NBA ALL-ROUND MAGIC オーランド・マジック&NBA最新情報ktkr!

300万ヒット行きました。ありがとうございます。

2008年10月

オデン故障/バイナム&マキシール契約延長

ブログネタ
NBA に参加中!
キャヴス96-79ボブキャッツ
ロケッツ112-102マヴス
ホーネッツ108-95サンズ

http://sports.espn.go.com/nba/news/story?id=3671791

開幕戦でいきなり右足を痛めたオデンくん、2〜4週間の欠場の見込みです。・・・ここまで来ると、彼には何か貧乏神みたいなのが憑いてるんじゃないかとさえ思えてきます。あっ、もしや東原亜希の呪いが(ry

http://sports.espn.go.com/nba/news/story?id=3673083

さて、レイカーズのバイナムが無事再契約に合意しました。4年5800万ドルということは平均年俸にして1,450万ドルですが、その価値は十二分にあるどころか、お買い得契約になる可能性さえあるように思われます。来オフにオドムの契約は終了しますし、上手く立ち回ればキャップの大幅オーヴァーは免れるでしょう。まあロサンゼルスみたいな大都市の人気チームで、まして昨季もファイナル進出と勢いを取り戻した今のレイカーズなら放送収入でガッチリ稼げますので、チーム経営陣としては多少のキャップオーヴァーがあろうと優勝出来るチームを維持する方を選ぶでしょうね。コービー、ガソル、バイナム・・・対戦相手からすると、ある意味シャック&コービー時代以上に手強いチームが出来上がってしまったのかも知れません。

http://sports.espn.go.com/nba/news/story?id=3673376

ピストンズもマキシールとの契約延長に合意しました。こちらは4年で2000万ドルというお買い得契約ですね。ラシードもマクダイスも34才と年を取りつつある中で25才と若いマキシールをこの金額でキープするあたり、流石デュマースの手腕は健在といったところでしょうか。

6-7とPFにしてはタッパの無い彼ですが、昨季は平均21.5分の出場でFG成功率54%の7.9得点5.3リバウンド1.2ブロックを記録するなど、なかなか有望な若手〜中堅選手といった感があります。ラシードやマクダイスと違ってフランチャイズを背負って立つタイプではないと思いますが、チームの重要なピースとしては十分機能するでしょう。いずれ来るであろうピストンズの世代交代時に彼が先輩達に代わって新たな先発PFの座につくのか、それともトレード補強時の目玉として重宝するのかは要注目ですね。

banner_03

リリー・フランキー PRESENTS おでんくん DVD-BOX
リリー・フランキー PRESENTS おでんくん DVD-BOX

開幕セレモニー試合でコケたでござるの巻

ブログネタ
NBA に参加中!
ラプターズ95-84シクサーズ
ホークス99-85マジック
ネッツ95-85ウィザーズ
ニックス120-115ヒート
ピストンズ100-94ペイサーズ
ウルヴス98-96キングス
バックス98-87サンダー
サンズ103-98スパーズ
ロケッツ82-71グリズリーズ
ジャズ98-94ナゲッツ
ホーネッツ108-103ウォリアーズ
レイカーズ117-79クリッパーズ

なんかアクセス一桁増えてるんですが、何かありましたっけ?以前にリアル円先輩&奈緒ちゃんカモオオオンとかキモい事書いてたのが晒されたとかでしょうか(笑)。実は原因知ってるぜケケケみたいなカキコお待ちしております。

それはさておきマジック開幕戦。取り急ぎ、印象批評だけ書き並べておきますね。

・ドワイトはファウルトラブルもいかんけど、ブロック王狙う人間がブロックされまくってどうするのかと。被ブロック王のタイトルは(゚゚)イラネ

・序盤のルイスが点取ってなかったら本格的に終わってた悪寒。ファウルアウトしたけどね。ルイスとタコルーが揃って低調だと厳しいですな。

・ピートラスは打ったんじゃなくて打たされてました。それにしてはよく決まった方ですが。

・まだまだレディック<ボガンズかも

・モーリス・エヴァンスのリベンジ成る

・てか、マジックは昨季からホークスに相性悪過ぎ。ドワイトが地元に遠慮してるのかと(-_-;)

・ヴァンガンディHC「貴様ら20年前の方々と同レベルのエナジーしかねえなw」

・・・続きはwebで、ってここがwebでんがな(´・ω・`)ということで後は「続きを読む」をご覧あれ。

banner_03

DUNK SHOOT (ダンクシュート) 2008年 12月号 [雑誌]
DUNK SHOOT (ダンクシュート) 2008年 12月号 [雑誌]
HOOP (フープ) 2008年 12月号 [雑誌]
HOOP (フープ) 2008年 12月号 [雑誌]
続きを読む

