NBA ALL-ROUND MAGIC オーランド・マジック&NBA最新情報ktkr!

300万ヒット行きました。ありがとうございます。

オールスター2008

高卒選手達の誇り

イースト134-128ウエスト

http://www.nba.com/games/20080217/ESTWST/boxscore.html

いよいよやって参りましたオールスターのグランドフィナーレ、本戦です。イーストはKGの代わりにボッシュ(前回は投票で選出ですし、妥当な人選ですね)が先発でした。出場が危ぶまれていたコービーは出場するものの、結局2分52秒で撤収、コートに戻る事はありませんでした。うん、無理しない方がいいですね。

オールスターみたいなハイパー大雑把なゲームの流れを真剣に細かく追うのもアレなんで乱暴に纏めますが、イーストが概ねリードを奪ってましたね。見せ所はキッド→レブロン→ドワイトと渡ったアリウープパスでしょうか。レブロンとドワイトはお互いにアリウープパスを出し合う気の合いようでした。まあキッドまで含めてアメリカ代表の先発陣なんで、そりゃあ気も合うよなと。ま、キッドもマヴス移籍話がかなり実現濃厚な雰囲気なので、このトリオを見られるのもオールスターではこれが最後でしょう。

4Qになると試合は振り出しに戻り(まあオールスターにセーフティーリードなどありませんからね・・・)、終盤まで激しい点取り合戦が続きます。特にイーストは代役男レイ・アレンが3本連続3ポイント弾を決めてきました。その3本目が決まったのが残り1:58、対するジモティー(←正確には違いますが)イケメンのクリス・ポールが3を入れ返したのが残り1:36。125-125の同点、盛り上がって参りました。

こういう大舞台ではやはりスターのスターたる所以が試されます。いつぞやの大逆転劇を演じたアイヴァーソンもそうでしたし、キャリア最後のオールスターで大輪の花を咲かせたマジック・ジョンソンもそう。オールスターでまでクラッチショットを沈めてみせたジェリー・ウエストもそうでした。ええ、奴です、レブロンです。こんなクラッチな場面で、なんとインサイドへ切り込み、ウエストの選手達の間をすり抜けて見事にワンハンドで叩き込みました!!やっぱりレブロン、年誤魔化してると思うんだ(・∀・)

クリス・ポールのオフェンスファウル後、昨日は散々だったウェイドがレイアップを決めて4点差。残り15秒でアレンが更にレイアップを追加して6点差がついた時点でほぼ勝負あり。ロイの3ポイントで点差を縮めてももう届かず、イーストが前回ボロ負けの雪辱を果たしました。

MVPは当然、27得点8リバウンド9アシスト2スティール2ブロックのレブロン。これでオールスター3回出場で2回のMVPです。これからイーストの勝利時は全部レブロンがMVPになる気さえしてきました。代役のはずが大活躍のレイ・アレンも28得点2スティール。得意の3も5/9沈めました。

なお、出場時間が30分超だったのは東西両チーム全体でもレブロン(30:15)とドワイト(30:33)のみ。東にKG、西にコービーがいればあるいは・・・とも思いますが、彼らの不在が結果として世代交代の様をより鮮明にさせた気もします。シャックもカーターもT-MACすらも出ていないオールスターがここまで盛り上がったのは、単に試合の展開が熱かっただけではないでしょう。レブロンとドワイト、この先2人がイーストの看板を最低10年は背負い続けていくのだと思います。

KGもコービーもT-MACも高卒組ですね。今回不選出のJ.オニールもです。彼らが既に下から突き上げを喰らっているあたりに、時の流れの速さを痛感させられますが、今のドラフト制度が変わらない限り今後発生しなくなる高卒選手達にはその意地、これからも見せつけて欲しいものです。いやなに、既にその下にもオデンとかデュラントとかいますから。

人気者で行こう

ダンク・コンテストの今後

http://blogs.orlandosentinel.com/sports_magic/2008/02/howard-has-revi.html

さて、一夜明けまして今日はオールスター本番な訳ですが、その前にこんな記事が出ました。NBAで長年オフィシャルを勤める方が、ドワイトに感謝したという話だそうで。

そりゃあ考えてみれば、今回のコンテスト出場者ってドワイト以外は所属チームファン以外の知名度は今ひとつ。NBAファンならともかく、一般層へのアピールには知名度不足と言わざるを得ないでしょう。

