NBA ALL-ROUND MAGIC オーランド・マジック&NBA最新情報ktkr!

300万ヒット行きました。ありがとうございます。

2011年05月

ノヴィ太と鉄人兵団

ブログネタ
NBA に参加中!
マヴス(2勝)93-87サンダー(1勝)

☆本日のハイライト
ウォリアーズ、なんとジェリー・ウエストをフロントに加える。そして、HC候補にはオークランド出身のブライアン・ショーがいよいよ有力か
一方レイカーズはマイク・ブラウン狙いか
回復中のヤオミン、ロケッツ復帰を望む

今日は完全にマヴスのペースでしたね。今回はノヴィ太とデュラントの両エースとも不調でしたが、試合自体は1Qから早々にマヴスが大幅リードを奪い、そのまま最終Qへ。サンダーも猛追をかけましたが、4Qになるとノヴィツキーが大事なところで突き放しましたね。試合通じてのFGは7/21でしたが流石です。

これで早くもマヴスはホームコートアドヴァンテージを奪回ですね。リーグ的には一気に若いデュラントあたりにファイナルまで進んで欲しいところかも知れませんが、私としてはキッドとノヴィツキーがリングを掴むチャンスを是非生かして欲しいかな〜と思います。おぢさんたちは残された時間が長くありませんからね



映画ドラえもん のび太と鉄人兵団【映画ドラえもん30周年記念・期間限定生産商品】 [DVD]映画ドラえもん のび太と鉄人兵団【映画ドラえもん30周年記念・期間限定生産商品】 [DVD]
出演:大山のぶ代
ポニーキャニオン(2010-09-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

予告:新シリーズ開始します

ブログネタ
NBA に参加中!
さて、やっと「栄光無き天才たち」「レブ論」両シリーズが終了し、長らく更新の止まっていた「ゲームの中のNBA」「余は如何にして篭球信徒となりし乎」シリーズも久々に再開と、色々動いております。マジックの今季終了が早かったというのも正直ありますが(泣)、そもそも「レブ論」以外の企画はいずれもシーズンオフ用に練ったものですから当然ではありますな。

で、まだまだ進行中の企画があるというのに、またぞろ新企画をスタートすることにしました。これは元々「栄光無き〜」が終わる前からずっと構想にあった事です。ただ、なかなか手を付けられないでいる間に当初の構想が更に変わってきました。という事で新企画ですが、まずはこれ。

1.新・栄光無き天才たち

これは一番最初から構想にあった事です。「栄光無き〜」では優勝出来なかったマジックの名選手、という縛りでしたが今回はマジック以外の選手を対象とします。因みに1人目に誰を取り上げるかは既に決まっておりますのでそこんとこ宜しくです。

2.ARTISAN

これが少し前に思いついた新企画。こちらは優勝経験の有無に拘わらず、通好みな選手を取り上げていこうという企画です。「あ〜いたいた、そういう選手!」って膝打ちたくなるようなセレクションを考えていこうと思います。こっちも1人目は決めておりますです。

3.(´・ω・`)ショボーン 列伝

実はこれが一番やりたかったw 「オワタ\(^o^)/伝説」「どうしてこうなった!シリーズ」等々、シリーズタイトルの名前のアイデアが一番出たあたりにも私の気合を感じて頂ければと思います。

こちらではリーグの看板たるスターになる事を期待されながら丸出だめ夫な結果に終わった選手を取り上げていきます。こちらは今の時点で4回目まで取り上げる選手が確定してます。ね、気合が違うでしょ気合が。他にもかなり先まで取り上げるつもりの選手が出番を待ってる状態ですw

以上まとめて3シリーズ、今後は基本的に「栄光無き〜」シリーズのような長尺は避け、1エントリー完結を基本とするつもりです。てか「栄光無き〜」シリーズも開始当時はそんなに長くはなかったんですけどねあの長さは読む方も大変でしょうが書く方も疲れましたんでw

リクエスト等に関してはこちらで取り上げたい選手が一通り出揃ってから募集する事を検討してます。ですので今時点では勝手ながらリクエストはご容赦下さい。何しろ数年暖めてた企画ですし、多分皆さんが考えてる選手名は大概、そのうち出て来る事と思いますからね。更新の順序は「新・栄光無き〜」→「ARTISAN」→「(´・ω・`)」をローテーションして行っていきます。ネタが尽きたらどれかが先に終わりますが、まあそうそう尽きないんじゃないかなーと。

東北・北関東大震災、福島原発と世の中はまだまだ大変です。応援するとかそんな大それたことは考えませんが、被災地の復興と原発の今後に引き続き注意を払いつつも、我々は我々の日々を重ねて行きましょう。宜しければ引き続きお付き合い下さいませ。



