はい、つー訳でカンファレンスファイナル終了。まずは私の神予想結果からどうぞ。

☆イースト

・ヒート対ペイサーズ

予想4-3→結果4-3


ふっ・・・( ´_ゝ`)

今日から君達、私の事を諸葛孔明と呼んでくれ給へよ。まあ私程のNBAウォッチャーともなれば完全的中も当然の事。しかもプレーオフ開始時に予想した通りの結果・・・いやなに、ちょっと神算鬼謀を発揮してしまっただけの事さ。

☆ウエスト

スパーズ対グリズリーズ

予想3-4→結果4-0


ふっ・・・(´Д` )

今日から君達、私の事を「げえっ孔明!」と呼んでくれ給へよ。まあ私程のNBAにわかともなれば完全外しも当然の事。しかもカンファレンスファイナル開始時に再予想したのと正反対の結果・・・いやなに、ちょっと無知蒙昧を発揮してしまっただけの事さ。

つー訳でイーストが完全的中、ウエストが外しに外しまくりという両極端な結果に終わりました。イーストの展開は全ラウンド勝ち上がり的中、完全的中もそこそこ有りとこのブログ始めて以来今迄で最も完璧に予想出来ましたが、ウエストはウエストブルック故障などのファクターもあったとはいえ、あまりにあまりな外れっ振りでおらあ涙が出て来るだよ。まあ、ウエストブルックの怪我無くてもナゲッツとかも外したけどな!あとレイカーズェ・・・(´Д` )ともあれ、東だけは当てた勢いを駆ってファイナル予想と行きましょうか。

☆ファイナル

ヒート対スパーズ


T-Mac「ふっふっふっ、3人がかりでも果たして俺に勝てるかな?」

遂に実現!マイク・ミラー、ジュワン・ハワード&ラシャード・ルイスがT-Macと頂上対決!何という俺得マジックファイナル!

・・・妄言はそれぐらいにしときますが私、今季はヒートが80%の確率で優勝するとか書いた記憶があります。で、ヒートに勝つ可能性があるとしたらペイサーズだけであると。つまり、そのペイサーズが負けた今、私の予言によればヒート優勝はもう決まったという事になります。え、20%全部ペイサーズだったのって?いえ、ペイサーズがファイナルに来ればウエストのチームにも可能性がある、という意味だったのです。つまり、今の状況であれば私はヒート優勝の確率100%と言わなければならないのですよ。

正直、スパーズの強さは予想以上でした。昨カンファレンスファイナルで突如サンダーの前に屈したようにまた崩れてしまうのではないかと危惧していましたが、ビック3のうちダンカンとジノビリに衰えが見える中でも結局ファイナルまで届いたのはカワイ・レナードに代表される若手の成長故でしょう。実際、カワイちゃんがレブロンを何とかしてくれるんじゃないかなーという期待もしないではありません。カンファレンスファイナルもスウィープ勝ちで休養十分ですしね。

でも、私はシーズン中の予想に忠実に行きましょう。最後に笑うのはヒートでしょう。そしてスパーズはきっと、ペイサーズよりは先に力尽きるはずです。つー訳で、ヒート4勝2敗で連覇と予想しておきましょう。個人的にはフロップを最近突っ込まれがちなウェイドとレブロンにジノビリが「本物のフロップを見せてやる!」的な展開を期待してますw

冗談はさておき、いよいよ頂点対決。レブロンの6年越しのリヴェンジなるか、はたまたスパーズが返り討ちで2年前のマヴス同様に年季の差を見せつけるか。大いに期待させてもらいますよ!

・・・しかしマジでT-Mac、時期はズレますがマイク・ミラーともジュワンともマジックでチームメイトなんですよねえ。てかミラーはチームメイトどころか仲良しだった訳ですし。人生いろいろですなあ。





Celebration Day (Deluxe Edition, 2CD,+Blu-Ray+DVD, CD sized digipak)Celebration Day (Deluxe Edition, 2CD,+Blu-Ray+DVD, CD sized digipak)
アーティスト:Led Zeppelin
Atlantic(2012-11-21)
販売元:Amazon.co.jp

How the West Was WonHow the West Was Won
アーティスト:Led Zeppelin
Atlantic(2003-06-02)
販売元:Amazon.co.jp

永遠の詩(狂熱のライヴ) 最強盤永遠の詩(狂熱のライヴ) 最強盤
アーティスト:レッド・ツェッペリン
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)(2007-11-21)
販売元:Amazon.co.jp