近年もダンクコンテスト参加を期待されていたレブロンやカーメロ、ウェイドetcのスターはエントリーしてませんし、今年の新人さんでもデュラントあたり出てくれれば良かったのですが、これまたDNP。

ダンクコンテストは若手選手達が名を売るステージとしては非常に有効でして、ディー・ブラウンとかデスモンド・メイソンとかフレッド・ジョーンズとかみんなそうでした。が、一方でNBAサイドとしてみれば一般層へのNBAそのもののアピールの場としてあのダンクコンテストがある訳で、その目的を考えると無名新人しかいないような状況はやはり辛い訳です。

この記事でもドワイトが来年参加してくれるかどうかに関しての記述があるんですが、ドワイトの返事が"Well, I'm getting pretty old now. . . .I don't know."ですからねぇ。そりゃまあ来年は誰かやってくれよと思いもするでしょうねぇ。アイデアも毎年続くものでもありませんし。

ただ、あれだけ分かり易い演出をしてみせたドワイトがディフェンディングチャンピオンとして出てくれればNBAとしても次回の話題沸騰と視聴率UPが計算出来るだけに、リーグ側としては神様仏様ドワイト様何卒!ってな感じでしょうね。ドワイトが盛り上げてくれてる内に、更なるスターの参戦を願う次第であります。

THE BEST OF TV ANIMATION SLAM DUNK~Single Collection~

ダンクコンテスト ドワイトのダンク動画集

Youtubeで大量アップし始めましたので、貼っときます。

☆概況

http://jp.youtube.com/watch?v=EgKwxvkOaJQ



☆ドワイト「バックボードダンク」

http://jp.youtube.com/watch?v=ucjiOm43oA8



☆ドワイト「スーパーマンダンク」

http://jp.youtube.com/watch?v=XkK0tn6wPVU



☆ドワイト「ダブルパスダンク」「ミニゴールスラム」(ファイナルラウンド)

http://jp.youtube.com/watch?v=qXXVsyX8iwE



スーパーマン ディレクターズカット版

ダンクコンテスト結果速報

http://www.nba.com/allstar2008/slam_dunk/

↑最終スコア等はこちらでどうぞ。ジャッジはDr.J、ドミニク、マジック、カール・マローン、ダリル・ドーキンス。

http://sports.espn.go.com/broadband/video/videopage?videoId=3249865&categoryId=2378529&n8pe6c=1

↑動画はこちらで見れます。

☆1stラウンド

・1本目

ジャマリオ・ムーン(TOR)→自らトス上げてワンハンド360。46点。
ルディ・ゲイ(MEM)→ウィンドミル。かなり無難な件。絶望した!37点。
ドワイト・ハワード(ORL)→バックボード裏左真ん中あたりにトスを当てて、表側に出ながらウィンドミル!50点満点!!
ジェラルド・グリーン(MIN)→バウンズパスを受けてのアリウープと同時にゴールリングの根元に置いたケーキの蝋燭を吹き消すパフォーマンス。46点。え、低くね?

・2本目

ルディ・ゲイ(MEM)→ベースラインから走り、前を行くチームメイト、ロウリーのバックボードへのパスでダンク。48点。
ジャマリオ・ムーン(TOR)→カポノが縦にバウンズパスさせたボールを、フリースローライン一歩踏み込んだところからキャッチしてダンク。カポノがFTライン手前に張ったテープは何だったのか・・・。44点。
ジェラルド・グリーン(MIN)→脚立の上にマキャンツを乗せ、彼のパスを受けてウインドミル。45点。
ドワイト・ハワード(ORL)→スーパーマンのいでたちに変身し、ネルソンのパスでフリースローライン一歩踏み込んだあたりから飛んでアリウープ!50点!・・・ムーンとの差は間違い無く演出ですな。しかもダンクする前にボールが手から離れてるしw

結果、ドワイト100点満点、グリーン91点、ムーン90点、ゲイ85点でドワイトとグリーンが決勝進出。これ、既に民意はドワイトが持ってってるだろとw

☆ファイナルラウンド

・1本目

ジェラルド・グリーン(MIN)→ボード裏側のマキャンツから、ボード上を越えてのパスを出してもらい、股下抜きダンク!
ドワイト・ハワード(ORL)→只の1人アリウープと見せかけ、空中でボールを左手でもう一度ボードに叩き付けて弾ませ、右手で掴んでダンク!これは新しい。

