NBA ALL-ROUND MAGIC オーランド・マジック&NBA最新情報ktkr!

300万ヒット行きました。ありがとうございます。

2008シーズンオフ

バックスとラプターズ、3rdジャージーお披露目

ブログネタ
NBA に参加中!
http://www.nba.com/bucks/news/red_uniform_unveiled_080923.html

9/23の発表なのでちと遅いですが、バックスがオルタネイトジャージーを発表しました。1971年にオスカー・ロバートソンとルー・アルシンダー(A.K.A.カリーム・アブドゥル・ジャバー)を中心にチャンピオンシップを獲得した際のユニフォームがモデルなのだそうです。

red_jersey_604_080923


・・・何と言いますか、デジャヴ感全開のデザインですな(笑)。個人的には現行モデルよりこっちの方がクラシックな感じで良いと思います。なお、昔のバックスジャージーのデザインはこちらでご確認下さいませ。

http://www.sportsresourcezone.net/baskshbucks.html

ジャバー


当時のアウェーはグリーンがベースですね。それにしても緑をベースにしつつ赤→紫→赤と、結構バックスはチームカラーに手を加えるのが好きなのかなと思いました。・・・どうせならあのラヴリーな鹿さんマーク復活希望です。

しかさん


ヤフーより

http://www.nba.com/raptors/news/jersey_092508.html

一方、ラプターズも3rdジャージーをデビューさせました。かつては紫ベースのアウェージャージーでしたが、'06-'07シーズンからは3rdジャージーだったはずの赤ベースのジャージー(因みに'03-'04シーズンデビュー)がアウェー用のジャージーになっていました。で、新たに3rdジャージー登場なのですが・・・

ハロートロントー


・・・それ、なんてヒートorブレーザーズ?黒地に赤なのでどうしても他チームと被るカラリングになっちゃうんですよね。ただ、カッコ良いかと尋ねられればイエスと答えざるを得ません。なんか強くなったようにさえ見えます。マジックも3rdジャージー登場の際にはこんな感じで黒ベースで行くのかも知れませんね。

banner_03

アディダス スウィングマンジャージー 485859 O(インポートM) E1926
アディダス スウィングマンジャージー 484089 2XO(インポートL) C2039

ジェイソン・ウィリアムズ引退記念トリビュート

ブログネタ
NBA に参加中!
既報の通り、ジェイソン・ウィリアムズが引退を発表しました。ドラフトではヴィンス・カーターやポール・ピアースと同期の'98年組だったJウィルは7位指名でキングスでデビューすると初年度からインパクト溢れまくりなトリッキープレーを連発、そのプレースタイルはピストル・ピートことピート・マラヴィッチと比較された程でした。'98-'99シーズンに時を同じくして加入したクリス・ウェバーとの相性も最高でしたよね。気が付けばキングスの選手全員PGなんじゃね?と思うほど全員がパス回しの達人になっていたのを昨日の事の様に覚えています。そりゃそうですよね、インサイド陣先発がウェバーにディヴァッツとパス上手いビッグマンが揃ってるチームはそうそうありませんでしたし。

ということで、Jウィル映像版トリビュートです。まずは高校時代のハイライト集から。



お次、Jウィルが最も輝いていたキングス時代です。色々あって迷いましたがこのミックスで。プレイオフでより飛躍したのはビビー加入後でしたが、チームとして魅力があったのはJウィル時代だったと今でも思います。



ビビーとのトレードでキングスからグリズリーズに移籍後はガソルとのアリウープを連発、一方でトリッキーなプレースタイルや3ポイント連発を徐々に控えて安定したPGへと変貌していきました。そして、更にヒートへ移籍、'05年のチャンピオンシップ獲得の1ピースとなったのです。