NBA始まったな

セルティクス90-85キャヴス
ブルズ108-95バックス
レイカーズ96-76

更新出来ないかと思いましたが、キアイで何とかしてみました。因みにキャヴス@セルティクス戦のアタマだけ生放送で見ましたが、キャヴスがいきなりセルティクスに二桁リード奪ってました。セルティクスはまだシュートが決まってなく、まだ実戦モードのスイッチが入ってないのかなと思っていたらピアースが連続3ポイントプレーで頑張ってましたね。レブロンとピアース、今季も両エース共にやってくれそうです。

それとオデンくん、また怪我しましたか・・・。どの程度の故障か不明ですがちと心配です。明日のNBAを背負って立つ存在なだけに、サム・ブウィ二世の道だけは勘弁願いたいものですな。

banner_03


ALRIGHT(初回生産限定盤)(DVD付)
ALRIGHT(初回生産限定盤)(DVD付)
ALRIGHT
ALRIGHT

二世たち、直前解雇

ブログネタ
NBA に参加中!
http://sports.espn.go.com/nba/news/story?id=3667114

特に日本では芸能・政治などの世界で二世・三世が幅を利かせている訳ですが、NBAの世界では残念ながらあまり意味を持ちません。それを雄弁に伝えるニュースがこれでしょう。ニックスはパトリック・ユーイングJr.を解雇したのです。ニックスのチーム史に残るレジェンドの息子であろうと、そこは厳正に考えて判断するという、正しく実力本位の世界ですね、NBA。

ただ、ユーイングJr.は実際プレシーズンマッチ最終戦でなかなかの結果を残しており、ユーイングの息子というだけでなく、実際にNBAでもやれそうな雰囲気ではありました。ただ、ダントニHCとしてはユーイングJr.よりアンソニー・ロバートソンなるSGを優先したかったようです。ダントニは彼を、サンズ時代にコーチしていたエディー・ハウスと比較していた程ですしね。

http://sports.espn.go.com/nba/news/story?id=3667369

今一人、こちらはNBA現役HCの息子のカットです。ナゲッツを率いるジョージ・カールの息子、コビー・カールがレイカーズから解雇されました。レイカーズのロスターは既に15人だったのでカールを残す事は可能でしたが、14人に減らすという事は何か考えがあるのでしょうね。コビーの場合、元々NBDLでもプレーしていた状態ですので、そんなに状況は変わらないのかも知れませんが・・・。

ユーイングJr.にせよコビーにせよ、まだまだ若いですからね。NBDLなどで経験を積み、再度NBAに這い上がって来る日を待ちたいと思います。

banner_03

二世論 (新潮文庫)
二世論 (新潮文庫)

本日輝いていたレス大賞 74 コービーCM出演

ブログネタ
NBA に参加中!
841 バスケ大好き名無しさん sage 2008/10/27(月) 02:24:17 ID:???
何やってんだこいつ
http://jp.youtube.com/watch?v=QCyfKWu4YQ0



847 バスケ大好き名無しさん sage 2008/10/27(月) 06:38:22 ID:???
>>841
これ神戸かよw


※何のCMなのかよう分からんです・・・。しかしいつぞやはラップのレコード出してましたし、結構この人マイク握るの好きですよねぇ。折角なのでラップしてた時の映像も貼っときます。



banner_03

やっぱり神戸はモノがちがう (エイムック 436)
やっぱり神戸はモノがちがう (エイムック 436)

(^o^)ノ<2008-2009シーズン個人賞予想やるよー

ブログネタ
NBA に参加中!
DUNK SHOOT誌とかで先を越されたみたいですが、まあ気にせず行きましょう。個人賞予測です〜、パフパフ。

☆MVP

本命→コービー・ブライアント(LAL)
対抗→ケヴィン・ガーネット(BOS)
注意→クリス・ポール(NOH)
大穴→レブロン・ジェームズ(CLE)、トレーシー・マクグレディー(HOU)、ドワイト・ハワード(ORL)

何故に今のチーム状況でレブロンをMVP本命に推せるのかと。普通に東西の優勝候補からまず名前があがるべきで、レブロンの名前を出すのはその後だと思います。T-MACはロケッツが優勝戦線に絡めば一気に有力候補どころか大本命にまで駆け上がるでしょう。ドワイトは・・・まだ早いでしょうね。ただ、候補として名前が挙がるところまでは来たと思います。

オールNBA1stチームはポール、コービー、レブロン、KG、ドワイトで。ロケッツが飛躍すればレブロンかコービーの代わりにT-MAC、ドワイトの代わりにヤオミンでしょう。

☆得点王

本命→レブロン・ジェームズ(CLE)
対抗→カーメロ・アンソニー(DEN)
注意→コービー・ブライアント(LAL)
大穴→ケヴィン・デュラント(OKC)

こちらはレブロンが大本命でOKでしょう。ただ、レブロンが得点王であるうちはキャヴスが優勝するのは難しい気がします。レブロンに必要なのは彼に比肩し得るとまでは言わないまでも、せめてオールスター級のサポーティングキャストだと思うのですが・・・。カーメロはアイヴァーソンが放出でもされようものなら今以上に強力な得点王候補ですね。それが彼にとって幸せなのかは別問題ですがあと、デュラントは2年目に入ってNBAの水にも慣れ、今年更に成績を伸ばす可能性が結構あると思います。

