NBA ALL-ROUND MAGIC オーランド・マジック&NBA最新情報ktkr!

300万ヒット行きました。ありがとうございます。

オールスター2010

108,713人のオールスター2010本戦

ブログネタ
NBA に参加中!
イースト141-139ウエスト

カウボーイズ・スタジアム。NFLの名門チーム、ダラス・カウボーイズの本拠地にて、史上初の野外開催となったオールスターは、同じテキサス州のヒューストン、アストロドームでの'96年の記録だった44,735人を更新する過去最大の動員。バスケットボールのゲームでは2003年12月13日、デトロイトのフォード・フィールドで開催されたケンタッキー大VSミシガン州立大の試合での78,129人が過去最多でしたので、その記録もクリアした訳です。やるなキューバン、相変わらずの商才振りです。

そんな大観衆の注目は勿論先発昇格のノヴィツキー、これまた繰り上げ当選のキッド、そしてマヴスで名声を確立した名PG、ナッシュ。シャックもコービーも不出場のオールスターなんて実に'97年以来。昨年のオールスターMVPコンビに加えてA.I.までも不在となった(代役先発はJ.ジョンソンでした)オールスターは世代交替をアピールするには些かタレント不足だったものの、それなりに競り合った展開にはなりました。しかし、ダラスの観衆には些か苦い記憶が蘇るような結末が用意されていたのです。

1〜3Qまでイーストがそれなりにリードを続けていた今回のゲーム、途中にはドワイトの3ポイントが決まるなんてネタ展開も含みつつ進みました。そして4Qになるとウエストが詰めて来ます。そして試合終盤、ビラップスのジャンパーが決まって137-137の同点となったのが残り1:05の事。

両者、ここから点が止まります。緊迫した均衡を遂に破ったのは誰あろう、'06のファイナルでマヴスを倒しヒートに初のチャンピオンの座をもたらしたファイナルMVP、ウェイドでありました。彼がTOを誘い、ファウルを受けたのが残り12.7秒。ダラスの観衆達による、あのファイナルより大きかったはずのブーイングも虚しく、ウェイドは2本共決めます。

残り7.7秒、今度はダラスの英雄ノヴィツキーが巧みなフェイクでドワイトを飛ばし、彼のファウルでFTを得ました。このシチュエーションで外したら男がすたるというものですね。ドイツから来た最高傑作フォワードはお国柄に相応しい緻密さでもって139-139の同点に戻します。正に'06ファイナルの再演のような展開でこのまま延長か?と思われました。

しかし勝負を決めたのはダラス出身のイーストのスターだったのです。クリス・ボッシュ、その人でした。彼はスローイン役を務めるとボールを渡した相手、ドワイトからそのままボールを戻してもらいつつゴールへ向かい、ビラップスからこの日唯一のファウルと共にFTをゲット。2本共を決めたボッシュのおかげで、イーストは残り5.0秒で2点のリードを再度確保したのです。

タイムアウト明け、ウエスト最後のオフェンスでボールを持ったのは、しかしノヴィツキーではなくカーメロでした。真正面から狙った逆転の3ポイントはしかし決まらず、ゲームセット。141-139で青組イーストが赤組ウエストを下したのでありました。

http://www.nba.com/games/20100214/ESTWST/gameinfo.html#nbaGIboxscore


MVPはFG12/16で28得点6リバウンド11アシスト5スティールというかなり完璧なスタッツを叩き出したウェイド。今回もMVP狙いだったっぽい気がしてならないレブロンが25得点5リバウンド6アシスト4スティールで続き、先発ながら温存された感のあるKGに代わって長時間の出場時間を得たボッシュが23得点10リバウンドをマークして故郷に錦を飾りました。ドワイトは17得点5リバウンド3ブロックという感じです。

ウエストではカーメロがレブロンにライヴァル意識バリバリの27得点10リバウンドで、コービーがMVP受賞を予言したノヴィツキーは22得点4リバウンドと思ったより控え目。キッドは6:11の出場と控え目な出番に徹し、ナッシュは13アシストとひたすら引き立て役に回りました。ビラップスは最後は残念でしたが17得点5アシスト、結構盛り上げたデロン・ウィリアムズは14得点6アシスト4スティール。デュラントが15得点5リバウンド、ザックネ申は8得点6リバウンド2スティールでした。キッドもですがダンカンも13:07の出場に留まってかなり温存されましたね。