恐らくJウィルが将来殿堂入りする事は無いでしょう。将来どの程度彼の名前が記憶されているかも正直不安です。が、同時代でJウィルのプレーを見ていた者なら、決してあの輝きを忘れる事は無いと思います。かつてジェイソン・ウィリアムズという魅力的な選手がいた事を、我々の世代のNBAファンは語り継いでいくべきだと強く思う次第です。





banner_03

NBAストリートシリーズ / アンクル・ブレーカーズ 特別版

ロケッツ、ニックス、キングス、ウィザーズ契約情報&クリッパーズ引退情報

ブログネタ
NBA に参加中!
http://sports.espn.go.com/nba/news/story?id=3609421

ボブキャッツがロケッツの制限FA、ランドリーを3年900万ドルで取りに行きました。・・・が、案の定マッチされて糸冬。ボブキャッツは昨オフもキャヴスの制限FAだったヴァレジャオを取りに行ってマッチされていたと思うんですが、懲りないというべきか不屈の精神というべきか。昨季思わぬブレイクを見せたランドリー、NBA定着は今後もあの活躍が出来るかどうかにかかっています。

http://sports.yahoo.com/nba/news;_ylt=As2RWxLm4of03Pe7mxjLAEm8vLYF?slug=ap-rockets-battier&prov=ap&type=lgns

なお、そのロケッツはバティエーが左足炎症で4週間の欠場決定。プレシーズンの殆どを休む事となります。・・・良かったですねぇ、アーテストを獲ったタイミングでの話で。バティエーも焦らずじっくり治療に専念出来る事でしょう。

http://sports.espn.go.com/nba/news/story?id=3609213

アラン・ヒューストン、ニックスと契約して二回目の現役復帰に挑みます。前回のあっさり撤収を覚えているだけに、今回も開幕まで生き残っている可能性は低いだろうなとは思いますし、ましてダントニのアップテンポなシステムではロスター残留が一層難しいのは目に見えてますが、
、何とかヴェテランの意地を見せて欲しいかなと。

http://sports.espn.go.com/nba/news/story?id=3609317

キングスはSFフランシスコ・ガルシアと4年2300万ドル+プレーヤーズオプション700万ドルで再契約。キングス4シーズン目に入ろうとしている彼、昨季はFG成功率を急上昇させて得点も2桁に乗せました。アーテストが去ったキングスで彼に求められる役割は一層重くなる事でしょう。

http://sports.espn.go.com/nba/news/story?id=3605163

ウィザーズはディクソンと最低保障額で契約。元々ウィザーズにドラフトされて3シーズンを過ごした彼、久々の古巣復帰です。PG〜SGのバックアップとして、まだまだやれると思われます。

http://sports.yahoo.com/nba/news;_ylt=AuZJxl63dfpxTXZq2VjZOVC8vLYF?slug=ap-williamsretirement&prov=ap&type=lgns

最後に、クリッパーズと契約したばかりだったジェイソン・ウィリアムズがNBA引退を表明。・・・ってえーーーーーーー!!!!

キングスでのトリッキーなプレーの数々、グリズリーズでのPGとしてのまっとうなプレースタイルへの改善、そしてヒートでの栄光・・・ニック・アンダーソンとの繋がりなどもあってマジック入りを考えてもいたようですが、結局縁が無いままでしたね。もう少しこのヒトの華のあるプレーを見たかった気もしますが、お疲れ様ということで。

・・・しかし、契約から二ヶ月も経たない内に引退されたクリッパーズはたまったもんじゃないだろうなぁ

banner_03

ウィ・シング。ウィ・ダンス。ウィ・スティール・シングス。

新ユニフォーム、更に続報

ブログネタ
NBA に参加中!
既報の通り、新ユニフォームを発表したマジック。そのお披露目パーティーの様子、続報入りましたのでご紹介。

http://www.floridatoday.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20080924/SPORTS/809240320/1002/SPORTS

ニック・アンダーソン、ボー・アウトロー、ラシャード・ルイスが歴代のユニフォームを羽織って登場し、最後にドワイトが新ユニフォームで登場という趣向だったのですね。

http://cms.blog.livedoor.com/cms/article/add?blog_id=2553361

マジック公式HPのブログより。そうですか、ルイスも初めて見たんですか、これ。

http://www.thirdquartercollapse.com/2008/9/24/620494/reviewing-the-orlando-magi

しかしまあ、やはりこの件に関してサードクォーター.comさんの右に出るサイトはありません。ということで、こちらでも引用されているオーランド・センチネル紙による新ユニフォーム図解をどうぞ。

