ペイサーズ(2勝)99-92ヒート(2勝)

au電波全く繋がりません\(^o^)/ただでさえiPhone5のLTEは繋がり悪いのに、今日はLTE自体がアウトだったというね・・・。3G回線も皆が使ったためか繋がりの悪さたるや酷かったです。夜になってようやく直ったようですが、いや本当に日本の携帯会社はヒドいですね。電波状態ガタガタなのに誇大広告打ちまくりのauとSoftBank、電波はまともなのにまだ出る予定も無さそうなiPhone発売の狼少年記事を日経に定期的に乗せてもらうdocomo・・・もうね、海外からまともな携帯会社が来て、3社共潰してくれて構いませんよ私。



で、今日はペイサーズが2勝目を挙げて無事タイに持ち込みました。昨季もヒート対ペイサーズは2勝2敗になりましたが、昨年はペイサーズが2勝1敗とシリーズをリードしたところから3連敗しちゃったんですよね。今回はヒートが先に2勝してシリーズをリードしたところでしたがペイサーズが追い付いたというところです。ランス・スティーヴンソンいいですねえ。

アメリカではこういう状態になった場合、「3試合シリーズになった」みたいな言い方をします。説明は特に必要無いと思いますが、要するにあと3試合で先に2勝した方が勝ちだという話ですね。当たり前田のクラッカー(古)ですね。超短期決戦ですので、ペイサーズにも勢い次第では余裕でチャンスがあります。つーか普通に勝っておかしかありませんやね。実際ヒートとペイサーズ、見事にがっぷり四つだと思いますもん。

さて、今日はHC話をサラリと行きますか。

http://espn.go.com/nba/story/_/id/9322618/steve-clifford-named-6th-bobcats-coach-2007

まずはボブキャッツ。'06-'07年以来実に6人目のHCはスティーヴ・クリフォードになりました。この人はマジックファンには馴染みのある方でして、元々はジェフ・ヴァンガンディの元でニックス、ロケッツでACを務めた後、マジックでもスタン・ヴァンガンディのACとして5シーズンを過ごしてきました。そしてスタンがマジックを去った昨季はドワイトと共にレイカーズへ行き、ここでもACとして働いていたのです。

スタン・ヴァンガンディは勿論クリフォードの初HC職就任を歓迎・応援するコメントを出していましたね。因みにACとしてマジック時代の仲間、ユーイングあたりを雇うなんて噂も聞こえているので、スタン政権のACが集まる可能性は結構あるかもしれません。この2シーズンで28勝120敗と無残な成績に終わっているチームではありますが、果たして再浮上のきっかけは掴めるでしょうか。なお、契約内容は3年600万ドルで3年目はチームオプションだそうですが、もっと早く解雇されてもおかしくないのはこの世界の常識ですよね。

http://espn.go.com/nba/story/_/id/9322227/atlanta-hawks-coach-mike-budenholzer-living-dream


お次、ホークス。ユーロからHC連れて来るなんて噂もありましたが、結局こちらもAC出身の人材を連れて来ました。Mike Budenholzerって何て読むんじゃあああとか思ってましたがKench先生のご意見に従いましてマイク・ビューデンホルツァーとさせて頂きます。写真とか見ると結構なおぢさんかなと思いましたが、なんとまだ43才です。スパーズで実に19シーズンを過ごし、そのうち17シーズンはACという叩き上げっ振りであります。そう、ダンカン時代を支えてきた男なんですよね。

ホークスといえばGMにダニー・フェリーを迎えております。ええ、どう見てもこれはスパーズコネクション。つーかもう完全にイーストのスパーズ支部になろうとしてますよね本当に(ry マジック、ホークスとサウスイーストは順調にスパーズの植民地化しておりますw

http://espn.go.com/nba/story/_/id/9318381/phoenix-suns-confirm-hiring-jeff-hornacek-coach

お次、サンズのHCにジェフ・ホーナセックが就任です。あんまりホーナセックってサンズOB感がありませんが、この人も実はサンズOBですからね。バークリーとのトレードでシクサーズへ移籍したんですよ、ええ。だからサー・チャールズ以降のNBAファンにはサンズというより、ジャズでのイメージが圧倒的に強いですよね。

