ブログネタ
NBA に参加中!
http://sports.espn.go.com/nba/news/story?id=3582826

ヒートは、以前から噂の通り制限FAのクリス・クィンと再契約です。ジェイソン・ウィリアムズも去った今、マリオ・“大麻”・チャルマース、マーカス・バンクスとスターティングPG争いを繰り広げる事になるでしょう。シャックがサンズへ移籍した後に何故か"No one is asking me to play with Chris Quinn or Ricky Davis" などと口走ったせいで逆にちょっと知名度が上がった彼ですが、昨季の壊滅的なヒートの状況下で彼が7.8得点3.0アシスト、FG成功率.424に3ポイント成功率.403とそこそこ頑張っていたのも事実。むしろ、シャックの発言をバネに更に頑張ってくるかも知れません。

http://sports.espn.go.com/espn/wire?section=nba&id=3584241

http://www.ohio.com/sports/cavs/28296964.html

キャヴスは昨オフもヴァレジャオ等の自軍FA選手再契約に手間取りましたが、今回もデロンテ・ウエストとの交渉にかなり手こずりました。最近流行のユーロリーグ行きもあるかなと思っていましたが、2年で平均400〜500万ドルというお手頃価格で何とか再契約に漕ぎ着けたようです。もっとも、キャヴスはこの再契約で確実にタックス支払額アップですが。

キャヴスはこれでモー・ウィリアムズ、ギブソンと並んでPGを3人確保しました(なお、スノウは引退のようです)。3人とも先発出来る実力はありますし、ウエストはSGでの起用も十分可能です。ガード陣は質量共に悪く無い感じになってきましたね。ネルソンvsウエストのセント・ジョセフ大同窓対決も楽しみにしています。

http://sports.espn.go.com/nba/news/story?id=3582605

ところでシャックなんですが、引退まで残り735日などと発言したようです。要するにあと2年、現在の契約が終了したら引退すると言っているのですね。・・・さて、この発言をどこまで本気にするべきでしょうか?シャックの引退宣言は結構歴史がありまして、古くは30才になったら引退と口にしていた頃がありました。もちろん皆さんご存知の通り、実際は30才どころか36才になっても現役続行中な訳です。

彼は既にレイカーズでの3連覇+ヒートでの優勝と輝かしい結果を残した選手であり、近年のコンディションの悪さを考えても現役続行にあまり拘るようには思えません。そもそも殿堂入り確実のスーパースターたる彼とすれば、今の自らのプレーに対してプライドが許せないのではないでしょうか、という考え方が普通かと思われます。

ただ、逆に言えば「それでもまだ2年現役を続ける気持ちがある」とも考えられる訳で、案外2年過ぎてもまた前言撤回でプレーしてる線も捨て難いとは思います。個人的にはこの人にも最後はマジックのユニフォームで引退を飾って欲しい気がちょっとしていますが、さてはてどうなりますやら。

banner_03

FUNKAHOLiC(初回生産限定盤)(DVD付)
FUNKAHOLiC