最新ユニ(ホーム)
最新ユニ(アウェー)


サードクォーター.comさん曰く、ピンストライプが初代ユニフォーム、サイドパネルの黒が二代目ユニフォーム、そして太くハッキリしたレタリングが三代目ユニフォームからのオマージュであるとのことで、これには一も二も無く同意ですね。お披露目パーティーで歴代ユニフォームを並べた意図も、そう考えればより明確になります。

http://www.floridatoday.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20080923/SPORTS/809230314/1002/SPORTS

なお、マジックは本当はアウェーのジャージーは黒ベースで行きたかったようです。ネルソンもそういうリクエストをしてましたよね。しかし、何故かリーグから却下された模様です。元々マジックのアウェージャージーは黒だった訳ですし却下の理由は今ひとつ分かりませんが、個人的には青ジャージー派なのでこれで文句ありません。



最後に、パーティーの動画が何故か見当たらないので、代わりにマジック20年の名場面集ダイジェストでも貼っておきます。スコット・スカイルズのアシスト記録、ニック、スコット、シャック、ペニー、ボー、アームストロング、T-MAC、ドワイト、タコルー・・・さあ順不同の名場面に涙するが良い!

banner_03

達人伝説-20周年記念アルバム-

マジック新ユニフォーム、公式発表!!

ブログネタ
NBA に参加中!
第一報第二報、そして第三報と連続してお届けしてきたマジック20周年を飾る新ユニフォーム情報。遂に、先程現地オーランドにて公式お披露目パーティーが行われ、その場で新ユニフォームを着たドワイトが登場したのです。ではご覧下さい、これがマジック最新のユニフォームです!

http://www.nba.com/magic/news/Jersey_Release_Party-281896-66.html

newjersey_dwight300


http://blogs.orlandosentinel.com/sports_nothingbutnet/2008/09/magic-jersey-of.html

img_0201_1_2


素晴らしい!チーム創設期当時のピンストライプと異なり、胸より上辺りを放射線状に広げたデザインになってますね。サイドパネルの黒ももう見慣れましたし、これならもう文句は無いどころか私も欲しいです。ところで、アウェーのジャージーは良く分かりましたが、ホームのデザインはどうなっているのでしょうか?・・・こうなってました。

フロリダ・トゥデー紙フォーラム投稿より

JerseyHome


ご心配無く、こちらもピンストライプ復活です。ただ、こちらはかなり線が薄いので、遠目には分かり難い可能性が高そうではありますね。

ともあれ、新しいシーズンへ向けてまた楽しみが増えました。マジックが最も輝いていた頃以来のピンストライプも復活したことですし、こうなったらチーム成績はもちろんプレーオフでもあの頃の勢いを完全に取り戻して欲しいですね!・・・あ、でもスウィープ負けだけは勘弁な

banner_03

ニュージャージー(紙ジャケット仕様)

シャリーフ・アブドゥル・ラヒム引退へ

ブログネタ
NBA に参加中!
http://sports.espn.go.com/nba/news/story?id=3603262

そうですか、遂にですか。グリズリーズ黎明期のスターだったラヒムが右膝の慢性的故障が治らず、遂に引退を発表です。グリズリーズ→ホークス→ブレーザーズ→キングスと渡り歩いたラヒムは大豊作ドラフトだった'96年組の、しかも3位指名でした。実際1年目から即戦力化し、例年の水準なら新人王当確の成績を残しています。2年目からは平均20点以上が当たり前のペースで活躍しました。

