NBA ALL-ROUND MAGIC オーランド・マジック&NBA最新情報ktkr!

300万ヒット行きました。ありがとうございます。

プレーオフ2010

サンズ終わらず

ブログネタ
NBA に参加中!
サンズ(1勝)118-109レイカーズ(2勝)

アマレ42得点11リバウンド!ナッシュ17得点15アシスト!ロペス弟20得点!サンズ、漢を見せましたね。フィル・ジャクソンのジンクスはさておき、反撃への狼煙を上げる事に成功しました。あと1敗で王手という厳しい状況は無論変わりませんが、何とか凌いで2勝2敗のタイに持ち込みたいところです。東西スウィープなどという、カンファレンスファイナルらしくないにも程がある展開になりかけた流れを、サンズが何とか食い止めました。さて、マジックはサンズに続く事が出来るでしょうか?

http://blogs.orlandosentinel.com/sports_magic/2010/05/reminded-of-the-bruins-collapse-kevin-garnett-says-this-is-not-hockey.html

因みにNHLのボストン・ブルーインズの3連勝から4連敗という敗退を受けてKGは「これ(バスケ)はホッケーじゃない。だから(ブルーインズの3連勝4連敗は)見てもいないよ」「ブルーインズはセルティクスじゃない。セルティクスはブルーインズじゃない。りんごとオレンジ(みたいなもの)だよ」と、同じような崩壊が起きる可能性を否定。そりゃそうで、ブルーインズは故障があったんですよ。一方セルティクスはこのプレーオフ、ロスターは揃って健康をキープしていますからね。

http://espn.go.com/nba/preview?gameId=300524002

まあ、泣いても笑っても勝負の時はやってきます。マジックが次に地元へ引き返すのはカンファレンスファイナル第5戦のためか、はたまた不本意なシーズンの終わりを迎えてか。正にWIN OR GO HOME、マジック死地の戦いの時は迫りました。

banner_03

NBA 2010 PLAYOFFS プレミアコレクション!NBA オーランド・マジック バンドオフブラザーズTシャツ Orlando Magic Royal Blue Band of Brothers T-shirt
NBA 2010 PLAYOFFS プレミアコレクション!NBA オーランド・マジック バンドオフブラザーズTシャツ Orlando Magic Royal Blue Band of Brothers T-shirt
McArthur Towels NBA Logoman Bench TowelNBA ベンチタオル オーランド・マジック
McArthur Towels NBA Logoman Bench TowelNBA ベンチタオル オーランド・マジック

レブロン・ジェームズ概論7〜そして、何処へ?前編〜

ブログネタ
NBA に参加中!
さて、レブロンの去就に注目が集まる日々が続いてます。キャヴス残留か、ニックス、ネッツ、ブルズなどの大都市へ向かうのか、はたまたレイカーズなどの予想外な行き先があるのか。各チームは彼の選択を手ぐすね引いて待つどころか、ガンガンに動き始めているかのようです。

http://sports.espn.go.com/dallas/nba/news/story?id=5210828


リーグもこの件について神経質過ぎる面がありまして、マーク・キューバンがレブロンFAについてメディアで言及しただけで10万ドルの罰金というのはまだキューバンの平常運転だなって感じなんですが、スティーヴ・カー先生が「ミッドレベルなら契約するよw」なんて冗談込みトークしても1万ドル持って行かれるってどうなのよと。スターン自ら「クリーヴランド残留キボンヌ」とか抜かしてただろうが(゚Д゚)ゴルァ!!と思いたくもなります。だいたいニューヨーク市長、果てはオバマ大統領までもレブロン勧誘コメントしてるカオス状態なんです。スターンも市長や大統領から罰金取り立ててみろやとw

私的にはまともなセンターと若手の才能の萌芽、ドラフト3位指名権、ロシアンマネーの資金力が揃ったネッツはかなり良い選択肢だと思うんですが、どうでしょうかね?また、ラプターズのボッシュがラプターズ残留かブルズ、レイカーズ、ヒート、ニックス行きを望んでいる、というニュースがありましたが、レブロンがニックスかブルズに行けばボッシュもそこへ行くだろう、という話もあります。

実際のところ、サラリーキャップの空いたチームと言えどもそのまま素で大物FAと契約する訳ではありません。大概の場合はサイン&トレードですね。何故かと言えば、現行ルールだとその方がより高給かつ1年長く契約出来るからです。また、移籍元チームとしても無償でスターを引き抜かれるよりは代償があった方が多少は戦力ダウンを補えます。サイン&トレードは選手、チーム両方にメリットがあるんです。

レイカーズやマヴスのような金満チームでもレブロン獲得の噂が出るのも、要はサイン&トレードという手があるからです。マジックだって当事者達が合意さえすれば、カーターの残り1年契約を使ってレブロンを連れて来る事が出来ます。レブロンとドワイトのコンビ結成・・・マジックは10年は戦えるどころか王朝完成ですな。