栄光なき天才たち 宇宙を夢みた人々 (講談社漫画文庫 も 7-1)栄光なき天才たち 宇宙を夢みた人々 (講談社漫画文庫 も 7-1)
著者:森田 信吾
講談社(2010-05-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

栄光なき天才たち2010 (ヤングジャンプコミックス)栄光なき天才たち2010 (ヤングジャンプコミックス)
著者:森田 信吾
集英社(2011-01-19)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ARTISANARTISAN
アーティスト:山下達郎
ダブリューイーエー・ジャパン(1999-06-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


顔文字かおもちパンストラップ【ショボーン】かおもじマスコット通販顔文字かおもちパンストラップ【ショボーン】かおもじマスコット通販
ファミリエ
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

余は如何にして篭球信徒となりし乎・11〜“ハロー、トロント!”そしてニューヨーク

ブログネタ
NBA に参加中!
プロローグはこちら

「1〜夜明け前〜」はこちら

「2〜スラムダンクとドリームチーム〜」はこちら

「3〜NHK・BSと伊藤忠商事、そしてシャック〜」はこちら

「4〜マジック・キングダムへの道〜」はこちら

「5〜青島健太とドナ・ウィニキーの頃〜」はこちら

「6〜“Be the Best!NBA”〜」はこちら

「7〜バスケットボールウィークリーからネットの海へ〜」はこちら

「8〜バッシュへの目覚め〜」はこちら

「9〜NBA Magical Inside始動〜」はこちら

「10〜KICKS、そしてスニーカー狂時代」はこちら

トロント→ニューヨーク、1週間旅行。ええ、あれは旅行以外の何者でもありませんでした。私の以前勤めていた会社は1年半に1度、アメリカ本社でのコンベンションに日本の社員も呼んでもらえるという研修旅行があったのです。が、その実態は研修といっても殆ど観光。トロントで数日のコンベンション、ニューヨークで見学がちょっとある以外はサイトシーイング全開なスケジュールとなっておりました。時は2000年夏、カーターがあのダンクコンテストでNBAを興奮の坩堝に叩き込んでいた頃。私もKICKSさんで何とか入手したAND1タイチの赤白を履いて成田空港へと向かったのであります。惜しくもタイチはミッドじゃなくローでしたが、当時は凄まじく品薄だったので贅沢は言えませんでした。つーか、あのタイミングでタイチの赤白を入荷していたKICKSさんは正に神。

さて、実は当日飛行機乗るまで知らなかったのですが、実は飛行機はトロント直行便ではありませんでした。経費の都合なのか何なのか未だによく分かりませんが、なんと飛行機はヒューストン行き。そこで乗り換えてトロントへ、という謎な行程だったのです。が、これが私個人にとって大きく幸いしました。ま、そんな事を思いもせずに、私は日本で買って持っていったSLAM誌を読みつつ、機内放送で「風雲!たけし城」を見ながらアメリカへ向かったのです。あ、気がつけば機内の日本人が揃って「たけし城」を見ていた事を言い添えておきますw

ともあれほぼまる1日のフライトを終え、私が初めて足を踏み入れたアメリカ、ヒューストン。ちょうど「ハリー・ポッター」の第1巻があちらでセンセーションを巻き起こし始めていた頃でもありました。あ〜、この眼鏡魔法使い少年のブームは確実に日本に来るなぁなどと思いつつ空港を歩いていたら、持ってきたのと同じSLAM誌が売られていたので思わず購入。何せ、ヒューストンの地で表紙がフランシスでしたからね。

さて、時間が来ましてトロント行きの中型航空機に乗り込むと、前の方の席にデカいブラック若人さんが。ちょっと目に入っただけなので誰なのかは分かりませんでしたが、もしやNBA選手かな?と思いつつ自分の席へ着き、飛行機は一路トロントへ。やはりヒューストンまで乗ってきた大型機と違って揺れます。

無事、トロントの地に到着して荷物受取所へ。すると、さっきのデカい人が。今度こそ分かりました、間違い無く彼はNBA選手です。何しろ、私がここまでやってくるまで読んでいて、更にヒューストンの地で更に1冊買い足したSLAM誌に1P記事が載っていた選手だったんですから。会社の先輩にサインペンを借りて、私はヘッドホンを耳にして立っている彼のところへ向かいました。かくて、言葉の無い会話が私と彼の間でかわされたのです。

私:(SLAM誌のページを見せて)「これは貴方ですか?」
彼:「うん」(と頷く)
私:(身振り手振りで)「サインOKですか?」
彼:「うん」(と頷く)


