☆現地3/19

ブルズ102-94シクサーズ
セルティクス101-96ヒート
ネッツ104-99ボブキャッツ
グリズリーズ96-86ジャズ
ラプターズ107-100ペリカンズ
ニックス92-86ペイサーズ
ウルヴス123-122マヴス(OT)
ナゲッツ118-109ピストンズ
サンズ109-93マジック
スパーズ125-109レイカーズ

☆現地3/20

サンダー102-95キャヴス
ロケッツ129-106ウルヴズ
ブレーザーズ116-103ウィザーズ
ウォリアーズ115-110バックス


はい、すっかり更新が滞りましたが行きますよー。コメント返しも頑張りますんで、ハイ(−_−;)そんな訳で2エントリー、速攻で行きます。今回のお題は何度か取り上げてますが、ユニフォーム2題です。

皆さんご存知のように、NBA各チームは只今様々なユニフォームを使用しております。ホーム&アウェーで2種類あれば基本的には事足りる訳ですが、そこに様々なヴァリエーションが加わって種類が増えていく訳じゃないですか。昔のユニフォームを復刻したクラシックジャージーに始まり、別ヴァージョンのホーム&アウェーユニフォーム、日曜限定ユニフォーム、チーム名表記も英語から改めたラテンナイト、皆セルティクス状態のグリーンベースなユニフォームになるセント・パトリックデー。まあ色々と考えつくものです。

そこに今、新たなトレンドが加わろうとしています。その1つが半袖ユニフォームな訳です。既に昨季のウォリアーズを皮切りに今季は導入チームが増加したのみならず、オールスターでまで半袖ユニフォームが初お目見えしました。リーグ側が半袖ジャージーを定着させようとしているのは明らかですね。

これに対して、洋の東西を問わず批判が飛んでいるのもまた確かです。もう今すぐ止めて欲しいぐらいの勢いで反発している人がいるのは理解出来る事です。やはり、今迄の袖無しジャージーを見慣れていると半袖のユニフォームは違和感が凄くありますからね。しかし、私は何度か予言してきた事をここで改めて繰り返しましょう。

半袖ジャージーが当たり前になる時代が遠からず来る、と。

以下、その理由を述べます。

1.違和感が仕事するのは今のうち

我々が半袖ジャージーに反発する理由は、平たく言えばドラえもんの声が大山のぶ代さんか水田わさびさんかみたいなもんです。現在までのNBAファンは大山のぶ代さんじゃない声のドラえもんに抵抗を覚えるが如く、半袖ジャージーに違和感を持っているに過ぎません。

しかし、これからNBAファンになっていく世代はどうでしょう。大山のぶ代さんの声を知らない、水田わさびさんのドラえもんしか知らなければ、彼ら彼女らが違和感など持つ訳もありません。むしろこの世代から見れば、大山のぶ代さんの声でドラえもんが話す方が違和感を感じるようになるのと同じように、袖無しジャージーにこそ違和感を抱くようになっていくのです。

そして皆さんがおっさんおばさん、おじいさんおばあさんのNBAファンになった頃には半袖ジャージーがスタンダードとなり、昔の袖無しジャージーを若い世代が見れば「うっわ〜、昔はこんなジャージー着てたんだ、ダッサー」となるんです。このままリーグが半袖ジャージーを定着させれば間違いなくそうなります。

え、そんな訳がない?あのですね、'80年代までのピチピチパンツなユニフォームを御覧なさい。あれを見て皆さん違和感あるでしょ?でも、昔のファンはあれが普通だった訳じゃないですか。それとおんなじ事ですよ。

2.機能性は関係ない

確か少し前に、レブロンが半袖ジャージーについて苦言を呈していましたね。確か半袖ジャージーが邪魔だとかなんとか、要は袖があるとやり難い的なコメントだったと記憶しています。こういう声が多ければ、確かにリーグが半袖ジャージー導入を考え直す可能性はあります。実際、合成皮革を使用したボールの導入はシーズン半ばで撤回していましたからね。

しかし、私はこの線も全く心配していません。なぜなら、そもそも他にも腕を使うにも拘らず袖のあるユニフォームを使用しているスポーツは山とあるからです。まず何と言っても野球ですよね。ピッチャー、バッター、守備、誰もが半袖どころか長袖のユニフォームでプレーしてますよね。テニスは?少なくとも男子は半袖ですな。ゴルフは?紳士のスポーツなんで袖無しなんてあり得ません。バレーボールは?半袖or長袖です。ラグビーもボールのパス回しとかありますけど半袖ですね。アメリカンフットボールなんか長袖どころかあんな防具まで付けまくって、でもボール投げたりしてます。バスケット選手達がもし半袖ユニフォームだからやり難いなんて口にしたら、これら他種目の選手からしたら「は?」ですよ。

だいたいバスケット選手自身がプロテクターやらサポーターやらしまくってる時代です。あれが良くて半袖がダメと言われても困ります。NCAAなんか半袖Tシャツの上にユニフォームを重ねるのは昔からある試合でのスタイルですが、彼らはそれが動きの妨げになるとは全く考えないでしょう。

という訳で、半袖ユニフォームがダメな理由に正当な根拠があるとは到底言えません。サッカー同様、バスケットボールのユニフォームも日常のファッションにより馴染み易いようにしようと目論むNBA側の意向により、遠からず半袖ユニフォームがスタンダードへと移り変わっていく事でしょう。女子バスケの脇が見えるのが堪らんとかいうマニアな貴方、残念でしたね( ´_ゝ`)←そんな趣味は無いので他人事モード

つー訳で半袖ユニフォーム時代到来を改めて断言した訳ですが、もう一つ半袖ユニフォームが導入されるだろう大きな要素があります。はい、広告ですよね。では、続きはこの後のエントリーにて。

(以下続く)





HearHear
アーティスト:谷村有美
ソニーレコード(1989-06-21)
販売元:Amazon.co.jp