☆リバウンド王

本命→ドワイト・ハワード(ORL)
対抗→ケヴィン・ガーネット(BOS)
注意→マーカス・キャンビー(LAC)
大穴→タイソン・チャンドラー(NOH)

ドワイト以外大穴と書きたいぐらいの鉄板です。キャンビーはクリッパーズでケイマンとリバウンドを分かち合うので難しいなと。まあもう34才とかですし、そもそも怪我がちなので負担が多過ぎない方がキャンビーのキャリアのためなんですけどね。

☆アシスト王

本命→クリス・ポール(NOH)
対抗→デロン・ウィリアムズ(UTA)
注意→スティーヴ・ナッシュ(PHO)
大穴→ジェイソン・キッド(DAL)

面白くなくて正直スマンかった。でもこれはいじりようがないんですよねぇ。突如アイヴァーソンがアシストに目覚めるとか、ラプターズのカルデロンが先発定着でアシスト伸ばすとかないもんですかねぇ。

敢えて言うなら、アップテンポなスタイルから脱却しそうな気がするサンズではナッシュのアシスト王の目は結構厳しくなった気はします。よって、ポールの本命度はかなりガチかと。

☆ブロック王

本命→ドワイト・ハワード(ORL)、マーカス・キャンビー(LAC)
対抗→クリス・ケイマン(LAC)
注意→サミュエル・ダレンベア(PHI)
大穴→ジョッシュ・スミス(MIA)

プレシーズンを見る限り、今季のドワイトはこっちでもどえらい事をしでかしそうな気がします。うん、ファンの欲目なのは認めますよ。キャンビーでしょうね、真の本命は。ただ、ケイマンと並ぶとブロック数は・・・あ、これはリバウンドと違ってそんなに減らないか。ダレンベアはブランドと組む事で余力が出来そうですね。

☆スティール王

本命→クリス・ポール(NOH)
対抗→バロン・デイヴィス(LAC)
注意→アレン・アイヴァーソン(DEN)
大穴→レイジョン・ロンド(BOS)

ここはポールが頭一つ飛び出してるかな?セルティクスのディフェンス意識の高さの元、ロンドが伸びてくると面白いなぁと。

☆3ポイント王

本命→ジェイソン・カポノ(TOR)
対抗→スティーヴ・ナッシュ(PHO)
注意→リップ・ハミルトン(DET)、ペジャ・ストヤコヴィッチ(NOH)
大穴→ダニエル・ギブソン(CLE)、サーシャ・ヴヤチッチ(LAL)、マイク・ミラー(MIN)、J.J.レディック(ORL)

カポノはインサイドが昨季より一層堅くなるだけに美味しいですね。同じ理由でナッシュとミラーも悪く無いかも。ヴヤチッチはプレーオフで自信ついたと思います。ところでマジックの選手は、試投回数がどうしても多くなるのでタコルーとルイスが取るのは難しいんですよね・・・。その意味で、今季遂にチャンスが巡ってきたっぽいレディックに若干期待します。

☆ディフェンシヴ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー

本命→ロン・アーテスト(HOU)
対抗→ドワイト・ハワード(ORL)、ケヴィン・ガーネット(BOS)、マーカス・キャンビー(NOH)
注意→タイソン・チャンドラー(NOH)

ロケッツさえ浮上すればアーテストの受賞で終了でしょう。ドワイトはブロックを伸ばせば可能性アップ、のはず。後は言わずと知れた常連の方々が候補です。ボウエン?・・・ある種アーテスト以上のダーティーイメージ+年齢でもう難しいかと(´・ω・`)

☆6thマン・オブ・ザ・イヤー

本命→ジェームズ・ポージー(NOH)
対抗→リアンドロ・バルボサ(PHO)
注意→ルディー・フェルナンデス(POR)
大穴→ショーン・バティエー(HOU)、モーリス・エヴァンス(ATL)、ラッセル・ウエストブルック(OKC)、J.J.レディック(ORL)

スマン、これは正直テキトーです。ただ一つ言えるのは、選手層厚いチームの方が先発級で控えに回るので結構チャンスかもね、って事ぐらいでしょうか。ウエストブルックは活躍し過ぎて先発に回ってこの賞が取れない、なんてオチになったりして。

☆MIP

本命→J.J.レディック(ORL)
対抗→トレヴァー・アリーザ(LAL)
注意→マーカス・ウィリアムズ(GSW)、ヨアキム・ノア(CHI)
大穴→イー・ジャンリャン(NJN)

もっとスマン、完全にマジックファン故の暴走である事を許して下さいませm(__)m

例年予測の難しい賞ですが、アリーザは噂の先発起用があれば相当有力ですね。ウィリアムズはモンタ・エリス不在が大チャンス到来の予感です。それとノアはやれる子だと信じてます、私。

