NBA ALL-ROUND MAGIC オーランド・マジック&NBA最新情報ktkr!

300万ヒット行きました。ありがとうございます。

ファイナル2008

セルティクス、遂に

セルティクス(4勝)131-92レイカーズ(2勝)

…長かったですね、セルティクスファンの方。数々の不運と低迷の日々を乗り越え、遂に新アリーナ初にして通算17回目の頂点に、セルティクスが戻って来ました。ずっと西高東低を囁かれ続けていた今シーズン、しかしセルティクスがレイカーズをものともせず倒した意味は小さくありません。イーストの名誉のためにも大きな優勝ですよ、これは。

また、ファイナルMVPがピアースというところがまた泣かせます。そもそもドラフトで予想順位を下回ったが故に奇跡的にセルティクス入りした彼、セルティクスの低迷期には移籍という選択肢もあったのに、近年のスターにしては珍しくボストン一筋でここまで頑張って来ました。オールスター選出はあっても決して派手なスポットライトを浴びる機会に恵まれなかった彼が、その努力が遂に実って遂に頂点に立った…そのあまりに浪花節な展開はそのままジャンプで漫画化していいレベルだと思います。

一方でマジックを飛び出して未だ1stラウンドを突破出来ずにいるT-MACの事も脳裏に浮かんだりします。彼はそもそもマジック一筋だった訳ではありませんが、あの時ドワイトの能力を信じてもう1年試しにマジックに残っていれば…と。最近、T-MAC自身もそう思っている節がありますね。マジックが1stラウンドを突破した今では尚更でしょう。ピアースとT-MAC、残留と移籍が彼らの運命の分かれ道だったような気がします。

また、セルティクスが今回優勝した事はマジックとしても有難いです。あんな強力なチームが来季も優勝に飢えたままのハングリー精神全開で来られたらたまりませんからね。セルティクスは基本的に、今すぐ勝つように構成されたチームです。BIG3のサポーティングキャストもロンドとパーキンスはともかく、後はヴェテランが多く、この先長期政権を築くというよりはここ3〜4年を制するチームでしょう。

そして東のもう一つの強豪、ピストンズはデュマースがどうチームをいじるかにもよりますが、基本的には頂点は過ぎつつも依然として優勝争いに絡む力を渋くキープしていますが、これから上向くかというと難しいでしょう。そんな中、イースト第3のチームとして名乗りを挙げた我等がマジックは、まだまだ伸びしろのある未来志向のチームです。ドラフトやトレードでの勢力バランス変更もあるでしょうが、マジック以外で上昇志向の優勝候補チームはレブロン率いるキャヴスぐらいな気がします。

かつてダイナスティーと言われたチームの殆どが、既存の強豪チームを苦労の末に倒してやっと頂点を極めています。マジックもピストンズ、そしてセルティクスを倒さないとファイナルにも進めないのです。そして、いくらマジックが成長中とはいえ、まだまだ彼らと対等に戦えるところまでは届いていません。

NBA現役最強のセンター、ドワイトを擁するだけでマジックには圧倒的なアドバンテージがあります。ただ、ビッグセンターが居ればリング確定かと言えば、ドワイトの師匠ユーイングとニックスの例もあるわけで、やはり世の中甘くありません。何しろ30チームもあるわけですからね、NBAは。

基本的にマジックの将来への視界は極めて良好です。セルティクス、ピストンズという高い壁に挑み、何度となく跳ね返されつつもいつか乗り越えた時、我々マジックファンが今日のセルティクスファンと同じ喜びを味わう日がきっと来るでしょう。その日を信じて、これからも私はマジックを応援し続けたいと思います。

長いシーズンは遂に大団円を迎えました。さあ、'08-'09シーズンへの助走が今日から始まります。まずはドラフト、そしてFA。マジックフロントの明日への一手に期待しましょう。


banner_03

あっ、ども。おひさしぶりです。(初回限定盤)(DVD付)
あっ、ども。おひさしぶりです。(期間限定盤)(DVD付)
あっ、ども。おひさしぶりです。(通常盤)

レイカーズ、まだ終わらず

レイカーズ(2勝)103-98セルティクス(3勝)

セルティクス早々のリーチで意気下がるレイカーズ、しかしコービーは「まだ終わらんよ」とクアトロ・バジーナ的なコメントで戦闘体制キープを宣言。そりゃあまだ第5戦は@LA、ホームでセルティクスの優勝を見せつけられる事以上にレイカーズファンにとっての屈辱はありません。ジャック・ニコルソンがショックで倒れてしまいますよ(^_^;)

という訳でレイカーズが最大19点と大幅リードの展開…でしたがまたもセルティクスが猛追撃。最後はコービーのクラッチスティール→ダンクでレイカーズが何とか逃げ切りました。ただ、セルティクスはこの日先発センターのパーキンスを欠き、またKGとP.J.ブラウンがファウルトラブルに陥っていました。これだけ揃ってなおレイカーズ僅勝…これはやはりセルティクス優勢と言わざるを得ません。