レブロン移籍候補はニックス、ネッツ、ブルズ、ヒートあたりで話が終わりがちですが、正直レブロンが望めば行けないチームなど無いと見るのが正解、でしょう。

(以下次回)

banner_03

【レブロン ジェームズ】 直筆サインフォトプラーク 16x20 (vs ヒート ダンク) / LeBron James
【レブロン ジェームズ】 直筆サインフォトプラーク 16x20 (vs ヒート ダンク) / LeBron James
NBA Player ウォッチ (Mens) クリーブランド キャバリアーズ #23 レブロン ジェームズ
NBA Player ウォッチ (Mens) クリーブランド キャバリアーズ #23 レブロン ジェームズ

逆境サーティーン

ブログネタ
NBA に参加中!
セルティクス(3勝)94-71マジック

これが逆境だ!!

・・・何と言いますかですね、今の心境を言ってみるならば、癒されに猫カフェに行ってみたらこんな目に遭った、みたいな感じです。



ホーム2連敗という緊急事態を受けて、マジック側が何も手を打たない訳はありません。今までピアースにカーター、レイ・アレンにバーンズを付けていたマッチアップを変更し、ピアースにバーンズ、アレンにカーターを付けるというのもそうですし、ルイスをもっとオフェンスで生かそうという試みもありました。しかし、試合の内容を見る限り何も改善はされなかったどころか、より事態は悪化した感さえあります。

http://www.nba.com/games/20100522/ORLBOS/gameinfo.html#nbaGIPlay

1Q→12-27
2Q→22-24
3Q→13-24


1Qの頭、いきなり0-7とされたところから6-7まで戻したマジックでしたが、なんとこの試合が勝負の体を成していたのはここまででした。0-14のラン、そして3割台をも切るマジックのオフェンス封殺。ドワイトはファールトラブルに陥った訳ではなく、むしろパーキンスがファールトラブルに遭っていたのにこの惨状です。そして、この試合を体現するプレーが2Qに出ます。



どうですかこのロンドの見事なハッスル振り。Jウィルの足元に転がるボールに後ろからヘッドスライディングでボールを奪って押し込んだこのプレーこそが、両者の戦う姿勢の差を如実に示しています。え、ロンドがシュートに行くまでにトラヴェリングしてる?そんな気もするけどそれ以前にこの戦う姿勢がマジックに欠けているのが問題な訳ですよ。セルティクスがリバウンド1つ取るのにも必死なのに対し、マジックのプレーは何か淡白にさえ見えたのです。戦う姿勢が見えたのはルーズボールを取りに行ってKGを突き飛ばし、ヴァンガンディーHCにKGをぶつけてしまったバーンズぐらいでしょうか(笑)。

http://www.nba.com/games/20100522/ORLBOS/gameinfo.html#nbaGIboxscore

終わってみればチームで2桁得点はネルソン、カーター、ピートラスのみ。しかもネルソンはFG5/14、カーターはFG5/12とかなり苦しい感じですし、ピートラスにしてもあまりゲームにインパクトを与えませんでした。ドワイトはFG3/10の7得点7リバウンドと再び並みのセンター程度のスタッツに抑え込まれ、ルイスはFG2/8の4得点止まり。逆にセルティクスではグレン・デイヴィスが17得点でチームトップでした。ピアースのFG成功率は多少下がりましたがさしたる問題にはならなかったというところでしょうね。

こうなって来ると誰がスケープゴートになるのか、って感じです。まああちこち読んでるとやはりこのシリーズずっと低調なルイスがサラリ−の高さもあってバッシングが飛び交ってますね。正直KG相手に好守でマッチアップするのはキッツいんだろうなぁと同情する部分もあります。ただ、この試合では明らかにシュートを躊躇している場面が見受けられました。そういうところで無理をしないのは彼のアンセルフィッシュさでこのチームには本来良い事なのですが、そういう迷いが今は彼の長所を打ち消してしまっているように思います。

ともあれ、これで0勝3敗、完全に追い詰められました。過去に0勝3敗からシリーズを取ったチームが存在しない以上、私がマジックファンでなければ当然このシリーズの終了宣言を出しますね。しかし、私はマジックファンですのであと1回負けるまではそういう事を書くつもりはありません。まあNHLのボストン・ブルーインズが今季味わった3勝0敗からの4連敗の悪夢をセルティクスにも、と言いたいところですが、そんな事そうそう簡単に起こせる訳が無い事も分かっています。だいたいNHLでは0-3からの逆転は3回目ですし。