☆新人王

本命→グレッグ・オデン(POR)
対抗→ラッセル・ウエストブルック(OKC)
注意→ブルック・ロペス(NJN)、マイケル・ビーズリー(MIA)、ケヴィン・ラヴ(MIN)
大穴→マリオ・チャルマース(MIA)、デリック・ローズ(CHI)、O.J.マヨ(MEM)、マーク・ガソル(MEM)

これはオデンで堅いと思います。スタッツ以上に、そのホンモノ度といいますか、NBAに与えるインパクトでもう格が違う、みたいな。故障さえなければ99.999%オデンで決まりでしょうし、そうあるべきだと思います。そうでなければ、何となくですがウエストブルックに張ってみたいんですよね。根拠はありませんが彼は何かやってくれそうです。ロペスにもかなり期待してます。チャルマースはあの事件さえなければねぇ・・・。

ALLルーキーチームはオデン、ウエストブルック、ロペス、ビーズリー、ローズかな。ラヴ、チャルマース、ガソル、マヨ、エリック・ゴードンで2ndチームと読みます。

banner_03

Nba Foundation (2pc)
Nba Foundation (2pc)

どうするどうなる、マジックの第3PG

ブログネタ
NBA に参加中!
ネッツ111-110ニックス
キャヴス107-80ウィザーズ
ヒート96-93スパーズ
ブルズ129-113バックス
レイカーズ105-94サンダー
ナゲッツ106-92クリッパーズ

・・・さて、マジックのロスターは一応15人で確定した訳なんですが、今もって残っている問題はPGのバックアップ。再三申し上げている通り、先発PGのネルソンはプレースタイルからして故障し易い選手であり、アンソニー・ジョンソンは高年齢につきどうしても故障のリスクも高い訳ですね。そうなると、この2人が揃ってDNPだったらどないスンネン!って話です。タコルー&リーが代役PGという線もありますが、あまりあって欲しい事態じゃないですねぇ。

http://blogs.orlandosentinel.com/sports_magic/2008/10/could-kevin-kru.html

オーランド・センチネル紙で以前に言及されていたのはここ数年サマーリーグでそこそこ頑張っていたケヴィン・クルーガーを呼び戻す説。昨季まではシーズン前のキャンプに呼んでいたりもしたんですが、今季はバックスのキャンプに参加、残念ながら先日解雇されています。

http://blogs.orlandosentinel.com/sports_magic/2008/10/could-magic-sig.html

それより前にはウォリアーズを解雇されたダン・ディカウを呼ぶ説もありましたが、どうやらマジックのフロントは彼に興味は無いようです。

http://www.orlandosentinel.com/sports/basketball/magic/orl-mnotes2508oct25,0,5918050.story

そんな中でオーランド・センチネル紙が新たに指摘した可能性が、元マジックのトロイ・ハドソンを呼び戻す説。・・・う〜ん、ウォリアーズを去った時の感じからして、あまり現実味は無い気がします。むしろ一緒に名前が挙がっているエディー・ギルの方が実際にはありそうな話ですねぇ。何しろ彼はマイク・ウィルクスと2択まで残った選手ですし、今季も既にネッツを解雇されたところです。

http://www.commercialappeal.com/news/2008/oct/23/grizzlies-notebook---for-web-onlyy/

更に、一度は無くなったと思われていたグリズリーズのクリッテントン獲得の可能性もまだ残っているっぽい雰囲気はあります。以前はグリズリーズが1巡目指名権を要求したために話が無くなっていたんですが、そこまでグリズリーズが多くを求めないならひょっとするとひょっとするかもです。ただ、こちらが出せるのはボガンズ、クック、レディックぐらいです。クックは確かに貴重な3ポイントの打てるビッグマンですが、グリズリーズには一応アントワン・ウォーカーというヒトがいますしねぇ。マジックからボガンズやレディックを獲るなら、別にそのままクリッテントンをSGで使えばいいじゃないって話です。うーん、やっぱりトレードの線は厳しいのでしょうか?

http://sports.yahoo.com/nba/trans;_ylt=AoaO5TBPNzxLSqZaKlta0Mi8vLYF

最後に、最近カットになった選手一覧を貼っておきますので、参考までにご覧下さいませ。キース・ヴァンホーン、マイケル・ラフィン、スムッシュ・パーカー、ルーク・ジャクソン、サリム・スタッダマイヤー、ボビー・ジョーンズ、ジャマール・サンプソンetcここ数年NBAでプレーしていたような選手でも結構カットされてたります。こういった選手の中から応援するチームの助けになりそうな選手を考えるのもまた一興でしょう。あ、アラン・ヒューストンがカットされてた・・・(つд`)・・・流石にこれはもう完全引退フラグでしょうかね?

banner_03

DUNK SHOOT (ダンクシュート) 2008年 12月号 [雑誌]
HOOP (フープ) 2008年 12月号 [雑誌]

(^o^)ノ<2008-2009シーズン予想やるよー(ウエスタン編)

ブログネタ
NBA に参加中!
イースタン編はこちらですYO!