@Kenchsden: ホーネサック「ジェリー・スローンのタフネスとコットン・フィッツシモンズの情熱をうまくミックスできれば」ーSuns connect with their past by hiring Hornacek - Yahoo! Sports http://t.co/SmOU0E0NDz

再びKench先生のお力をお借りしますとホーナセック新HCはこんな事を言ってました。スローンは言うまでもなくジャズ時代の恩師ですが、コットン・フィッツシモンズは要説明かな。'70年にサンズHCに就任し、チームを初めて勝ち越しシーズンに導いた、という方です。その後ウォリアーズでのフロント職を経てホークスでピート・マラヴィッチをコーチし、更にバッファロー・ブレーヴス(現LAC)、カンザスシティ・キングス(現SAC)を率いているという完全に歴史上の人物ですね。

その後スパーズでもHCを務めた後に、サンズへ復帰。キャヴスへラリー・ナンスを放出してマーク・ウエストとケヴィン・ジョンソンを獲得するトレードを進めました。また、'88年ドラフトでサンズがダン・マーリーを指名し、ファンが彼へブーイングしているのを受けて「この若者へブーイングした事を後悔する事になりますぞ!」(←郭嘉風味)と言ってたしなめたのもこの方です。

サンズで2度目のコーチ・オブ・ザ・イヤーを受賞した後にフィッツシモンズは引退、サンズフロントへ入ります。そして、上に書いたホーナセックを放出してバークリーを獲得するトレードを後押ししたのです。もうお分かりの通り、ホーナセックはこのトレード前までフィッツシモンズのコーチングを受けていたのですね。

ある意味サンズの歴史を体現して来た、そういう偉大なコーチの薫陶を受け、更にジャズの鉄人スローンのコーチングも受けて来たホーナセック・・・我々が今思っているよりも良いHCになるかも知れませんね。

http://espn.go.com/nba/story/_/id/9321753/lionel-hollins-hopes-return-memphis-grizzlies

あと、まだ未定なチームについても軽く。まずシーズンを終えたばかりのグリズリーズはライオネル・ホリンズが契約最終年。クリッパーズのスターリングオーナーがグリズリーズ戦を見に来たのは彼がお目当てじゃないかと言われたりしましたが、現状ではホリンズ自身がグリズリーズとの再契約を望んでいるようです。カンファレンスファイナルまでチームを導いた実績を考えれば、まあ再契約だろうなとは思いますがね。

http://espn.go.com/los-angeles/nba/story/_/id/9319711/los-angeles-clippers-targeting-big-name-coaching-candidates-according-sources

そのクリッパーズですが、どうやら今回は大物狙いと噂されています。現在名前が挙がっているのは以下の方々です。

ジェフ・ヴァンガンディ
ライオネル・ホリンズ(現MEM)
ブライアン・ショー(現IND、AC)
アルヴィン・ジェントリ
バイロン・スコット
ネイト・マクミラン


クリッパーズはホリンズ以外にも他チームの現役HC引き抜きを狙っているそうで、それは誰やねーんという感じです。スコットだとクリス・ポールとしてはホーネッツ時代以来の再会、マクミランなら五輪代表チームコネクションになりますな。ジェントリだとクリッパーズ返り咲きです。ヴァンガンディ兄も面白いですが、まともなセンターが欲しいだろう彼がデアンドレ・ジョーダンで満足するのかは定かではありませんw ブライアン・ショーは・・・もう少し待ったらLALあたりの席が空くかもなんで、今回は待ちかな?そろそろHCになって欲しい人材ですけどね。

まあ、あのクリッパーズがコーチ人事にも久々に本気を出しているようで何よりです。最終的にどういう人選に落ち着くか、注目しておきましょう。





「WORKING!!」PERFECT☆Blu-ray BOX「WORKING!!」PERFECT☆Blu-ray BOX
アニプレックス(2011-08-24)
販売元:Amazon.co.jp

WORKING!! (ワーキング!!) コミック 1-11巻 セット (ヤングガンガンコミックス)WORKING!! (ワーキング!!) コミック 1-11巻 セット (ヤングガンガンコミックス)
著者:高津 カリノ
スクウェア・エニックス(2012-12-08)
販売元:Amazon.co.jp