NBA ALL-ROUND MAGIC オーランド・マジック&NBA最新情報ktkr!

300万ヒット行きました。ありがとうございます。

プレーオフ2008

カンファレンスファイナル予想答え合わせ/ファイナル予想

ブログネタ
NBA に参加中!
はい、今回もちゃんとやっときましょう。自分の発言には責任を持たないとね。

☆イースト

・セルティクス(1)vsピストンズ(2)

予想2-4→結果4-2

逆的中キタ━━━━('A`)━━━━!!いやあ、ここまでセルティクスが立て直して来るとは思いませんでした。

☆ウエスト

・レイカーズ(1)vsスパーズ(3)

予想4-2→結果4-1

予想以上にレイカーズが強かったか・・・いや、あの疑惑判定がなければ4-2で完全的中だったはずだ!

まあ、今回の的中率は50%弱って感じですかね。さあ、これに懲りる事無くファイナル予想です!

・セルティクス(1)vsレイカーズ(1)

・・・このカード、セルティクスのBIG3全員にとって感慨深いものがありましょう。特にレイカーズファンだったピアースにとっては格別でしょうね。

非常に予想は難しいですが、ここまで勝ち上がるのが非常に楽だったレイカーズを推すのが妥当ではありましょう。あれ程の激戦だったはずのウエストで、かくも容易くファイナルまで駆け上がったレイカーズの強さは紛れも無くタイトルコンテンダー級です。今まで大舞台で日の目を見る機会に恵まれなかったBIG3とセルティクスお得意のディフェンスがその勢いを止められるか、そこがカギである事は言うまでもありません。

心の中では悲願のチャンピオンまでやっと手が届いたBIG3とセルティクスを推したいですが、予想と言われればレイカーズの4勝2敗ってとこですかね。まあどちらも頑張れー!

・・・それにしても、シーズン前のトレードで一挙に強豪化したセルティクスとガソルを仕入れて一気にホンモノ化したレイカーズ。共に生え抜きのエース(ピアースとコービー)に非強豪チームのエースが加わって俄然強くなった訳でして、今オフはこういう動きが増えそうな気がします。現在タイトル争いから後退しているチームのファンの方は覚悟が必要かも知れませんね。

banner_03

NBA グレイテスト・ファイナル・モーメント 特別版

ボストンのゴースト、復活

セルティクス(4勝)89-81ピストンズ(2勝)

遂に来ました!正直一番盛り上がるファイナルカード実現です。セルティクスvsレイカーズ、正に伝統のクラシックマッチの復活でスターンおぢさんの喜ぶ顔が目に浮かびます。これで視聴率取れなかったらNBA人気はもう駄目でしょう(笑)。

さあ、いよいよファイナルです。セルティクスが遂に完全復活か、レイカーズが再び黄金時代を築くのか、いよいよ最終決戦の時です!時を置いてカンファレンスファイナル予想の答え合わせとファイナル予想に入りましょう。

banner_03

Boston Jazz Living~岩浪洋三プレゼンツ・ストーリーヴィル

THE LAKE SHOW、再び

レイカーズ(4勝)100-92スパーズ(1勝)

レイカーズ強し!ディフェンディングチャンピオンをあっさり4勝1敗で仕留めるとは驚きです。ガソルの加入がここまでプラスとは、やはりあのトレードのインパクトの大きさを改めて感じさせられます。しかも来季はバイナムが戻って来るんですよ、このチーム。またもレイカーズの王朝時代が戻って来たのかも知れませんね。

http://sports.espn.go.com/nba/playoffs2008/news/story?id=3416412

ところでリーグは第4戦での試合終盤のフィッシャーのバリーへのディフェンスがファウルだと今更ながら認めました。マジックvsピストンズのカンファレンスセミファイナルでもかなり疑問のジャッジがありましたが、一つだけ救いなのはリーグが審判のミスを正直に認めている所でしょうか。とはいえミスされた方には何も残らないのも事実でして、何とか柔軟な対応が現場で出来ないものかと思います。

まあスパーズにしても昨季の通称「オーリー・アタック」事件でルールに助けられて美味しい局面があったりもしましたし、あまり強くは抗議し難いってのはあるかも知れませんね。とはいえ、審判の賭博事件なんてのもありましたし、こうも審判の権威が揺らぐような事態が続くのは如何なものかと思う次第です。

ともあれ、レイカーズは4年振りにファイナルへ駒を進めました。その相手がセルティクスなのかピストンズなのか、決定の日はそう遠くありません。長かった'07-'08シーズンも、いよいよ大詰めになって参りました。

banner_03

DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件

セルティクス、リーチ

セルティクス(3勝)106-102ピストンズ(2勝)

いよいよ、でしょうか?西のレイカーズを追って、セルティクスも強敵ピストンズに競り勝ち、遂にファイナルまであと1勝まで漕ぎ着けました。BIG3も遂に足並み揃い、ここに来てやっと本領発揮の感もあります。こうなると先に王手をかけたセルティクスの優位は動かないかなという感じです。

あと2戦、残すは各ホームゲーム1試合。第6戦は@デトロイトですので、ピストンズがここで勝てば勿論3-3のタイで最終戦まで持ち込めますが、果たしてどうでしょう?前回アウェーゲームで勝ったセルティクスに追い風が吹いているようにも思えますが、さてはてという感じです。スパーズの勝ち上がりがかなり悲観視される中、レイカーズの相手はさてどちらか、決戦の時が迫りました。


banner_03

アカギ―闇に降り立った天才 (第1巻) (近代麻雀コミックス)