・2本目
ジェラルド・グリーン(MIN)→1人で走り込んで股抜きダンク。靴を脱いで靴下だけというのはどうもグリーンなりの無条件降伏宣言だった模様。でも例年通りなら普通にグリーン連覇でしたよ。
ドワイト・ハワード(ORL)→ボード右下に小さいボードを付け、そこに乗せたボールを取ってウィンドミル。ちょっと無難かも知れないけども、まあここまでで大勢は決してると読んで手堅く行ったんでしょう。

今年のダンクコンテスト決勝はインターネット投票で優勝者決定のため時間がかかりました。てか、絶対サーバー落ちてただろこれ。結局、今までに無いアイデアを繰り出してきたドワイトが78%の得票率で圧勝!見事な作戦勝ちでした。今思えば、ドーキンスとマローンが審査員にいる時点で今回はビッグマン優勢だった気もします。これでラリー・ナンス(6-9)を越え、最長身ダンクコンテストチャンピオンが誕生です。とりあえず、ドワイト優勝オメ!!

※追記
ドワイトがスーパーマンの格好をするというのは、恐らくシャックに対する敬意の表れと思われます。ドミニクやディー・ブラウンのジャージ着てダンクするようなもんですな。ただ、シャックへの敬意を現す一方でシャック後継者宣言をも兼ねてると思う訳ですね。ドワイトの優しさと強さを感じるのは私だけでしょうか?

あと、AP通信の記事を読んでるとジョーダンやカーター等、過去のダンクコンテストチャンピオンのダンクと同等にドワイトのダンクが語られていて少なからず驚きました。スーパーマンはともかく、確かに今回のドワイトのダンクは新鮮なアイデアが詰まっていました。来年以降の出場者は更にハードルが上がってしまったかも知れませんね。

一方でドワイトのスーパーマンダンクがちゃんとしたダンクで無い(ダンクする前にボールが手を離れている)ため、そこに突っ込む向きも多いようですが、まあそれが演出の勝利ってところだと思います。それにあのダンク、難易度はそんなに高くないからやり直せば楽勝だったですし、あそこで厳密に捉えてやり直しってのもちょっと違った気はします。まあ、基本はお祭ですから。

http://slamonline.com/online/2008/02/all-star-saturday-night-on-tnt/

↑オールスターサタデー全体の流れはこちらでどうぞ。ところで今回のダンク、ドワイトは既に練習で披露してたんですね。私もまだまだチェックが甘いなぁ(´・ω・`)

http://jp.youtube.com/watch?v=bIz7sYjp1Sc



Slam dunk―完全版 (#24) (ジャンプ・コミックスデラックス)

3ポイントコンテスト結果速報

http://www.nba.com/allstar2008/three_point/

↑こちらもスコア等はここでの情報アップをお待ち下さい。

☆予選

リップ・ハミルトン(DET)→なかなか良かった風でしたが、ライン踏んでたみたいですね。残念。
ダニエル・ギブソン(CLE)→出足悪かったけど後半盛り返す。昨日のルーキーチャレンジでの好調を維持しましたね!
スティーヴ・ナッシュ(PHO)→ストックトンと同じく(笑)今ひとつ。
ダーク・ノヴィツキー(DAL)→見てる途中で動画が止まりましたが、まあまあかと。コービーの代打で出て良かったですね。
ペジャ・ストヤコヴィッチ(NOH)→前半全然駄目。最終レーンで盛り返したものの、届かずでした。
ジェイソン・カポノ(TOR)→早くも最強モード。ディフェンディングチャンプ強し!20ポイント。

実戦で決められてもコンテストでは・・・ってヒト多いですよね。ストックトンもクラッチでは強いのにコンテストでは今ひとつでしたが、どうやらナッシュもそんな感じです。ポールに続き、地元ホーネッツの星ペジャも散りましたね・・・。ギブソン、ノヴィツキーとカポノが決勝へ。

☆決勝

ダニエル・ギブソン(CLE)→17ポイント。まあまあですね。
ダーク・ノヴィツキー(DAL)→14ポイント。今ひとつでしたねぇ。エアボールまで飛び出して生観戦のキューバンもがっかりでした。
ジェイソン・カポノ(TOR)→25ポイント!TVゲームのスコアかよ!'86年のマーク・プライスと並ぶ歴代タイ記録です。安定感違い過ぎでした。

ってな事で、圧倒的な強さでカポノがヒート→ラプターズと渡り歩きつつの2連覇!天晴れ、天晴れ!!

