マジック105-92ボブキャッツ
ウォリアーズ123-115ウィザーズ
セルティクス107-94レイカーズ
ピストンズ83-78シクサーズ
ヒート98-91ロケッツ
ペイサーズ111-107マヴス
スパーズ101-88グリズリーズ
ナゲッツ99-93ウルヴス
ジャズ99-71ホーネッツ
サンズ113-94クリッパーズ
ブレーザーズ87-84キングス
ネッツ98-93ソニックス

http://www.nba.com/games/20071123/CHAORL/boxscore.html

"Obviously they have a rivalry after being drafted one and two. And usually Dwight wins that battle."これはドゥーリングの談。ドワイトとオカフォー、彼らは2004年ドラフトの1・2位指名であり、マジックが共に指名を考えた2人でもありました。結局マジックは即戦力に近いと思われたオカフォーでなくドワイトの将来性に賭けた訳ですが、今やその選択が正しかったことは目に見えて明らかになりつつあります。あの年の2位指名権をトレードで獲得し、マジックの指名しなかったもう1人のビッグマンを取りに行ったボブキャッツもなかなか巧みではありましたが、流石にここまで大差がつくとは思っていなかったでしょう。いえ、オカフォーは優秀なビッグマンに違いありません。ただドワイトがレジェンド級の域に届き始めているだけです。

この日の対決では両者の差は更に開きました。何しろオカフォーの12得点18リバウンドに対し、ドワイトはFG11/14で34得点17リバウンド3スティール4ブロック!この日もダンクを雨あられと浴びせました。やはりボールをもらう動きが以前より更に上手くなっているように思います。正直この試合はルイスもタコルーもFGが冴えず、ボガンズも3がイマイチの出来。それでも先発5人が2桁得点ではありますが。その分ドゥーリングがFG6/8で14得点と効率良く点を取ってくれたのは大きかったです。

http://www.flatoday.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20071124/SPORTS/711240328/1002/SPORTS

なお、新加入組ではクックが8分26秒の出場で3ポイント1本を沈め、リバウンド1とブロック1。エヴァンスはDNPといったところです。2人ともサンクスギヴィングデーの休日も返上して新チームへのフィットに余念が無いようですが、ヴァンガンディHCによればチーム全体での練習は来週火曜まで無いそうで、それまで2人は3試合をプレーしなければなりません。HCは特にクックに期待しているっぽいですね。

マジックの試合以外だとTV放送のあったセルティクス対レイカーズの伝統の一戦がすっかりセルティクスの圧勝モードになってたのと、ヒート対ロケッツのシャックvsヤオのビッグマン対決、またはペニーvsT-MACの元マジック背番号1対決が面白かったですね。いや、分かってる。本当はウェイド対T-MACな。それにしてもシャックの26得点14リバウンド2スティール3ブロックとか久々に見た気がします。ウィザーズ時代のMJが1桁得点とハイスコアを繰り返していたのをちょっと思い出しました。

そして次はいよいよ、マジック対ヒート!新旧マジック対決でもあり、ヴァンガンディ対パット・ライリーの師弟対決でもあります。勢いはマジックにありますし、古巣を知り尽くしたヴァンガンディーだけに有利と思いたいところですが、ウェイドが完全復活の感もある上にシャックも復調気味とあっては一筋縄では行かないでしょうね。生放送のTV観戦にてじっくり拝見してみようと思う次第です!