はいはい、ウエスタンやるよー。こっちの方が更に自信ないぞ〜orz

☆サウスウエスト

1.ヒューストン・ロケッツ

好材料→ロン・アーテスト
不安材料→ロン・アーテスト、健康問題
Xファクター→ロン・アーテスト
寸評→ロン・アー(ry
ずっと悩みの種である主力の故障問題は言うまでも無いですが、劇薬アーテストがプラスかマイナスか、これに尽きるでしょう。エイデルマンHCはキングス時代から付き合いもあり、そうコミュニケーションに大きなトラブルは無かった印象なので多分大丈夫かと。上手く行けばブルズ後半3PEAT期のロドマンのようなプラスも夢ではないでしょう。あと、ヤオミンは北京五輪を控えていたので今まで必要以上に健康問題にシビアだっただけと私は踏んでいるので、今季は長期欠場は無いかも。

2.ニューオリンズ・ホーネッツ

好材料→クリス・ポールを中心とした充実した布陣
不安材料→敢えて言うならPG控え?
Xファクター→そういう不安定要素が思いつかない
寸評→このチームが伸びまくってるので、マジックはあんまりマークされていないという一面もある気が。只今最も飛躍しつつあるチームなのは論を待たないですね。今季はスパーズに昨プレーオフの借りを返せるか?長期欠場者が出なければいよいよ頂点を望めます。

3.サンアントニオ・スパーズ

好材料→主力は健在、チームワーク
不安材料→主力高齢化、ジノビリ怪我で出遅れ
Xファクター→ロジャー・メイソンJr.
寸評→ダンカンもまだ32才、基本がしっかりしてるのでまだ3〜4年は大丈夫でしょう。ただ、そろそろチームの核になれる若い選手がもう1人欲しいかなと。そろそろダンカン後のチームも見据えないと、ですね。

4.ダラス・マーヴェリックス

好材料→シーズン始めからキッド体制
不安材料→サラリーキャップかつかつ、ジョッシュ・ハワードのトラブル
Xファクター→なし
寸評→ちょっと行き詰まり感があるこの頃、キッド加入はむしろチームの将来を考えるとマイナスだったような・・・。何気に主力も高齢化しつつあり、かといって数年以内に頂点を目指せる状況とは考え難いかなと。キューバンオーナーが更にトチ狂わない事を祈ります。

5.メンフィス・グリズリーズ

好材料→ゲイの覚醒、O.J.マヨ加入
不安材料→そもそも勝てる体制に無い
Xファクター→マーク・ガソル
寸評→明らかに今勝つ気は無い体制。才能ある若手を集めて目指せブレーザーズ状態、でしょうか?ガソル弟がやれるなら再浮上の日は遠くないでしょう。さもなくば、来オフのドラフトをまた待つしかないですね。


☆ノースウエスト

1.ポートランド・トレイルブレーザーズ

好材料→才気煥発の極み溢れる若手達、オデン様降臨
不安材料→オデンの健康状態
Xファクター→ある意味全員
寸評→オデンが結構やれそうな雰囲気なので、下手したら今季早速急浮上してくると思います。北京五輪でドワイトの上からダンクをかましたルディー・フェルナンデスもヤバ過ぎです。そして、ブレーザーズのオーナーはマイクロソフトのオーナーなので、いざとなればキャップオーヴァーも厭わず再契約するでしょう。ブレーザーズの時代、復活です。

2.ユタ・ジャズ

好材料→安定感溢れるチーム作り
不安材料→ブーザーの再契約問題
Xファクター→キリレンコ
寸評→これはもうジャズ、そしてスローンHCの芸風のようなものなんでしょう。安定して強いチームを作るのですが、プレーオフでは他チームの引き立て役で終わるという感じでしょうか。ジャズが次にファイナルへ進出するのはデロン・ウィリアムズが老成した時かも知れません。問題は、その時の相方が果たしてブーザーなのか、って事ですね。

3.デンヴァー・ナゲッツ

好材料→カーメロ&AI
不安材料→キャンビー放出
Xファクター→なし
寸評→キャンビー放出は経営判断としては止むを得なかったと理解するが、やはり戦力減は否めないでしょう。アイヴァーソンも再移籍の噂が出始めました。カーメロ以外総とっかえぐらいの勢いでチーム再建する可能性、少なくはないと思います。とりあえずアイヴァーソンは、そろそろもっとアシストに重きを置いたプレースタイルを模索する段階かと。

4.ミネソタ・ティンバーウルヴス

好材料→ケヴィン・ラヴとマイク・ミラーの加入
不安材料→今だ戦力不足
Xファクター→ロドニー・カーニー
寸評→まだまだプレーオフを目指せる布陣ではないものの、マイク・ミラーの加入はかなりプラスのはず。ラヴの加入と合わせてジェファーソンの負担はかなり楽になるはず。ドラフトでもう1、2枚駒が加わればいよいよプレーオフ戦線復帰か?