が、ラヒムは何故か実力派選手であるにも関わらず、全くプレイオフに縁の無い選手だったのです。エクスパンションチームだったグリズリーズ時代は致し方無いですが、その後移籍したチームでも全くプレーオフ出場の機会に恵まれませんでした。プレーオフ常連だったブレーザーズに移籍した時は流石にもう大丈夫だろうと思いましたが、彼が移籍したシーズンにブレーザーズのプレイオフ出場が止まった時は流石に何かの呪いかと思いました(笑)。実際ラヒムはプレーオフ未経験のままレギュラーシーズンに出場した試合数ではNBA記録保持者です。・・・そんな記録嫌だあああ

オールスターにも'02年に出場を果たしましたし、'00年のシドニー五輪では代表チームに選出されて金メダルを獲得もしています。NBA史上6人目の若さで1万点を獲得した名選手でしたが、結局プレーオフ出場はキャリアも下り坂を迎えていた'06年だけに留まりました。今後はキングスで何がしかの仕事を与えられる模様です。持てる才能に比して得た栄光は決して多いものとは言えなかったかも知れませんし、31才と若い引退なのは残念ですが、まずは今後のご健勝をお祈りしたいと思います。

・・・それにしても、ドラフト指名第1号のブライアント・“ビッグ・カントリー”・リーヴスといいディッカーソンといい、ヴァンクーヴァー時代のグリズリーズ主力選手達のキャリアが異常に短い気がするのは何故でしょう?アントニオ・ダニエルズとかビビーとか大丈夫ですかね?あ、もしかしてフランシス('99年ドラフト2位でグリズリーズが指名→ロケッツへトレード)はビビーの代わりに怪我してるんじゃないだろうなひー。



banner_03

ジョジョの奇妙な冒険(8~17巻セット)

A.ジェファーソン、J.スミス故障/マキシール再契約へ

ブログネタ
NBA に参加中!
http://sports.espn.go.com/nba/news/story?id=3595296

まずはウルヴスの支え、アル・ジェファーソンが右膝を故障。ですが、幸いシーズン開始までには治癒が間に合うようで一安心です。ドワイトとの同期対決、これからも楽しみにしております。

http://sports.espn.go.com/espn/wire?section=nba&id=3594722

これはやや旧聞に属しますが、シクサーズの2年目C、ジェイソン・スミスが左膝を手術しました。復帰予定の目処は立っていませんが、あれだけ補強に成功した今季にはさしたる影響は無いでしょう。

http://www.detnews.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20080918/SPORTS0102/809180395/1127/

昨季プレーオフではカンファレンスファイナルで敗れたピストンズは、デュマース社長が全員トレードの可能性があると言明していましたが、結局のところ今のメンバーのままで行く事になったようです。ナゲッツのカーメロやロケッツのT-MACなど、獲得の噂だけは先行したのですが条件が折り合わなかった模様。

現在制限FAのマキシールには3年1500万ドルの契約を退治しているようです。相変わらずデュマースは適正価格での契約提示が滅法上手いですね。・・・ピストンズとスパーズだけですな、こういう契約が出来るチームって。

banner_03

PSP「プレイステーション・ポータブル」 バリュー・パック ピアノ・ブラック(PSP-3000KPB)

アリーナス&ラフレンツ、シーズン出遅れ

ブログネタ
NBA に参加中!
http://sports.espn.go.com/nba/news/story?id=3593256

昨季を殆ど棒に振ってしまったアリーナス、契約更新したばかりの今季も出遅れます。左膝の手術に踏み切ったため、復帰は12月になりそうですね。この17ヶ月でもう3度目の手術になりますね。

ただ、ウィザーズにとってはある種「またか」って感じで慣れっこな気もするので、大ダメージかというとそうでもないかも知れません。むしろ、ここを難無く乗り切って来たらウィザーズはモノスゴク手強い相手ですね。何気にマジックに対して相性よさげな気がするのも厄介です。同じディヴィジョンの好敵手はやはり今季もウィザーズでしょうか?