通しての印象として、今オフの主役たる'03年組のショーケースのようなオールスターだったなぁと思います。彼らは勿論選りすぐりのスター揃いで素晴らしいんですが、一方で内輪で固まった楽しみ方に徹してしまう傾向があるなぁと思うのですね。最後はただのダンクコンテスト化してしまった彼らのルーキーチャレンジもそうでしたし、このゲームにしてもシュートアテンプト数のTOP5がレブロン&カーメロ(22)、ウェイド&ボッシュ(16)、その次にノヴィツキー(15)というところにも'03年組のシュート独占振りが伺えます。

まあそれだけ役者が揃ってるのも事実なんですけど、ダラス開催なんだからもう少しカーメロはノヴィツキーに花を持たせるべきじゃなかったかなと。最後のシュートなんてノヴィツキーが打ったなら、たとえ外れてもダラスのファンなら満足だったはずです。そういう考えが無いところがまた'03組の若さなのでしょうかコービーやシャック、A.I.といったところが不在だったため、彼らのオールスター独占度が一層際立ったなぁと思った次第です。

P.S.

オールスターイーストのユニフォーム、やっぱりマジックのユニフォーム別Ver.に見えるんですがw

だって青いし


将来ドワイトと同じ青のユニフォームをあんな人やこんな人が着る日が着たりするのかな、などと考えるのは私だけでしょうか?特にレブロン。

http://www.nba.com/video/channels/allstar/2010/02/14/0030900001_wst_est_recap.nba/




banner_03

NBA 2010 All StarFULL ZIP フーディーEAST/ブルー
NBA 2010 All StarFULL ZIP フーディーEAST/ブルー
2010 NBAオールスター ドウェイン・ウェイド Tシャツ(イースタンカンファレンス) adidas NBA All-Star Eastern Conference Dwyane Wade Game Time T-Shirt
2010 NBAオールスター ドウェイン・ウェイド Tシャツ(イースタンカンファレンス) adidas NBA All-Star Eastern Conference Dwyane Wade Game Time T-Shirt
SFC(スーパーファミコン) NBAオールスターチャレンジ【新品】
SFC(スーパーファミコン) NBAオールスターチャレンジ【新品】

オールスターサタデー2010まとめ

ブログネタ
NBA に参加中!
はいはい、興味薄な種目も一応取り上げときますね〜。

☆シューティング・スターズ

http://www.nba.com/allstar/2010/shooting.stars/index.html

http://sports.espn.go.com/nba/allstar2010/news/story?id=4912486

種目の首尾がすっげー分かり難い件について

かろうじて分かったのは、チームテキサス(ノヴィツキー、ケニー・スミス、ベッキー・ハモン)がチームL.A.(ガソル兄、ブレント・バリー、マリー・フェルナンド-ハリス)に勝って優勝したってとこぐらい。あまりに興味無いので今回はNBAチーム対抗でなくなっていた事すら知りませんでしたよっと。まあどうでもいいですよ〜。

☆H.O.R.S.E.

http://www.nba.com/allstar/2010/horse/index.html

デュラント(OKC)、ロンド(BOS)、カスピ(SAC)の争いで、デュラントが連覇達成。・・・地味な連覇だと思うのは私だけでは無いハズだ

☆スキルズ・チャレンジ

http://www.nba.com/allstar/2010/skills.challenge/index.html

・・・NBA.comのオールスターサタデー記事のカス振りは今回尋常じゃないですね。参加メンバー全員の名前は載ってないわ、優勝タイムは掲載されてないわ。かといってESPNも米ヤフーも頼りにならないと来ています。

http://valleyofthesuns.com/2010/02/13/all-star-2010-steve-nash-wins-skills-challenge/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+ValleyoftheSuns+%28Valley+of+the+Suns%29&utm_content=ESPN

