NBA ALL-ROUND MAGIC オーランド・マジック&NBA最新情報ktkr!

300万ヒット行きました。ありがとうございます。

2010年08月

風は南から

ブログネタ
NBA に参加中!
NBA以上に過酷なスケジュールで開催中の世界選手権も3日目。今日明日は試合数が半分に減ります。早い話が1日お休みですね。なので、本日はグループA/Bのみ試合がありました。

☆グループA

セルビア(2勝1敗)112-69ヨルダン(3敗)
オーストラリア(2勝1敗)78-43ドイツ(1勝2敗)
アルゼンチン(3勝)91-70アンゴラ(1勝2敗)


セルビアは昨日の2TO惜敗のダメージを払拭する圧勝。サヴァノヴィッチ21得点7リバウンド、ペロヴィッチ20得点6リバウンド、ケセリー21得点とフロントラインが頑張りましたね。一方2TOで勝った方のドイツは疲れが残ったか、オーストラリアの前にFG25.9%と沈黙。そしてアルゼンチンはスコラ32得点8リバウンド3スティール、デルフィノ22得点5リバウンド4アシスト4スティールとNBA組が牽引して圧勝でした。1位通過、堅そうですね。

☆グループB

スロヴェニア(2勝1敗)91-84クロアチア(1勝2敗)
イラン(1勝2敗)71-58チュニジア(3敗)
アメリカ(3勝)70-68ブラジル(2勝1敗)


http://espn.go.com/extra/fiba/boxscore?gameId=300832917

アメリカ、早くも試練が訪れました。予選ラウンド最大の難敵、ブラジルはアメリカ相手に1Qをバルボサの3ポイント連発+スプリッターの得点で8-0のランで締め、22-28と6点差のリードを奪いました。対するアメリカはデュラントがガンガン得点して追いすがり、3Qにはようやくブラジルを捉えて61-59とします。

4Qは両チーム堅いディフェンスとミスがあいまって、砂を噛むようなロースコアに。互いにシュートが入らない中で残り1:04、ブラジルのマルセロ・ティエッポ・ウェルタスがレイアップを決めて68-66となった場面を受けてアメリカはタイムアウト。このクラッチな場面でブラジルを突き放す大事なレイアップを決めたのが、流石のビラップスでした。いよっ、お見事ファイナルMVP!もっとも、その後バルボサがレイアップを決め返した後、残り13秒での3ポイントは外しましたが。

ブラジルの次のオフェンス、アメリカは残り3.5秒でローズがファウルを吹かれてしまいます。FTを得たのはマルセロ・ティエッポ・ウェルタス。しかし、なんと彼はこのクラッチFT1本目をミスしてしまったのです。それでも彼がわざと外した2本目のオフェンスリバウンドを奪ったブラジルはバルボサがレイアップで押し込もうとしましたがラヴに阻まれて決まらず、ジ・エンド。アメリカが今大会初の接戦を制したのです。

ほぼフル出場となった39分出場のデュラントは27得点10リバウンド3スティール。こういう特のために呼ばれていたビラップスが15得点3アシストで続きました。アメリカの2桁得点はあと1人、ローズの11得点5リバウンド4スティールだけですから苦戦の跡が伺えますね。あのアメリカがFG成功率41.8%ですよ?逆に惜しかったブラジルですが、ネネとヴァレジャオを欠く状態でこの接戦を演じたのはむしろ大きな収穫。アメリカ相手にバルボサ14得点4リバウンド4アシスト4スティール、マーカス・ヴィニシャス16得点、そしてスプリッター13得点10リバウンド、これは2位通過後の決勝トーナメントが楽しみになってきました。

後2試合ですが、東欧対決は3Qでの26-15が効いてスロヴェニアが勝利。やはり元NBA選手より現NBA選手がいるチームの方が有利なのでしょうか。おや、審判は日本の方だったんですね。そしてB組最下位を決める一戦はこれまた現役NBA選手ハッダディを抱えるイランが、彼の23得点13リバウンド4ブロックの活躍に牽引されて今大会初白星。チュニジアの全敗コースが確定しましたが、まあ何事も経験って事で。

安定感あるアルゼンチン、敗れはしましたがアメリカを最後まで苦しめたブラジル。南米2チームが存在感を示した1日だったと言えるでしょう。

banner_03

風は南から (24bit リマスタリングシリーズ)風は南から (24bit リマスタリングシリーズ)
アーティスト:長渕剛
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2006-02-08
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

【9/1 19:00まで受付】緊急アンケート:カーメロにどうして欲しい?&どうなると思う?

ブログネタ
NBA に参加中!
さて、世界選手権開催中ではありますが、どうやらナゲッツを出ていく可能性が高まってきたカーメロについて一記事書こうかなと思う訳です。が、今回は「レブ論」ならぬ「カーメ論」をぶつ程のネタは正直無いんですよね。レブロン&みつどもえズに影響されてカーメロも動こうとしています、以上!みたいな話に対して私も正直、レブロンの時のような長口上もありません。

ですが淡々とやるのもツマンネなので、今回は皆様の声を取り入れてみるのも面白いかな?などと思いました。つー訳で今エントリーで、カーメロについてアンケートを取ろうと思います。質問は2つだけ。

1.カーメロにどこに行って欲しい?
2.カーメロはどこに行くと思う?


この2点をコメント欄にてお答え下さい。同じIPの書き込みは1カウントのみとし、より少数意見の方を有効とします。つーか別に多数派工作してどうなるもんでもありませんから皆さん普通にやって下さいw

このエントリーのみ、当方もレスはしません。ROM専、一見さんから2ch、mixi等の住人までどなたでも結構ですのでお答え頂けると深甚です。但し、「NBAのチーム」以外はリアリティ無いので答えないように!ユーロとかbjとかそういうボケは今回はレスもしないんだから無しですよ。

あと、管理人への配慮で「マジックだと良いですね」とかそういうのも省略でおk。何者にも囚われず、貴方の思うがままに希望なり考えなりをお伝え下さい。「うち以外のどこか」みたいな自虐ネタも嫌いじゃ無いですが、カウントが難しいから今回は無しで。

それでは、皆様の百家争鳴な御意見をお待ちしてます。締め切りは日本時間9/1の夕方19時(多分ロスタイムあり)としますので、何卒宜しくお願い致しますよm(__)m

banner_03


うちの妻ってどうでしょう?(3)ーアクションコミックスうちの妻ってどうでしょう?(3)ーアクションコミックス
著者:福満 しげゆき
販売元:双葉社
発売日:2010-08-28
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

フライングヒューマノイド

ブログネタ
NBA に参加中!
2日目の結果、参ります。

☆グループA

アンゴラ(1勝1敗)79-65ヨルダン(2敗)
ドイツ(1勝1敗)82-81セルビア(1勝1敗)
アルゼンチン(2勝)74-72オーストラリア(1勝1敗)


アンゴラ、恐らく今大会唯一の白星ですね。ヨルダンは全敗コース確定か・・・。それより熱かったのは残り2試合ですね。アルゼンチンを追い詰めたオーストラリアも去ることながら、白眉は何と言ってもドイツ対セルビア。試合終了ギリギリの3ポイントでセルビアが延長戦に持ち込み、1度目の延長でもドイツ先行→セルビア追い付く、という展開で再度延長へ。最後はドイツがかろうじて逃げ切るという好勝負でありました。