そうですねぇ、私がスタン・ヴァンガンディーなら次の試合前に、「逆境ナイン」を選手達に読ませたいところですが、真面目な話'96年プレーオフカンファレンスファイナルでマジックがブルズにスウィープ負けを喫する映像を見せる、なんて如何でしょう。お前らもこれと同じ運命でいいの?と。あの時もそうでしたが、マジックとセルティクスのチームとしての実力差が0-3という勝敗数ほど大きく隔たっているとは思いません。ただ、今のマジックは特に'95ファイナル第1戦の如くクラッチタイムでのFT失敗で連敗に陥ったダメージから全く立ち直れず、本来のマジックのプレーが出来ないままここまで来てしまっているように思えるのです。

ただ、選手達も別に負けたくてプレーしている訳じゃないんで、やはり実際に対戦して絶望感を感じている部分もあるんですよね。それだけセルティクスは完璧にマジックに長所を封じてきています。ドワイトはパーキンス、ラシード、KGの誰かが1on1で守り、ルイスはKGが封印。そしてネルソンはと言えばロンドとのマッチアップに苦しんでいるとあっては、後はカーターに託すしかなさそうです。が、カーターは先発陣最年長・・・。

PFにバスを起用したらどうかという意見も読みましたが、彼のようなタッパの無いPFこそKGのいいカモなのはジェイミソンがカンファレンスセミファイナルで証明したばかりです。良くてゴタートとドワイトのツインタワーぐらいでしょうが、そうなると誰がバーンズやピートラスの役目、エースストッパーを務めるの?という話ですね。いよいよピアースやアレンが止められなくなりそうです。

私はレディックの先発起用の方がまだしも有り得そうなプランかなと思っています。今のバーンズはやはり怪我のダメージがどこかにあるように思えますし、あれだったらバーンズは勝負どころ(あればの話ですが)に体力を温存しておいた方が良いのではないかなと。第2戦終盤のボーンヘッドで印象悪いですがレディックのアレンへのディフェンスの良さは定評がありますしね。

ただまあ、そういった細かいロスター変更だけでこのセルティクスファイナル行きほぼ確定の流れを覆す事はなかなか出来る事ではありません。後は選手達のメンタリティーにかかっています。ヴァンガンディーHCは選手達を庇っていますが、まず選手達の心が折れてしまってはどうにもなりません。まずは1勝を挙げてホームへもう一度戻るため、チームとしてやるべき事を再確認するべきでしょうね。

ネルソンはロンドとのマッチアップで彼をインサイドに入れさせない努力をする事。カーターはもっとインサイドへ切り込んでファールを取りに行くピアースの姿勢を見習う事。バーンズ、そしてピートラスはレイ・アレンとピアースのマークを徹底して彼らを疲れさせる事。ルイスは自信を取り戻してシュートを放ち、ディフェンスではKGやグレン・デイヴィスにイージーショットを許さないこと。ドワイトはここに来て最も酷くなっている1on1のオフェンス精度を上げる事。そしてチームのボールムーヴメントをもっと向上させ、セルティクスのディフェンスにパスコースを予測させない事です。

まだ終わり、じゃありません。今季優勝候補だったマジックの面々が出来る事はまだあるはずです。シーズン59勝、プレーオフ8連勝の自信をもう一度取り戻し、ピストンズ以来の高い壁に挑んで欲しいと思います。

P.S.

第3戦参考記事を以下に並べておきます。参考までに。

http://scores.espn.go.com/nba/recap?gameId=300522002
http://espn.go.com/nba/dailydime/_/page/dime-100522/daily-dime
http://sports.espn.go.com/nba/playoffs/2010/columns/story?columnist=sheridan_chris&page=magicquit-100522
http://sports.yahoo.com/nba/news;_ylt=AlRm2435McanpYptOjilyqa8vLYF?slug=ap-batteredmagic

http://www.orlandosentinel.com/sports/os-magic-celtics-game-3-recap-20100522,0,6722577.story



banner_03

逆境ナイン (1) (サンデーGXコミックス)逆境ナイン (1) (サンデーGXコミックス)
著者:島本 和彦
販売元:小学館
発売日:2005-04
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

逆境ナイン (2) (サンデーGXコミックス)逆境ナイン (2) (サンデーGXコミックス)
著者:島本 和彦
販売元:小学館
発売日:2005-04
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

逆境ナイン (3) (サンデーGXコミックス)逆境ナイン (3) (サンデーGXコミックス)
著者:島本 和彦
販売元:小学館
発売日:2005-05-19
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

逆境ナイン (4) (サンデーGXコミックス)逆境ナイン (4) (サンデーGXコミックス)
著者:島本 和彦
販売元:小学館
発売日:2005-05-19
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

逆境ナイン (5) (サンデーGXコミックス)逆境ナイン (5) (サンデーGXコミックス)
著者:島本 和彦
販売元:小学館
発売日:2005-06-17
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