ESPN経由でやっと見つけた記事から引用します。

・1stラウンド

デロン・ウィリアムズ(UTA)34.1秒
ナッシュ(PHO)35.0秒
ジェニングス(MIL)35.7秒
ウエストブルック(OKC)44.1秒

・決勝ラウンド

ナッシュ29.9秒
ウィリアムズ37.9秒

つーことでヴァンクーヴァーから戻って来た男、ナッシュが懐かしのダラスで見事若人達を抑えて優勝です。なお、ウエストブルックは前回優勝のローズが出場を辞退したための代打出場だとの事でした。

☆3ポイントコンテスト


http://www.nba.com/allstar/2010/3point/

えーと、だから結果は表にして纏めろよカスとつーことで無能なNBA.comに代わって分かり易く書き並べます。ああ、でも1stラウンドのカリーのスコアが書かれてない真のカス記事ですよこれ。で、ESPNもPCサイトはまるで使えません。しょうがないので携帯のESPNまで見ました、ハイ。

・1stラウンド

カリー(GSW)18点
ピアース(BOS)17点
ビラップス(DEN)17点
ガリナリ(NYK)15点
フライ(PHO)15点
クック(MIA)15点

・決勝ラウンド

ピアース20点
カリー17点
ビラップス14点

ピアース、私の予想を見事に裏切って2002年のリヴェンジ成りました。'02年に8本しか決められずに最下位タイに終わった屈辱を晴らすべく、練習してこのコンテストに臨んだそうです。やるじゃんピアース。まあ私の予想したカリーは2位だったので、予想も大ハズレでは無かったですね。




☆ダンクコンテスト


こっちも携帯のESPN以外にちゃんと結果が纏まってるページが見当たりませんので、そっちを引用しましょう。

・1stラウンド

デローザン(TOR)42+50=92点
ロビンソン(NYK)44+45=89点
ウォーレス(CHA)38+40=78点
ブラウン(LAL)37+41=78点

・決勝ラウンド(ネット投票で確定)

ロビンソン51%
デローザン49%

一言で表現するなら、「デジャヴ」ですかね。新鮮味の全く無いコンテストでした。



http://www.nba.com/video/channels/allstar/2010/02/13/20100213_dunk_contest_recap.nba/?ls=iref:nbahpt1



1stラウンドですがウォーレスはまるでやる気なさげ。普通のボースハンドバックダンクにフリップ・マレーの垂直気味のバウンズパスを受けてのリヴァースダンクで終了でした。昨コンテスト後に出場を公言しながら撤回したレブロンの代役でやる気無しだったと2chにありましたが本当なんですかね?シャノン・ブラウンもフリースローラインダンクと見せかけて1歩踏み込んでしまったワンハンドダンクが一発目、そしてコービーのパスを受けての二発目も横から叩き込むアリウープとはいえアピール度は今ひとつ。前評判を大きく裏切る結果となりました。

ロビンソンは一発目がワンマンアリウープウィンドミルダンク、二発目がガリナリのアリウープパスを270°回転しながらのボースハンドでフィニッシュ。今回気を吐いたのがデローザンでして、1回目はコート裏側から斜めに走り込んで、放送機材を掠めてのリヴァース擬似レッグスルーダンク。え、これ結構評価していいと思うんですけど。そして2発目はソニー・ウィームスと共にベースライン左からスタートし、相方がボード横に当てたボールを片手ウィンドミルで正面へ回りながら叩き込みました!これで50点、まあイグオダラの変格活用ダンクですけどね。ともあれ、この2人が決勝へ進みます。ここまでは妥当ですね。

決勝、ロビンソンはまず割と普通なボースハンド1人アリウープ。対するデローザンはウィームスが再び登場し、彼がボードに当てたボールを、なんと彼を飛び越えながらワンハンドで叩き込みました。飛び越えたといっても昨コンテストでロビンソンがドワイトを飛び越えたのと同じで、ウィームスの肩に手をかけて飛び越えたんですが、それでもウィームスはデローザンが動き始めてから彼を見ずにパスを出している訳で、いやこれは凄い難易度ですよ。