☆グループB

アメリカ(2勝)99-77スロヴェニア(1勝1敗)
クロアチア(1勝1敗)75-54イラン(2敗)
ブラジル(2勝)80-65チュニジア(2敗)


http://espn.go.com/extra/fiba/boxscore?gameId=300831938

アメリカはこの前のAND1の日本での試合かよ!と思うぐらい最初からダンク祭りでしたね。デュラントの試合開始からの一撃を筆頭に僚友ウエストブルックの小さかったら高く飛べダンク、イグオダラの水魚のポーズか!ってな海老ぞりダンク・・・。ダンクが多いって事は堅いディフェンスからターンオーヴァーを誘い、速攻でフィニッシュ、という場面が多かった証です。デュラント22得点4リバウンド4スティールはその象徴的なスタッツかも知れません。そりゃあすぽるとでも2戦続けて紹介されるってなもんです。ゲイの16得点もナイスでした。でも、スロヴェニアも最後まで気持ちを切らさずに頑張ってたなと思います。ドラギッチのファウルトラブルは痛かったかもですね。

後2試合は妥当な流れでしょう。ブラジルはバルボサ21得点、私が推してるスプリッターが16得点でした。アメリカにとって予選ラウンド最大の山場となるブラジル戦、楽しみです。きっとH誌編集部のバルボサファンさんもそうでしょうw

☆グループC

中国(1勝1敗)83-73コートジボアール(2敗)
ギリシア(2勝)83-80プエルトリコ(2敗)
トルコ(2勝)65-56ロシア(1勝1敗)


中国はイーさん26得点9リバウンド2スティールとデュラントかよ!状態。ワン・スーホン25得点7リバウンドもグレイトです。プエルトリコは連敗スタートで厳しいですが、ギリシア相手に接戦なのは好材料ですね。つーかアロヨDNPですか。開催国トルコはタコルーが14得点でチームを引っ張り、2連勝と良い感じです。

☆グループD

リトアニア(2勝)70-68カナダ(2敗)
フランス(2勝)86-59レバノン(1勝1敗)
スペイン(1勝1敗)101-84ニュージーランド(2敗)


リトアニアとフランスが妥当な2連勝で並びましたが、リトアニアの方がちょっと危うかったです。フランスは4人が14得点以上となかなかウェルバランス。そしてスペインはガソル弟22得点&ナヴァロ18得点で復活!ニュージーランドもカーク・ペニー21得点で頑張ったんですが。

・・・全試合全く波乱が無いってのもつまらんなぁ、という1日でしたw

banner_03

【DS iカバー】Basketball
【DS iカバー】Basketball


フライングヒューマノイド(DVD付)フライングヒューマノイド(DVD付)
アーティスト:中川翔子
販売元:SMR
発売日:2010-08-18
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

小ネタ色々纏めてドン

ブログネタ
NBA に参加中!
http://sports.espn.go.com/nba/news/story?id=5494472

まずはネタ溜まるの待ってるうちにすっかり遅くなりましたが、クワミ・ブラウンのボブキャッツ契約の件です。1年130万ドルのローリスク契約で、かつてウィザーズ時代に'01年ドラフト1位指名の縁があるマイケル・ジョーダンとの再会を果たす事となりました。あのクワミ指名は当時のジョーダンの失敗の一つとして批判を受けたものでしたが、10年目にして再び邂逅となった訳です。

実はダンピアー解雇→安価で再契約という作戦が上手く行かなかったための代案だったりしますが、まあ良いじゃないですか。名将ラリー・ブラウンの指導でもしかしたらクワミの眠りっ放しだった素質がようやく目覚めちゃったりなんかするかも知れませんしね。ドワイトもリスペクトする高校バスケの元スター。今後こそ輝いたらいいなぁ(ちょっと適当)。

http://sports.espn.go.com/nba/news/story?id=5504907


クリス・ポール、カーメロ・アンソニーに続き、今度はホークスのジャマール・クロフォードがトレードを要求!・・・正直割とどうでもいい感がするのは私だけでしょうか。

一応言うと来季で契約終了のクロフォードにホークス側が再契約を提示しないのが原因のようです。クロフォードの要求は3〜4年の規模で、彼の最終年の年俸1,000万ドル平均を望んでいるようです。ほら、今季終わってからだと労使協定変更で損をする可能性が高いからクロフォードも今のうちに話を纏めてしまいたいんですよね。しかしながらその規模で再契約を結んでしまうと、ホークスもタックスラインを超えてしまう訳です。現有戦力の維持が目一杯で特に目立った補強もしなかったホークスが、クロフォードの再契約にそんな金額を出すとも思えません。つーかジョー・ジョンソンとの再契約をマックスなんぞにせず、もうちょっと叩いておけば良かった気もするのですが。

先発にはちょっと及ばないけど6thマンとしてはそこそこ行ける、一昔前のスタックハウスみたいな感じになって来たジャマールさん。果たして引き取り手は見つかりますでしょうか?

http://sports.espn.go.com/nba/news/story?id=5503818

あまり処罰系のニュースには興味薄なので時々スルーしてるんですが、たまには取り上げましょう。何しろ3名様が処罰を受けてますので。簡単に纏めますと、

・ブランドン・ラッシュ(IND)→アンチドラッグプログラム違反で5試合出場停止
・タイリーク・エヴァンス(SAC)→スピード違反で1試合出場停止
・ケニー・ハスブロック(MIA)→飲酒運転で2試合出場停止

うーむ、エヴァンスの処罰が特に残念です。リーグもレブロンがあんな感じにダークサイドへ行ってしまい、彼以外のスター育成も視野に入れておきたい矢先に新人王たる彼がこういう事をやらかすのは宜しくありませんね。こりゃあいよいよNBA首脳陣もトルコで頑張るデュラントに期待でしょうか。

banner_03

さよなら絶望先生(22) (少年マガジンコミックス)さよなら絶望先生(22) (少年マガジンコミックス)
著者:久米田 康治
販売元:講談社
発売日:2010-08-17
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

Boys Fire the 土耳古

ブログネタ
NBA に参加中!
それはTricotやろ〜(←エントリータイトルに自らツッコミ)

http://turkey2010.fiba.com/eng

さて、いよいよ始まりましたバスケ世界選手権@トルコ。いきなり驚きの幕開けとなりました。

☆グループA

オーストラリア(1勝)76-75ヨルダン(1敗)
セルビア(1勝)94-44アンゴラ(1敗)
アルゼンチン(1勝)78-74ドイツ(1敗)


結果自体は妥当ですが、ヨルダン惜しかったですねぇ。ドイツもノヴィ太抜きで頑張ったと思います。アンゴラは・・・なんかこれを思い出しました

☆グループB

スロヴェニア(1勝)80-56チュニジア(1敗)
アメリカ(1勝)106-78クロアチア(1敗)
ブラジル(1勝)81-65イラン(1敗)


