兄弟子:いよいよプレーオフですねえ。
弟弟子:珍しく普通の入りですね。
兄弟子:今季もマジックはプレーオフ関係無いのでポストシーズンは他人事なんですが、ボブキャッツには1勝はして欲しかったな〜。
弟弟子:来季からシャーロット・ホーネッツに改名ですもんね。
兄弟子:おっさん世代にはホーネッツ復活は嬉しいけどね。今思えばオレンジと紺色のカラリングに水色を加えた時点で、ホーネッツへの改名への布石は打たれてたんですなあ。
弟弟子:あまりボブキャッツが無くなる事を残念がる声は聞こえてきませんね。
兄弟子:球団がなくなる訳じゃないし、シアトル・スーパーソニックスみたいに移転する訳でもないからね。ま、ソニックスとの最大の差は言うまでも無くチームの歴史の長さだね。
弟弟子:ソニックスは未だに復活の声がありますもんね。
兄弟子:そりゃ頂点に輝いた歴史もあるし、近年もペイトンとケンプのコンビで鳴らした'90年代の輝きがあったからね。レイ・アレンと最高額砲化する前のルイスの連装式3ポイント砲で快進撃を見せた時もあったし。
弟弟子:ボブキャッツに根本的に欠けているのは、ファンが振り返りたくなるような強い時期が無かった事なんでしょうね。
兄弟子:まあ新設球団だから急浮上は難しかっただろうけどね。プレーオフ出場2回でボブキャッツとしての歴史は幕を閉じるけど、来季からはホーネッツとして頑張って欲しいな。

弟弟子:さて兄さん、夏休みの宿題無双タイムが来ましたね。
兄弟子:コメント返しかな?
弟弟子:本当ですよ、それもいつやるんですか。
兄弟子:そのうち必ず全レスしますー。
弟弟子:本当ですかね。とうとう、レスしないならコメント欄閉めたら?って怒られちゃってますよ。
兄弟子:誠意大将軍です。
弟弟子:それ言ってた人、たしか有罪になりませんでしたか。
兄弟子:まあ頑張りますよ。で、今回から「NBAどうでしょう」溜まってた分のまとめモード入ります。
弟弟子:兄さん、そっちもアップまで待たせ過ぎです。もう2シリーズ完結して、今最新シリーズ始まってるじゃないですか。
兄弟子:正直すまんかった!
弟弟子:全くですよ。
兄弟子:因みにこの回、収録現場へ初めてお邪魔してしまいました!
弟弟子:なん・・・だと・・・!
兄弟子:以前から小林師範にお誘い頂いてまして、遂にスケジュールが合いましてお邪魔してしまいましたの巻。
弟弟子:あのスタジオへ足を踏み入れたんですか。
兄弟子:実はスタジオとは師範のHP「NBAどっと混む」時代、いやもしかしたらもっと前のパソコン通信時代からなのかな?ともあれ昔からのお仲間のおひとり、らう〜ふ師匠のオフィスです。
弟弟子:オフィス?
兄弟子:要するに仕事場をお借りしておるのだよ。
弟弟子:ほうほう。
兄弟子:で、集合時間にお邪魔したんだけどらう〜ふさん以外遅れていらっしゃるというw
弟弟子:えええ。
兄弟子:師範とKench先生は本業があるし、そもそも当日他にいらっしゃったすみこさんとニセク檸檬さんは名古屋からお見えになってるのね。
弟弟子:この収録のために遠征されているんですか。
兄弟子:頭下がりますわ。すみこさんはテーマに沿ったイラストを、偽クレモンさんは次のテーマソングをお持ちになるのね。
弟弟子:あ、収録時に手持ちだったんですか。
兄弟子:この時のテーマソング「いい奴でした」はエンディングテーマ曲と共に、手製ジャケット仕様なんですな。毎回そうなんだと思うよ。
弟弟子:ところで、あのテーマソングって男性Vo.はニセク檸檬さんなのは分かりますけど、女性Vo.は誰なんですか?
兄弟子:ああ、あれはニセク檸檬さんの奥様だそうです。
弟弟子:まじっすか!!!奥さんも凄いっすね!
兄弟子:毎回コミカルだけど難しい曲作ってらっしゃると思うのよあれ。演奏する方も歌う方も半端じゃないなと。
弟弟子:CD発売はまだですかニセク檸檬さん!(迫真)
兄弟子:あと、すみこさんはお上品な奥様って感じでした。確かニックスの本拠地、マジソンスクエアガーデンでレジー・ミラー応援ボードを掲げたという真のペイサーズファンなんですが、もう娘さんが就職されるようなお年だとか。
弟弟子:NBA関係の仕事に就こう(提案)
兄弟子:そんな仕事そうそうねえだよ(´Д` )
弟弟子:ですよねー。
兄弟子:この時はご欠席でしたがあとスタイリストとして、れじさんという方がいらっしゃいます。確か木場での公開収録1回目にいらっしゃったはず。
弟弟子:もしかして、前回師範とKenchさんにアルフィーの格好をさせたのって・・・。
兄弟子:正解!
弟弟子:まあ前にも言いましたけど、日本の古株NBAファンならアルフィーとNBAの関係は有名ですよね。
兄弟子:なにしろ高見沢さん、DUNK SHOOT誌に連載してたからな!前にも言ったけど。アルフィーって今の子達には分からないだろうけど、'80〜'90年代にはスタジアムコンサートガンガンやってましたからね。高見沢さんはアイドル状態で。
弟弟子:今は志茂田景樹的なキテレツな服のヒト的なイメージですね。
兄弟子:否定出来ないから困る。まあ、私はアルフィー好きですよ。つー訳で散々紹介が遅れましたが前回シリーズ、まずは一気にその12まで。デヴィッド・スターン前コミッショナーの偉業と、選手の引き際についての話題がメインです。



弟弟子:ところで兄さん、告知がありますよね。
兄弟子:はい、「NBAどうでしょう」またしてもの公開収録のお知らせですパフパフ。
弟弟子:おお、最近師範がアクティヴですね!

日時:5/30(金) 19:30〜
場所:木場 Ball Tongue


兄弟子:会場は毎度お馴染みですね。チャージ料金と飲食代だけ自腹でお願いしますってのもいつも通り。
弟弟子:前回ちょいーっと人が少なかったので、皆さん是非お越し下さいませ。
兄弟子:前回は2月末っていう世の会社が一番忙しいタイミングに開催したのがあかんかったと嫁さんに言われました。
弟弟子:決算前でしたもんね・・・。
兄弟子:今回はそういうの無いと思いますんで、皆さん宜しくお願いしますよー。これから開催まで過去シリーズアップしつつ告知やりますんで何卒ひとつ。

(以下続く)



NBA バスケットボールコーチングプレイブックNBA バスケットボールコーチングプレイブック
著者:カリーム・アブドゥル= ジャバー
スタジオタッククリエイティブ(2013-10-05)
販売元:Amazon.co.jp