2本目。ロビンソンはここで勝負に出ます。またまた1人アリウープかと思いきや、これは2000年のフランシスの再演、リヴァースでボールを大きく抱え込んでからのダンクです。まあフランシスほど完璧ではありませんでしたが、これは悪くないですね。対するデローザンはフリースローラインから行くかなと思ったら、シャノン同様フリースローラインから一歩踏み込んでダンクしてしまいました。これだったら昨日の予選で見せたレッグスルーでもやった方が良かったのではないかと。かくてネット投票は僅差でロビンソンが制したのです。3度目ということで勝負巧者だったロビンソンの作戦勝ちかなと思います。あと、やはり危惧した通りデローザンがあの予選ラウンドでネタを消費したのが響いた気がしてなりません。同じ技と気にせずぶちかましていれば、デローザンがカーター以来のラプターズのダンクコンテスト勝者になれたのになーと思いますね。

ともあれ、これでロビンソンが史上唯一のダンクコンテスト3度のチャンピオンになってしまいました。ニックスファンの方にはホントに申し訳無いんですが、「なってしまった」としか申し上げようがないかなーと。これでネイトがNBA史上最高のスラムダンカーだ!なんてまさか純粋無垢に信じる人はいないと思うんですが、この称号は後々彼を苦しめる事になる気がしてなりません。ハロルド・マイナーやジェラルド・グリーンのように・・・。

ともあれ、前夜祭は終わりました。明日はいよいよオールスター本戦であります。ヴァンクーヴァー五輪とモロ被りなスケジュールとかどうにかならんのかと思いますが、まあ頑張ってくれよと思います、ハイ。

P.S.

http://www.slamonline.com/online/nba/2010/02/links-all-star-saturday-night-live-blog/


オールスターサタデーの流れはここが一番分かり易いかも知れません。参考までに。

banner_03

TWINS NBA new york knicks dead stock capNBA ツインズ ニューヨーク ニックス デッドストック キャップ
TWINS NBA new york knicks dead stock capNBA ツインズ ニューヨーク ニックス デッドストック キャップ
【SALE-30%OFF】【送料無料】NBA new york knicks dead stock mesh cap NBA ニューヨーク ニックス デッドストック メッシュ キャップ
【SALE-30%OFF】【送料無料】NBA new york knicks dead stock mesh cap NBA ニューヨーク ニックス デッドストック メッシュ キャップ
ニューヨーク、ニックスキャップ(NBA.バスケットボールキャップ)
ニューヨーク、ニックスキャップ(NBA.バスケットボールキャップ)
Adidas NBAスウィングマン ジャージニューヨーク ニックス#4 ネイト ロビンソン(ホーム用)【背番号変更】
Adidas NBAスウィングマン ジャージニューヨーク ニックス#4 ネイト ロビンソン(ホーム用)【背番号変更】

今更オールスター情報まとめ

ブログネタ
NBA に参加中!
・・・いやあ、我ながら本当に今更だなあ。今回もうひとつテンションが上がりませんが、まあぼちぼちやりましょう。つーかもう終わってる種目ありますし。

☆ルーキーチャレンジ

・ルーキーチーム→タイリーク・エヴァンス、カスピ(共にSAC)、タージ・ギブソン(CHI)、ジェレブコ(DET)、S.カリー(GSW)、ジェニングス(MIL)、フリン(MIN)、ハーデン(OKC)、ブレア(SAS)

予想以上の豊作年となった'09年組、何気に面子は揃いましたね。グリフィン不在をブレアがどれだけ埋められるかが鍵かなあ。個人的に入らなくて残念なのはタイ・ローソン(DEN)、デローザン(TOR)あたりですかね。まあ、オールスター本戦に出られないチームを優先した面も少しあるかなとは思います。

・ソフォモア

ローズ(CHI)、ビーズリー(MIA)、ゴードン(LAC)、ラヴ(MIN)、ロペス兄(NJN)、ガリナリ(NYK)、ウエストブルック(OKC)、ガソル弟、マヨ(共にMEM)、モロー(GSW)

ローズは辞退して、代わりにモローが入りましたね。しかしこれ普通に強過ぎるでしょ、インサイドガチガチに堅いし。マジックにあのままいたらリーも2年目チームに出られていたかもね・・・(´Д`)正直私、このチームはかなりガチだろと思ってました。

で、結果はこうなりましたよっと。

http://www.nba.com/games/20100212/RKESPH/gameinfo.html?ls=gt2hp0030900002#nbaGIboxscore