5.オクラホマ・サンダー

好材料→新人王デュラント
不安材料→戦力不足
Xファクター→ラッセル・ウエストブルック
寸評→カーリシモHCはあのユニフォームのカラリングを見て、GS時代のスプリーウェル首絞め事件の悪夢が頭をよぎったりしないんでしょうかね?それはさておき、今季もまだまだ戦力不足かな。ウエストブルックがワトソンを押しのけて先発PGになるのを期待してます。


☆パシフィック

1.ロサンゼルス・レイカーズ

好材料→昨季ウエストの覇者、バイナム復活
不安材料→特に思いつかない
Xファクター→アリーザ
寸評→バイナムとガソルのフロントコートって反則にも程がありますな。シャレにならん戦力充実モードのレイカーズと互角に戦えるのは、もう西ではホーネッツとロケッツだけかも知れませんね。

2.フェニックス・サンズ

好材料→シーズン始めからシャック入り
不安材料→主力超高齢化
Xファクター→ロビン・ロペス&ゴラン・ドラギッチ
寸評→優勝のチャンスが黄昏に消えつつありますが、まだギリで間に合うとは思います。問題は、ダントニが去った後でスティーヴ・カーとポーターHCが勝てるチーム作りを出来るかでしょう。ポーターの手腕は確かですが、ファンタジスタだった前任者の影を超えられるでしょうか?

3.ロサンゼルス・クリッパーズ

好材料→バロン・デイヴィス&キャンビー加入
不安材料→ブランド&マゲッティー出奔
Xファクター→エリック・ゴードン
寸評→ブランドさえ残留させていれば完璧だったのですが・・・。とはいえ、ケイマンが点を取りキャンビーがディフェンスで活躍するのでインサイドは悪く無い筈。ゴードンは気持ち顔付きの似てるモーブリーからいろいろ学べば良いと思います。

4.ゴールデンステイト・ウォリアーズ

好材料→マゲッティー獲得
不安材料→バロン・デイヴィス移籍、モンタ・エリスの怪我とその原因
Xファクター→C.J.ワトソン、アンソニー・ランドルフ
寸評→エリスの件がかなりチームの空気を悪くした感は否めず、プレーオフ圏からは一歩後退か。ただ、エリス不在の間に若手が伸びてくる可能性もあるかなと思います。特にランドルフがやれるようならかなり将来は有望かも。

5.サクラメント・キングス

好材料→ケヴィン・マーティンのゴートゥガイ振り安定、ウードリック再契約
不安材料→戦力不足
Xファクター→ホーズ
寸評→再建中のため多くを望める状態ではないものの、バックコート陣は結構安定している印象。ホーズの伸び次第では再浮上の日も遠くないか?ジェイソン・トンプソンにもちょっと期待。

banner_03

NBAバスケットボール 2009年カレンダー
NBAバスケットボール 2009年カレンダー
Slam [US] Nov 08 (単号)
Slam [US] Nov 08 (単号)

マジックの開幕ロスター確定へ

ブログネタ
NBA に参加中!
ホークス88-87ピストンズ
ウルヴス95-76バックス
ホーネッツ100-80ヒート
ペイサーズ114-91マヴス
ジャズ100-89ブレーザーズ
サンズ102-93サンダー
ロケッツ110-97キングス
レイカーズ88-77ボブキャッツ

http://www.orlandosentinel.com/sports/orl-magic2408oct24,0,3007632.story

http://www.floridatoday.com/article/20081024/SPORTS16/810240351/1224

さて、いよいよシーズン開幕も近付き、マジックもロスターを絞る時がやってきました。現16名のロスター中、保障無しの契約だったのはマイク・ウィルクス、ドゥエイン・ジョーンズ、そしてジェレミー・リチャードソンの3人です。そのうち怪我のウィルクスはシーズン終了の怪我のため契約は保障されました。解雇は可能ですが、そもそも保障無しの契約であるため、インジャリー・エクセプションは得られません。

残る2人のうち、ドゥエイン・ジョーンズは予想通り解雇されました。同じセント・ジョセフ大出身のネルソンのコネクションでチャンスは与えられましたが、もう一歩届かずでしたね。が、同じく解雇確実かと思われていたジェレミー・リチャードソンは意外にもロスター残留が確定しました。というのも、ジョーンズはPFなのでバティーやクックのコンディション次第では出場チャンスも無くは無かった気がしますが、リチャードソンはSG~SFなのですね。タコルーとルイスに大怪我が無い限り、出番はかなり難しいでしょう。まして、プレシーズンマッチで彼は計8分しか出場していなかったのです。分からんもんですなぁ。

因みにリチャードソンは過去2シーズンNBAで33試合に出場しています。'06-'07シーズンはホークスとブレーザーズ、'07-'08シーズンはグリズリーズ、スパーズ、ホークスでプレーし、ホークスではプレーオフでも3試合でプレーしました。プレシーズンマッチでも悪くは無かったようですので、ちょこっとだけ期待しましょう。