これまた順当な結果が並びました。

http://espn.go.com/extra/fiba/boxscore?gameId=300830917

アメリカですが、なんとH誌連載で御馴染みゴードンがベンチスタートながらチームトップの16得点です。H誌編集部の歓喜の声が聞こえて来そうですね。チャンドラーの11分出場が最短で、オールスター宜しく全員の出場時間を割と均一に馴らしてる感じですね。因みに先発陣はこうでした。

ローズ
ビラップス
イグオダラ
デュラント
オドム

オドム、控えどころか先発センターだったんですね・・・。ラヴが僅か13分で10リバウンド、チャンドラーが11分で2ブロックというのは流石だなという印象です。まあチャンドラーは4ファウルでもありますが。ともあれ、アメリカは上々なスタートを切ったと言えましょう。

☆グループC

ギリシア(1勝)89-81中国(1敗)
ロシア(1勝)75-66プエルトリコ(1敗)
トルコ(1勝)86-47コートジボアール(1敗)


ここは私が期待していたプエルトリコが初戦ズッコケましたね。中国は負けましたが強国ギリシア相手に善戦でした。26得点14リバウンドとは、見直しましたぜイー・ジャンリン。トルコはタコルーがFG0/6なのだけが気になりますが、予定通りのロケットスタート成功ですね。

☆グループD

リトアニア(1勝)92-79ニュージーランド(1敗)
レバノン(1勝)81-71カナダ(1敗)
フランス(1勝)72-66スペイン(1敗)


ここはかなり驚きの展開となりました。レバノンのカナダ撃破(E.エル・カティーブ選手31得点8リバウンドの大活躍!)もビックリでしたが、何といっても無敵艦隊がいきなり躓いたのには驚きましたね。フランスは元NBAのジェラバルが16得点6リバウンド、現NBA組のバテュムが14得点でチームを牽引しました。スペインはFG成功率36.4%ではキツイですね。これは建て直しが望まれます。

優勝候補スペインがいきなり黒星という大きな波乱があったものの、後は概ね妥当な結果ですね。明日以降もこんなに詳細に追えるかどうか分かりませんが、引き続きチェックしていきましょう。しかし、予選ラウンドは6日間で5試合とか、NBAも真っ青なハードスケジュールですね

banner_03

three cheers for our side~海へ行くつもりじゃなかったthree cheers for our side~海へ行くつもりじゃなかった
アーティスト:フリッパーズ・ギター
販売元:ポリスター
発売日:2010-01-27
クチコミを見る

続・ブログ閉鎖考 NBAちゃんぷる〜さんPKO作戦

ブログネタ
NBA に参加中!
ワシはこんなエントリーしとうはなかった(´・ω・`)!

さて、相次ぐブログ閉鎖・更新停止の悲劇を防ぐべく「閑話休題〜ブログ閉鎖考」をアップしたにも拘わらず、よりによってそのコメント欄が原因でNBAちゃんぷる〜さんが更新停止に至ってしまい、ちと凹んでおります。いや、うちは辞めませんから安心して下さい(^_^;)

とりあえず何が起きたかを簡単に纏めるとこんな感じですね。

1.tkさんが当ブログにてmanuさんのコメント返しについて言及
2.manuファンさんが反発コメント→tkさん凹む
3.tkさん、「NBAちゃんぷる〜」の更新停止エントリーをアップ
4.manuファンさん、「NBAちゃんぷる〜」にて2.での非礼を詫びるもtkさんへの言い分をコメント
5.やや批判的な内容だったチンコさんのコメントをtkさんが削除
6.tkさんが当ブログでの発言について謝罪コメント
7.チンコさんが5.の削除に反発→tkさんが「ハンドルネームが原因と説明するも収まらず


・・・で、かなり収拾つかない事態に陥ってしまってる訳です。元はと言えばうちのブログから起きた事態、ほっておくのも仁義がすたるというものです。

という訳で、この件にまつわるややこしく絡んだ糸をほどきに参りましょう。まず、tkさんとmanuさん双方のファン、チンコさんでバトルロワイヤルになる前に最初に明確にしておくべきポイントがあります。それは、この件に関して誰一人として悪意を持ってコメントしてはいない、という事です。そう、チンコさんも、ですよ。

最初にmanuさんにコメントされた際のtkさん、それに反発したmanuファンさん、そしてチンコさん。3人とも悪意があった訳では無かったと私は思います。manuファンさんは当初tkさんに「調子乗ってんじゃないでしょうか??」なんて仰ってましたのでてっきりアンチな方かと思われましたが、NBAちゃんぷる〜さんへの書き込みを見る限りむしろ逆でtkさんの方のファンでもあったことが分かります。tkさんも恐らく、manuさん及びmanuファンさんに対してどうこうは無かったんじゃないでしょうか。このあたりは単なる言葉の行き違いでしか無いように思われます。

チンコさんは確かに酷いハンドルネームではありますが、当初の書き込みを私が見た限りは悪意のようなものは感じられませんでした。あの方は最初のコメントが削除されたのでムキになってしまっただけで、あのままであればああまで態度を硬化させる事は無かったでしょうね。まあハンドルネームがアレだった、と言えばそれまでですがw

さて、お前なんでそこまでこの話に首突っ込むの?ほっといたらよくね?とのご意見もありましたし、tkさんご本人からもコメント頂きました。じゃあなんでこんなエントリーをアップしたのか、と言いますと理由は簡単でして、自分も過去にこういう事があったからに他なりません。

http://blog.livedoor.jp/magicalinside651/archives/1279187.html

こちらに書いたのですが、かつて「バスケットボールウィークリー」というHPの掲示板でネットデビューを飾った私は、そこでこういうミスをやらかしてしまいました。とあるナゲッツファンが「今季はプレーオフ目指すぞ!」と書き込んだのに対し、「そうだ!ジャズを蹴落とせ!」みたいな事を書いてしまったのです。なんでジャズ限定なのか自分でも良く分かりません。で、これが一番厄介なのですが、困った事に自分の中でジャズへの憎悪とか悪意とかは全然無かったんですよね。

チーム限定HPならまだしもNBA全チームのファンが来るHP、そりゃあジャズファンも怒ります。かくて「その言い方はなんだ」とジャズファンに咎められ、要らぬいさかいを起こしてしまいました。上記エントリーにも書いたんですが、この方、後に私が他のマナーの悪い書き込みを注意した際に「あなたに言えた事ですか」と再度突っ込んでこられた程でしたから相当腹に据えかねていたんでしょう。今となっては本当にすまんかったって感じです。

人間、対して悪意が無くても他の人から「お前舐めとんかいワレ」と思われるような事を、しかも自覚も無しに書いてしまう事がある。これは私のこの経験上、凄く分かるんです。これが会話であれば互いの話し方、表情etcで分かりもします。すぐにそこでフォローも出来るじゃないですか。ところがネット上だとテキストだけのやり取りなので、言葉だけが一人歩きして一層エスカレートしちゃうんですよね。その究極の姿が荒れまくってる時の2chですな。まああれはあれで趣がある時もありますが。

私はtkさんとお会いして、とても温厚かつ気遣いの細やかな方だなという印象を持ちました。manuさんファン、チンコさんも多分そんなに一般常識からかけ離れた方ではないでしょう。まあチンコさんのハンドルネームはちょっと一般常識からかけ離れてますが(笑)。チンコさん、そこは自覚あるでしょw

