スパーズ(2勝)93-89グリズリーズ(OT)

はい、てな訳でスパーズ連勝ですよ。OTへ雪崩れ込むきっかけのひとつとなったフラグラントファウルを誘ったトニー・アレンの名演技がTwitter上でデンゼル・ワシントンに喩えられていたのには正直吹きましたね。ま、負けはしたもののグリズリーズは良い感じを掴んだので、ホームに戻って2戦をキッチリ勝つしか無いですね。1敗したら終了、ぐらいの気持ちで行かないといけません。

一方のスパーズは何度も繰り返すように昨カンファレンスファイナルの2連勝→4連敗のメモリーがあるので、一切油断せずに第3戦に臨む事でしょう。2連敗からクリッパーズを倒したばかりのグリズリーズ相手では尚更です。それにしても同じカンファレンスファイナルなのに東西で日程に2試合の差が付くのでしょうか。

さて今日は小ネタが色々溜まってますんで、みゆさんの女ニートブログに続き、纏めてサクサクッと紹介しましょう。いちいち引っ張って1エントリーにする程でも無いんちゃうかなーと。

http://espn.go.com/los-angeles/nba/story/_/id/9298675/vinny-del-negro-los-angeles-clippers-coach

まずクリッパーズは結局デルネグロHCは契約満了と共にお別れのようです。クリッパーズ史上最高勝率ェ・・・。後任はビラップスあたりでドヤ!と思ったらコーチ職には興味無いそうですね。うーむ、じゃあクリス・ポールがスラムダンクの藤真みたくHC兼任でいいじゃないと思いきや、彼もまたHC人選のプロセスに加わりたくないんだそうで・・・。もうあれだ、黒子の女子高生監督にしとけ(適当)。

http://espn.go.com/nba/story/_/id/9284388/sacramento-based-group-agrees-purchase-sacramento-kings-according-sources

お次、キングス。シアトル移転&チーム名消失が確実視されていた状況からケヴィン・ジョンソン市長が再びひっくり返して新たなチームの買い手を見つけてしまいました。一時は現オーナーのマルーフ兄弟がチームをこの買い手には売らないという情報も流れたものの、終わってみればこの買い手とマルーフ兄弟との間で正式な売買契約が締結され、キングスはシアトル移転ではなくサクラメント残留で確定しました。いや、本当にKJ市長の手腕は素晴らしいです。イスラム圏全般にケンカ売った都知事や、世界中から批判を受けてもまともに対応しようとしない市長と大違い・・・おっと、あんまり政治的な主張はここでは控えないと。

シアトル・スーパーソニックスの復活も見てみたい私ですが、出来れば既存球団の犠牲によるものではなく、新設球団として蘇って欲しいなあと思う私です。ま、この不景気にそれが可能なのか知りませんが。

http://espn.go.com/nba/story/_/id/9299388/charlotte-bobcats-changing-name-charlotte-hornets-michael-jordan-says

次、復活の話題。ニューオリンズ・ホーネッツのペリカンズへの改名に伴い、「ホーネッツ」というチーム名がフリーになった訳ですが、これを受けてシャーロット・ボブキャッツが「ホーネッツ」へ改名する運びとなりました。元々ニューオリンズ・ホーネッツはシャーロットで創設された球団であり、ボブキャッツはホーネッツがニューオリンズへ移転した後に新設された訳です。

ニューオリンズ・ホーネッツが改名するという話が出始めてから、ボブキャッツがホーネッツに名前を戻すのでは?という話はありましたが、今回ジョーダンオーナー自身がそれを認めた訳です。ただ、改名はどうやら'14-'15シーズンからになりそうですね。

元々ホーネッツがシャーロットを離れる事になった経緯は当時のオーナーのやり方に地元ファンが嫌気がさしてシャーロットでのチームの存続を願わなかったからですが
、そもそもシャーロットはバスケットボール熱の高い地域です。そしてやはり、愛着のある「ホーネッツ」という名前の方がファンも嬉しいのは当然ですね。

ジョーダンにしても自分がオーナーに就任
して以来、決して順調とは言い難いチーム状況だけにファンの目を逸らす為に・・・ケフンケフン、チームの雰囲気を変える為にもこのチーム名変更は良い手段ですね。つー訳でボブキャッツグッズはあと1シーズンの命になりそうなので、マニアな皆さんは早目に買い揃えておきましょう。日本にどれだけ存在しているか知りませんが。

最後にこの件について触れましょう。オクラホマを襲った竜巻の被害については連日ニュースで報じられている通りです。アメリカのあのあたりは竜巻を想定して地下室があるとか伺いましたが、それだけで大丈夫なんでしょうかね。竜巻が発生したらそれを車で追っかけるのを趣味だか仕事だかにしている方もおられたようですが。

ともあれ、この竜巻を受けて早くも支援の動きがあります。私が見た限りではトニー・パーカーの離婚した嫁さん、エヴァ・ロンゴリアが寄付金を出してましたね。あちらのセレブは流石にこういうところが違います。

そして、もちろんオクラホマシティ・サンダーですよ。チームは100万ドルの寄付金を赤十字に出しました。更に、ケヴィン・デュラントも彼個人で100万ドルを赤十字に寄付したのです。レブロンやウェイドあたりより副収入では遅れを取っているであろう彼にとっては決して少ない金額ではないはずですが、常日頃デュラントを取材している記者達の間では「デュラントならやるだろうね」と全く驚き無く迎えられているようです。どんだけデュラントはベイビーフェイス役で通っているのかとw うむ、立派な男です。デュラントが友人達と共に赤十字やレスキューの方々と収まっている写真がTwitterで流れて来ているのを見る限り、デュラントは実際に災害の現場にも足を運んでいるのかなと思います。

瓦礫の現場にデュラントのジャージが飾られていたのはなかなか感動的な景色でした。今回の災害で住居から何から全て失った人も少なくない中、スポーツに何が出来るかをサンダーやデュラントの努力を見ていて考えさせられますね。オクラホマの皆さん、大変かと思いますがどうか頑張って下さい。





All Time Greatest HitsAll Time Greatest Hits
アーティスト:Lynyrd Skynyrd
Mca(2000-03-14)
販売元:Amazon.co.jp