かくしてマジックのロスターは以下の通り確定しました。

PG→ネルソン、アンソニー・ジョンソン(、ウィルクス)
SG→ピートラス、J.J.レディック、ボガンズ、リー
SF→タコルー、リチャードソン
PF→ルイス、バティー、クック
C→ドワイト、ゴタート、フォイル

http://www.orlandosentinel.com/sports/orl-magic2108oct21,0,1238154.story

なお、フォイルは今季限りでの引退を考えているようです。マジックが将来ゴタートを引き留められないケースを除けば、フォイルの出番は一層限られるでしょうね。今オフFAになっても声が掛からなかった事実も、フォイルの気持ちを引退へと傾けさせているように思います。とは言えバティーの怪我やクックの不調を見る限り、まだフォイル先生の出番は残っていると思いますけどね。

banner_03

First Kiss-15 Special Love Songs
First Kiss-15 Special Love Songs

(^o^)ノ<2008-2009シーズン予想やるよー(イースタン編)

ブログネタ
NBA に参加中!
皆様お待たせ致しました、いよいよシーズン開幕間近な訳です。スカパーのリーグパスは契約済ですか?私はまだです(´・ω・`)あ、今年のイヤーブックはDUNK SHOOT誌の方がお勧めです。何しろ選手紹介全員分書いてるのがあの吉藤宗弘さんですからね!道理で文章が弾けてる訳です。

さてシーズン前のお楽しみ、順位予想を今年もやってみましょう。今年はディヴィジョン別で、なおかつ各チームの好材料・不安材料等も挙げつつやってみますね。あ、あくまでマジックファン視点であるという基本前提でお読み下さいませ。

☆アトランティック

1.ボストン・セルティクス

好材料→ディフェンディング・チャンピオンですが何か?
不安材料→ポージー離脱、主力の年齢上昇
Xファクター→パトリック・オブライアント
寸評→BIG3の牙城はまだまだ揺るがないかと。ただ、ポージーの離脱を埋める人材はまだ確保出来ていない印象。長いシーズンの後、プレーオフで余力が残っているかだけが不安材料。昨季のP.J.ブラウン&キャセール獲得のようなシーズン途中の補強は必須かと。

2.トロント・ラプターズ

好材料→ジャーメイン・オニール獲得
不安材料→オニールの健康問題
Xファクター→ロコ・ウキッチ
寸評→流石はコランジェロ、マジックに負けたプレーオフの結果を見てインサイドの補強が必要と見るや、迅速に動いたなという印象。T.J.フォード離脱の影響などカルデロンが先発で安定すれば帳消しにしてしまえる。不安材料はただ1つ、ここ数シーズンを棒に振っている感のあるオニールの健康問題のみ。

3.フィラデルフィア・76ers

好材料→ブランド移籍、若手の躍進
不安材料→ゴートゥガイは?
Xファクター→ヤングとスペイツ
寸評→下馬評は高いし実際強いと思うが、プレーオフで対決した場合はラプターズの方が怖いかも。ダレンベアではドワイトは止められないし、ブランドに対して上背のあるルイスは意外にマッチアップで有利かも?とは言え戦力充実なのは確かであり、昨季のように終始有利に試合を進める事は難しいのは言うまでもないでしょう。

4.ニュージャージー・ネッツ

好材料→若手はタレント揃い
不安材料→勝ちに行く気のなさげなフロント、カーターのモチベーション
Xファクター→イー・ジャンリャン
寸評→意外とダークホースになる可能性もあるかと。ロペスとショーン・ウィリアムズで組むフレッシュなインサイドは意外に堅くなる可能性を秘めていると思うし、ジェファーソン移籍はカーターにはチャンスかも。基本的にはレブロン待ちなので上位進出は難しいでしょうが、フランクHCは多分負けっぱなしに甘んじないのでは?

5.ニューヨーク・ニックス

好材料→ダントニHC就任
不安材料→マーブリーが残留、チーム状況の悪さ
Xファクター→ウィルソン・チャンドラー
寸評→レブロン待ち2号チームですが、ネッツ以上に再建モードへの切り替えは進んでいない印象。マーブリーに関しては最早去って頂くのを待つほかなさげですが、意外と先発SGで行けたりして?ランドルフの引き取り先、見つかると良いですね。


☆セントラル

1.デトロイト・ピストンズ

好材料→変わらぬチームワーク、若手の成長
不安材料→主力の高年齢化とモチベーションの低下
Xファクター→特に無し
寸評→急に崩れる危険性も無くは無いが、まだ今シーズンは大丈夫かと。ただ、プレーオフでそこそこ勝ち上がる力はあっても、優勝出来る力はもう無いかも。このまま行くか、トレードで動くかデュマースも悩みどころでしょう。新任マイケル・カリーHCの手腕は問題無いと思います。

2.クリーヴランド・キャヴァリアーズ

好材料→王様レブロン、モーリス・ウィリアムズ加入
不安材料→レブロン以外
Xファクター→ヒクソン
寸評→レブロンという稀有な才能を否定する者はいないでしょうが、ちょっと今のロスターで頂点に立てるイメージは思い浮かばないです。残り契約年数の短い選手を使って、更にトレードで積極的に動くべきかと。