http://sports.espn.go.com/nba/news/story?id=3584641

一方ブレーザーズではラフレンツが、これまた恒例の手術へ。彼の場合は昨季2月22日に痛めた右肩で、復帰予定はまだ見えていないようです。もっとも、ブレーザーズにとっても選手層が厚いので特に深刻な事態ではないでしょう。オデンが今度こそシーズンをフルで戦えれば、の話ですが・・・。ビル・ウォルトンやサム・ブウイの時代から、何故かブレーザーズのビッグマンは怪我がちなイメージがありますが、そんな伝統継がんでいいですよー

banner_03

レイカーズ、セルティクス、サンダー契約情報/キャヴス解雇情報

http://sports.yahoo.com/nba/news?slug=txlakersgiles&prov=st&type=lgns

レイカーズはC.J.マイルズと契約・・・あれ?と思ってよく見たらC.J.ガイルズさんという選手だそうです。6-11のフォワードで、カンザス大からオレゴン州立大へ転校した経歴があります。どんな選手か興味のある方はドラフトエキスプレスで確認してみて下さいませ。しかし紛らわしい名前ですなぁ。

http://sports.yahoo.com/nba/news?slug=rotowire-amassellxpectedtoetu&prov=rotowire&type=fantasy

ナゲッツ行きなんて噂もあったキャセールですが、どうやら無難にセルティクス残留のようですね。このシーズンが終わったらセルティクスにてコーチ業だとか。・・・誰しも思う事でしょうが、口うるさいコーチになるだろうなあと(笑)。

http://sports.yahoo.com/nba/news?slug=txthunderswift&prov=st&type=lgns

オクラホマ・シティー・サンダーはロバート・スウィフトと再契約。ソニックス時代からの伝統芸とも言える、「役に立つのか立たないのか今ひとつはっきりしない中途半端なセンター」の1人です。'05-'06シーズンには6.4得点5.6リバウンド1.2ブロックを記録しており、ポテンシャルが無くは無いと思うのですが、いかんせん4年で71試合しか出場していないという圧倒的な虚弱体質に大いなる問題があるなと。今度こそ、ですかね?因みにヨハン・ペトロにもちょっと期待してる私です。

http://news-herald.com/articles/2008/09/14/sports/doc48cca2f89ce6e382288561.txt

キャヴスは解雇情報です。先日のウエスト再契約に続き、6-5のスウィングマン、ビリー・トーマスを解雇しました。これでキャヴスは15人のロスターになります。そしてトーマスは、そのままギリシアリーグのKavala/Panoramaと契約です。この3シーズンNBAに10日間契約などで在籍、特に目立った成績は残していない彼のユーロ行きは、近年のトレンドとは異なり昔ながらの「NBAに残れないのでユーロで活路」パターンかと思われます。

余談ですが、この記事の続きに曰く、サラリー合計額1位は只今ニックスの9900万ドル、2位がマヴスの9500万ドル、そして3位がキャヴスで9100万ドルなのだそうですね。キャヴスは更にセンターのLance Allredも解雇するらしく、それで9040万ドルまで下がるのだとか。

既報の通り、'08-'09シーズンのサラリーキャップは5868万ドル、ラグジュアリータックスは7115万ドルから。つまり、ニックスの場合2785万ドルをリーグに納めなければならないのですよ。10万ドルのサラリーアップは10万ドルのタックス支払いに相当するので、実質20万ドルの支払いアップ。それを考えてみれば、キャヴスが契約金額の少ない選手でも解雇する理由が分かります。60万ドルキャップの計算から消える=120万ドルの節約になるのですから。

・・・さて、いよいよキャンプの季節が迫ってきました。キャンプへ向けての保障無し契約だとESPNなどにも全ての情報が出ないので、全てをフォローし切るのは非常に困難です。そんな荒行は日本ではGo New York Go!さんしか出来ないかもですね。あの圧倒的な情報収集能力は本当尊敬します

自分としてはマジックに関しては全力で情報収集しますが、それ以外のチームに関しては若干穴があることをお詫びしておきます。でも、せっかくならツッコミ入れつつ書いてみますので、皆様も生暖かく見守って下さいませー。

banner_03

問題サラリーMAN 6 (6) (ニチブンコミックス)

ヒート・キャヴス契約情報/シャック引退へカウントダウン!?