SLAM誌の自らの写真の上にサラサラとサインする彼に、更にお願いです。

私:(身振り手振りで)「写真OKですか?」
彼:「うん」(と頷く)


公私混同


写真撮影は一緒に来ていたエージェントと思しき方がやって下さいました。彼、ラシャード・ルイスは特に表情の変化こそありませんでしたが、プロ選手としてやるべき事を淡々とやってくれたのです。握手ぐらいしとくんでした。エージェントの方々に頭を下げて帰っていったのは覚えてます。それにしても彼、私より遥かに年下なんですよね。きっと彼の方ではそうは思わなかった事でしょうけど

後でコンベンション会場を兼ねたホテルに着いてから新聞を読んで知りましたが、ルイスはこのオフにFAとなっており、ラプターズとの交渉の為に故郷ヒューストンからトロントまで移動していたのですね。まあ、トロントの空港で彼に気付いていたのが私だけだったというのも何だか不思議でした。ホテルでESPNのニュースを早速チェックしているとT-MACのマジック入りが濃厚なんてニュースが流れていたこのタイミング、ラプターズファンにとってはそれどころでは無かったのかも知れません。T-MAC離脱の穴埋めにルイスってのは、まあ確かにラプターズの狙いとしては面白いところではありましたが。なお、このオフ結局ルイスはソニックス(現サンダー)との再契約を選んでおります。私が彼の姿を次に生で見掛けるのは、ジャパンゲームスのソニックスVSクリッパーズ戦を待たねばなりませんでした。

という訳で、トロントに着くなりNBA選手に遭遇した私はこれでほぼ運を使い切ったと言って良いでしょう。つーかシーズンオフにNBA選手に遭えた時点で最早悔い無しって感じですよね。でもまあ、折角来たんですからやはりまだまだ色々やってみよう!という事で、研修行事の合間を縫ってホテルから足を伸ばして向かった先は、エアカナダ・センターでした。

エア・カナダセンター


が、この日は勿論NBAもやってませんし、センター自体お休み。売店だけが開店していましたので、迷わずカーターのジャージーを購入。ホーム用のオーセンティックでした、というかオーセンティックはそれしかありませんでした。で、それを持ってまたホテルまで戻った訳です。因みに結構歩きました。その行きと帰り、どちらかは忘れましたが現地の白人の方にすれ違い様に「Nice shoes!」と例のAND1タイチロー赤白を誉めてもらったのは良い思い出です。確か、どこで手に入れたかまで尋ねられた記憶があります。頑張って仕入れて良かったです、KICKSさん有難う有難う。なお、ジャージーは早速コンベンション会場で着用しましたよええ。

コンベンションそのものでは日本代表のスピーチを!って事で、英語の全く出来ない上長さんが「ハロー、トロント!サンキュー!」だけでスピーチを終えた時は我々一同、飛行機離陸の瞬間よりも緊張したものでしたw また、コンベンション後のパーティーでは外人さんたちのノリについて行くのに苦労した覚えがありますね。特に同い年の同僚と2人でビリヤードやってたらこれまた2人に乱入された時はビビリましたよ。で、私はショットを空振りしたと思ったら微妙にカスってて、狙っていたのと違うボールを落とすという離れ業を演じ、「Oh, what a shot!」などとNBAのアナウンサーみたいな事を言わせて彼らを爆笑させたのでありました。ま、その後フルボッコで負けたのは言うまでもありませんがw

トロントでの日々は瞬く間に過ぎ、今度はニューヨークへ。こちらでは本社ビルの見学などを多少やったら後はもうフリータイムでしたね。私をスニーカーの道へと誘った先輩と一緒にナイキショップにも行きましたが、私が真っ先に向かったのはもちろんNBAストア。確か都合3回は行ったはずです。何を買ったかはやや記憶が怪しいですが、NBAロゴ入りバッグ、それとNBAのチーム別CDを買いまくった事だけは覚えてます。

NBAストアが閉店した事を思えば、これはこれで正解だったのかなと今は思いますね。あそこだけでしか入手出来ないものって、各チームのスター選手以外のジャージーぐらいだった気もしますが、やはり店の雰囲気はNBAファンとしては非常にテンション上がるものでしたね。店頭用ヴィデオで流れていたジェリー・ウエストのハーフコートショットを見て現地の方が「Crazy・・・!」とか言ってたのを思い出しました。

あと、HP常連のtackさんに頼まれてAND1タイチを探したりもしました。が、これが見事に在庫ありませんでしたね。やっとフットロッカーかフットアクションかで見つけたタイチはオール白のロー。ま、買って帰りましたが結局これは私のものになって、まだ手元にあります。