逆境ナイン (6) (サンデーGXコミックス)逆境ナイン (6) (サンデーGXコミックス)
著者:島本 和彦
販売元:小学館
発売日:2005-06-17
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

レブロン・ジェームズ概論6〜レブロンと「あのヒト」後編〜

ブログネタ
NBA に参加中!
前回、レブロンとかキムヨナとか個人を叩いても無意味だ、という話をしました。回りの大人がいかん、個人ないし何らかの差別的バッシングに陥る、という点を指摘しましたが、もうひとつ大事なポイントがありました。それはプロスポーツの構造そのものです。

プロって事はその種目で飯を食うって事じゃないですか。でも、実際のところ、その種目自体が寂れてしまえば、選手個々の努力も意味が無くなってしまいます。だって、客が来なければ儲かりません。人はパンだけで生きる訳じゃありませんが、パン的なものが無いと生きていけませんからね。

スポーツ隆盛に必要なもの、それはズバリ「スター」です。戦後日本のプロレスが力道山、馬場&猪木によって盛り上がったのもそう、常勝巨人という神話に立脚してきたプロ野球もそうですね。彼らが優遇されるのは当たり前です。だって観客は彼らが活躍し、勝利するところを見たいのですから。プロレスはヤラセというより、そういう大衆の願望に忠実になぞったものだよなと最近思うんです。

ただ、昔のスターは本当に実力がありました。問題は、マスメディアが意図的にスターを作り出す事が出来るようになってきた事です。彼らも商売ですから、だんだん先物買いで若い才能を見つけて持て囃したりするようになっていきました。

プロスポーツを経営する立場からすると、選手が潰れない限りはこれは問題ありません。むしろ、スターが実力でのし上がるのを待つより、多少時期尚早でも早くビジネスにプラスになってくれた方が良いに決まってます。かくして洋の東西、スポーツの種目を問わず、若きスターが意識的に作り出されていったのです。ほら、NBAでもダリアス・マイルズなんかが代表例ですよね。

ゴルフの石川遼君はイケメンかつ実力もある真のスターですが、日刊ゲンダイによると彼の参加する大会は彼が得意なコース状態にして、最終日まで遼君がプレー出来るようにする、とありました。ホンマかいなと思う一方で、自分が大会主催側ならやりかねんな、と正直思いましたね。だって彼がいるといないとではどう考えても集客段違いでしょうし。

レブロンやキムヨナのような才能が時に実力以上に持ち上げられているように見えるのは、そういうプロスポーツの宿命という側面も考える必要があります。だってYou達テニスでもヴィーナス姉妹<シャラポワだったでしょ?いや、ヴィーナスも笑うと可愛いんですよ実際。

(以下次回)


banner_03

SALE!!★レディース★HAIR ACCESORRY 【LOS ANGELS CLIPPERS】 \2800→
SALE!!★レディース★HAIR ACCESORRY 【LOS ANGELS CLIPPERS】 \2800→

HCイス取りゲーム開催中

ブログネタ
NBA に参加中!
http://sports.espn.go.com/nba/news/story?id=5206271

さて、プレーオフも佳境を迎える中、既にオフ中のチームはドラフトロッタリーを終え、補強への助走を始めています。それと並行して、HCの席が空いているチームは後任人事へ積極的に動いている訳です。

シクサーズがダグ・コリンズと2年契約を結んだ今、求人広告の出ているチームはホークス、ブルズ、ネッツ、ホーネッツ、クリッパーズ。近々追加発表される危険性があるのはボブキャッツ、キャヴス、マヴスあたりでしょうか。レイカーズはフィル・ジャクソンが微妙な感じですが例年のお約束なので多分大丈夫でしょう。あとナゲッツのジョージ・カールさんが健康を取り戻しますよう祈っております。

チキチキHC争奪戦の過程については「ホーネッツと共に」さんが非常に纏まってますね。流石は当事者チームファンです(^.^)うむ、有力候補が多数いるじゃないですか。そんな中で、特選物件を寸評付きでご紹介。

☆エイヴリー・ジョンソン

マヴスでファイナル進出実績を持つ今オフ一番人気。選手とのコミュニケーション能力がちと心配。

☆ラリー・ブラウン

そもそもまだボブキャッツのHCな件。弱小球団でも来てくれるのは魅力かと。

☆ジョン・カリパリ

何故かレブロンとセットで噂されるのは何故でしょう?カレッジ系の人は上手くいかない傾向がある上、この人は一度失敗してます。ま、前回の経験を生かして成功するかもですが。

☆ローレンス・フランク

多少の駒不足は補える若き知将だけに、必ず行き先が見付かると思いますよ。今オフにネッツに行かない事だけは確実ですが。

☆エディー・ジョーダン

シクサーズでは残念でしたが、実績はあります。うっかりどこかからオファーが来ないとも限りませんよ?

