1stラウンド予想はこちら
1stラウンド予想結果&カンファレンスセミファイナル予想はこちら

つー訳で、もう始まってますので急ぎます。まずはカンファレンスセミファイナル予想結果。

☆イースト

・ヒート対ブルズ

予想4-2→結果4-1


故障者の多さを考えれば、ブルズが1勝しただけでも凄いですね。既に書いた事ですが、マジックが昨プレーオフ1stラウンドでペイサーズ相手に第1戦だけ勝ったのを思い出しました。

・ニックス対ペイサーズ

予想3-4→結果2-4


シーズン半ばから、ペイサーズの事は信じてました。スティーヴンソンがここまで伸びるとは予想外でしたがね。ニックスはジェイソン・キッド無得点記録なんてのが出来ましたね。うーん、ウエストブルックみたいなの呼んで来たら東のサンダーになれるんじゃないですか(適当)。

☆ウエスト

・サンダー対グリズリーズ

予想3-4→結果1-4


確かにメッタさんとこに出した予想を逆にはしましたが、ウエストブルック不在でこれだけ変わるとはねえ。ガソル弟は今やリーグ最高のビッグマンとの説が飛び交い始めております。グリズリーズがまだカナダはヴァンクーヴァーにあってドラフト指名も外しまくっていた頃、カーターを戴いたラプターズは対照的に上手く行っているかに見えたものでした。まさかグリズリーズがラプターズより早くカンファレンスファイナルに辿り着く日が来ようとあの頃に誰が予想したでしょうか。いやあ、世の中分からないもんですなあ。

・スパーズ対ウォリアーズ

予想4-3→結果4-2


だいたい当たりましたか。ウォリアーズは負けはしましたが試合終了後に観客が席をなかなか立たず、チームへの賞賛が続いたので選手達が再度顔を出したそうですね。ええ話やないか(つД`)

つー訳で、完全的中はありませんがシリーズ勝ち抜け予想は全部当たりました。メッタさんとこでの予想はイーストだけ的中ですな。勝敗数ズレましたけど。もうフラグ立てたなんて言わせないぞ!というフラグを立てて、いざカンファレンスファイナル予想です。

☆イースト

・ヒート対ペイサーズ


「はい、ですからわたくし申し上げましたよね!」

奧野さん乙、と自らツッコミながら珍しく予言が的中したので機嫌を良くしてみるこの頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。遂に来ました、昨カンファレンスセミファイナルのリマッチです。あの肘やら何やら飛び交う肉弾戦は近年久々に見る熱い戦いでしたね。やはり、今のヒートに対抗出来るチームは少なくとも東ではペイサーズだけだなとの思いを強くしております。

とはいえ、ヒートは強いです。ペイサーズにせめてグレンジャーが戻っていればなあ・・・と以前に私は書いたと思います。ただ、その穴が埋まる可能性も見えて来ました。それが先のエントリーにも挙げたランス・スティーヴンソンの台頭です。彼の成長により、ペイサーズは安心してポール・ジョージをレブロンにつける事が出来ます。カーメロとのマッチアップを終えて、ジョージはまた一層気合が入っている事でしょうね。そしてウェイド対スティーヴンソンも見逃せません。

かなり良いシリーズになると信じています。ヒートが最大の苦戦を強いられるラウンドはきっとここでしょう。予想は4勝3敗でヒートとしてあったのでそのままで行きますが、個人的にはこの予想が外れる事を願って止みません。頑張れ、超頑張れペイサーズ!

☆ウエスト

・スパーズ対グリズリーズ


スターン暗黒卿が更に真っ黒になりそうなスモールマーケット対決は、これまた一昨年1stラウンドのリマッチな訳ですが、さーてどうでしょう。スパーズが先に1勝したものの、昨年もサンダーに2連勝したところから返されたよね・・・と思ったら案の定、スパーズの面々は全く油断がありません。そりゃそうですな。

これまた大激戦が予想されます。正直、シリーズの趨勢を読むのはかなり難しいです。ただ、私はここはグリズリーズの勢いに張る事にします。初戦1〜2試合の敗戦からひっくり返す底力、ディフェンス各賞を勝ち取った堅牢な守り、そしてゲイを出した事でむしろ良くなったチームバランス。スモールマーケットの夢、叶えたってくれい!どっちもスモールマーケットだけどな!つー訳で敢えてのグリズリーズ4勝3敗に張ります。どっちも頑張れよマジで!



DiscoveryDiscovery
アーティスト:Daft Punk
Virgin(2001-03-12)
販売元:Amazon.co.jp

MUSIQUE VOL.1 1993-2005MUSIQUE VOL.1 1993-2005
アーティスト:ダフト・パンク
EMIミュージック・ジャパン(2006-03-29)
販売元:Amazon.co.jp