ニューヨークではあちこち地下鉄でウロチョロしましたが、街のスニーカーショップでAND1の怪しげなモデルとか売ってましたねぇ。こっちは買おうかどうか正直悩みましたが結局止めました。あと、上司がロレックス買って来いというので、チャイナタウンでお菓子入れるような缶の箱に纏めて入れてあったロレックスを買ったのも良い思い出です。因みに上司はそのロレックス、喜んで使ってました。

ニューヨークではベタな観光スポット(自由の女神とかそういうの)には殆ど行かなかったのです。それは別に構わないのですが、一つだけ後悔してるのはマディソン・スクエア・ガーデンに行かなかった事でしょうか。まあバスで前は通り掛かったんですけどね。

流石にもうNBA選手に偶然遭うとかそういうのは無く、我々も今度こそ直行便で東京へ。かくて、私のアメリカ大陸行は終わりを告げたのでありました。さて、今度アメリカへ行く日はいつの事でしょうかね、私。またこんなサインをもらえる機会が来る事を願います。

ルイス生サイン


(次回、「12〜師範がいた」へ続く)




B18 地球の歩き方 カナダ東部 2010~2011B18 地球の歩き方 カナダ東部 2010~2011
著者:地球の歩き方編集室
ダイヤモンド社(2010-03-13)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

B06 地球の歩き方 ニューヨーク 2010~2011B06 地球の歩き方 ニューヨーク 2010~2011
著者:地球の歩き方編集室
ダイヤモンド社(2010-05-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

控えの雷様

ブログネタ
NBA に参加中!
サンダー(1勝)106-100マヴス(1勝)

ファーストインプレッションから気になってました!・・・ヒゲが。そう書いた時点でだいたい私が誰の話を振ってるかは予想がつくと思うんです。ええ、お分かりかと思いますがあのバケモノアゴヒゲ男ですよ。

ルーキー時代からデュラントはじめ先輩達を圧倒する老け顔と、3位指名には少し物足りないながらもそこそこ確実な実力を見せていた彼、ハーデンが本日はデュラント先輩の24得点に次ぐ23点をベンチから稼いで、サンダーの勝利に貢献しました。やるなバケモノアゴヒゲ男。

この試合、マヴスのFG成功率は.438。不思議な事に、今カンファレンスファイナル2シリーズは示し会わせたかのように同じ展開を見せました。何しろ共に初戦はホームのチームがエースの活躍で快勝→2戦目はホームチームがディフェンスで抑え込まれ敗戦、ですからね。共にホームコートアドヴァンテージを奪ったヒートとサンダーが勢いに乗るか、奪われたブルズとマヴスが奪い返すか。いずれにせよ、これで東西共に長期戦、とい流れになりそうですね。

ファイナルが赤青対決になるのは今時点で既に確定しています。後は赤地に白か黒か、青地に差し色が入るか入らないかの違いですね。どんか赤青ファイナルになるか、まあ青森りんごジュースでも飲みながらゆっくり待ちたいと思います。



ストレート100%リンゴジュース 1リットル 6本
ストレート100%リンゴジュース 1リットル 6本

ゲームの中のNBA・特別編〜アーケードのリム〜

ブログネタ
NBA に参加中!
第1回「NBA PLAY BY PLAY」
第2回「バーチャNBA」

実に2年3ヶ月ぐらい振りにこのシリーズ再開で御座います。ま、あと何回あるもんでもありませんが。

さて、このシリーズでは過去2回でゲームセンターで稼働していた公式NBAゲーム2作を取り上げて来ましたが、今回はちょっと趣向を変えて、リアルなバスケットボールゲームについて、であります。皆さんもバスケ好きなら一度はやった事があるでしょう、これですよこれ。

6b74b473.jpg


そう、バスケットのゴールに本当にボールを次々決めるゲームです。定期的に機種は変わってますがやる事は基本的に同じで、制限時間内にノルマが貸され、その得点をクリアすれば次のラウンドへ進む・・・というものです。腕に覚えがありそうな方がよくやってますよね。私は腕に覚えが全く無い癖にあれに挑み、大概1ラウンドで撃沈、2ラウンドへ進めてもその頃には早くも息が切れて体力不足で力尽きます(´Д`)

ただ、今まで一度だけ、違うタイプのものを金沢で見かけた事があります。ここにあったタイプは往年の人気番組「筋肉番付」でマイケル・ジョーダンも挑んだ「9フープス」を再現した代物でした。勿論見掛けた瞬間大喜びで100円投入ですよ。

