☆現地10/23

ペイサーズ88-79ホーネッツ
ピストンズ109-103シクサーズ
ペリカンズ88-85マヴス

☆現地10/24

マヴス117-92マジック
ラプターズ83-80ニックス
ウルヴズ113-112ブルズ
ヒート104-98グリズリーズ
ロケッツ96-87スパーズ
サンズ105-100ジャズ
キングス93-92レイカーズ
ウォリアーズ119, Denver 112ナゲッツ
ブレーザーズ99-89クリッパーズ


さて、今日は制裁必至となったNBLとbjリーグ統合をはじめとする日本バスケの問題について書くつもりでいましたが、何やら情報待ちな気配がして来たので後回しにします。で、代わりにブレイキング・ニュースについて書くとしましょう。

http://www.usatoday.com/story/sports/nba/lakers/2014/10/23/steve-nash-los-angeles-nerve-damage-back-injury/17804121/

レイカーズのスティーヴ・ナッシュが、し今季シーズンアウトの見込みという寂しいニュースが入って参りました。正直レイカーズ入りを果たしてここ2年はまともに働けておらずレイカーズファンのフラストレーションも溜まる一方だったでしょうが、これでトドメを刺された感はありますよね。




しかしまあ、この件についての私の見解はこのTweetの通り。こんなに体がボロボロになるまでプレーし続けたのはチャールズ・バークレー以来ですかね?もう事実上引退かも知れませんが、とりあえずお疲れ様でしたと申し上げます。

http://www.orlandosentinel.com/sports/os-victor-oladipo-suffers-facial-fracture-20141024-story.html

・・・などと他人事を言っていられる余裕は一気に失われました。プレシーズンマッチ全休ながらそろそろ復帰かと思われていた矢先、なんとオラディポが練習中に顔面、右目辺りに肘を受けてしまったのです。


http://www.orlandosentinel.com/sports/orlando-magic/os-orlando-magic-news-1026-20141025-story.html


幸い、この怪我を受けてオラディポは手術を受け、既に成功しております。しかしながら開幕には間に合わず、どうやら約1ヶ月の遅れとなりそうな雰囲気です。

http://www.nba.com/games/20141024/DALORL/gameinfo.html#nbaGIboxscore

http://www.orlandosentinel.com/sports/orlando-magic/os-magic-mavericks-1025-20141024-story.html

このオラディポ離脱のショックも多少あっただろうマジックはプレシーズンマッチ最終戦、マヴスを迎えてのゲームとなりました。マヴスといえばそう、ジャミアー・ネルソン。レギュラーシーズン本番ではないもののネルソンの初帰還という事で、マジックのファンはネルソンを暖かく迎えました。そしてチーム側もプレシーズンだというのに早くもネルソンへのトリビュートヴィデオを上映して彼の厚労に報いたのです。もっとも、ネルソン自身は試合前で集中していたのでこのヴィデオは見なかったそうですが。



リドナー、ハークレス、トバイアス・ハリス、オクィン、ヴーチェヴィッチという先発ラインアップで臨んだマジックでしたが、2Qを19-32と攻め込まれると一気に引き離されてしまい、終わってみれば惨敗。トバイアス・ハリスですら14得点3リバウンド3スティール3TOとやや低調で、ヴーチェヴィッチが10得点13リバウンドながら6TO、オクィンが12得点6リバウンドながら5TOとインサイドのTOが目立ちました。おおっと、ペイトンも6得点3リバウンド5アシストながら5TOとこれまた厳しいですね。数少ない好材料はフォルニエのシュートが安定していたぐらいでしょうか。ああ、あとまたアーロン・ゴードンが3ポイントを決めてましたね。シュートレンジは狭いと聞いていたのですがたまには入りそうですな。

また、この試合でリドナーがチャンドラー・パーソンズの3ポイントをチェックに行った際に右足大腿四頭筋を痛めてしまいました。怪我のダメージがどれくらいかにもよりますが、開幕間に合うかどうかが懸念されます。オラディポも開幕絶望ですし、こうなると先発PGペイトンは確定でしょう。控えPGをどうするかが難しいですが、恐らくはフォルニエ、あるいはベン・ゴードンにおはちが回って来るかも知れません。

マジックはプレシーズン8戦全てこれにて完了。4勝4敗の5分ですがNBA外チームとの1戦が含まれますので何とも言えませんね。また、実はこのプレシーズン、マジックは相手オフェンスをこのプレシーズンで一番低い39.8%に抑え込みました。3ポイントディフェンスでも24.7%とリーグ3位に抑えましたし、平均93.3得点もリーグ6位です。無論、これらのデータもあくまでプレシーズンだからこそ。本番がスタートすれば今回のマヴス戦みたくボコボコにやられるのは珍しくないでしょう。ただまあ、それでも悪いデータではないと思います。

ともあれ、いよいよ開幕の時は迫りました。ここ2年は実質上タンク状態でしたが、少なくとも今回からはある程度勝ちに行く、少なくとも負け前提ではない姿勢で戦いに行くはずです。オラディポとフライの欠場は誤算ですが、目標はあくまで高く本番へ突入し、大いに壁にぶち当たって大いに悩んで欲しいものです。今は学びの時なのですから。






BackbeatBackbeat
EMI Import(1994-03-14)
販売元:Amazon.co.jp

バックビートバックビート
アーティスト:サントラ
EMIミュージック・ジャパン(1994-01-26)
販売元:Amazon.co.jp