故障者などの大トラブルが無い限り、ボストン市民歓喜の時は間もなくやって来るでしょう。長い冬を越えて17回目の頂点を、あの「ボストン・ガーデン」ではなく、新アリーナで迎える時が迫って参りました。

banner_03

セインツ・オブ・ロスアンゼルス~デラックス・エディション(DVD付)
セインツ・オブ・ロスアンゼルス

セルティクス、敵地でリーチ

セルティクス(3勝)97-91レイカーズ(1勝)

工工エエエエエ(´Д`)エエエエエ工工

確か、私が家を出る前に見た前半終盤、ガソルが3ポイントプレイを決め、ファーマーがランニングブザービーターを沈め、コービーはガッツポーズを決めて意気揚々とロッカールームへ戻ってたんですよ。何がどうなったらあの試合展開が引っ繰り返るんですか。

最大24点のリードがフイになる…セルティクスもそういえば第2戦で4Qに猛反撃を喰らってブローアウトゲームを危うく落としかけましたが、レイカーズはなんと本当にホームで悪夢の逆転負けです。一番ダメージが尾を引きそうなやられ方ですよね、これ。コービーはさっと頭を切り替えるメンタルタフネスがあるかも知れませんが、他の面々には精神的ショックが大き過ぎます。

長いファイナルの歴史で3勝1敗からの逆転劇は過去に無かったそうで、ましてこれから3戦中2戦は@ボストン。'80年代以降勝利の美酒とビクトリー・シガー(吸ってた人は既にお亡くなりですが)に飢えていたオールドセルティクスファンの皆様、新たな歴史が刻まれる日が迫りつつある、のかも知れませんね。

banner_03

ベスト・オブ・ジョン・ウィリアムズ&ボストン・ポップス

レイカーズ、一矢

レイカーズ(1勝)87-81セルティクス(2勝)

やはりホーム、ですね。やや厳しい局面に立たされたレイカーズでしたが、絶望的な0-3に陥る事無く、まずは1勝といったところです。流石にピアースは怪我が響いているのでしょうか?

とは言え、依然としてレイカーズは虎口から脱していません。ホーム3連勝で先に王手、それがレイカーズが勝つシナリオの大前提でしょう。逆に言えば、セルティクスは第4・5戦のどちらかを取ればリーチをかけてホームへ戻れる余裕の展開になるのです。

とはいえ実力伯仲の両者、勝負の行方は依然として定かではありません。このままセルティクスが押し切るかレイカーズが逆転するか、シリーズの流れを決めるのはピアースの健康状態と優勝への執念ではないかと思う次第です。

banner_03

ロサンゼルス

セルティクス、2連勝

ブログネタ
NBA に参加中!
セルティクス(2勝)108-102レイカーズ

まだ慌てるような時間じゃない。

怪我を押してピアースとパーキンスが出場のセルティクスが一時24点まで開いたリードでしたが、4Qにレイカーズが大爆発、1Qだけで41点を奪ってセルティクスを追い詰めました。が、何とかセルティクスが逃げ切り、ホームでキッチリ2勝を確保です。

が、これはセルティクスがホームでキッチリ勝っただけの話。レイカーズが同じくホームで3勝さえすれば、立場は逆転、セルティクスは王手をかけられた状態でホームへ戻る事となってしまいます。もちろんあと1敗でレイカーズは敗退へリーチ、というよりほぼセルティクスの優勝なんですが。

セルティクス有利の展開ではありますが、2-3-2のフォーマットで悲願の優勝を目指す事を考えるなら、やはりアウェーでの勝利がセルティクスには欲しいところです。もっとも、今日の試合で21得点のポウというラッキーボーイが登場したセルティクスは結構美味しいんですけどね。

banner_03

Boston Jazz Bar ~ 寺島靖国プレゼンツ・ストーリーヴィル

セルティクス、先制パンチ

ブログネタ
NBA に参加中!
セルティクス(1勝)98-88レイカーズ

NBA史上最も盛り上がるファイナルと決まっているこのカード、思えばバードvsマジックの'87年以来となります。あの時、セルティクスにはバード、マクヘイル、パリッシュというNBA史上でも最強級のフロントラインによるBIG3が形成され、レイカーズはマジックとカリームというこれまた至高のホットラインを軸としたショータイム・バスケットボールを極めていました。

それから21年。バードの引退、ドラフト指名したレン・バイアスのオーヴァードーズによる急逝、レジー・ルイスの不幸な病気と逝去というハードラックに見舞われ、セルティクスの長い低迷が続きました。ライヴァルのレイカーズがシャック&コービー体制で3PEATを達成していく一方で、セルティクスはやっとポール・ピアースを得ます。その彼さえも暴漢に襲われて命の危機にさらされ、またもセルティクスの悲運は続くのかと思われましたが、彼は奇跡的な回復を見せました。このピアースの一件がセルティクスの不幸の連鎖を断ち切ったのでしょう。