※ライヴカメラがぶれてて、凄く見難かったです。何点入ったか数えたかったのにねぇ。

KC スネアドラム3点セット SDM-5.514

スキルズチャレンジ結果速報

☆予選

デロン・ウィリアムズ(UTA)→無難にクリアって感じですかね。
ジェイソン・キッド(NJN)→パスは順調もジャンプショット全部外してタイムロス・・・orz・・・あんた、やっぱりASON KIDDだよ・・・。これがネッツのユニフォーム姿での最後のプレーになるのでしょうか?
クリス・ポール(NOH)→ミス1つのみ、まずは地元で漢を魅せました。
ドゥエイン・ウェイド(MIA)→ドリブルでボールをファンブルしたり、キッドに続きジャンパー全部外したり(最後はボール2個ブン投げてました)、パスも決まらなかったりともう散々。最後のレイアップもエエカゲンに打って2回外し最後はブーイング。3連覇の夢、儚く散りました。

何やらチーム状況を如実に現した結果になったような気が。特にウェイド(´・ω・`)カワイソス
決勝は若手PGのライヴァル対決に!!

☆決勝

デロン・ウィリアムズ→ノーミスで新記録(25.5秒)ktkr!
クリス・ポール→パス1回、ジャンパー1回ミス。地元で錦を飾れず。

つーことで、スキルズチャレンジはジャズのデロン・ウィリアムズが制しました。ポールは惜しかったですねぇ。タイム等詳細はこちらでチェックして下さい。

http://www.nba.com/allstar2008/skills_challenge/

Skills

オールスターウィークエンド 生中継中

http://www.tnt.tv/sports/nba/allstar08_saturday/

大至急PCでアクセスするべし!

・・・見られない貴方の為に、オールスターサタデーのリアルタイム更新やります。セレブリティゲームとかそんなんはスルーなので宜しくです。

weekend

オールスター2008 初日(ルーキーチャレンジ)

ソフォモア136-109ルーキー

http://www.nba.com/games/20080215/RKESPH/boxscore.html

まあ、オデンがいないだけでルーキーチームは大ハンデだったので仕方無いですかね。MVPは頭髪に星型の刈りを入れるというらしからぬ髪型で現れた上に放ったシュート20本が全て3ポイントで、その内11本を沈めてゲームハイの33得点を挙げたギブソン(CLE)に輝きました・・・ってどうなんでしょそれ。確率的には結構普通な気が・・・。あ、3ポイントコンテストの練習か!!!どうせならゲイのダンクコンテストの練習をもっと、と思ったらギブソンからゲイへのアリウープパスなんてのもあったんですね。

これでソフォモアはルーキーに6連勝。27点差は史上(つってもそんなに回数多くありませんが)2位タイの点差です。また、ギブソン11本の3ポイントも勿論新記録でした。

http://www.orlandosentinel.com/sports/basketball/magic/orl-allstardunk1608feb16,0,6526328.story

なお、明日のダンクコンテストですが、なんとドワイトは1回スーパーマンの格好でダンクするそうですwww

P.S.
自分の彼女が、今晩放送のフィギュアスケートのネタバレを新幹線車内のニュースで喰らったとボヤいてました。かくいう私も携帯の自動配信ニュースで目に入ってしまったりしてます。NBAは日本ではマイナーなのでこの種のネタバレが無くて良かったですね。・・・良かったのか!?

ヤフーとmixiのトップも要注意だぞ。・゚・(ノД`)・゚・。

2年目の扉

いろいろ未確定情報

ブルズ99-92ヒート
サンズ109-97マヴス

本日試合の4チーム中3チームがビッグトレード敢行(おおっと1チームはまだ決まってなかった)ですか。ある意味、今シーズンを象徴しているかも知れませんね。マリオンはヒートで腐ることなく頑張ってますしウェイドもいい感じなんですが、それでも勝てないってのはやはり手駒不足でしょうか。そろそろ真剣にウェイドは休むべきだと思います。ここ25試合で24敗ですよ(´・ω・`)

マヴスは結局ハリス、スタックハウス、エイガーがDNPだったものの、渦中のジョージ、そしてジョップが試合に出ています。出てる人はトレード拒否派ですかね?それは無いと思いますが、とりあえずシャックがまだデビューしないサンズの勝ちでした。サンズはマリオンがいなくなって、またロスターに余裕無くなってますねぇ。今日なんて先発5人+バルボサが34分以上の出場で、後は2人ほど6〜7分出て終了です。シャックが試合に出てくれればパイアコフスキーみたいなシューターにも再度光が当たるかな?

