NBA ALL-ROUND MAGIC オーランド・マジック&NBA最新情報ktkr!

300万ヒット行きました。ありがとうございます。

2008年05月

ボストンのゴースト、復活

セルティクス(4勝)89-81ピストンズ(2勝)

遂に来ました!正直一番盛り上がるファイナルカード実現です。セルティクスvsレイカーズ、正に伝統のクラシックマッチの復活でスターンおぢさんの喜ぶ顔が目に浮かびます。これで視聴率取れなかったらNBA人気はもう駄目でしょう(笑)。

さあ、いよいよファイナルです。セルティクスが遂に完全復活か、レイカーズが再び黄金時代を築くのか、いよいよ最終決戦の時です!時を置いてカンファレンスファイナル予想の答え合わせとファイナル予想に入りましょう。

banner_03

Boston Jazz Living~岩浪洋三プレゼンツ・ストーリーヴィル

THE LAKE SHOW、再び

レイカーズ(4勝)100-92スパーズ(1勝)

レイカーズ強し!ディフェンディングチャンピオンをあっさり4勝1敗で仕留めるとは驚きです。ガソルの加入がここまでプラスとは、やはりあのトレードのインパクトの大きさを改めて感じさせられます。しかも来季はバイナムが戻って来るんですよ、このチーム。またもレイカーズの王朝時代が戻って来たのかも知れませんね。

http://sports.espn.go.com/nba/playoffs2008/news/story?id=3416412

ところでリーグは第4戦での試合終盤のフィッシャーのバリーへのディフェンスがファウルだと今更ながら認めました。マジックvsピストンズのカンファレンスセミファイナルでもかなり疑問のジャッジがありましたが、一つだけ救いなのはリーグが審判のミスを正直に認めている所でしょうか。とはいえミスされた方には何も残らないのも事実でして、何とか柔軟な対応が現場で出来ないものかと思います。

まあスパーズにしても昨季の通称「オーリー・アタック」事件でルールに助けられて美味しい局面があったりもしましたし、あまり強くは抗議し難いってのはあるかも知れませんね。とはいえ、審判の賭博事件なんてのもありましたし、こうも審判の権威が揺らぐような事態が続くのは如何なものかと思う次第です。

ともあれ、レイカーズは4年振りにファイナルへ駒を進めました。その相手がセルティクスなのかピストンズなのか、決定の日はそう遠くありません。長かった'07-'08シーズンも、いよいよ大詰めになって参りました。

banner_03

DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件

セルティクス、リーチ

セルティクス(3勝)106-102ピストンズ(2勝)

いよいよ、でしょうか?西のレイカーズを追って、セルティクスも強敵ピストンズに競り勝ち、遂にファイナルまであと1勝まで漕ぎ着けました。BIG3も遂に足並み揃い、ここに来てやっと本領発揮の感もあります。こうなると先に王手をかけたセルティクスの優位は動かないかなという感じです。

あと2戦、残すは各ホームゲーム1試合。第6戦は@デトロイトですので、ピストンズがここで勝てば勿論3-3のタイで最終戦まで持ち込めますが、果たしてどうでしょう?前回アウェーゲームで勝ったセルティクスに追い風が吹いているようにも思えますが、さてはてという感じです。スパーズの勝ち上がりがかなり悲観視される中、レイカーズの相手はさてどちらか、決戦の時が迫りました。


banner_03

アカギ―闇に降り立った天才 (第1巻) (近代麻雀コミックス)

レイカーズ、灰色の王手

レイカーズ(3勝)93-91スパーズ(1勝)

レイカーズが久々のファイナルへ王手。ですが、終盤のブレント・バリーへのフィッシャーのディフェンスがファウルをコールされなかった事について、あちらのメディアでも意見が割れているようですね。

スパーズの面々は割りと冷静に「そもそもこんな試合展開な時点で駄目なんじゃね?」という感じみたいで、流石経験の長いチームは違います。とはいえかなり厳しい状況には変わりありません。奇跡の逆転か、このままホームでレイカーズが決めるか。かなりレイカーズ有利ですが、何しろスパーズが相手だけにまだ分からないと申し上げておきましょう。

banner_03

DRIVE~GLAY complete BEST~

NBAの音楽13 NBA JAM 1993

今回はVHS1本丸ごとご紹介。「NBA JAM SESSION」です。私の好きな曲「Don't Sweat the Technique」も入ってて、かなりお勧めですね。15年前のNBAの世界を振り返るも良し、初めて見るも良し。あ、その髪型は別に頭の上にレンガ載ってる訳じゃないですよ(笑)。パート毎に収録曲のCDも可能な限りご紹介しておきます。ではどーぞー。



20th Century Masters - The Millennium Collection: The Best of Bell Biv DeVoe

Don't Sweat the Technique




Live!