PKOなどと大層な名前のエントリーでしたが、正直そんなに大袈裟な事でもありません。皆さん、もっと心に余裕を持ちましょうよ、と言いたいだけです。少しぐらい「?」と思う事があっても、全力で怒りをぶつける前に深呼吸でもして、一息ついてから「ちょっと、あの表現はご勘弁頂けませんか」みたいな穏当な書き方をしてみましょうよ。そう、当ブログ「レブ論」シリーズにて決してテンションに身を任せる事無く冷静な反論をして下さるcoinさんのように、です。それだけでネット上の諍いは7〜8割減るんじゃないでしょうか。

そう言えば思い出しましたが、私が社会人になった時、研修先の方が「短気を起こすと絶対に後悔します」と書いた紙を私に下さったんですよ。その後の社会人生活、本当にその通りでしたね。短気を起こして怒ったところで大抵何も解決しません。むしろ後で「あちゃ〜」と思う事ばかりでしたね。自分でひっくり返したちゃぶ台は明子お姉ちゃんが片付けてくれる訳じゃありません。結局は自分で片付けるしか無いのですよ。

幸いNBAちゃんぷる〜さんも決してこのまま停止では無い、再開はあると伺いました。今回のような事が繰り返されないためにも、皆さんもテンションに身を任せて怒りの書き込みをする前に深呼吸で一息、ワンクッション入れてから頭を冷静にして書き込む。これを是非習慣にする事をお勧めする次第です。チンコさんもハンドルネーム変更の御一考を宜しくお願いします

banner_03


ジョン・レノンBOX(完全生産限定)ジョン・レノンBOX(完全生産限定)
アーティスト:ジョン・レノン
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2010-10-06
クチコミを見る

世界選手権@トルコ おっとり刀で予想

ブログネタ
バスケットボール に参加中!
ルートコじゃ〜(〔c〕桜玉吉)

さて、やっとこの話題にツッコミ入れます。トルコで行われます世界選手権ですね。前回、日本開催時にアメリカ対アルゼンチンの3位決定戦を見に行ったさいたまスーパーアリーナで次回開催国、トルコのキャップを頂いたあの日からもう4年経ったのかと思わずにはいられません。

前哨戦も全て終了となり、いよいよ本番を待つばかりとなりましたが、NBAちゃんぷる〜さんがグループ毎に詳細な分析を行っておられたのでそちらにお任せして、こちらは軽めに結果中心に纏めようと思っていたのですが、tkさんがグループAグループBの分析まで行ったところで、当ブログでのコメントのやり取りが原因で更新停止という事態に陥ってしまいました(´・ω・`)manuファンさん、ご覧になられましたら至急NBAちゃんぷる〜さんへ急行願います。

という訳で、tkさんの代役にもなれませんがとりあえずこちらも世界選手権特集行ってみましょう。まずはアメリカ代表についてですが、先のロンド辞退をもって、以下のメンバーで確定となりました。

デリック・ローズ
ラッセル・ウエストブルック
チャンシー・ビラップス
スティーヴン・カリー
エリック・ゴードン
ダニー・グレンジャー
アンドレ・イグオダラ
ルディ・ゲイ
ケヴィン・デュラント
ケヴィン・ラヴ
ラマー・オドム
タイソン・チャンドラー


思わず「うふ、小さ〜い」と言わずにはいられません。PG3人に小兵SG2枚、これだけでもスピード重視で行く他無いと分かります。アメリカ代表がサイズ不足なのは最近ずっとお約束でしたが、今回もキビシイですね。本職Cはチャンドラーだけですし。控えCがオドムとかマジですかと(゚Д゚)せめてラヴでしょ、そこは。案の定デュラントも先発PFですしね。

ただ、私がこのチームで良かったと思うのはレブロンはじめリーグのスーパースター達が欠場した結果、完全にデュラントのチームになった事でしょう。下手に先輩方がいるとデュラントは気を使い、シュートに行ける場面でも先輩に花を持たせようとしかねません。その意味でも、デュラントより各上の選手がいない事はむしろアメリカ代表に有利に働く気がします。

インサイドにもう一枚欲しかったきらいはありますが、それでも世界選手権代表チームとしては船頭多くして舟轟沈の'02年代表よりは良い結果を残せるでしょう。ま、悪くしてもベスト4には入れるんじゃないでしょうか。

さて、次は予選グループ別に適当順位予想です。

☆グループA

1.アルゼンチン
2.セルビア
3.オーストラリア
4.ドイツ
5.アンゴラ
6.ヨルダン


アルゼンチンはかなり美味しいグループに入りましたね。ジノビリ不在&ノシオニ故障も特に問題無く勝ち抜けそうです。セルビアはクリスティッチ椅子投げ&3試合出場停止が痛いですが何とかなるかなと。オーストラリアはボガット、ドイツはノヴィツキー不在ですので、アンゴラとヨルダンにチャンスがあるとしたらそこですかね。それでも厳しいですが。

☆グループB

1.アメリカ
2.スロヴェニア
3.ブラジル
4.クロアチア
5.イラン
6.チュニジア


ここはもう1〜4位の予選突破組と5〜6位の敗退組が今からはっきりしているセ・リーグみたいなグループですね。イランとチュニジアの対戦が最下位決定戦なのは明らかです。NBAを一応知るハッダディを擁するイランが勝つかなと。

上位陣は敢えてスロヴェニア推し。ドラギッチの覚醒とブレゼッチのサイズに期待します。ブラジルは主力に故障が出たのが気掛かりかな。クロアチアはトミッチとカスン(元マジック)のC陣に期待。

☆グループC

1.ギリシア
2.プエルトリコ
3.トルコ
4.ロシア
5.中国
6.コートジボワール


予想困難なグループですね。6位のコートジボワール以外は予選突破可能です。なんでこんな激戦区に開催国トルコを入れてしまったのっと。ただ、実際に4・5位争いを展開するのは多分ロシアと中国の大国対決です。で、多分イージャンリンでは中国を予選突破に導けないと思います。

トルコはタコルーだけでなくイリャソワみたいな若手も伸びてますから多分安泰でしょう。プエルトリコもかなりやれると見ました。でもやはり、ギリシアが1位通過してくると思います。

☆グループD

1.スペイン
2.リトアニア
3.フランス
4.カナダ
5.ニュージーランド
6.レバノン


これまた1〜4位と5・6位チームが明確にクリアなグループ。フランス、カナダは良く分かりませんが多分予選突破止まりかと。リトアニアの謎な強さは今回も健在な気がします。

で、スペインなんですが。兄より優れた弟などいない!なガソル弟、カルデロン&ルビオの贅沢なPGデュオ、そしてナヴァロ&フェルナンデスの新旧アンチNBAコンビ・・・無敵艦隊は相変わらずNBAチームと素で戦えるタレントと層の厚さを持っていますね。サッカーのW杯初優勝に続きバスケでは2連覇を!と士気も高いはず。打倒アメリカの最右翼は相変わらず健在といったところですね。