ブログネタ
NBA に参加中!
http://sports.espn.go.com/nba/news/story?id=3582826

ヒートは、以前から噂の通り制限FAのクリス・クィンと再契約です。ジェイソン・ウィリアムズも去った今、マリオ・“大麻”・チャルマース、マーカス・バンクスとスターティングPG争いを繰り広げる事になるでしょう。シャックがサンズへ移籍した後に何故か"No one is asking me to play with Chris Quinn or Ricky Davis" などと口走ったせいで逆にちょっと知名度が上がった彼ですが、昨季の壊滅的なヒートの状況下で彼が7.8得点3.0アシスト、FG成功率.424に3ポイント成功率.403とそこそこ頑張っていたのも事実。むしろ、シャックの発言をバネに更に頑張ってくるかも知れません。

http://sports.espn.go.com/espn/wire?section=nba&id=3584241

http://www.ohio.com/sports/cavs/28296964.html

キャヴスは昨オフもヴァレジャオ等の自軍FA選手再契約に手間取りましたが、今回もデロンテ・ウエストとの交渉にかなり手こずりました。最近流行のユーロリーグ行きもあるかなと思っていましたが、2年で平均400〜500万ドルというお手頃価格で何とか再契約に漕ぎ着けたようです。もっとも、キャヴスはこの再契約で確実にタックス支払額アップですが。

キャヴスはこれでモー・ウィリアムズ、ギブソンと並んでPGを3人確保しました(なお、スノウは引退のようです)。3人とも先発出来る実力はありますし、ウエストはSGでの起用も十分可能です。ガード陣は質量共に悪く無い感じになってきましたね。ネルソンvsウエストのセント・ジョセフ大同窓対決も楽しみにしています。

http://sports.espn.go.com/nba/news/story?id=3582605

ところでシャックなんですが、引退まで残り735日などと発言したようです。要するにあと2年、現在の契約が終了したら引退すると言っているのですね。・・・さて、この発言をどこまで本気にするべきでしょうか?シャックの引退宣言は結構歴史がありまして、古くは30才になったら引退と口にしていた頃がありました。もちろん皆さんご存知の通り、実際は30才どころか36才になっても現役続行中な訳です。

彼は既にレイカーズでの3連覇+ヒートでの優勝と輝かしい結果を残した選手であり、近年のコンディションの悪さを考えても現役続行にあまり拘るようには思えません。そもそも殿堂入り確実のスーパースターたる彼とすれば、今の自らのプレーに対してプライドが許せないのではないでしょうか、という考え方が普通かと思われます。

ただ、逆に言えば「それでもまだ2年現役を続ける気持ちがある」とも考えられる訳で、案外2年過ぎてもまた前言撤回でプレーしてる線も捨て難いとは思います。個人的にはこの人にも最後はマジックのユニフォームで引退を飾って欲しい気がちょっとしていますが、さてはてどうなりますやら。

banner_03

FUNKAHOLiC(初回生産限定盤)(DVD付)
FUNKAHOLiC
この文を書きたる者
ペニー
六伍壱 ◆MAGICcvM2E
昔の名前はセントトーマスこと 「NBA MAGICAL INSIDE」 (現在更新停止)管理人、 2chマジックスレ は最近はご無沙汰。シャック&ペニー時代からマジックを追っかける'90s世代NBAファンです。耳寄り情報・ご要望・リクエスト・リンク希望・ツッコミetcはmagicalinside651@gmail.comまでドゾー。twitterにもおりますので「六伍壱」で検索してみて下さい。
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
BBS
初めての方等、お気軽に一言どうぞ。前サイトのBBS流用です。 BBS
至高のスニーカーショップ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ブログランキング
このblogでお楽しみ頂けた方、また他blog検索などの際にもポチっとどうぞ。 人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード
緊急地震速報
ニコ生(青文字先輩フルボッコ)
楽天
Googleアドセンス
Google検索(当ブログ内検索用)
カスタム検索
  • ライブドアブログ