Hard or Smooth

ベリー・ベスト・オブ・スティーリー・ダン




Bounce [Analog]
Drop It on the One




ベスト・オブ・グレン・フライ


・・・今回の音源は映像同様古く、単独でのCD化もまともになされていないものも少なく無かったです。レッスンエフェクトはヒット曲「ランプ・シェイカー」を「リム・シェイカー」と変えてますし、最後のヘヴィー・Dなんて単独商品化もされてませんでしたしね。面倒な方はサントラでまとめて聞けば良いじゃないと言うことで、そのサントラをご紹介です。

NBA Jam Session


最後に肝心の映像ですが、現状DVD化はされておりません。音楽との兼ね合いでDVD化にハードルがあるのでしょうか?廉価版での再発を切に望みます。

banner_03

NBA-Jam Session

ピストンズ、応酬

ピストンズ(2勝)94-75セルティクス(2勝)

このカードもいい具合に縺れてますね〜。今度はピストンズが圧勝、2-2のイーブンに戻しましたか。こうなって来るとどちらがホームとか意味ナッシングですな。

ホームコートアドバンテージのあるセルティクスですが、ピストンズにホーム発黒星を喰らっている事を考えると油断出来る要素が何一つありません。第5戦を取った方がシリーズの主導権を握る、それだけの事です。どちらが王手をかけるか、イースト王者決定戦の行方に注目しましょう。

banner_03

デトロイト・ロック・シティ

スパーズ、反転攻勢

スパーズ(1勝)103-84レイカーズ(2勝)

いやー、前回ああは書いたもののブローアウト負けだったんで、このままスパーズが押し切られたりすんのかなとも思ってたんですが流石はディフェンディングチャンピオン、そう甘くはありません。コービーの30得点をものともせず、ダンカンの20-20とジノビリ久々のベンチ出場で30得点、これでスパーズが1本取りました。

若干死に体モード寸前だったスパーズですが、この1勝で息を吹き返すようならシリーズは縺れます。個人的には予想と関係無く第7戦までもつれ込んで欲しいこのシリーズ、ここからが本領か、はたまた次の1戦でレイカーズの王手か、大事な大事なアタックチャンスが迫って参りました。

banner_03

ロンサム・スパーズ

マジックの補強案を考える(その3、ラジカル変革編/一部加筆訂正)

補強案シリーズ3回目です。基本的に上手く行ってるチームを大きくいじる必要はないので、恐らくそんな大きなトレードはしないだろうなと思いつつも、トレードでの補強を考えてみます。三回目ですが、下記のコピペも要注目。

http://www.orlandosentinel.com/sports/basketball/magic/orl-magic1808may18,0,7857720.story

1.マゲッティもJウィルもマジックに入る考えはある
2.アロヨは戻らない模様
3.ヒートがビーズリー指名ならトレードでハスレムが狙えるかも
4.J.J.をサンズに出してドラフト順位を15位まで上げられるかも
5.タコルーをコリソンやバティエーに交換出来るのでは?
6.ネルソンとティンズリーのトレードも可能っぽい

・・・改めて突っ込みますが、4.は夢見すぎで、5・6はまあ無いなあって感じですかね。

さて、まずマジックで絶対トレードに出してはいけない選手がいます。もちろん、この方ですね。



今やNBAトップセンターへと成長した彼を放出するトレードだけは、たとえレブロンが相手でも有り得ません。そしてもう一人、やや理由は違いますがアンタッチャブルな選手がいます。



サラリーの高さゆえ、ラシャード・ルイスをトレードする事は有り得ないというより、普通に不可能と言えます。アイザイア・トーマスがニックスにまだいてくれればなあ・・・。

つーことで、マジックにトレードで使えそうなヒトは以下の通りかなと類推します。

1.タコルー。彼こそがマジック最大のトレードヴァリューを持つ選手なのは疑いありません。ただ、マジックとしても放出はいかがなものかと思いますが。

2.バティー。契約残り2年、大きなことは期待出来ませんが、インサイドに一枚補強が欲しいならお買い得な選手です。Cでもいけまっせ。

3.J.J.レディック。シューターの需要は永遠です。それに尽きます。

4.ドラフト指名権。22位ならそれなりに使えなくはないでしょう。

これらに加え、ボガンズやクックなどの選手を組み合わせていけばよいのですね。では、誰を狙えるのでしょう?

壱.マゲッティ(LAC)

http://blogs.orlandosentinel.com/sports_nothingbutnet/2008/05/orlando-magic-1.html

・・・実はクリッパーズのダンリーヴィーHCが既に「マゲッティは契約のオプションを行使してFAになんじゃね?」とは言ってます。言ってますが、クリッパーズのドケチオーナー、スターリングがなんと彼のファンらしいのでこの可能性は結構低くなってきました。つか、高いよ。

弐.ハスレム(MIA)

ヒートが2位指名権を得た事によりビーズリー指名の可能性が結構高まりました。そうなるとマリオンとハスレム、PF出来そうな人材が3人になるので、ハスレムは余るのでは?って話ですね。ただ、ハスレムも意外に安くありませんし、そもそも1位指名権を持つブルズがビーズリーを持って行けば終了って感じです。

参.カルデロンorT.J.フォード(TOR)

ラプタ−ズが先発したがってる2人のうちどちらかを起用、どちらかを放出と聞き及んでいます。ただ、これはカルデロンを残してフォード起用の可能性が大で、ではフォードを取る可能性は?・・・正直、うちのネルソンに圧倒されてたフォードにマジックが手を出す可能性は低そうです。カルデロン?ラプターズのコランジェロGMなら残留させるでしょう。ま、この2人に関してはラプターズがどちらかを出すって話でして、今のところその行き先がマジックという噂までには至ってません。出すとしたらウエストのチームかな?