大会優勝予想は予選終了後にしますが、今のところは各グループを1位で突破したアメリカとスペインが準決勝で対決→勝ったチームが優勝、という流れになると思います。アルゼンチン対ギリシアは予想困難ですが、まあアルゼンチンかな。スペイン、アメリカのどっちが来てもPGの差で敗れる気がしますね。

以上、1日やっつけ予想でした。的中したら神と崇めて下さい( ̄ー ̄)外れたら鼻で笑えばいいと思うよ^^

banner_03


DUNK SHOOT (ダンクシュート) 2010年 10月号 [雑誌]DUNK SHOOT (ダンクシュート) 2010年 10月号 [雑誌]
販売元:日本スポーツ企画出版社
発売日:2010-08-25
クチコミを見る

HOOP (フープ) 2010年 10月号 [雑誌]HOOP (フープ) 2010年 10月号 [雑誌]
販売元:日本文化出版
発売日:2010-08-25
クチコミを見る

何故か二次元ベースで語る新イースト3強戦力比較

ブログネタ
NBA に参加中!
先日、詳細は割愛しますが仕事で20代の可愛い女子と会いまして。いや、紹介しろとか言われても困るんですけどね。

で、その娘さんの携帯がiPhoneな訳ですよ。ああやっぱ世の中そっちですよね、私が使ってるようなガラパゴス携帯とかマジ終わってるよねとか思いながらふとそのiPhoneの裏側に目を落としてみると、そこには「けいおん!」メンバー御一同様が。


(゚Д゚)


で、更に彼女のPC画面上には、これまたけいおん!メンバーがフルバンド揃って演奏してるんですよ。しかもフルCGで動きながら。彼氏の趣味とかでここまでやるはずないじゃないですか普通。とどめにデスクトップ上のフォルダ名が「東方プロジェクト」・・・「けいおん!」のアニメ試聴を全力で勧める彼女の話を聞きながら私も、世の中ここまで来てるのかよオイと思わずにはいられませんでした。そう言えば職場のさるお父さんも、高1になる娘さんが「けいおん!」の影響で軽音部に入ったと言っておりました。最近ギターとか持ち歩く女子高生多い理由ってマジであれらしいですね。

我々の時代って、コミケ会場からレポーターが「ここには10万人の宮崎駿がいます」とか言ってた訳ですよ。あ、間違えた、勤でした。それが今やNHK様までトップニュースがコミケ開催ですから世の中変わり過ぎです。不景気な世の中においてもなお活発な消費を続けるこのジャンルは最早日本の景気を支える最後の希望なのかも知れません。米やら炭やらまで売れちゃうとか埼玉某神社の参拝人数過去最大とか、最早その影響力はエンタメ業界に止まらない域に達しつつあります。

つー事で、そんな最新トレンドに今回は乗ってみるとしましょう。例年通りの戦力比較も詰まらないのでかなり毛色を変えつつで、キャヴスからヒートへの入れ替わりがあったイースト3強比較をやっていこうという訳です。え、ウエスト?レイカーズの一言以外に言う事無いです、今回も。

それではアニメイトだかとらのあなだか良く分かりませんが行ってみましょう、イースト3強比較です。因みに管理人のそっち方面の知識はほぼ一夜漬けですんで、真にお詳しい方々は生暖かい目で見て頂ければと思います。

☆BOS団〜ポール・ピアースの憂鬱

涼宮ハルヒの憂鬱 ブルーレイ コンプリート BOX (初回限定生産) [Blu-ray]涼宮ハルヒの憂鬱 ブルーレイ コンプリート BOX (初回限定生産) [Blu-ray]
出演:平野綾
販売元:角川映画
発売日:2010-11-26
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


「ただのバスケ選手には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上!」

かくてボストンの地には天真爛漫にして唯我独尊なスウィングマン団長を筆頭に、情報統合思念体の能力を借りた正確無比な文芸部員シューター、禁則事項ディフェンスを展開する元書道部巨ny・・・もとい長身フォワード、ペイントという封鎖空間でのみ圧倒的なディフェンス能力を発揮するセンター、そして某3Dアニメ風の緑宇宙人と豪華ながらバラバラなメンバーが揃ったという訳だ。こんな連中を纏めなければならん俺の立場は・・・「行くわよレジョン!」やれやれ、お陰で世界選手権もパスだがしょうがない。

学園祭、もといオールスターウィークエンドでは3ポイントコンテストを何度も制したお祭り好きな我々BOS団は、結成1年目にして某ロス高校の軽音部を下して早くも優勝。しかし2年目は禁則事項さんが怪我の間に青い神人にやられて敗戦。で、3年目は全員揃った上に宇宙人も小さいのが1人更に増え、遂に神人を倒して決勝へ進んだ訳だ。が、ロン・あずにゃんを加えてパワーアップした軽音部に今度は敗戦しちまった。

2年連続の敗退で、強気で負けず嫌いが信条どころかアイデンティティーみたいな団長がこのまま平気な訳がない。これ以上団長のストレスが溜まったらまた世界がループに囚われてしまい、毎年軽音部の天下になってしまう。朝倉シードさんは突然いなくなっちまったけど、幸い今年はグリーンモンスターが2人も入って神人対策も完璧だ。果たして俺達を待ち受けているのは晴レ晴レ愉快な日々か、はたまた抜け出せないエンドレスエイトか?

・・・いやー、ここまで書くのに2日かかりました(汗)。原作知らないとやはり難しいなあ。角川文庫夏の100冊に入ってるんでしたっけ。さて、長過ぎる前降りはようやく終了して本題なんですが。

実のところ、毎年BOS団を巡る状況に変化はありません。晴レ晴レユカイを踊る先発5人こそが一番重要なのであって、あとは彼らの故障をどうやってフォローするかに尽きます。だから潔いまでにサポートメンバーは残り契約期間の短い面子ばかりなんです。統合思念体さんが宇宙へ、禁則事項さんが未来へ帰る日だってそう遠くは無いのですよ。団長もいなくなったら、後はジョン・スミスじゃなかったラジョンに閉鎖空間のヒト、男手だけでBOS団を支えなければならない訳です。え、元から男しかいない?何を言ってるんだねキミ達ハッハッハッー、美少女揃いぢゃないか。

ともあれ、BOS団の戦い方は昨季同様、いかに戦力を温存しながらシーズンを乗り切るかがまずは肝要です。インサイドのメンバーは過剰過ぎるようにも見えますが、終わってみれば各人故障続きで案外丁度良かったぐらいに落ち着くんじゃないでしょうか。

今オフ加わったグリーンモンスター2名ですが、正直朝倉シードさんよりは頼れないかも知れませんね。コニールことジャーメインさんのここ数年は皆さん良くご存知の通りです。ではもう1人の方は?私はそちらもぼちぼち厳しくなったと思います。昨季レブロンと組んでBOS団に敵わなかった事実も去ることながら、ここ数年移籍を繰り返しているという点はやはり見落とせません。モーゼス・マローン、ユーイングもそうでしたが引退間際にユニフォームを頻繁に着替えるビッグマンに多くを求めるべきでは無いのです。

