※現地10/25

ジャズ97-91ブレーザーズ
キングス94-82レイカーズ
クリッパーズ106-94ナゲッツ


☆この日のハイライト
マヴス、エディー・カリーに続いて今度はレイカーズをカットされたクリス・ダグラス=ロバーツをゲット。更にメルヴィン・イーライを加えて3人でロスターラスト1枠を取り合う事に。代わりにまた出場停止処分を受けたデロンテ・ウエストがマヴスから放出へ
ドワイト「本当はネッツに行きたかったお」

本当のところドワイトの発言で記事一本書けるんですけど、当ブログ愛読者から見れば特に目新しい事は言ってないので流しますw 本当はネッツ志望だった事は自明でしたし、昨季開幕前にトレードが成立しかけた時はネッツに行くはずだったとかそんな情報古いですから。

因みに勿論レイカーズで今はハッピーだ的な発言もセットですからレイカーズで波風立てる事も無いでしょう。マジック時代末期のドタバタについてわざわざ蒸し返すのか、と思わないでもありませんが、まあ聞かれたら答えるしかありませんからね。今更取り繕ってどうなるもんでも無し、この調子でマジックファンをこれ以上刺激しない程度に話しながらシーズンを過ごすんでしょうな。まあレブロンの失敗に学んだ適切な対応だと思います。それでも多分オーランドではブーイングは避けられないでしょうが、まあそれでもマシだと思います。・・・と思ったらドワイトさん、「地獄」とか言うのはマズイんでないすかw

http://espn.go.com/nba/story/_/id/8550645/david-stern-retire-nba-commissioner-2014

さて、最近は爺ちゃんの引退声明が流行りのようです。石原慎太郎東京都知事が知事を辞して「石原、都知事辞めるってよ」と揶揄されたり、「石原新党の名前を考えよう」ってお題で「国民の生活がだいなし」「尖閣諸党」「よみがえれ弟」などの名回答が出揃った上に、我らが虚構新聞が「新党・太陽の季節」でトドメを刺すという爆笑展開となった訳ですが、アメリカでもNBAの世界における最大の権力者が、遂に引退について触れました。NBAのコミッショナーとして辣腕を振るい続けて来た巨人、デヴィッド・スターンが2014年2月1日を以って、コミッショナーの座を退く事を表明したのです。




2月1日というのはスターンおぢさんの拘りでして、要はスターンがこの仕事を引き受けて30周年の節目の日なんですね。そう、30年ですよ30年。1984年、バード&マジックのおかげですっかりNBAが暗黒期を抜け出してメジャースポーツの中でも一気に地位を向上させつつあったタイミングでスターンはコミッショナーの職に就きました。

その数々の功績は私がわざわざ書きたてるまでもないでしょう。端的に申し上げれば、我々島国ジパングのイエローモンキーズがアメリカという他国のスポーツの1つでしかないNBAにこんなに夢中になってしまったのは、スターンの手腕によるものです。いくらNBAが素晴らしいスポーツであっても、我々の眼に届かない事にはどうにもなりません。それを、アメリカ国内のみに留まらず世界中にNBAの魅力を発信し、売り込んで行くのにはスターンの手腕が明らかに重要な役割を果たしました。

stern2k12


※画像引用元

http://www.nba.co.jp/news/12-10-26/7210/

その他の功績はリンクにある通りです。エクスパンションチームによるリーグの拡大、NBADLやWNBAの創設など、今日のNBAがあるのは大部分この人に功績があります。上記の画像を見ても分かるようにネタとしても面白いいじられ方に定評のある人物でしたし、時に批判も受ける事も多かったですが、やはりその成果は正当に評価されなければなりません。

http://www.orlandosentinel.com/sports/blogs/magic-basketblog/os-mbb-david-stern-retirement-20121026,0,1377196.post

現在はロケッツでHCを務めるケヴィン・マクヘイルはスターンのコミッショーナー就任当時にはセルティクスにいましたが、スターンについてこう言ってます。

“I think he's been a great commissioner. A lot of times in life, you've got to match up the right timing with the right plan, and the timing was Magic and Larry, and the plan was really promoted. It worked out really well. It really did.”

“When I first got in the NBA, the Finals were tape-delayed. It wasn't a huge event as it is now, and within probably two or three years of David taking over, it became a much, much, much, much bigger thing.”


簡単に言えばマクヘイルはスターンの事を絶賛しています。正しいタイミングで正しいプランを成功させた、と。そしてマクヘイル自身がNBAに入った頃にはファイナルの放送すら録画だったという小さいイヴェント扱いだったのが、スターンがGMになって2、3年程で遥かに大きいイヴェントになったんだ、と。

スポーツ興行の盛衰はスポーツそのものの魅力だけで決まるものではありません。異なるスポーツ同士での競争もありつつ人気を高めていかないとならないのです。日本のバスケ協会にも、スターンの豪腕を是非とも見習って欲しいもんですね。アドヴァイザーとして助言でももらいに行けば良いんじゃないでしょうかw





ナイトフライ (SACD/CDハイブリッド盤)ナイトフライ (SACD/CDハイブリッド盤)
アーティスト:ドナルド・フェイゲン
ワーナーミュージック・ジャパン(2011-09-14)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

NightflyNightfly
アーティスト:Donald Fagen
Warner Bros / Wea(1993-04-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る