スパーズ(1勝)90-85マヴス
ヒート(1勝)99-88ボブキャッツ
ウィザーズ(1勝)102-93ブルズ
ブレーザーズ(1勝)122-120ロケッツ(OT)


はい、世間の目は完全にプレーオフに向かってますが、今季最終号は出しておかなきゃですね。

☆今週の試合

ブルズ108-95マジック(4/14)
ペイサーズ101-86マジック(4/16)


マジックの今季最後の2試合はセントラルの強豪2チームでした。まずはアウェーでのブルズ戦、ネルソンは左そけい部を痛めて欠場のためオラディポが先発に。2桁ビハインドだったところから3Qにマジックが反撃し、なんとこのQ残り3分にして64-67まで迫りました。が、ダンリーヴィー息子の3で流れを断ち切られ、3Q終わりには70-81とされると、4Qの入りに7-13と攻められて77-94と引き離されてジ・エンド。アウェーでの圧倒的な弱さを最後まで見せつけます。

そしてシーズンエンドはペイサーズ。最近すっかり弱ってしまっていたペイサーズ相手ではうっかり勝ててしまう可能性無きにしもあらずでしたが、マジックもヴーチェヴィッチは既にシーズンアウト、そして左アキレス腱を痛めたネルソンも先発から外れます。かくてマジック今季最後の先発はオラディポ、アフラロ、ハークレス、オクィン、デドモンというラインアップとなりました。しかもアフラロも6分程しかコートに立ちません。そりゃそうですね、ホームで迎えるラストゲームだと言っても消化試合。来季もNBAに留まれる見込みの見えているヴェテランなら、怪我でもしようものなら大損です。逆に来季以降の契約がクリアではない若手にとっては貴重なアピールラストチャンスですね。

つー訳で、案の定オラディポ以外の若手の出番となりました。オクィン、ハークレス、デドモンは最近先発でしたから当たり前ですが、ニコルソン、イートワン・ムーア、そしてドロン・ラムといったところもいつもでは考えられない長い出番を得ます。まあ、よくある光景ですね。1巡目指名組ではハークレスは多分来季もマジックでしょうが、他の面々はまだ分かりませんからそりゃ必死です。次のドラフト選手にもよりますがね。

なお、試合は途中までは接戦でしたが最後は地力の差か、ペイサーズが突き放して終了。若手アピール競争ですがハークレスが14得点5リバウンド2スティール、デドモンが8得点13リバウンド2スティール2ブロック、ニコルソンが10得点4リバウンド、ムーアが13得点6リバウンド3アシスト、オクィンが6得点5リバウンド。ラムは11得点2アシストしましたけどFG4/12・・・これは生き残りが極めて厳しそうです。

最終戦だからか、ロニー・プライスのみならずマキシールまで出番がありましたが、彼らの契約も今季で終了になる予感がしますね。ともあれシーズン終了、お疲れ様でありました。

☆今週のオラディポ

ブルズ戦→10得点(FG3/8)3リバウンド4アシスト1スティール3TO
ペイサーズ戦→


つーわけでオラディポのラスト2試合は先発でしたが、そんなにがっつり試合に出ていた訳ではありません。ブルズ戦は23:24、ペイサーズ戦に至っては17:24でして、完全に無理させないモード。マイケル・カーター=ウィリアムズとの新人王レースへ向けて最後の追い込みチャンスかと思われましたが、まあそんな理由で無理するのもナンセンスです。だいたいどこも主力を休ませるシーズン最終盤でモンスタースタッツを叩き出してもあまり意味はありませんからね。かくてオラディポさんのルーキーシーズンは終わりました。

オラディポの平均スタッツは以下の通りです。

13.8得点(FG41.9%、3FG32.7%、FT78.0%)4.1リバウンド(OR0.5、DR3.6)4.1アシスト1.6スティール0.5ブロック3.2TO2.6PF

うん、まあまあじゃないですかね。いきなりNBAで通用するディフェンス力は見せられたと思います。後はオフェンス、特にFGですね。3ポイントも入らなくはありませんがもっと確率上げて行きたいところです。

最大の懸案、TOはキャリア初のPG役をやらされたせいもあるかなとは思います。ま、シーズン開幕前にオーランドセンチネル紙で喧伝されていた「ウエストブルック2世」という方向性はやっぱ厳しいかなー。まあ今季は基本的には実戦演習の場だったと思ってますんで、来季から色々今よりスキルアップして、オールスターとは言わないまでもリーグで一目置かれるようなポジションにつけて欲しいですねー。

☆マジック噂の真相

http://probasketballtalk.nbcsports.com/2014/04/18/ties-broken-nba-draft-lottery-odds-second-half-of-draft-now-set/