とはいえ、オーランドの青い神人対策として、またその隣のマイアミ対策として、ビッグマンに一見異常なまでの厚みを持たせたのは良い判断です。レギュラーシーズンは多少流し、プレーオフから本気出す、というパターンでまた行くのでしょう。ただ、BOS団最大の敵はやはり「時間」。時が経てば経つ程に、彼らのチャンスの窓が確実に閉じていくのもまた事実です。体を労ってもペースダウンしても、一昨季のように主力に穴が空けば流石にファイナルは厳しいでしょうし、そのリスクが年々増していくのは避けられない事です。朝倉シードのマイナスとグリーンモンスターズのプラスだけでは判断出来ません。ヒロイン3人衆(特に読書好きのヒト)もまた、徐々にマイナスになっていく事は忘れないようにしましょう。

BOS団、今季もシーズンは東の4位ってとこでしょう。後は何人が健康体でプレーオフに臨むかでポストシーズンの趨勢が定まると思います。ポール・ピアースの次作は「憂鬱」か「激動」か「消失」か、はたまた別の何かか。発売延期にならない事を祈りましょう。

☆とある魔術(マジック)の禁書目録/とあるバスケの最高額砲(マックスディール)

OVA「とある科学の超電磁砲」[Blu-ray]OVA「とある科学の超電磁砲」[Blu-ray]
出演:佐藤利奈
販売元:ジェネオン・ユニバーサル
発売日:2010-10-29
クチコミを見る


ルイス!ルイス!ルイス!ルイスぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!(以下略)

あ、引用作品間違えた^^;すいません、正直BOS団書くのだけで疲れ果てている上に、こっちはマジックにあまり当て嵌まるファクターが少ない事に気付きました(汗)。だってマジックってよくよく考えたら最高額砲3人いるんですよ?まあドワイトさんは熱心な十字教徒ですが。

つー事で早々に素に帰って続けますと、まああまり目立ったプラスが無い訳ですよ。だから今オフの補強は失敗みたいな意見も多いんですが、それはどうかなと。確かにバーンズにはいて欲しかったんですが、彼の役割は引き続きピートラス、リチャードソンが引き継いでくれます。リチャードソンってディフェンス得意だっけ?という疑問もありましたがオフェンス面では彼がマジックのチームプランにベストフィットなのは論を待ちません。また、リチャードソンはセルティクスと対戦した際にピアースとKGの事を「女優」と言い放った闘志の持ち主だったりします。バーンズの持ち味だった熱い部分を彼が引き継ぐ事に期待して良いのではないでしょうか。

また、PGにデュホンを加えながらJウィルを残留させたのはデカいですね。ネルソンが多少戦線離脱してもこれで補えます。対ヒートを考えればセンターとPGでアドヴァンテージを取れるのは重要ですよ。あと鍵を握るのはカーター。彼がチーム2年目でよりフィット出来るかどうかはかなり肝です。彼がよりチームで生き、チームが彼を生かす事が出来るようになれば、目立った補強が無くとも学園都市オーランドには十分プラスですね。

マジックに楽観的な予測は少ない現状ですが、私はキャヴスの王制が崩れてキングがマイアミに亡命したてであり、セルティクスがレギュラーシーズンで本気を出さないのが分かっている今季、マジックがシーズン1位で行く可能性はかなりあると私は見ています。過小評価の日々にはもうあきあきしました。そろそろマジックがその実力に相応しいリスペクトを受ける時が来たと思います。放て最高額砲(レールガン)!優勝へ一方通行(アクセラレータ)!

☆マイアミつどもえ

みつどもえ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]みつどもえ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
出演:高垣彩陽
販売元:アニプレックス
発売日:2010-08-25
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


丸井家ならぬマイアミ家に集う良い子、悪い子、恐ろしい子と揃った3人が巻き起こすすったもんだ(ry

・・・正直H誌の表紙を見てテンション下がってる私ですのでヒートについて書く意欲がかなり失せていますが、まあ頑張ります。

マイアミ家の問題は前にも言いましたが、強力な三つ子を揃えたが為に2〜4番ポジションが豪華な代わりにPGとCに難があること。センターに関しては明らかにBOS団にもとあるチームにも水をあけられてますし、PGもラジョンやネルソンに張り合えるかというと疑問。但し、それ以外のポジションはやはり強いですね。特に2・3番は文句のつけようもありません。

ちょっとどうかなと思うのはまずボッシュ。彼は果たしてオフェンスはともかくとしてディフェンス面でどうなんでしょ?ヒートに加入して改善される可能性はありますが、BOS団の禁則事項さんやとあるチームの最高額砲に対してアドヴァンテージがあると考えるのは早計でしょうね。まあみつどもえ全員オフェンスの負担が軽くなるからディフェンスに力を注げるってのはありますが。

あと、今一つ気にかかるのはやはり担任教師の差。BOS団はリヴァース先生、とある学園はヴァンガンディー先生が指導してますが、果たしてスポルトラ先生は彼らのような名教師足り得るか?これこそがみつどもえ成功への最大の重要なポイントでしょう。幸い三つ子のうち、生え抜きのウェイドの信任は得ていますから馬鹿にはされないと思いますが、それよりも心配なのは果たしてみつどもえが生きるチーム戦術が作れるか、でしょうね。彼らをかつてのブルズに喩えるならば、2度の3PEATどちらにも通底していたのは「トライアングル」の存在でした。スター3人の力を生かせるシステムを構築出来るかどうかで、スポルトラ先生の去就も定まるでしょう。駄目だったら?ライリー校長が現場復帰するだけですが何か?むしろ、そこからがみつどもえ体制が真のポテンシャルを発揮するタイミングなのかも知れません。

各メディア盛り上がってますが、BOS団結成時より若くしてのBIG3とはいえ、やはり私はPGとCに人材を求めない限りはまだ厳しい気がします。ロングリー級のセンターでも勝てるようになるにはやはりPFボッシュがディフェンスへの意識を高める事、そしてチーム戦術の確立ですね。ウェイドとレブロンの個人技だけに頼るオフェンスだけはマジ簡便!

ではライリーが復帰したら?そうなると間違い無く手強いですね。ただ、グリーンモンスター(勿論大きい方)を取れなかった事はどの道プレーオフで響くような気がします。本来リーグトップクラスのビッグマンをまず押さえてからチーム作りをするライリーがポリシーを曲げて作り上げた今回のチーム、果たしてどこまでやれるか見ものなのは確かですね。

・・・最後は完全に素になってしまい、二次元好きなおまえらには正直スマンかったです(^_^;)結論としてはレギュラーシーズンはとある(ry、みつどもえ、BOS団の順、プレーオフではとある(ry、BOS団、みつどもえ、と読みます。え、L.A.軽音部に勝てるか?連載終わるし大丈夫じゃないスかね(←ウルトラ適当)

banner_03

けいおん!!(第2期) 4 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]けいおん!!(第2期) 4 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
出演:豊崎愛生
販売元:ポニーキャニオン
発売日:2010-10-20
クチコミを見る

閑話休題:ブログ閉鎖考

ブログネタ
NBA に参加中!
さて、「レブ論」シリーズはまだ続きがありますし、他にもあれこれ道半ばなプロジェクトを抱える私はブログ終了してる場合じゃねえ!とAA略で2階へ駆け上がりたいぐらいですが、悲しい事にいつの間にか更新が止まっているブログが世間には少なくありません。学生さんが就職して忙しくなって更新停止ってのは昔からHP閉鎖の黄金パターンでした。侍魂とかそうでしたね。最近流行りの2chまとめサイトもよくよく見ると更新がばったり途絶えたところが珍しくありません。かつてHP更新に疲れていつの間にか更新をストップしてしまった事がある自分としては、その心中察するものがあります。