ピアース、そしてA.ウォーカーの2頭体制でプレーオフ出場チームまで漕ぎ着けたセルティクスでしたが、そこから先を超えていくのはハードでした。結局、カンファレンスファイナル到達が最高到達点となった2頭体制をあきらめたエインジは今度はチーム成績の急降下を逆手に取ってドラフトに賭けますが、これまたクジ運に見放されてなんと5位止まり・・・しかし、セルティクスの復活はここから始まったのです。

レイ・アレンをトレードで獲得、更にそれをアピールポイントにして一度は移籍を断っていたKGの首を縦に振らせた時、エインジは過去ベストなGM仕事をやってのけました。バードともチームメイトとしてプレイし、栄光時代を知るエインジが再度これほどのチームを作り上げたという事実は、セルティクスの歴史を知るものからすれば感慨深い事でしょうね。

ともあれ新BIG3と共に強いセルティクスが甦り、レイカーズと21年振りにこの大舞台で戦う事になったというところにタイミングの良さを感じずにいられません。しかも出来上がったのはリーグトップ級のディフェンスチーム。そして、そのディフェンスが今日は見事にレイカーズを抑え込みましたね。キャセールやP.J.ブラウンといったヴェテラン選手達のグッジョブ振りも見落とせないポイントでしょう。

それでも、これでやっとセルティクス対レイカーズは対等になったぐらいじゃないかなと私は見ています。コービーがいつも今日の試合のようなFG成功率で終わる訳がありませんし、そうなった時にセルティクスがどう立ち向かうか、でしょう。ボストンのゴーストが味方するホームコート、BEAT LAの声高らかに響く地元で確実に2連勝を挙げておきたいところでしょうね。そしてレイカーズがそれを易々と許すのか・・・やはり、伝統の一戦は息もつかせぬ激戦になりそうです。

banner_03

エレヴェイション 2001 : U2 ライヴ・フロム・ボストン

カンファレンスファイナル予想答え合わせ/ファイナル予想

ブログネタ
NBA に参加中!
はい、今回もちゃんとやっときましょう。自分の発言には責任を持たないとね。

☆イースト

・セルティクス(1)vsピストンズ(2)

予想2-4→結果4-2

逆的中キタ━━━━('A`)━━━━!!いやあ、ここまでセルティクスが立て直して来るとは思いませんでした。

☆ウエスト

・レイカーズ(1)vsスパーズ(3)

予想4-2→結果4-1

予想以上にレイカーズが強かったか・・・いや、あの疑惑判定がなければ4-2で完全的中だったはずだ!

まあ、今回の的中率は50%弱って感じですかね。さあ、これに懲りる事無くファイナル予想です!

・セルティクス(1)vsレイカーズ(1)

・・・このカード、セルティクスのBIG3全員にとって感慨深いものがありましょう。特にレイカーズファンだったピアースにとっては格別でしょうね。

非常に予想は難しいですが、ここまで勝ち上がるのが非常に楽だったレイカーズを推すのが妥当ではありましょう。あれ程の激戦だったはずのウエストで、かくも容易くファイナルまで駆け上がったレイカーズの強さは紛れも無くタイトルコンテンダー級です。今まで大舞台で日の目を見る機会に恵まれなかったBIG3とセルティクスお得意のディフェンスがその勢いを止められるか、そこがカギである事は言うまでもありません。

心の中では悲願のチャンピオンまでやっと手が届いたBIG3とセルティクスを推したいですが、予想と言われればレイカーズの4勝2敗ってとこですかね。まあどちらも頑張れー!

・・・それにしても、シーズン前のトレードで一挙に強豪化したセルティクスとガソルを仕入れて一気にホンモノ化したレイカーズ。共に生え抜きのエース(ピアースとコービー)に非強豪チームのエースが加わって俄然強くなった訳でして、今オフはこういう動きが増えそうな気がします。現在タイトル争いから後退しているチームのファンの方は覚悟が必要かも知れませんね。

banner_03

NBA グレイテスト・ファイナル・モーメント 特別版
この文を書きたる者
ペニー
六伍壱 ◆MAGICcvM2E
昔の名前はセントトーマスこと 「NBA MAGICAL INSIDE」 (現在更新停止)管理人、 2chマジックスレ は最近はご無沙汰。シャック&ペニー時代からマジックを追っかける'90s世代NBAファンです。耳寄り情報・ご要望・リクエスト・リンク希望・ツッコミetcはmagicalinside651@gmail.comまでドゾー。twitterにもおりますので「六伍壱」で検索してみて下さい。
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
BBS
初めての方等、お気軽に一言どうぞ。前サイトのBBS流用です。 BBS
至高のスニーカーショップ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ブログランキング
このblogでお楽しみ頂けた方、また他blog検索などの際にもポチっとどうぞ。 人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード
緊急地震速報
ニコ生(青文字先輩フルボッコ)
楽天
Googleアドセンス
Google検索(当ブログ内検索用)
カスタム検索
  • ライブドアブログ