http://sports.espn.go.com/nba/news/story?id=3246325

で、キッドのトレードはどないなるネン!って話なんですが、どうやら懐かしのヴァンホーンをディールにブッ込む形になりそうな気配。先日レイカーズがガソルを獲得した際、トレード材料に引退していたA.マッキーを入れてましたが、それと同じ要領ですね。キューバンはヴァンホーンをトレードに使うつもりは無いと明言していたのですが、まあ背に腹は代えられないという感じでしょうかね?

http://sports.espn.go.com/nba/allstar2008/news/story?id=3246576

最後にオールスターネタ。コービーがKGとC.バトラーに続きオールスターを欠場する可能性がある模様。とりあえず3ポイントコンテストはノヴィツキーが代打で登場する事が確定してますが、オールスターは流石に今からは難しいかな?・・・キッドのトレードが決まれば解決しますね(笑)。KGの代打がラシード、バトラーの代打がレイ・アレンですが、もしコービーが欠場したらどうするんでしょうかね?もっともT-MACを筆頭にB.デイヴィス、デロン・ウィリアムズ等々、候補ガードはゴマンといるんですけど。

3ポイントコンテスト出場者決定

シクサーズ101-84ヒート
ロケッツ92-77キャヴス
ブルズ114-108ウォリアーズ

ウェバーは復帰第1戦を飾れずですか。12分しか出場してないところをみるとコンディションはまだまだですかね?ヒートはマリオンがいまだDNPです。どうもライリーHCはマリオンキープでシーズンを終えるつもりのようですな。

http://www.nba.com/allstar2008/three_point/

さて、表題の件ですが下記のメンバーが揃いました。

コービー・ブライアント(LAL)
ダニエル・ギブソン(CLE)
リチャード・ハミルトン(DET)
ジェイソン・カポノ(TOR)
スティーヴ・ナッシュ(PHO)
ぺジャ・ストヤコヴィッチ(NOH)

このブログ的には、なんでマジックの面々は出ないんだとまず突っ込むべきなんですが、ルイスはリーグの誘いを断った模様。なんせ過去に2回出てるので、今回は休ませてくれということらしいです。タコルーは・・・意外と3ポイントの成功率自体は高くないんですよねぇ。ルイスもだけど。個人的にはJ.J.レディックにチャンスをあげれば良かったような気もします。NBAでの実績はアレですが、シューターとしての実力はNCAAで証明済でしょうし。

さてエントリーの6人ですが、正直ネタ枠のコービーはおいといて、実質5人の争いですか。ナッシュとハミルトン、ギブソンもこの中では一歩遅れを取る気がするなぁ。ナッシュは年だし、ハミルトンは3ポイントシューターって感じが今ひとつしません。ギブソンは1ラウンドは大当たり出せそうだけど、その好調が続かないんじゃないかと思います。

まあ要するに、ぺジャとカポノのチャンプ対決なんじゃね?という超絶つまらない予想です。本命カポノ、対抗ぺジャ、注意ナッシュ、大穴ギブソン、無印リップ、万馬券コービーと読みますが、はてさて。

なお、カポノはチーム移籍しての連覇を狙う形ですね。彼の離脱こそが今季ヒートの低迷最大の原因なのかもなぁと思うこの頃です。

ミッフィー(ブルーナ)西川のタオル3点セット 18256237set
ミッフィー(ブルーナ)西川のタオル3点セット 18256237set
この文を書きたる者
ペニー
六伍壱 ◆MAGICcvM2E
昔の名前はセントトーマスこと 「NBA MAGICAL INSIDE」 (現在更新停止)管理人、 2chマジックスレ は最近はご無沙汰。シャック&ペニー時代からマジックを追っかける'90s世代NBAファンです。耳寄り情報・ご要望・リクエスト・リンク希望・ツッコミetcはmagicalinside651@gmail.comまでドゾー。twitterにもおりますので「六伍壱」で検索してみて下さい。
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
BBS
初めての方等、お気軽に一言どうぞ。前サイトのBBS流用です。 BBS
至高のスニーカーショップ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ブログランキング
このblogでお楽しみ頂けた方、また他blog検索などの際にもポチっとどうぞ。 人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード
緊急地震速報
ニコ生(青文字先輩フルボッコ)
楽天
Googleアドセンス
Google検索(当ブログ内検索用)
カスタム検索
  • ライブドアブログ