NBA系のHP・ブログも状況はだいたい同じでして、特にホームページのフォーマットでまだ更新を継続しているところを探す方が難しいですよね。ブログにしてもお客さんが来なくてモチヴェーションが上がらず更新ストップ・・・というパターンを見かけると何だかこちらも切なくなります。私が当ブログでの宣伝を皆様に勧める所以です。

しかし、世の中には逆に、人気があるのに閉鎖・更新停止してしまうブログも存在するのが現状です。最近ちょっとショックだったのが「NBA INS'N'OUTS」さんの更新停止でしたね。私、正直申し上げてあそこの管理人とはかなりスタンスが離れてると思います。レブロンについては全く意見が割れてますし、正直他にも「え?」と思ったエントリーはありました。しかし、私自身は異論反論オブジェクション歓迎でも皆がそうとは限りません。何より、仲良く回っているコミュニティーを引っ掻き回すような事は私もやりたくありません。私はあそこではROM専に徹する事としたのです。

すると、そのレブロンについての記事コメントが凄まじい事になって行きました。1エントリーにコメント3桁とか、NBA系ブログではまず起きませんよ(^_^;)管理人さんはそれでも真面目にコメントを返されていましたが、やがて新エントリーで更新停止のお知らせが出てしまったのです。コメント欄閉鎖で・・・(つД`)

意見やスタンスの違いはあれど、長年ブログをやってきた気持ちはきっと同じです。別に儲かりもしないのに誰に言うでも無く何年も更新し続けるのは並大抵の事じゃありません。ましてやあれだけの大御所です。そこまで育ったブログの更新停止に至った真意は本人にしか分からない事ですが、私には非常に残念至極な出来事でした。いっそブログに突撃して「お前の書いてる事なんか的外れなんだよやーいやーい」みたいな事書いて管理人を怒らせたら更新再開してくれないかななどと思ったぐらいです。

しかし、更新停止理由がなにがしかの病気であれば話は別です。「Go New York Go!」のKennyさんが以前展開されていたブログを閉じた理由は体調を悪くされたからだと語られていましたが、体調不良自体がブログが原因かと思わずにはいられませんでした。日本以上に早くブログ文化が広がっていた欧米ではブログ更新に頑張り過ぎて体調を崩すどころか二度と更新出来なくなってしまう方までいるそうですし(-_-;)幸いKennyさんは規模縮小しながらブログを再開されて一安心ですが、体調だけがブログ更新の敵ではありません。精神的な負担もまた、更新の大きな妨げになります。更新しなきゃって義務感なんか抱くようになるとかなりヤバいですね。私?書きたい事が山とあるので時間が足りないぐらいですから、悩む暇も無いんです(笑)。

単に忙しくて更新が滞るのなら大した問題ではありません。更新頻度を下げるなり、文章量を下げるなりすれば良いのです。もっと気軽に発信出来るtwitterなんかに移るのも手でしょう。考え過ぎずに気軽にやれば良いのです。問題はもっと違う方向で精神的に追い詰められてしまうケース。そう、俗に言う炎上ですね。自分で自分の犯罪行為(レヴェルにもよりますが)を自慢したとか、批判でなく単なる誹謗中傷みたいな完全に根も葉も無い事を書いていたのなら、まあ炎上も良いクスリぐらいに考えても良いかなーとも思うのですが、「え、そんな事で?」と思わずにいられなかったのがちょっと前にあったGo!Denver Nuggetsさんの件でした。

あそこで語られた日本人論の内容、そしてコメント欄での反論内容そのものについて私は特にどうこうはありません。どちらかと言うと管理人Zimingさん側の分が悪いなとは正直思います。しかし諸兄、日本には古来から「武士の情け」という言葉があるじゃないですか。コメント数3桁とかの炎上だった訳じゃありませんが、あの流れはZimingさんの更新する意欲も無くなるよなあと思わずにいられませんでしたよ(´・ω・`)

私はZimingさんとは殆ど面識無いんですが、あの方はあの方なりに日本の事を思ってあのエントリーをアップされた訳じゃないですか。確かに色々と勘違いと言いますか、取り違えたところはあったでしょうし、認識に何かしら視野が狭いところはあったのかも知れません。が、あそこまでフルボッコにする程の認識の差でも無かったはずです。だって管理人だってコメントを寄せた方々だって日本を愛している事には違い無かったはずなんですから。

世の中皆、私みたいに2chでフルボッコになっても「参ったな〜」なんて頭掻きながら笑ってられるようなメンタルタフネスの輩ばかりではありません。ブログの向こうにいる書き手はロボットでも機械人間でもなく、貴方と同じように色んな事を抱えながら日々を生きている生身の人間なのです。エントリー内容自体への反論ならともかく管理人への個人攻撃みたいな気の滅入るコメントばかりでは、更新を再開する気力も減退するばかりでしょう。カーメロ移籍騒動で最も更新が望まれるブログだけに、現状が残念でなりません。

思えば「NBAどっと混む」で日本におけるNBAHPの第一人者だった小林師範も、数々の中傷じみた批判に耐えかねてあれほど充実したHPを閉鎖してしまったと聞きます。批判するな、とは言いません。しかし議論するならばやはり守るべき最低ラインの礼儀ってのはあるはずです。coinさんや抹茶さんみたいな冷静かつ真っ直ぐな議論をされる方々ばかりならば良いのですが・・・。

こんな事を言うとまた同一人物説が流れかねませんが、少し前にNBA大好き名無しさんが仰っていた「ネット上でのエチケット」という話、私は非常に頷けました。例えば貴方が亀田兄弟(仮)が嫌いだったとして、わざわざファンサイトやmixiのコミュにまで突撃かけるのは、私は違うと思うんです。芸能人やアーティストが何らか犯罪を犯した時にここぞとばかり「ざまあw」とか書き込む風潮も私は好きじゃありません。絶対的に立場が弱くなった途端に叩く、おお、これこそ恥ずべき日本人の姿じゃないですか(^_^;)ブルーハーツがかつて歌った「弱い者達が夕暮れ 更に弱い者を叩く」という歌詞のまんまです。ああ、でも♪シャブが大好き、とか♪あの娘僕がシャブを決めたらどんな顔するだろう、とか大喜利大会になるのは嫌いじゃないですがw

かつてオレンジ・レンジのパクり問題について追及したサイトで、オレンジ・レンジファンとアンチファンが語り合うという貴重な場面がありました。あれは私にとって、理想的な状況でしたね。意見が違うからいがみ合う必要はありません。ただ議論を闘わせ、その後に「やるな、お前」って互いに笑っていれば良いのです。そうして自分と違う立場・意見を知っていけば、視野がどんどん広がっていきます。自ら視野狭窄に陥る事は知識の偏りを生みます。勿論私のブログに書かれた事が正しいとは限りません。どしどし異論をお寄せ下さい。第2のcoinさん、抹茶さんカモン。ああ、私こう見えて結構ヒトの意見に左右されますよ(笑)。

