからね。スミスの代役はイートワン・ムーアが務めれば良いですし、ハークレスとハリントンにしても基本今の戦力で行くなら別に問題ありません。フォワードだって人数は有り余ってますからね、人数だけは。

http://www.orlandosentinel.com/sports/blogs/magic-basketblog/os-mbb-orlando-magic-moe-harkless-20120924,0,3396013.post

ハリントンについて言えば開幕間に合わないと、他チームへのトレードへ向けてのアピール期間が多少縮むかも知れませんね。が、真の問題はやはりハークレスでしょう。ヘルニアの影響が無いかも不安ですが、そこが大丈夫だったとしても今度は開幕の出遅れが懸念されます。1巡目新人とは言えどやはりルーキーですからね。ハリントンと違いマジックはハークレスに将来の先発ないし6thマンぐらいの期待はかけていると思うんです。せめてベンチモブの1人ですかね。その意味でもハークレスの出遅れはちょっと残念かなあと。

でもなー、私はそれぐらいもういいじゃないとも思うんです。どうせマジックは新シーズン丸々棒に振るんですよ。はっきり言えばマジックにとって、'12-'13シーズンの全てはプレシーズンマッチみたいなもんなんです。負けまくってロッタリーピックを伺いつつ、1シーズン丸々かけて若手選手達のポテンシャルを諮る訳ですからね。そう考えた時、多少の開幕の遅れなんざどうでもいいですよ〜って話です。慌てて戻って来る必要なんか誰にもありません。ちゃんと怪我を完治してから戻って生存競争に加われば十分なんです。

マジックはかつてトレードで若き日のビラッブスを獲得しながら故障全休だった事が祟って、みすみすビラッブスの流出を許したなんて事も過去にはありました。あの時はシーズン半ばのトレードだった事も災いしてしまいましたが、今回は同じ過ちを犯さない事を願いたいものですね。

試練の新シーズンも近づいて参りました。D誌やらH誌やらを購入して、皆様も新シーズンに備えましょう。



DUNK SHOOT (ダンクシュート) 2012年 11月号 [雑誌]DUNK SHOOT (ダンクシュート) 2012年 11月号 [雑誌]
日本スポーツ企画出版社(2012-09-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

HOOP (フープ) 2012年 11月号 [雑誌]HOOP (フープ) 2012年 11月号 [雑誌]
日本文化出版(2012-09-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る