四.ティンズリー(IND)

・・・ペイサーズがネルソンに興味っていう話ですが、ご存知の通りティンズリーは怪我が多く、試合出場数に不安が多過ぎます。

伍.ハインリック(CHI)

ブルズがローズを指名すれば放出では?と言われ、NYの一部メディアでもマジックが興味を持っている模様程度に報じられました。ディフェンダーとしては良いですし、タッパもあります。シュート力にも定評がありコートヴィジョンも良し。問題があるとすれば、ブルズが欲しい選手がマジックにいるのか、それと本当にマジックが彼に興味を持っているのかってとこですかね。今のところ実現性は低いように思います。いや、来たら来たでいいんですが。

噂で名前が取り沙汰されているのはこのあたりですが、正直どれも可能性は低そうですね。まあ言えることは、トレードが成立した場合とこまで不釣合いで許してもらえるか、てす。相手チームがサラリーを開けたいだけならそれなりの選手+指名権でいけるでしょうが、それなりの見返りを求められるならタコルーを出す危険性も生じます。マゲッティクラスの見返りじゃないと出したくありませんけどね、タコルー。

因みに、JウィルをFAで獲得し、万が一タコルー+J.J.+ドラフトぐらい出してマゲッティが来たらロスターはこんな感じです。

PG・・・ネルソン 、Jウィル
SG・・・マゲッティ、ドゥーリング
SF・・・ルイス、ボガンズ
PF・・・バティー、クック
C・・・ドワイト、フォイル、ゴタート

なかなか悪く無いです。問題は誰がクラッチショットを打てるか、ですが。タコルーがいなくなるとネルソンぐらいですよ?ルイスの真価が問われるラインアップになりそうです。クラッチショットを打てるのは結局ドワイトのようなビッグマンよりもルイスのようなシューターですし。

・・・うーん、どうも情報が少ないと妄想で語る部分が多過ぎてあまりまとまりません。ま、どうあれ上記材料をどう使うかは、相手チームが補強を望むのか単にキャップを空けたいだけか次第であり、そこで上手く立ち回れば今季レイカーズのような一方的にオイシイトレードも不可能ではありません。まああれはちょっと出来杉ですが・・・。差し当たり、大きなネタ・情報・噂があるまでこのネタはちょっと寝かしておきます。

banner_03

るるぶオーランド・カンクン (るるぶ情報版海外)

セルティクス、再リード

セルティクス(2勝)94-80ピストンズ(1勝)

クララが立った!じゃないや、セルティクスがやっとアウェーで今プレーオフ初勝利を挙げ、ややピンチだったファイナル進出へ向けて2-1のリードを取ると共にホームコートアドヴァンテージも奪回です。うーん、セルティクスもやっとシーズンの勢いを取り戻したって事ですかね?

次の第4戦をピストンズが落とせばほぼシリーズ終了です。ここ数年のピストンズは脆い時は一挙にズッこけるのでそういう展開も有り得ますねー。とりあえず2-2のタイに戻せるかどうかってところであります。

banner_03


ドント・ルック・バック(紙ジャケット仕様)

スラムダンクのユニフォーム発売決定

http://www.toei-anim.co.jp/dvd/slamdunk/#uniform

湘北、海南大付属、陵南の3ver.あり、しかも選手も選べるそうです。神とか福田あたりのユニフォームをオーダーする強者はおらぬか!メガネ君でも可。

banner_03


スラムダンク 完全版 全24巻セット
この文を書きたる者
ペニー
六伍壱 ◆MAGICcvM2E
昔の名前はセントトーマスこと 「NBA MAGICAL INSIDE」 (現在更新停止)管理人、 2chマジックスレ は最近はご無沙汰。シャック&ペニー時代からマジックを追っかける'90s世代NBAファンです。耳寄り情報・ご要望・リクエスト・リンク希望・ツッコミetcはmagicalinside651@gmail.comまでドゾー。twitterにもおりますので「六伍壱」で検索してみて下さい。
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
BBS
初めての方等、お気軽に一言どうぞ。前サイトのBBS流用です。 BBS
至高のスニーカーショップ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ブログランキング
このblogでお楽しみ頂けた方、また他blog検索などの際にもポチっとどうぞ。 人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード
緊急地震速報
ニコ生(青文字先輩フルボッコ)
楽天
Googleアドセンス
Google検索(当ブログ内検索用)
カスタム検索
  • ライブドアブログ