そして、珍しく上手く行ったんですよねこれが。やや記憶が美化されている気がするのでやや怪しいですが、確か1度全リムにシュートを決めたか、悪くしても残り1個ぐらいまでは行ったはずです。ほら、あれって運次第なところがありますからね。たまたまボールがいいところに跳ねてくれれば何とかなりますし。あの時は最強に運が良かったんでしょう、流石に。その後あれが稼働しているゲームセンターを見た事がありませんが、どなたか私以外にもあれをやった事がある方はいらっしゃらないものでしょうか。

さて話をオーソドックスタイプに戻しますが、あれってどうやったら最後まで行けるのよ、と思った事ありませんか。だっていくらシュート決めていても、悠長に打ってたら成功確率が上がってもとても最後まで行ける気がしないぐらい時間がシビアなんですよね。で、シュート数を増やそうとして桜木花道みたいなアンダースローで打ったりする始末ですよ。



で、探してたら見つけました、超絶プレー。まずはこの方、元インカレなんだそうでして、なかなか見事なものですね。なるほど、下から投げ上げる女子バスの方がやはり有利でしょうか?しかし、私がもうちょい前に見つけた方は更に上を行く超絶テクニックでした。



なるほど、こうすればいいのか・・・って出来るかいこんなん!って感じです。最早シュートってよりは只のマシーンと化してますね。それもバスケットボール用じゃなくて、もうこのゲーム専用のシュートマシーン状態です。本物のバスケットボールやる時にはかけらも役に立たないと思います、この攻略法だと(^_^;)ま、実際この動画のコメント欄を読むと、この動画のゲームはボールが軽いからこういうプレイが出来るのだそうです。ということで腕力と持久力に自信のある方、一度普通のバスケゲーで試してみて下さいw

現在は写真にあるソニック・ザ・ヘッジホッグタイプがSEGA系列のゲームセンターで見られます。皆さんも見かけたらやってみては如何ですか?たまには良いもんですよ。



バスケットゴール スプリング付きリング搭載 5インチバスケットボール付 プロミニフープ PRO MINI HOOP スキルズ SKLZ
バスケットゴール スプリング付きリング搭載 5インチバスケットボール付 プロミニフープ PRO MINI HOOP スキルズ SKLZ

レア焼き上がりました

ブログネタ
NBA に参加中!
ヒート(1勝)85-75ブルズ(1勝)

あらあら、これはまた香ばしく焼き上がりましたね。マイアミからやって来たシェフ軍団は第1戦とは裏腹に容赦無く、シカゴ亭のバラ肉をはじめ、イギリス産、アラスカ産、トルコ産、フランス血統種等の牛達を巧みに捌いて.341に肉汁、いやFG成功率を抑え込み、見事ホームコートアドヴァンテージを拐ってマイアミの地へと向かう事となった訳です。「明後日マイアミへ来て下さい、本物の焼肉を食べさせてあけますよ」ってなもんでしょうか。

シーズン成績がブルズ4勝な事も考えれば、この試合もブルズが取ったら一方的な展開も有り得るかなと思っていましたが、これでどうやら長期戦の様相ですね。最終戦コースかな、これは。第3・4戦をホームで戦うヒートが連取すれば勿論一気に王手なんですが、まあ1勝1敗でシカゴに戻る、に3,000点です。うむ、良いシリーズになりそうですな。



当店の焼肉とセットでおすすめ!韓国苑 特製つけダレ 350g☆☆【約5〜6人前分】
当店の焼肉とセットでおすすめ!韓国苑 特製つけダレ 350g☆☆【約5〜6人前分】

賭博覇王伝 ニック

ブログネタ
NBA に参加中!
http://sports.espn.go.com/nba/draft2011/news/story?id=6560322

力だ・・・! これがオレ達の・・・・・・!(AA略)

いや、凄い事になりましたねドラフトロッタリー。キャヴスがダン・ギルバートオーナーの息子ニック君を送り込んだ運命の抽選会、正直そういうのはキャヴスの失敗フラグだろと思ってたら、この結果ですよ。キャヴスがどれだけ凄い事をやらかしたのか、各ピックが1位を取る確率と共にご確認下さい。

1位→キャヴス(クリッパーズより)/.028
2位→ウルヴス/.250
3位→ジャズ(ネッツより)/.075
4位→キャヴス/.199
5位→ラプターズ/.156
6位→ウィザーズ/.119
7位→キングス/.076
8位→ピストンズ/.043
9位→ボブキャッツ/.017
10位→バックス/.011
11位→ウォリアーズ/.008
12位→ジャズ/.007
13位→サンズ/.006
14位→ロケッツ/.005