ルーキー140-128ソフォモア

おいおいルーキーチームの勝利じゃないですか。2年目チームの7連勝だったんですよ、これまで。MVPは26得点6リバウンド5アシスト5スティールのエヴァンスでしたが、スパーズのブレアが22得点23リバウンドで、ルーキーチャレンジ史上初の20-20プレーヤーとなりました。エヴァンスが彼を称えて、共にMVPトロフィーを掲げた所以です。試合後のインタヴューでもやはりブレアにスポットが当たったようで何よりですね。しかしこのおぢさんのファッションセンス、相変わらずですなぁ。

ピンクのおっさん




☆3ポイントコンテスト

出場メンバーはこんな感じです。

クック(MIA、前回優勝)
ビラップス(DEN)
カリー(GSW)
フライ(PHO)
ガリナリ(NYK)
ピアース(BOS)

まずピアースは怪我を考えたら辞退した方が良かったんじゃないかなーと思います。つーか、出ても大体彼のようなスタータイプの選手には厳しいんですよね、この種目。同僚レイ・アレンに出て欲しかったかも。

一般的にデカい選手は小回りが効かず、一定時間に本数を打たねばならない3ポイントコンテストでは不利です。フライはネタ的にはかなりナイスですが、まあ1回戦負けでしょう。しかし、ガリナリは結構有力候補かと思われます。ノヴィツキーみたいなユーロ系長身選手にはチャンスもあるでしょうからね。しかし、ここはやはり小回りがきくという事でカリーを本命、ガリナリを対抗、ビラップスを穴と読みます。

余談ですが、今回選ばれなかったJ.J.レディック曰く、「3ポイントコンテストで負けた事が無い」そうです。出しといた方が良かったかもですね

☆ダンクコンテスト

出場メンバーは以下の通りです。

ネイト・ロビンソン(NYK)
シャノン・ブラウン(LAL)
ジェラルド・ウォーレス(CHA)
デローザン(TOR)
ゴードン(LAC)

まず気に入らないのはゴードンとデローザンの扱い。要するに彼らはダンクコンテストの予選を戦わなければならなかったんですが、それって彼ら2人だけ余分にネタを仕込む必要がある訳です。それでもし決勝まで進んだのにネタ切れとかなったら可哀想過ぎません?そんなハンデつけてやるなよと思います。因みに予選はデローザンの一発目のダンクで決まりました。二発目とか完全に安全策&ネタ温存でしょこれ。



誰が勝つかの予想はなかなか難しいですが、個人的にネイト・ロビンソンにはあまり勝って欲しくないかな。歴代1位の3回優勝とか言われても、彼が史上最高のダンカーとは到底言えないでしょうし。何か、勝った事が逆にハロルド・マイナー並みに重荷になってしまいそうな気がするんですよ。ただ、スパッド・ウェッブが審査員になるあたり、まさかリーグは彼を勝たせるつもりなのか?と勘繰りたくはなります。

世間の下馬評はシャノン・ブラウンみたいですがどうなんでしょ?私は心情的にはキングス時代にファイナル進出経験のあるジェラルド・ウォーレス押しです。只今乗っているボブキャッツ代表として、ここは一発ぶちかまして欲しいんですよね。

結論としては本命ウォーレス、対抗ロビンソンかな。いや、シャノンでも全然いいしデローザンがルールの壁をブチ破って案外やってくれるともっと嬉しいですね。

・・・てか、どこでも良いからジェームズ・ホワイトを雇ってダンクコンテストにエントリーさせてやって欲しかったです、ハイ。

☆オールスター本戦

まずはイーストの先発メンバーです。

アイヴァーソン(PHI)
ウェイド(MIA)
レブロン(CLE)
ガーネット(BOS)
ドワイト(ORL)

このメンバーのどこかに問題あります?って感じです。A.I.選出には一部異論があったようですが、じゃあ誰なら良かったのよって感じですね。カーターは今でこそ好調ですが、投票期間中はオールスターに相応しいとは言い難い成績でしたし、他に華のあるチョイスも思い浮かびません。まあ、故障のため出場を見合わせる事となった今、誰が先発に昇格するべきかは悩ましいところでありますが。あ、他の先発4人についてはもう説明とかいらんでしょ?

