スパーズ109-91マジック
ヒート90-83ラプターズ
ボブキャッツ92-76バックス
ホークス88-87マヴス
セルティクス103-86キャヴス
レイカーズ106-102ピストンズ
ロケッツ114-95ネッツ
ペイサーズ93-73ウィザーズ
ペリカンズ121-105シクサーズ
サンダー113-112ウォリアーズ(OT)
ナゲッツ97-95ニックス
サンズ112-101ジャズ
クリッパーズ104-98キングス(OT)




この日はもう、ウエストブルックのこの一撃に尽きますよね。先日イグダラにブザービーター沈められて敗れたお返しが出来た、という向きもあるようですな。いやー、何だかこの2チームがプレーオフで対戦するような気がしてきましたよ。

あと、トレードが1つ成立しました。


http://espn.go.com/nba/story/_/id/10040488/minnesota-timberwolves-announce-derrick-williams-trade-sacramento-kings?ex_cid=espnapi_public


キングス←デリック・ウィリアムズ
ウルヴス←ルーク・リチャード・ムバ・ア・ムーテ


デリックさんのトレードはウルヴスファンのMitsuさんがずっと可能性を仰ってた記憶がありますが、遂に来たかって感じですね。ウルヴスではとうとうブレイクのきっかけを掴めなかった感はありますが、新天地移籍で何か変わるかも、とは思いました。



キングスでのデビュー戦、いきなり先発に抜擢されたデリックはなんとFG6/13で12得点6リバウンド4アシストとなかなかの出足。あれ、こんなオールラウンダーでしたっけ?とりあえず先発で出場機会も得られそうですし、今後に期待ですね。

さて、マジックがこの日お迎えしたのはサンアントニオ・スパーズ。繰り返す、サンアントニオ・スパーズ。今やヘニガンGM&ジャック・ヴォーンHC体制を形成した我らがオーランド・マジックにとっては兄貴分と言うより親分格と言っても良いでしょう。今やスパーズ出身のGMやらHCがあちこちに点在するこの状況にあっては、スパーズ一門の一翼であると言っても差し支えないと思います。その一門の大親分たるスパーズ、ダンカン組長とジノビリ若頭が高齢化を迎えてもなお精強を誇るこの強さはちょっと尋常じゃないですね。

マジックがアウェーの黒ジャージ、スパーズがシルヴァーのジャージを着用するという、絵的に地味な気もするこの試合の先発ですが、マジックはネルソンが左足を痛めて欠場。そのため先発はイートワン・ムーアが昇格してオラディポ、アフラロ、グレン・デイヴィス、ヴーセヴィッチと組む事になりました。え、そこはハークレス昇格じゃないの?一方スパーズも踵を痛めたトニー・パーカーを休ませてコーリー・ジョセフを先発とし、ダニー・グリーン、カワイ・レナード、ティム・ダンカン、ティアゴ・スプリッターと組ませたのです。

ま、互角な試合になってたのは1Q終盤ぐらいまでなんじゃないですかね。24-23の場面から2Q序盤までに9-0ランを出したスパーズは更にこの2Q中盤に17-0という絶望的なランをマジックに見舞います。ダンカンのアリウープダンクまで飛び出す始末ですよ。かくして前半時点で45-63、これはもうスパーズの主力温存勝利パターンですわ。まあそれはそうでしょう、何しろこの試合でヴーセヴィッチが初得点したのは前半終了間際、残り35.2秒時点なのですから・・・。彼が封じられてしまった意味は非常に大きかった訳です。

3Q冒頭にはそのヴーセヴィッチがリヴェンジとばかりに6点を稼いで58-68としたマジックでしたが、ダンカン組長のFTを号砲にスパーズが再び11-2のランで60-79まで押し戻してしまいます。それでも何とかオラディポが踏ん張って10-2ランで返して70-81で4Qには入れました。

が、4Q開始早々この試合で絶好調だったイタリア伊達男ベリネリの連続3から12-0ランを食らったマジックは再び70-93とセーフティーゾーンに逃げられてしまいました。スパーズは既にダンカン組長もジノビリ若頭も休ませており、その他の構成員でマジックの先発陣をいなす余裕っ振り。いやー、まるで勝てる気がしない・・・。かくてスパーズはベンチ全員をコートに出す横綱相撲振りで軽く舎弟マジックを片付けてしまったのでありました。

http://www.nba.com/games/20131129/SASORL/gameinfo.html#nbaGIboxscore

マジックはアフラロがチームトップの17得点。オラディポは15得点4リバウンド2アシスト3ブロック1スティール2TOとまあまあの出来でした。グレン・デイヴィスは10得点8リバウンド2アシスト2スティール、そして封じられたヴーセヴィッチはFG4/12かつ8TOで12得点7リバウンド2アシスト2ブロックとなってしまいました。また先発昇格のムーアもFG2/8で6得点3リバウンド3アシストに終わります。うーん、まだまだネルソンがいないと厳しいですね。ベンチではハークレスが11得点2スティールでしたが、やっぱり彼を先発にした方が良かったのでは・・・。あ、ロニー・プライスが地味に18:27出場で5得点3リバウンド5アシストは良かったかも知れません。しかし、なぜマキシール1人だけがDNPなのでしょうか・・・?

マジックの次の試合ですが、しばらく間が空いて現地12/2のウィザーズ戦となります。その翌日にはシクサーズとの再戦ですね。うむ、またしても新人王争い直接対決が楽しみであります。いや、ウィザーズにもオット・ポッターくんがいるんですけどね(汗)。





ゴッドファーザー ― オリジナル・サウンドトラックゴッドファーザー ― オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:サントラ
ユニバーサル(2002-05-01)
販売元:Amazon.co.jp

ゴッドファーザー コッポラ・リストレーション ブルーレイBOX [Blu-ray]ゴッドファーザー コッポラ・リストレーション ブルーレイBOX [Blu-ray]
出演:アル・パチーノ
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン(2011-02-25)
販売元:Amazon.co.jp

ゴッドファーザー コッポラ・リストレーション DVD BOXゴッドファーザー コッポラ・リストレーション DVD BOX
出演:マーロン・ブランド
Paramount(2008-10-03)
販売元:Amazon.co.jp