ブログネタ
北京オリンピック に参加中!
☆注・・・北京五輪TV放送前の更新につき、以下はTV放送を見る気の無い方のみご覧下さい。

ギリシア(2勝2敗)102-61アンゴラ(4敗)
オーストラリア(2勝2敗)95-80ロシア(1勝3敗)
リトアニア(4勝)86-73クロアチア(2勝2敗)
アルゼンチン(3勝1敗)97-82イラン(4敗)
中国(2勝2敗)59-55ドイツ(1勝3敗)
アメリカ(4勝)119-82スペイン(3勝1敗)

http://www.nbcolympics.com/basketball/resultsandschedules/rsc=BKM400B12/index.html

http://sports.espn.go.com/oly/summer08/basketball/men/boxscore?gameId=783

・・・アメリカ、普通に強いっすね。世界選手権前回優勝国たるスペイン相手に1Qで9点差、前半終了時には16点差。後半に入っても点差を広げていく理想的な展開で文句の無い横綱相撲といった感ありです。チームでのFG成功率は57.9%にまで届き、ここまで良くなかった3ポイント成功率も遂に48.0%に。一方で相手のFG成功率は僅か39.4%、3ポイント成功率は21.4%に抑え込んで見せました。

レブロンは最早全開モードで18得点5リバウンド8アシスト4スティール、カーメロとウェイドが16得点で続く同期3銃士の見事な揃い踏みです。ドワイトは10得点4リバウンド・・・相変わらずビミョーだなぁ。むしろクリス・ポールの14得点5リバウンド8アシスト5スティールが際立ってます。

http://www.nba.com/beijing2008/mens_standings.html

ともあれ、これでグループBはアメリカが一歩抜け出しました。予選ラウンドで残る相手は中国に敗れて1勝3敗と冴えないドイツですし、このままなら全勝でトーナメント突入ですかね?スペインは安牌のアンゴラが最後の対戦相手ですので、B組2位は当確でしょう。ギリシア対中国の決戦に勝った方が3位で、負けた方もおそらくドイツがアメリカに負けるので決勝トーナメントには出られるかと。つまり、グループBからトーナメントに進出するのはアメリカ、スペイン、ギリシア、中国であると予想出来ます。

一方のグループAですが、こちらはリトアニアが4勝でアルゼンチンが追う展開。予選ラウンドの残る対戦はリトアニアが対オーストラリア、アルゼンチンがロシアなので、まだどっちが1位通過かは分かりません。このまま行けば、2位通過チームが決勝トーナメント2回戦でアメリカと当たる事になるでしょう。3〜5位はオーストラリア、クロアチア、ロシアの争いですが、イランとの対戦を残したクロアチアはもう決勝トーナメント進出当確と言えるでしょうね。つまり、残り1枠をオーストラリアとロシアが争う訳で、どっちも実力的に上の相手と戦う事を考えれば、オーストラリアが最後の1枠に滑り込む確率の方が高いかと思われます。まとめると、グループAから勝ち上がりそうなのはリトアニア、アルゼンチン、クロアチア、オーストラリアって事です。

といいつつ波乱の可能性もまだあるんじゃないかと思いますが、泣いても笑っても予選ラウンドも各チーム1試合ずつ。放送時間がいまひとつはっきりしなくて録画も一苦労ですが、各種番組表などでチェックして各自頑張りましょう。午前4時からの録画放送がなんだ(つд`)

banner_03

スペイン