A.I.の代わりに昇格先発を争う控えの面子はこんな感じですね。

ロンド(BOS)
ピアース(BOS)
ジョンソン(ATL)
ホーフォード(ATL)
ジェラルド・ウォーレス(CHA)
デリック・ローズ(CHI)
ボッシュ(TOR)
デヴィッド・リー(NYK)

アイヴァーソン欠場のため、代替要員で急遽リーが選出ですか・・・。私的にかなり微妙な選出が来てしまいました。「なぜ選ばれないんだ」と「スタッツだけの選手だ」と意見が真っ二つに割れる選手なんですよね。ジョッシュ・スミス(ATL)とかスティーヴン・ジャクソン(CHA)とか、もっとベターなチョイスがあったんじゃないかと思えてなりません。

好調ホークスから2名選出は嬉しいですね。なんでスミスじゃなくホーフォードなのかって話ですが、多分昨年のオールスターでドワイトの控えがルイスになってしまった事が念頭にあったのでしょうね。しかし、だったら、いやだからこそシャックを呼べば良かったのにと思います。昨年のオールスターでシャックがあれだけ盛り上げてくれたのをもう忘れたんかいと。まあ若いホーフォードの選出も悪くないんですけどね。

後のメンバーは概ね異論無しかな。ボブキャッツ初選出オメ!因みにピアース、そして昨日怪我したデリック・ローズは出られるのでしょうか?とりあえず代役先発は、各的に考えてピアースだと思います。で、スタン・ヴァンガンディーHCは本当にレブロンをPG起用するつもりなんですかね?

続きましてウエスト先発です。

ナッシュ(PHO)
コービー(LAL)
カーメロ(DEN)
ダンカン(SAS)
アマレ(PHO)

これまた特に異論無し。T-MACが自ら辞退を表明していた事もあって、妥当なセレクションに落ち着きました。ヤオミン不在のセンターはどうなるかと思われましたが、これもまあアマレで妥当かなと。ナッシュはまさかオリンピック開会式にも出るとは思いませんでした。ヴァンクーヴァーとダラスを往復とか・・・あ、ちょっと前までのNBAならあった話でしたね。

ただ、こちらもコービーとポール、ロイが出られなくなりました。ウエストのリザーヴはこうなってますね。

ポール(NOH)
デロン・ウィリアムズ(UTA)
デュラント(OKC)
ロイ(POR)
ノヴィツキー(DAL)
ランドルフ(MEM)
ガソル兄(LAL)
ビラップス(DEN)
ケイマン(LAC)
キッド(DAL)

ポールの代役ビラップスはまんまでしたね。ロイの代役がケイマンという人選には唸りましたが、コービーの代打はキッドですか。PG4人なんですけど、このチーム。躍進するサンダーからのデュラント初選出は勿論、グリズリーズからのネ申選出は本当に目出度い限りですね。ウエストはビックマン過多なので出場時間は長くないかもですが。つか、イーストにデカいヒトを一人回して下さい。なお、コービーの代わりに先発に入ったのはなんとノヴィツキーだそうです。地元の利、まあ今回は良しとしましょう。しかし、これでウエストのSGはカーメロですか。あ、HCはナゲッツと1年契約延長が決まったカールおじさんです。

代役含めて私は異論無い人選だと思います。敢えて足りない名を挙げるならパーカー(SAS)、ウエスト(NOH)ぐらいでしょう。え、どっちが勝つか?すんません、正直興味薄なんですがコービーいないしイーストの勝利じゃね?

