http://sports.yahoo.com/nba/news?slug=txlakersgiles&prov=st&type=lgns

レイカーズはC.J.マイルズと契約・・・あれ?と思ってよく見たらC.J.ガイルズさんという選手だそうです。6-11のフォワードで、カンザス大からオレゴン州立大へ転校した経歴があります。どんな選手か興味のある方はドラフトエキスプレスで確認してみて下さいませ。しかし紛らわしい名前ですなぁ。

http://sports.yahoo.com/nba/news?slug=rotowire-amassellxpectedtoetu&prov=rotowire&type=fantasy

ナゲッツ行きなんて噂もあったキャセールですが、どうやら無難にセルティクス残留のようですね。このシーズンが終わったらセルティクスにてコーチ業だとか。・・・誰しも思う事でしょうが、口うるさいコーチになるだろうなあと(笑)。

http://sports.yahoo.com/nba/news?slug=txthunderswift&prov=st&type=lgns

オクラホマ・シティー・サンダーはロバート・スウィフトと再契約。ソニックス時代からの伝統芸とも言える、「役に立つのか立たないのか今ひとつはっきりしない中途半端なセンター」の1人です。'05-'06シーズンには6.4得点5.6リバウンド1.2ブロックを記録しており、ポテンシャルが無くは無いと思うのですが、いかんせん4年で71試合しか出場していないという圧倒的な虚弱体質に大いなる問題があるなと。今度こそ、ですかね?因みにヨハン・ペトロにもちょっと期待してる私です。

http://news-herald.com/articles/2008/09/14/sports/doc48cca2f89ce6e382288561.txt

キャヴスは解雇情報です。先日のウエスト再契約に続き、6-5のスウィングマン、ビリー・トーマスを解雇しました。これでキャヴスは15人のロスターになります。そしてトーマスは、そのままギリシアリーグのKavala/Panoramaと契約です。この3シーズンNBAに10日間契約などで在籍、特に目立った成績は残していない彼のユーロ行きは、近年のトレンドとは異なり昔ながらの「NBAに残れないのでユーロで活路」パターンかと思われます。

余談ですが、この記事の続きに曰く、サラリー合計額1位は只今ニックスの9900万ドル、2位がマヴスの9500万ドル、そして3位がキャヴスで9100万ドルなのだそうですね。キャヴスは更にセンターのLance Allredも解雇するらしく、それで9040万ドルまで下がるのだとか。

既報の通り、'08-'09シーズンのサラリーキャップは5868万ドル、ラグジュアリータックスは7115万ドルから。つまり、ニックスの場合2785万ドルをリーグに納めなければならないのですよ。10万ドルのサラリーアップは10万ドルのタックス支払いに相当するので、実質20万ドルの支払いアップ。それを考えてみれば、キャヴスが契約金額の少ない選手でも解雇する理由が分かります。60万ドルキャップの計算から消える=120万ドルの節約になるのですから。

・・・さて、いよいよキャンプの季節が迫ってきました。キャンプへ向けての保障無し契約だとESPNなどにも全ての情報が出ないので、全てをフォローし切るのは非常に困難です。そんな荒行は日本ではGo New York Go!さんしか出来ないかもですね。あの圧倒的な情報収集能力は本当尊敬します

自分としてはマジックに関しては全力で情報収集しますが、それ以外のチームに関しては若干穴があることをお詫びしておきます。でも、せっかくならツッコミ入れつつ書いてみますので、皆様も生暖かく見守って下さいませー。

banner_03

問題サラリーMAN 6 (6) (ニチブンコミックス)