さて、レギュラーシーズン終了に伴いドラフトロッタリーの方も順位確定→当選確率確定となりました。以下にそれぞれの確率を引用します。

• Milwaukee 25%
• Philadelphia 19.9%
• Orlando 15.6%
• Utah 10.4%
• Boston 10.3%
• LA Lakers 6.3%
• Sacramento 4.3%
• Detroit (possibly to Charlotte) 2.8%
• Cleveland 1.7%
• New Orleans (possibly to Philadelphia) 1.1%
• Denver (possibly to Orlando) 0.8%
• Denver or Orlando (via New York and Denver) 0.7%
• Minnesota (possibly to Phoenix) 0.6%
• Phoenix 0.5%


つー訳でマジックはワースト3位、1位ゲットの確率は15.6%となりました。実はシーズン終盤にセルティクスとジャズが肉薄していたんですが、両者の追撃(?)をかわしました。4位になった瞬間、当選の確率は5%以上も違ってしまうから恐ろしいですな。

あと、以前にも紹介しましたがマジックはナゲッツから1巡目指名権を1つ譲ってもらえます。これはドワイトのトレード時に仕入れたもので、2014年指名権のうち、ロッタリー後に順位が低くなった方を貰える話になっております。ナゲッツが今回持っている指名権は自前のもの、そしてカーメロ移籍時にニックスから得たもの。そしてナゲッツ、ニックスは共にプレーオフを逃しましたので、マジックはロッタリーピックをもう1つ得られる事となるのです。

トップ6ピック確定のマジック自前指名権についてはもう運を天に任せるか、マジックの裏工作に期待するかしかないとして(←マテ)、実は大事なのはこのナゲッツから仕入れる指名権による人選だよなと思ってます。トップ6ピックでチームの柱になるような人材を得られるのは前提条件として、このもう1つのピックで誰を取るか、ですよ。

今季のシクサーズを見て下さい。タンクだ何だと色々言われましたが、彼らはまずシーズンDNPのノエルを押さえておいて、もう1つの指名権でマイケル・カーター=ウィリアムズを獲得しましたよね。そして、今季の新人王は恐らくは彼の手中に収まります。ノエルのオデン化というリスクはあるものの、概ね彼らは完璧な仕事をしました。

マジックだって2004年、ナイスチョイスを決めました。あのドラフトでNCAAチャンピオンのオカフォーではなくドワイトを選んだのは大正解でしたが、同時に将来の1巡目指名権との交換でマジックが仕入れたのかネルソンです。あの時はフランシスがいたのにPG指名?と思ったものでしたが、今や彼もマジック最古参選手ですね。怪我で出られませんでしたがオールスターにも選ばれました。

こういう中下位指名権で外し続けてきたのが昔のマジックでした。シャック&ペニー時代然り、T-Mac時代然り。結果がチームの先細りとエースの移籍ですよ。まあ、そんな古い話をせずともスパーズという奇跡を目の当たりにすれば粗末に扱って良い指名権など無いと誰にでも分かりますよね。

ネルソンもナゲッツ由来の指名権でしたしトレードで頂いたアフラロもオールスター候補の一角に入りましたし、もしかしてマジックはナゲッツから福を貰い易いのかも知れません。フロントも辣腕の若手ヘニガンGM体制に代わってから打つ手打つ手当たってますし、今度もソリッドピックを期待してますよ!

つー訳でマジックのシーズンは終わりましたが、ドラフトへ向けて色々またニュースが入りましたら増刊号やら号外やら出しますんで、皆さん宜しくお願い致しますー。



Reebok SHAQNOSIS OG (BLACK/TRUTH BLUE/WHITE) (リーボック シャック ノーシス) 【Kinetics】【Shaquille O'Neal】【シャキール・オニール】【バスケ】【NBA】【マイアミ・ヒート】【Orlando Magic】【street-mens】【13FW-S】
Reebok SHAQNOSIS OG (BLACK/TRUTH BLUE/WHITE) (リーボック シャック ノーシス) 【Kinetics】【Shaquille O'Neal】【シャキール・オニール】【バスケ】【NBA】【マイアミ・ヒート】【Orlando Magic】【street-mens】【13FW-S】
Reebok SHAQNOSIS OG (BLACK/TRUTH BLUE/WHITE) (リーボック シャック ノーシス) 【Kinetics】【Shaquille O'Neal】【シャキール・オニール】【バスケ】【NBA】【マイアミ・ヒート】【Orlando Magic】【street-mens】【13FW-S】
Reebok SHAQNOSIS OG (BLACK/TRUTH BLUE/WHITE) (リーボック シャック ノーシス) 【Kinetics】【Shaquille O'Neal】【シャキール・オニール】【バスケ】【NBA】【マイアミ・ヒート】【Orlando Magic】【street-mens】【13FW-S】