レイカーズ、灰色の王手

レイカーズ(3勝)93-91スパーズ(1勝)

レイカーズが久々のファイナルへ王手。ですが、終盤のブレント・バリーへのフィッシャーのディフェンスがファウルをコールされなかった事について、あちらのメディアでも意見が割れているようですね。

スパーズの面々は割りと冷静に「そもそもこんな試合展開な時点で駄目なんじゃね?」という感じみたいで、流石経験の長いチームは違います。とはいえかなり厳しい状況には変わりありません。奇跡の逆転か、このままホームでレイカーズが決めるか。かなりレイカーズ有利ですが、何しろスパーズが相手だけにまだ分からないと申し上げておきましょう。

banner_03

DRIVE~GLAY complete BEST~

ピストンズ、応酬

ピストンズ(2勝)94-75セルティクス(2勝)

このカードもいい具合に縺れてますね〜。今度はピストンズが圧勝、2-2のイーブンに戻しましたか。こうなって来るとどちらがホームとか意味ナッシングですな。

ホームコートアドバンテージのあるセルティクスですが、ピストンズにホーム発黒星を喰らっている事を考えると油断出来る要素が何一つありません。第5戦を取った方がシリーズの主導権を握る、それだけの事です。どちらが王手をかけるか、イースト王者決定戦の行方に注目しましょう。

banner_03

デトロイト・ロック・シティ

スパーズ、反転攻勢

スパーズ(1勝)103-84レイカーズ(2勝)

いやー、前回ああは書いたもののブローアウト負けだったんで、このままスパーズが押し切られたりすんのかなとも思ってたんですが流石はディフェンディングチャンピオン、そう甘くはありません。コービーの30得点をものともせず、ダンカンの20-20とジノビリ久々のベンチ出場で30得点、これでスパーズが1本取りました。

若干死に体モード寸前だったスパーズですが、この1勝で息を吹き返すようならシリーズは縺れます。個人的には予想と関係無く第7戦までもつれ込んで欲しいこのシリーズ、ここからが本領か、はたまた次の1戦でレイカーズの王手か、大事な大事なアタックチャンスが迫って参りました。

banner_03

ロンサム・スパーズ

セルティクス、再リード

セルティクス(2勝)94-80ピストンズ(1勝)

クララが立った!じゃないや、セルティクスがやっとアウェーで今プレーオフ初勝利を挙げ、ややピンチだったファイナル進出へ向けて2-1のリードを取ると共にホームコートアドヴァンテージも奪回です。うーん、セルティクスもやっとシーズンの勢いを取り戻したって事ですかね?

次の第4戦をピストンズが落とせばほぼシリーズ終了です。ここ数年のピストンズは脆い時は一挙にズッこけるのでそういう展開も有り得ますねー。とりあえず2-2のタイに戻せるかどうかってところであります。

banner_03


ドント・ルック・バック(紙ジャケット仕様)

レイカーズ、進撃

レイカーズ(2勝)101-71スパーズ

レイカーズが普通に圧勝して2勝、ですか。やはり平均年齢の高いスパーズにとって、カンファレンスセミファイナルでのホーネッツ戦での死闘は地味にダメージになってる気がします。

ただ、スパーズがこのままあっさりやられるかって言うとねー。ホームに戻ればいつもの勝負巧者スパーズに戻ってる気がします。レイカーズの覇道へ向け最大の障害だろうスパーズが本領を発揮した時、コービーが第1戦の後半同様かつてのジョーダンのように爆発するかどうか。・・・3PEAT時代のブルズと常勝スパーズでどちらが強いかなんて議論がありますが、このシリーズがひとつの参考になるかも知れませんね。

banner_03

バトル・オブ・ロサンゼルス(紙ジャケット仕様)

ピストンズ、反撃

ピストンズ(1勝)103-97セルティクス(1勝)

来ましたよ、ピストンズ。ここまでホーム無敗を誇ったセルティクス、しかも遂にBIG3が揃い踏みで活躍したセルティクス相手の勝ち星です。

デトロイトでの第3・4戦をピストンズが守り勝てば、めでたく3勝1敗でピストンズのリーチです。しかもセルティクスはここまでアウェー0勝…これはセルティクス、\(^o^)/オワタかも知れません。アウェーでの勝ち星、これなくしてセルティクスの勝利はありません。まだタイゲームのようでいて実は土俵際なセルティクス、早くも試練の時が参りました。

banner_03

デトロイト・メタル・シティ トリビュートアルバム~生贄メタルMIX~
この文を書きたる者
ペニー
六伍壱 ◆MAGICcvM2E
昔の名前はセントトーマスこと 「NBA MAGICAL INSIDE」 (現在更新停止)管理人、 2chマジックスレ は最近はご無沙汰。シャック&ペニー時代からマジックを追っかける'90s世代NBAファンです。耳寄り情報・ご要望・リクエスト・リンク希望・ツッコミetcはmagicalinside651@gmail.comまでドゾー。twitterにもおりますので「六伍壱」で検索してみて下さい。
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
BBS
初めての方等、お気軽に一言どうぞ。前サイトのBBS流用です。 BBS
至高のスニーカーショップ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ブログランキング
このblogでお楽しみ頂けた方、また他blog検索などの際にもポチっとどうぞ。 人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード
緊急地震速報
ニコ生(青文字先輩フルボッコ)
楽天
Googleアドセンス
Google検索(当ブログ内検索用)
カスタム検索
  • ライブドアブログ