☆トム・シボドー

リアルタイムでマジックを苦しめ中、セルティクス自慢の鉄壁ディフェンスを構築したAC。セルティクス勝ち上がり中につき交渉が難しいのが難点ですが、昨オフからHC候補に名前が上がっていたヒトです。

☆ポール・サイラス

67才という年齢が心配ですが、若手チームを任せるなら安心感ある人材だと思います。最近名前が上がらないのは何故でしょう?

☆パトリック・ユーイング

ヤオミンにドワイトとビッグマン育成実績ピカイチのレジェンド。まだドワイトに色々教えて欲しい人です。今年もまだ、何ら噂はありません(´・ω・`)

・・・些かテキトーに並べてみました(笑)。

banner_03

【アウトレット SALE 60% OFF】 5040円 → 2100円NEW ERA CAP(ニューエラ)HARDWOOD CLASSICS PHILADELPHIA 76ERS RED/WHITE/BLUE
【アウトレット SALE 60% OFF】 5040円 → 2100円NEW ERA CAP(ニューエラ)HARDWOOD CLASSICS PHILADELPHIA 76ERS RED/WHITE/BLUE
【アウトレット SALE 60% OFF】 5040円 → 2100円NEW ERA CAP(ニューエラ)HARDWOOD CLASSICS PHILADELPHIA 76ERS BLUE/WHITE/RED
【アウトレット SALE 60% OFF】 5040円 → 2100円NEW ERA CAP(ニューエラ)HARDWOOD CLASSICS PHILADELPHIA 76ERS BLUE/WHITE/RED
【アウトレット SALE 60% OFF】 5040円 → 2100円NEW ERA CAP(ニューエラ)HARDWOOD CLASSICS PHILADELPHIA 76ERS WHEAT
【アウトレット SALE 60% OFF】 5040円 → 2100円NEW ERA CAP(ニューエラ)HARDWOOD CLASSICS PHILADELPHIA 76ERS WHEAT

伝統の一戦へ一直線?

ブログネタ
NBA に参加中!
レイカーズ(2勝)124-112サンズ

「伝統の一戦」って言葉、日本以外にもあるんでしょうかね。セルティクスに続きレイカーズも連勝し、2年越しのファイナルリマッチへそれぞれあと2歩となりました。

NBA創成期からある古豪にして名門、セルティクスとレイカーズは、あまりに長きに渡るライヴァル関係を築き上げてきました。その歴史を語る事は、NBAの歴史そのものを半ば語るようなものです。ラッセル対チェンバレン、バード対マジックのライヴァル対決もまたこの2チームの戦いを彩りました。ある意味、リーグにとっては原点にして至高の鉄板カードだと言えます。

正直、キャヴスがプレーオフの舞台から退場してレブロン対コービーのバトルが無くなった今、リーグが望んでいるのはセルティクス対レイカーズでしょう。幅広い年齢層にアピール出来る上に両者スターパワー満載、これで視聴率取れなかったらどうすんの、ってレヴェルです。レイカーズにしてみればこれは2年前の借りを返すチャンス、セルティクスにとってはKG不在の間に逃したタイトル奪還がかかっています。ドラマ性も申し分無い、って訳です。

しかし、ちょっと待てと。まだカンファレンスファイナルです、今。「西も東ももう\(^O^)/オワタ」とか「ファイナル楽しみw」とか、しまいには早くもマジックやサンズをどう再建するかを語り出す輩まで出る始末です。

冗談じゃありません。マジックもサンズも確かにあまり良くない形で負けましたし、2敗からの逆転劇がどれだけ難しいか分からない訳じゃありません。しかし、貴方がマジックなりサンズなりのファンであるならば、逆転の難しさを理解する事とそのミラクルを信じる事は、全く別の問題であるはずです。0勝2敗が厳しいなんて小学生でも分かる事ですが、それでさっさと諦めるとかどんだけ根性無いのかと。そんな昨晩のカーターやレディックよりもメンタルタフネスに欠けるファンでどうするのっと言いたい訳です。

片やプレーオフのシリーズ中に完全体と化した感のある2年前のチャンピオン、セルティクス。片や安定した強さを見せる常勝海南、もといディフェンディングチャンピオン、レイカーズ。サンズファンの皆さん、相手は伝統に裏打ちされた名門チームですが互いに奇跡を信じましょう。え、マジックみたいな新参チームと一緒にするな?こりゃまたシッツレイしました〜( ̄ω ̄)

banner_03


NBAダイナスティシリーズ / ヒストリー・オブ・ボストン・セルティックス コレクターズ・ボックス [DVD]NBAダイナスティシリーズ / ヒストリー・オブ・ボストン・セルティックス コレクターズ・ボックス [DVD]
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2005-10-07
クチコミを見る