10〜14位こそ確率通りでしたが、あとは偉い事になってるのが分かるでしょうか。特に圧巻なのがキャヴスがクリッパーズから獲得していた指名権でして、実に0.28の低確率を乗り越えて1位ですからね。この指名権をクリッパーズがキープしていたら、マジック以来の奇跡か!って感じでしたが、まあそうなったらなったで色々順番が違って来ますからね。

これはやはり、ニック君が在全グループ、じゃ無かったクイッケン・ローンズを継げるだけの博才を持っているという事でしょうか。14才にして運命の女神に愛される神童出現、ですかね。個人的には息子にチームの将来を左右するピック引かせるとか若干公私混同感を持っていましたが、これだけの結果を出した以上、ニック君はクリーヴランドの救世主として、そのマジックハンドを称えられ続けるのでしょう。

一方またしても負け組となったのがウルヴス。だって、KG時代を除いて概ね下位チームに低迷し続けるこのフランチャイズ史上において、1位指名を獲得した事は未だ1度として無いのです。今回も.250で1位指名権獲得の確率はトップだったにも拘わらずこの有様ですよ。もっとも、確率通り最下位チームがドラフト1位指名権を得たのって、実は'04年のマジックが最後なんですがね。

ドラフトが難しいのは、だからといって上位指名権の確率をより弱いチームに確実に当たるようにすると、今度は下位チームがわざと負けに行く無気力相撲ならぬ無気力バスケになってしまいかねないってところなんですよね。ですので、恐らくは現在のシステムがこの結果を持って大きく変更されたりする事は無いでしょう。ま、これぐらいのミラクルがある方がドラフトは面白いですからね。

ともあれ、これでキャヴスは1・4位の指名権で新たなチームのコアを形成する事が出来ます。レブロンの悪夢を完全に振り払い、新たなスタートが切れるという訳です。あの「The decision」後にギルバートオーナーが「あの恥知らず(某キングの事です、念のため)より先に優勝したるんじゃゴルァ」などとDQN寸前なメッセージをキャヴス公式HPに載せた時が昨日の事のように思い出されますが、ヒートが足踏みしている間にキャヴスが伸びてきたら、案外オーナーの野望も実現するかも知れませんねこれは。とりあえず、今季1年どん底を見たキャヴスの再起に期待したいと思います。



賭博覇王伝 零(1) (KCデラックス)賭博覇王伝 零(1) (KCデラックス)
著者:福本 伸行
講談社(2007-11-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

キャー!ノヴィ太さんのエッチ!

ブログネタ
NBA に参加中!
マヴス(1勝)121-112サンダー

☆本日のハイライト
マイク・ブラウンとエイデルマン、ペイサーズの次期HC候補にも
ロケッツはマクヘイルに再度接触へ

このロリコンどもめ!(AA略)

藤子F不二夫先生の作品って、入浴シーンでお馴染みしずかちゃんとか、お父さんの前で裸モデルのエスパー魔美とか、結構その筋の方にはタマランチ会長なんじゃないのかと、大人になってから突然悟る訳です。手塚治虫、宮崎駿・・・そっち系の方は天才的なクリエイターになりやすいんでしょうか。ああ、そういやあハイパーメディアクリエイターさんの離婚5秒前奥さんもトゥーヤングでしたね。あの人がクリエイティヴなのかどうは知りませんが。

さて、そんな前振りと全く関係無くノヴィノヴィ太さんですよ。ファッションセンスの悪さにかけては定評のある残念イケメンたるノヴィ太ですが、ウエストのカンファレンスファイナル初戦は完全に彼のものでした。6人が入れ替わり立ち替わりディフェンスについても全く関係無いかの如くFGは試合開始から最初の11本中10本をヒット、そしてポストシーズンでのNBA記録となる24本のFT全数成功。かつてT-MACと点取り合戦を演じていた頃を彷彿とさせる48得点でチームを牽引、スウィープ勝ち後の試合勘の鈍りという危惧を完全に吹き飛ばしてマヴスがまずは先勝となりました。Kenchさんのtwitterによるとサンダーはボールを持っていないノヴィツキーに対してさえダブルチームに行く始末だったそうですね。それでまたフリーになった味方に球を捌くノヴィツキー・・・ノヴィ太さん素敵!