明日はオールスターサタデーですね。私は実はオールスター本番よりサタデーの方が好きなんですが、明日はどうなるかちょっとだけ楽しみにしておきましょう。レブロンいきなりダンクコンテスト乱入とかそういうサプライズを頼みます。

banner_03

エヌビーエーオールスター【NBA】デニムパンツ blue
エヌビーエーオールスター【NBA】デニムパンツ blue
1986 NBAオールスター ラリー・バード 3ポイントコンテスト チャンピオンTシャツ adidas NBA All-Star Hardwood Classics Larry Bird 3-Point Contest Champion T-Shirt
1986 NBAオールスター ラリー・バード 3ポイントコンテスト チャンピオンTシャツ adidas NBA All-Star Hardwood Classics Larry Bird 3-Point Contest Champion T-Shirt
【ナイキ】【スニーカー】【フォース1】【NBA ALL STAR GAME 2010】NIKE AIR FORCE 1 QS
【ナイキ】【スニーカー】【フォース1】【NBA ALL STAR GAME 2010】NIKE AIR FORCE 1 QS "NBA ALL STAR GAME 2010" t.royal/m.slv-wht-blk

ダンクコンテストのメンバー決定

ブログネタ
NBA に参加中!
http://sports.espn.go.com/nba/allstar2010/news/story?id=4836464

ということで、えらく早くにダンクコンテストのエントリーメンバーが決まりましたね。こういう面子です。

ネイト・ロビンソン(NYK)
ジェラルド・ウォーレス(CHA)
シャノン・ブラウン(LAL)

これに加え、予選として以下の2名の中から勝者が本選に参加です。

エリック・ゴードン(LAC)
デマー・デローザン(TOR)

前回チャンピオンのネイトが出るのはまあ妥当ですし、久々登場のジェラルド・ウォーレスってのもまあ分かります。しかし、やはり誰しも思うのは、昨年オールスター時に「今度は出場するよ!」と豪語していたあの方がいない事。ええ、レブロンさん、どないしはったんですか?

ドワイトは今回参加しないと明言してますし、3回も出場したのですからもう十分といえば十分です。ではレブロンは何故?・・・まあシーズンを重視したらそうなりますよね。お祭りよりも大事なのはレギュラーシーズン、そしてプレーオフ。ドワイトも同じ事言ってます。心変わりはどうかと思いつつも、まあ仕方無いなとも思う自分がいます。

それに、レブロンのダンクはカーターやT-MAC程にはヴァリエーションが豊富では無い気がするのです。要するにダンクコンテスト向きではないんじゃないかなと。昔、グラント・ヒルもダンクコンテスト参加を噂されながら結局不参加でしたが、彼も出たところで果たして勝てたかな?と思ったものです。同じ事がレブロンにも言えるんじゃないかな、と考えれば彼の判断は尚更正しいような気がします。

ネイトは「チャンピオンが翌年も出場するのはルールだ。当然だ」みたいな事言ってまして、それは分からんでもないですが、あんた目立つチャンスを活かしたいだけやん、みたいな。一時はレギュラーシーズンでも干され、トレードの噂も立っている彼の立場になってみればそれも分からんではないんですけどね。ダンクコンテストに勝っても選手としてのステイタスが上がるかというと五分五分な気がしますが、まあお祭り男として頑張って欲しいなぁとは思います。

banner_03

■7号・天然皮革■モルテン【 GL7 】= 一般男子・大学男子・高校男子用= バスケットボール 7号球 rev
■7号・天然皮革■モルテン【 GL7 】= 一般男子・大学男子・高校男子用= バスケットボール 7号球 rev
マザーガーデンのうさももシリーズ♪うさももちゃんバスケットゴール
マザーガーデンのうさももシリーズ♪うさももちゃんバスケットゴール
この文を書きたる者
ペニー
六伍壱 ◆MAGICcvM2E
昔の名前はセントトーマスこと 「NBA MAGICAL INSIDE」 (現在更新停止)管理人、 2chマジックスレ は最近はご無沙汰。シャック&ペニー時代からマジックを追っかける'90s世代NBAファンです。耳寄り情報・ご要望・リクエスト・リンク希望・ツッコミetcはmagicalinside651@gmail.comまでドゾー。twitterにもおりますので「六伍壱」で検索してみて下さい。
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
BBS
初めての方等、お気軽に一言どうぞ。前サイトのBBS流用です。 BBS
至高のスニーカーショップ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ブログランキング
このblogでお楽しみ頂けた方、また他blog検索などの際にもポチっとどうぞ。 人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード
緊急地震速報
ニコ生(青文字先輩フルボッコ)
楽天
Googleアドセンス
Google検索(当ブログ内検索用)
カスタム検索
  • ライブドアブログ