NBAダイナスティシリーズ / ヒストリー・オブ・ロサンゼルス・レイカーズ コレクターズ・ボックス [DVD]NBAダイナスティシリーズ / ヒストリー・オブ・ロサンゼルス・レイカーズ コレクターズ・ボックス [DVD]
出演:ジョージ・マイカン
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2005-10-07
クチコミを見る

非情のロッタリー

ブログネタ
NBA に参加中!
http://sports.espn.go.com/nba/draft2010/news/story?id=5199693

つー事で1日取り上げるのが遅れている間に、Go New York Go!さんで完璧過ぎるドラフトロッタリーまとめがなされていました。書き足せる事無くないですか、これ(-_-;)

ネッツは確か25%の確率で1位を外したんですよね。ドラフト1位+ロペス兄はじめ何気に揃った若手有望株+ブルックリン移転+ロシアンマネーという魅力的コンボが来たらレブロン獲得競争の構図が一気に変わると思っていただけに残念です。因みに最下位チーム(=1位指名権ゲット率最大)がドラフト1位を逃すのは実に'04年のマジックを最後に6回連続の事です。何だかなあ(^_^;)

banner_03

adidas Campus II + NBA Washington Wizardsアディダス キャンパス2 NBA ワシントン ウィザーズ
adidas Campus II + NBA Washington Wizardsアディダス キャンパス2 NBA ワシントン ウィザーズ

そんなスウィープはいらん

ブログネタ
NBA に参加中!
セルティクス(2勝)95-92マジック

色々、残念でしたね(´・ω・`)

http://www.nba.com/games/20100518/BOSORL/gameinfo.html#nbaGIPlay

試合の大半はいい勝負でした。3Q後半から引き離されかけるもまたまた4Qに巻き返し。13-4のランで点差を詰めると残り3:35にカーターのジャンパーで90-89と逆転。マジック終盤の追い込みが今度こそ叶うかと思われました。しかし、マジックファン歓喜の時はあまりに短かったのです。

http://espn.go.com/blog/truehoop/post/_/id/16030/the-orlando-magics-banal-game-2-collapse




KG、そしてロンドのジャンパー。その間の不可解なレディックのオフェンスファウル(飛んでいるレディックが空中にいる間に走り込んできたグレン・デイヴィスがチャージング)。マジックもネルソンのレイアップで迫りますが、セルティクスもピアースが巧みにFTを獲得、勿論外しません。これで92-95となりました。

3点差を追うマジックはカーターがインサイドへ切り込み、ピアースを6ファウル退場へ追い込むファウルとFTを得ます。攻防一体感あるこのファウルは大きなポイントになるかと思われました。ハードなディフェンスの対価としてセルティクスはファウルトラブルに陥っていました。パーキンスはファウルアウト、ラシードも5ファウル。マジック逆転の目は十分あるかと思われました。カーターのFTが2本とも外れるまでは・・・。'95年ファイナル第1戦のニック・アンダーソン、昨ファイナル第4戦のドワイトの悪夢が、今度はマジック1年目のカーターにも襲いかかりました。ま、過去2回と違って今回は負けてたんですが。

ともあれ、これでリードは3点のままです。ヴァンガンディーHCはファウルゲームに行かず、セルティクスに時間を使わせます。KGのジャンパーは外れ、リバウンドはレディックの手に。が、今度はレディックが手痛いミスを犯します。彼はすぐさまタイムアウトを取らず、何故かドリブルでハーフコート手前まで進んでからやっとタイムアウトを取ったのです。レディックがボールを持った時には7秒程残っていた時間は3.5秒に縮んでしまいました。UNC卒業生に続き、今度はブルーデヴィルズのOBがベンチで頭を抱える羽目に陥ったのです。何しろ時間を使った上に、ハーフコートラインを越えなかったのでタイムアウト明けのスローインは自陣側からとなってしまったのですから。

かくてマジック最後のオフェンス、ボールを持ったのはネルソン。彼のクイックネスを持ってしてもディフェンスを振り切り、十分な体制でシュートを打つのは不可能でした。オフバランスな3はエアボールとなり、試合終了。マジックはホーム2連敗、スウィープフラグを持ってボストンへ向かう事になりました。

http://www.nba.com/games/20100518/BOSORL/gameinfo.html#nbaGIboxscore

ドワイトはFG9/13の30得点8リバウンドと今回はオフェンスで貢献しましたが、それ以外のメンバーは今回かなり苦しんでます。カーターとレディックが16得点した以外は2桁得点選手さえいません。しかも、そのことも考えれば、終盤手痛いミスをしたとはいえ、私は安易にカーターとレディックを責める気にもなれないのです。