ただ、こうなると現役得点王、デュラントさんが黙っていないでしょうね。実際この試合、デュラントも40得点8リバウンド5アシスト2ブロックです。それこそかつてのノヴィ太対T-MACみたいな点の取り合い合戦も有り得ますね。この試合、サンダーのオフェンスも決して悪くはありませんでした。ノヴィツキーが今日ここまで完璧超人じゃなかったら試合の行方はどうなっていたのかな、とは正直思います。ただ、サンダーは勝つならやはりマヴスの試合勘が鈍っていた今日だったかなーとも思いますが。

とはいえ、所詮はまだ1試合。次をサンダーが取ればホームコートアドヴァンテージは移る訳ですからまだまだ分かりません。ともあれ、守り合いよりは攻め合いが多く見られそうなこのシリーズ、盛り上がりそうですね。



ドラえもん 1 (藤子・F・不二雄大全集)ドラえもん 1 (藤子・F・不二雄大全集)
著者:藤子・F・不二雄
小学館(2009-07-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

カンファレンスセミファイナル反省会会場&カンファレンスファイナル予想

ブログネタ
NBA に参加中!
1stラウンド予想反省会会場&それでも懲りずにカンファレンスセミファイナル予想


さーて、プレーオフにありがちですがまだ前のラウンドがやっと終わったというのに、その当日に次のラウンドがスタートしている訳ですよ。予想している身としてはこーゆースケジュールの被り方は迷惑なんですが、まあ世の中いろんな都合があるので致し方ありません。つーことで、まずはカンファレンスセミファイナルの答え合わせからです。

☆イースト

・ブルズVSホークス

予想4-1→結果4-2


ホークス頑張りました。優勝を目指すにはまだ足りないものがありますが、例年より成果は上がったといえましょう。ま、シリーズ予想は概ね正解でしたね。

・ヒートVSセルティクス

予想3-4→結果4-1


ロンドの怪我もあったとはいえ、セルティクスは呆気無かったですね。どうやら現行体制のままでまだ行きそうですが、いよいよポストBIG3を見据えた動きがありそうな気もしますね。勝敗も去ることながら、接戦になるという予想も外してしまいましたw

☆ウエスト

・サンダーVSグリズリーズ

予想4-2→結果4-3


今プレーオフ最大のサプライズにして裏の主役、敢闘賞、いやいくらでも褒め称えたいです、グリズリーズ。最後は力尽きましたが、このポストシーズンを本当に盛り上げてくれました。グリズリーズファンも過去最高のポストシーズンだったと思います。でも、お楽しみは来季だ!

一方のサンダー、来ましたねぇ。スパーズと戦わなくて済んだのがよりハードだったのか幸いだったのかは誰にも分からない事ですが、少なくとも猛きクマさんズを倒すのは決して楽ではありませんでした。胸を張ってよいベスト4なのは間違いありません。うむ、これも概ね当たりでしたな。

・レイカーズVSマヴス

予想4-3→結果0-4


スパーズに続く鬼外れ、ktkr。猛き者も遂には滅びぬ、ひとえに風の前の塵に同じ。栄華の限りを尽くして来たかに見えたフィル王朝も最後はスウィープ負けという想定外にも程がある終わり方をしましたね。で、結局後継者はショー、エイデルマン、ダンリーヴィー、マイク・ブラウンの誰なんですか実際。もう面倒だからフィッシャーでいいよもうw

マヴスは一気に来ましたね。スパーズの自滅とレイカーズ撃破で今やウエスト大本命ですか。ジェイソン・キッド最後の優勝チャンス、こうなったらモノにして欲しいかなと。何しろ若手台頭の世代交代感全開なプレーオフにあって最後のヴェテランチームですからね。

以上、完全的中は無し、4シリーズ中2シリーズ的中の2シリーズ鬼外しでございました。うーん、成績悪い(´・ω・`)それでも懲りずにカンファレンスファイナル予想、です。

☆イースト

ブルズVSヒート


「焼肉対決」とは我ながら上手くつけましたねw

前にも書きましたが、これはローズを中心として皆で支えるというブルズのチーム作りと、BIG3+その他ロールプレーヤー、というヒートのやや極端なチーム作りの対決です。後者が勝てば一層スターの一極集中が進むと思いますので、正直言えば私はブルズの価値を期待しています。

シーズン中の対戦ではブルズが4勝スウィープ勝ちしており相性的にはブルズ有利ですが、プレーオフでは話が・・・でも今季って割とレギュラーシーズンの相性がそのままプレーオフでも生きてる傾向があるからなぁ、マジック対ホークスとか

まあ真面目な話、ポジション毎に比較すればPGとCはブルズ優勢、それ以外のポジションは原則ヒート優勢のはずですが、実際にはSFではデンの存在が重要になってきます。高校時代からレブロンと張り合ってきた彼の存在が第1戦でも重要な要素となりましたが、恐らくは今後ともレブロンを抑え、自らは得点してくるんじゃないかなと。