少し前から、私が結構他ブログのリンクを貼っているのにお気付きの方も多いでしょう。私は最近、全てを自分だけでカヴァーする事は不可能だと割り切りました。私の他ブログ記事引用は、言ってみれば論文を書く時に以前に他の方が書かれた論文を引用する感覚にかなり近いです。本当なら英文翻訳ももっとやりたい、全チームの動向も今マジックについてやってるぐらい触れたい。しかし残念ながら我々にはタイムマシンも時と精神の部屋もありません。我々の時間は有限であり、しかもいつまで続くかはまるで予想不可能なのです。ビートルズが言うように「ライフ・イズ・ベリー・ショート」なんですよ。

私も若い若いと思っているうちにいい年になりました。いつまでとも想像がつかない生きていられる時間に何かしら残したい、それだけ思って私はこんなブログやってます。そのためには他ブログさんの意見や指摘、分析も時に視野に入れつつ、それらを元に自分なりの考察、意見等を打ち出して行きたいと思うのです。少しでも時間を大事にする為にも。

「ざまあw」とか「氏ね」とか書き込んだり、AAやコピペでどこかを荒らそうとしている貴方。折角の貴方が生きている時間、そんな非生産的な事に使うのは実に勿体無いですよ。あっという間に時は過ぎていきます。今しか出来ない事を、今のうちに是非やって下さい。アイヴァーソンみたいに折角現役で出来るチャンスがまだあるのにプライドが邪魔してコートに戻れないより、たとえNBAじゃなくてもコートに立ち続けるマーブリーの方が、私は今この瞬間に関しては好感度的に上です。動ける間にプレー、生きてる間に書ける事を書く。同じ事です。

他所のブログでは書き手の事も労わって頂ければオッケーですが、うちはその点は割と大丈夫です。単なる悪口といいますかアレなコメントはあっさり消しますが、真正面からの反論の類は喜び勇んでお受け致しますので、お気兼ね無くお越し下さい。そして生きているからこそ出来る議論に花を咲かせようじゃないですか。

そして最後にこれが一番言いたかったんですがZimingさん、もしもここをお読みになる事がありましたなら是非ブログ復活をお願いします。カーメロ周辺が騒がしい今こそ、貴方の復活に最も相応しい時なのです。ナゲッツファンにしか語れない視点でのエントリー、私はお待ちしてますよ!

banner_03

バスケ中毒Tシャツ(ホワイト)
バスケ中毒Tシャツ(ホワイト)
バスケラブTシャツ(ホワイト)
バスケラブTシャツ(ホワイト)
【バスケ】籠球人Tシャツ(ホワイト)
【バスケ】籠球人Tシャツ(ホワイト)

SPANISH BLUE

ブログネタ
NBA に参加中!
もうずっと言い続けてる気がしますが、スペイン人とNBAってのは実は相当相性悪いんじゃないでしょうか。ガソル兄弟のようにチームの主軸で活躍する面々もいますが、ファン・カルロス・ナヴァロは既にユーロへ出戻ってしまいましたし、フラン・ヴァスケスやリッキー・ルビオはドラフト指名を受けながら未だに大西洋を渡る予定がありません。そしてまたNBAで、とLOVEるな事になってる選手がいます。ブレーザーズのルディー・フェルナンデスなんです。

http://sports.yahoo.com/nba/news;_ylt=A2KIPGW9a29McwYALkKLvLYF?slug=ys-fernandezeurope081810

以前から出場時間の短さに不満を持つ彼は移籍願望があると囁かれており、実際何度と無くトレードの噂が上がっていました。今オフもニックス始めトレード話はあったようですが、形になる事無くここまで来ていました。するとなんと、フェルナンデスはNBAに戻らない、ユーロに戻りたいと言い始めたのです。結果、フェルナンデスはリーグから25,000ドルの罰金を受ける事となりました。まあ、チームの主軸たるロイと完全にポジションが被るのではこうなるのも時間の問題だったかも知れませんね。

http://placeinsuns.wordpress.com/team-salary/northwest/#trailblazers

A Place In The Sunsさんのサラリー一覧表にある通り、ドラフト入団のフェルナンデスの契約はあと1年+チームオプション1年+クオリファイングオファー1年。キャップ空けたいチームへブチ込んでリリースすれば問題無いかも知れませんね。それともミリチッチみたいに移籍先が出場機会を与えて翻意を促すという線も無くは無いかなと思います。

http://sports.espn.go.com/nba/news/story?id=5477893

お次。バックスはアール・ボイキンスと1年130万ドルで契約です。バックスでのプレーは'06-'07シーズン以来となります。既にチームにジェニングス、ドゥーリングが控えているチーム構成だけに第3PG扱いは必至ですが、まあジェイソン・ウィリアムズだって第3PGな御時勢では仕方無いでしょう。頑張れちっちゃいおっさん34才。

http://sports.yahoo.com/nba/news;_ylt=A2KIPFywa29MFr8AmpG8vLYF?slug=ap-delontewestsuspended

キャヴスからトレード後ウルヴスで解雇されてFAのまんまなデロンテ・ウエストが銃の所持のために10試合出場停止処分を受けました。・・・10日間契約出来なくね?新シーズン開始までになんとか定職に着く事を願います。

http://sports.espn.go.com/nba/columns/story?columnist=coon_larry&page=Melo-100819

最後にカーメロの件ですが、長引きそうですね。現在カーメロが候補に上げているとされるのはニックス、ネッツ、マジック、ロケッツ、そしてなんとホーネッツだとか。但しニックスはガリナリ&エディー・カリーを交換材料に提示してナゲッツに全く興味を示されなかったという話もあるようです。もうこの件に関してはGo New York Go!さんが完全独走態勢で追ってますのでそちらにおまかせしようかなとw

banner_03


2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ オフィシャルDVD スペイン代表 栄光への軌跡2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ オフィシャルDVD スペイン代表 栄光への軌跡
出演:ダビド・ビジャ
販売元:キングレコード
発売日:2010-10-06
クチコミを見る

Slam [US] September 2010 (単号)Slam [US] September 2010 (単号)
販売元:Source Inter. Media
発売日:2010-07-20
クチコミを見る
この文を書きたる者
ペニー
六伍壱 ◆MAGICcvM2E
昔の名前はセントトーマスこと 「NBA MAGICAL INSIDE」 (現在更新停止)管理人、 2chマジックスレ は最近はご無沙汰。シャック&ペニー時代からマジックを追っかける'90s世代NBAファンです。耳寄り情報・ご要望・リクエスト・リンク希望・ツッコミetcはmagicalinside651@gmail.comまでドゾー。twitterにもおりますので「六伍壱」で検索してみて下さい。
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
BBS
初めての方等、お気軽に一言どうぞ。前サイトのBBS流用です。 BBS
至高のスニーカーショップ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ブログランキング
このblogでお楽しみ頂けた方、また他blog検索などの際にもポチっとどうぞ。 人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード
緊急地震速報
ニコ生(青文字先輩フルボッコ)
楽天
Googleアドセンス
Google検索(当ブログ内検索用)
カスタム検索
  • ライブドアブログ