とりあえず、これでマジックはかなり厳しい状況に追い込まれました。次負ければ勿論過去に例の無い3敗からの4連勝というミッションインポシブルを迫られますし、よしんば勝てたとて、先に王手をかけないと厳しいです。何しろ、セルティクス相手に2勝3敗から逆転してシリーズを制したチームは、NBA史上昨カンファレンスセミファイナルのマジック1回のみなのですから。今もっとも充実しているセルティクス相手に、しかもボストンの地で2連勝しなければならない。これは物凄いタスクですね。フィル・ジャクソン第1戦伝説のジンクスに挑むサンズよりもハードルが上がってしまったかも知れません。

しかし、ドワイトはこの逆境にあってなお「(ファイナル進出を)信じる事を止めない。チームメイトが信じる事を止めさせない」と言い放ちました。その言や実に良し、です。安西先生の名言「諦めたらそこで試合終了だよ」を今更引用する必要はありませんよね。私も勿論ドワイトの言葉に全面的に賛同します。

思えばマジックはかつて、ピストンズの高い高い壁に幾度となく跳ね返されてきました。結局その壁を乗り越える前に、ピストンズの壁はベルリンの壁の如くに自壊してしまったのです。しかし、その壁を形成していた中心人物の1人、ラシードは今ボストンの地にいます。そう、越えるべき壁は依然としてありました。クリーヴランドのレブロン王朝が今年も王道道半ばにして倒れた時、最早マジック・キングダムの覇道を遮るチームはファイナルまで無いと私も信じていたのですが、どうやらそこは認識が甘かったかも知れません。

しかし、この厳しい状況においてもなお、私はマジックを信じます。ホームでの2連敗という厳しい状況は明らかですが、しかしまだ4回負けた訳じゃありません。しかも今回はドワイトが抑え込まれた訳じゃないんです。審判の問題とかという以前に、マジックに必要なのはこの連敗から反省するべき事は反省し、しかしながら連敗のショックからは頭を切り替えられるかどうかでしょう。そのあたりの選手のメンタル対応はヴァンガンディーHCの仕事になると思います。

戦況は極めて厳しくなりましたが、まだ王手をかけられた訳ではありません。いや、かけられたとしても「マジックは優勝候補」という私の姿勢は変わりません。第1・2戦と最後までマジックの勝利を信じたように、このシリーズをここから逆転で制する事を私は信じ続けるつもりです。21シーズンを過ごしてきた「O-rena」のファイナルゲームがこの試合にならないためにも。



banner_03

NBA スウィングマン ジャージ ラジョン・ロンド(ロード) セルティックス adidas Boston Celtics Rajon Rondo Swingman Road Jersey
NBA スウィングマン ジャージ ラジョン・ロンド(ロード) セルティックス adidas Boston Celtics Rajon Rondo Swingman Road Jersey
NBA オーセンティック ジャージ ポール・ピアース(ロード)セルティックス adidas Boston Celtics Paul Pierce Authentic Road Jersey
NBA オーセンティック ジャージ ポール・ピアース(ロード)セルティックス adidas Boston Celtics Paul Pierce Authentic Road Jersey
NBA オーセンティック ジャージ ケビン・ガーネット(ロード)セルティックス adidas Boston Celtics Kevin Garnett Authentic Road Jersey
NBA オーセンティック ジャージ ケビン・ガーネット(ロード)セルティックス adidas Boston Celtics Kevin Garnett Authentic Road Jersey
ご要望 多数!NBA スウィングマンショーツ セルティックス(ロード) adidas Boston Celtics Road Swingman Shorts
ご要望 多数!NBA スウィングマンショーツ セルティックス(ロード) adidas Boston Celtics Road Swingman Shorts

レブロン・ジェームズ概論6〜レブロンと「あのヒト」中編〜

ブログネタ
NBA に参加中!
さて、先に言っておきますが別に私はレブロンがキムヨナ並みに優遇され倒していると言ってる訳ではありません。だいたいレブロンはもう敗退してますしね。ただ、この二人は良い比較材料だなとは思うんです。早くから未来を嘱望されていた事、若くして結果を出しその競技を代表する選手となった事、しかしながら回りには狡猾な大人達の思惑が渦巻いている事、その結果選手本人が何でも自分の思うように行くかのように勘違いを起こしつつある事・・・。

気をつけたいのは、これは別に選手自身に何か問題がある訳では無いってとこです。若く将来性ある若者に群がり食いモノにしようとする大人、という構図は実のところ芸能界を筆頭に実に普遍的な光景なのですよ。そして、その中で若者自身が勘違いを起こすのもまた無理からぬ事なのです。つまり、その選手個人を責めてどうなる話でも無いんですね。

キムヨナは不透明度史上最高点で無理矢理金メダリストにされてしまいましたが、レブロンをMVPに選ぶ事はあっても無理矢理優勝するようには持っていかないNBAは、実はオリンピック委員会より健全な組織なのかも知れませんね(笑)。

