http://www.tochigibrex.com/news/release_080831.html

そうですか、遂に日本に戻りましたか。

日本人初のNBA選手となり、その後もABA、NBDL等のマイナーリーグでNBA入りを狙っていた田臥勇太でしたが、遂に日本リーグ(JBL)新加入のリンク栃木ブレックスと2年契約を交わし、日本に戻ってくる事になったようです。ユーロリーグへ挑むという可能性を本人も示唆していましたが、このタイミングでの帰国ということは、実質NBA復帰の道は諦めたと考えて良いでしょう。

そのクイックネスは誰しもが認めるところでしたが、結局のところシュート力と背丈の低さから来るディフェンスへの不安が彼の起用をためらわせていたのもまた事実。NBA挑戦は残念な結果ではありましたが、たとえ少しの間でもNBAにいられたという一点だけで、田臥の功績はやはり大きなものであると言わざるを得ません。後に続く者たちにとって彼の存在がどれほど大きかったかは言うまでもないでしょう。

9/2には入団会見が行われます。そこで本人の口からNBA挑戦についてなど語られることでしょう。日本代表にも勿論出てくれるはずです。引き続き、日本バスケ界第一人者のプレーに注目ですね。

☆追記

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2008/04/02/14.html

リンク栃木ブレックスの監督って田臥の能代高時代の恩師、加藤三彦さんだったんですね。いろいろ納得しました。

banner_03

日系二世のNBA―伝説のプレイヤーワッツ・ミサカとその時代