あと、PFですがボッシュ<ブーザー+ギブソンと読んでいます。特にギブソンの存在がブルズのインサイドに一層厚みを持たせているのは大きいですね。ノアの存在も含めて、インサイドはブルズ優勢と見て差し支え無いでしょう。

以上をもって、ブルズ4勝2敗と見ます。もし本当に最終戦まで行かずにヒートが負けるようなら、今後のチーム補強はマジック同様、いやそれ以上に難航するかもしれませんね。

☆ウエスト

マヴスVSサンダー


スパーズVSレイカーズと信じていたウエストのカードがこうなるとはビックリですな、しかし。おっさんマヴスの方は体力面が心配でしたがスウィープ勝ちで来たので休養は十分です。サンダーはまあ若いから多少休みが少なくても何とかなるでしょう。

PGではウエストブルックのスピードが優位な気もしますが、まあそこはキッドなので互角かなと。SFは勿論サンダー有利、PFはマヴス有利、後のポジションはそう違わないかな?C陣はどっちもディフェンシヴな面子ですし。

やや具体的なイメージが見え難いですが、ザック神以上にノヴィツキーは止められない気がするんで、ここはやはりマヴスの経験値を評価します。マヴス、4勝2敗。

・・・4勝2敗って言っとくと勝ち抜けさえすれば勝敗数の誤差は最大1になって、的中率が高く見える事に気付いたこの頃でありました



お試しセット!送料無料!「阿波牛の藤原」とろける焼肉セット250g(2人前)(松)【あす楽対応】【ポイント10倍】【10P18May11】
お試しセット!送料無料!「阿波牛の藤原」とろける焼肉セット250g(2人前)(松)【あす楽対応】【ポイント10倍】【10P18May11】

夢、見果てたクマー(・(ェ)・)/焼肉対決、開始

ブログネタ
NBA に参加中!
サンダー(4勝)105-90グリズリーズ(3勝)
ブルズ(1勝)103-82ヒート


まずは熊さんズ、お疲れ様でした。死闘の第7戦詳細はNBAちゃんぷる〜さんの実況エントリーをご覧頂ければよく分かるかと思います。スパーズを撃沈し、サンダーを最終戦まで付き合わせるという成果は、第8シードでプレーオフに滑り込んだチームとしては花マルものでしょう。本来のエース、ゲイが戻って来る来季が非常に楽しみですね。

そしてウエストのカンファレンスファイナルはサンダー対マヴスで確定。これはまたフレッシュなカードが実現しました。新星デュラントが早くもファイナルへ駆け上がるか、キューバンオーナーの野望再びか。ま、どうなるかは追って予想に入ります。

そして予想する前に始まったイーストのカンファレンスファイナル。シカゴ産の牛さんズが焼き上がってしまうか、先にマイアミの熱が冷めてしまうかの焼肉対決(なんだそれは)は、まずブルズが圧勝してまずは先手を取りました。まあまだ1試合が終わっただけ、確定した事はヒートのスウィープ勝ちが無くなった、これだけです。こちらも勿論追っかけ予想入れますので、カンファレンスセミファイナル予想の答え合わせ共々宜しくです。

banner_03


イワタニ 網焼プレート CB-P-AM2イワタニ 網焼プレート CB-P-AM2
イワタニ
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

イワタニ 炉ばた大将 炙家(あぶりや) 【カセットガス式 網焼き・串焼き専用器】 CB-RBT-Aイワタニ 炉ばた大将 炙家(あぶりや) 【カセットガス式 網焼き・串焼き専用器】 CB-RBT-A
イワタニ
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
この文を書きたる者
ペニー
六伍壱 ◆MAGICcvM2E
昔の名前はセントトーマスこと 「NBA MAGICAL INSIDE」 (現在更新停止)管理人、 2chマジックスレ は最近はご無沙汰。シャック&ペニー時代からマジックを追っかける'90s世代NBAファンです。耳寄り情報・ご要望・リクエスト・リンク希望・ツッコミetcはmagicalinside651@gmail.comまでドゾー。twitterにもおりますので「六伍壱」で検索してみて下さい。
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
BBS
初めての方等、お気軽に一言どうぞ。前サイトのBBS流用です。 BBS
至高のスニーカーショップ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ブログランキング
このblogでお楽しみ頂けた方、また他blog検索などの際にもポチっとどうぞ。 人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード
緊急地震速報
ニコ生(青文字先輩フルボッコ)
楽天
Googleアドセンス
Google検索(当ブログ内検索用)
カスタム検索
  • ライブドアブログ