3.シカゴ・ブルズ

好材料→デリック・ローズ加入
不安材料→昨季のていたらく、ゴードン再契約問題
Xファクター→ノア、タイラス・トーマス
寸評→昨季がアレだったので世間の評価も低めですが、2年前は若きタレント溢れる楽しみなチームだったのも事実。意外と昨季のブレーザーズ並みにやるんではないかと思うチームです。

4.インディアナ・ペイサーズ

好材料→グレンジャーのゴートゥガイ化
不安材料→ティンズリー問題未解決、全体的なタレント不足
Xファクター→特に無し
寸評→東のペイサーズ、西のキングス。共にゴートゥガイはいるけどそれ以外の人材が足りません。つーか、フロントに今すぐ結果を出したいという意図が感じられない以上、プレーオフには縁の無い日々でしょう。ティンズリーの放出は最早バイアウト以外難しいかも。

5.ミルウォーキー・バックス

好材料→ジェファーソン加入、スカイルズHC就任
不安材料→戦力不足
Xファクター→レイモン・セッションズ
寸評→各ポジに人材は揃っているのですが、シーズンを戦い抜くにはタマ不足の一言。ただ、スカイルズHCの手腕で立て直してくれれば面白い存在になるかも。


☆サウスイースト

1.オーランド・マジック

好材料→ピートラス獲得、主力メンバーほぼ残留
不安材料→控えPG不足、タコルーの再契約問題
Xファクター→J.J.レディックとコートニー・リー
寸評→ディヴィジョン状況を考えれば1位は当確。インサイドの駒不足もバティー復帰とゴタート台頭で改善されるはず。第3PGをどこからか獲得して、ネルソンの故障に備えたいところ。マークの厳しくなるタコルーに代わり、ルイスが点を取る場面が増える予感。

2.ワシントン・ウィザーズ

好材料→アリーナスとジェイミソン残留、イータン・トーマス復帰
不安材料→ヘイウッド今季絶望
Xファクター→アンドレイ・ブラッチ
寸評→怪我人に泣かされる傾向が今季も続くとは・・・。チームとしては円熟期に入っているだけにいろいろと惜しいです。マジックファン的にはプレーオフで当たると厄介そうな印象。

3.アトランタ・ホークス

好材料→昨プレーオフでの健闘
不安材料→チルドレスのユーロ流出
Xファクター→ランドルフ・モリス
寸評→チルドレスの移籍は惜しかったものの、ビビー加入後初のフルシーズンなので意外に面白いかも。ホーフォード、パチュリアなどまともなインサイドプレーヤーも存在するだけに、チルドレスの穴をモーリス・エヴァンスが埋めればかなり面白そう。

4.マイアミ・ヒート

好材料→ウェイド復活、ビーズリー加入
不安材料→PG問題、まともなセンター不在、新人HC
Xファクター→マリオ・チャルマーズ
寸評→昨季は目を覆う弱さだったものの、その見返りにビーズリーを得たのは大きなプラス。PGでの活躍を期待していたチャルマーズのマリファナ問題がちょっと残念かな。彼には期待してるんですけどねー。

5.シャーロット・ボブキャッツ

好材料→ラリー・ブラウン招聘
不安材料→全体的タレント不足
Xファクター→ショーン・メイ(の健康状態)
寸評→弱小チームを強豪へと引き上げる事で有名なラリー・ブラウン就任は流石ジョーダンのノースカロライナ大コネクションが生きたなという感じですが、いかんせん帯に短したすきに長しといった感の強いロスター揃いかなと。そりゃあオーナーも球団売却を考えますよね・・・。

ウエスタンは後日追って。

banner_03

NBA ライブ 09
NBA ライブ 09
NBA ライブ 09
NBA ライブ 09
NBA ライブ 09
NBA ライブ 09
NBA ライブ 09
NBA ライブ 09
この文を書きたる者
ペニー
六伍壱 ◆MAGICcvM2E
昔の名前はセントトーマスこと 「NBA MAGICAL INSIDE」 (現在更新停止)管理人、 2chマジックスレ は最近はご無沙汰。シャック&ペニー時代からマジックを追っかける'90s世代NBAファンです。耳寄り情報・ご要望・リクエスト・リンク希望・ツッコミetcはmagicalinside651@gmail.comまでドゾー。twitterにもおりますので「六伍壱」で検索してみて下さい。
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
BBS
初めての方等、お気軽に一言どうぞ。前サイトのBBS流用です。 BBS
至高のスニーカーショップ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ブログランキング
このblogでお楽しみ頂けた方、また他blog検索などの際にもポチっとどうぞ。 人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード
緊急地震速報
ニコ生(青文字先輩フルボッコ)
楽天
Googleアドセンス
Google検索(当ブログ内検索用)
カスタム検索
  • ライブドアブログ