それはともかく、キムヨナへの採点を追究する意見や分析は主にネット上に多く見られますが、良くないのが時にキムヨナ個人攻撃、または単なる韓国叩きが少なくない事です。YouTubeの検証動画のコメント欄なんか只の差別発言じゃないのかとしか思えないものもよくあります。それでは何の批判にもならないどころか、「キムヨナを毛嫌いする差別主義者」「ナショナリズムが過ぎた韓国バッシング」と曲解されてしまうのがオチです。「○○氏ね」「○○はチョン」・・・それで貴方のストレスは発散されたかも知れませんが、こういったコメントでその事象の本質から離れてしまう程に、本来の問題解決からは一層遠ざかってしまうのです。

最近だと2chよりヤフーのコメント欄がかなり先鋭化してますね。脊髄反射みたいなレス見てると本当に只のストレス発散の場になってるなあと思います。ネットはチラシの裏ではなく、世界中どこからでも閲覧出来るものです。貴方が何気無く発した一言を見て、「日本人は差別的だ」と勘違いされるかも知れません。無記名だから責任が無いなんてとんでもない話なのです。ああ、別に勝間和代さんみたくネット匿名を糾弾はしませんよ(笑)。匿名でも発言の内容にもっと慎重に行きましょうね、って話です。

(以下次回)

banner_03


2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? (扶桑社新書)2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? (扶桑社新書)
著者:西村 博之
販売元:扶桑社
発売日:2007-06-29
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

僕が2ちゃんねるを捨てた理由 (扶桑社新書 54)僕が2ちゃんねるを捨てた理由 (扶桑社新書 54)
著者:ひろゆき
販売元:扶桑社
発売日:2009-05-29
おすすめ度:3.5
クチコミを見る

フィル・ジャクソンの法則またも発動

ブログネタ
NBA に参加中!
レイカーズ(1勝)128-107サンズ

うーん、FG成功率58.0%とか。初戦からいきなりレイカーズがぶちかまして来ましたね。戦況は例によってplaceinthesunsさんに譲りますが、これでまたもフィル・ジャクソン最強のジンクスが起動してしまいました。「フィル・ジャクソンが率いるチームは7戦シリーズで第1戦を取れば勝率100%」、この至高のHC伝説に挑まなければいけないのです。

しかし、ジンクスとは破られるためにあるんですよ。マジックだってKGのいない隙にですが、史上初めてセルティクス相手に2勝3敗からシリーズを制したチームになりました。サンズがこのフィルのジンクスを破れば、'93年ファイナル、バークリー時代のサンズがパクソンのクラッチ3ポイントの前に散った時のリヴェンジを果たせるというものです。バークリー多分泣いちゃうな(笑)。まああの時の相手はレイカーズじゃなくてブルズだった訳ですが。

ジンクスに萎縮していては戦う前から敗北です。渋川剛気じゃないんですから(^_^;)まだ1回負けただけ、次勝てば焦るのはホームコートアドヴァンテージを失うレイカーズの方です。アマレはともかくナッシュとヒルに残された時間は多くありません。第2戦、サンズの反撃に期待しましょう。

banner_03

レイカーズタペストリー(新品、NBA.バスケットボール)
レイカーズタペストリー(新品、NBA.バスケットボール)
【09 10モデル】【全世界限定300着】【全世界限定300着10%オフ】【09 10モデル】【トレーナー・パーカー】【リミテッドモデル】NOMIS appareal/ノーミスアパレル BASKETBALL HOODY LOS ANGELS LAKERS (WHITE)【バスケット フーディー レイカーズ】
【09 10モデル】【全世界限定300着】【全世界限定300着10%オフ】【09 10モデル】【トレーナー・パーカー】【リミテッドモデル】NOMIS appareal/ノーミスアパレル BASKETBALL HOODY LOS ANGELS LAKERS (WHITE)【バスケット フーディー レイカーズ】
この文を書きたる者
ペニー
六伍壱 ◆MAGICcvM2E
昔の名前はセントトーマスこと 「NBA MAGICAL INSIDE」 (現在更新停止)管理人、 2chマジックスレ は最近はご無沙汰。シャック&ペニー時代からマジックを追っかける'90s世代NBAファンです。耳寄り情報・ご要望・リクエスト・リンク希望・ツッコミetcはmagicalinside651@gmail.comまでドゾー。twitterにもおりますので「六伍壱」で検索してみて下さい。
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
BBS
初めての方等、お気軽に一言どうぞ。前サイトのBBS流用です。 BBS
至高のスニーカーショップ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ブログランキング
このblogでお楽しみ頂けた方、また他blog検索などの際にもポチっとどうぞ。 人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード
緊急地震速報
ニコ生(青文字先輩フルボッコ)
楽天
Googleアドセンス
Google検索(当ブログ内検索用)
カスタム検索
  • ライブドアブログ