NBA ALL-ROUND MAGIC オーランド・マジック&NBA最新情報ktkr!

300万ヒット行きました。ありがとうございます。

アニメ

バスケ漫画話 その6「BUZZER BEATER」

・・・こっちのシリーズは久々ですね。井上雄彦さんスペシャルで暫く行きましょう。

「スラムダンク」が理由はさておき、伏線回収を描き切れずに終わった事は、井上さんにとって恐らくはそれなりの不満を残したことでしょう。バスケットボール漫画を描きたい・・・その思いは読者の予想外も予想外、ウェブ上での連載という形で再び結実しました。それが「BUZZER BEATER」だったのです。載っていたのはCS放送のESPN(現在はJ-SPORTSに統合されました)のHP。井上さんの、バスケットボールシーンを盛り上げたいという気持ちが伝わります(現在は井上さん公式HPで全ページ読めます)。

http://www.itplanning.co.jp/bbimages/body.img/B0/FBEAT0.HTML

ウェブ上だからこそ実現したフルカラーの連載は、細かく描き込んだ訳ではなく、吹き出しも全て手書きというかなりハンドメイドスタイルです。が、センスの良さというのはむしろこういうスタンスでこそ伝わるのですね。キャラの造形の妙、「宇宙人」「角」というファクターの使い方、そして何よりこの人一流の躍動感。61回目のアリウープのシーンとかやっぱりお見事です。

・・・ところで、前々から思っていた事があるのですが、「スラムダンク」と「BUZZER BEATER」、タイトルの付け方が逆の方が良かった気がするのですね。というのも、「スラムダンク」は確かに第1回目は花道のダンク挑戦で始まりますし、海南大付属戦や陵南戦にも印象的かつ話の展開に重要なダンクはありますが、最終回は花道のブザービーターで試合が終わります。一方「BUZZER BEATER」は実のところブザービーターショットは1本しか出ない上に、主人公が打ったものではありません。むしろ主人公の決定的なシーンはダンクないしアリウープが殆どであり、むしろこっちの方が「スラムダンク」ってタイトルで良くね?と思ってしまうのですよ。

ともあれ、「BUZZER BEATER」は現在月刊少年ジャンプにも載った流れで集英社から単行本が発売されているほか、PSソフトで一部動画処理を施したものも発売されました。そして何より、アニメ化されてましたよね。WOWOWでのOAだったりしたので視聴の機会に恵まれませんでしたが、先日までスカパーでも流れていました。

正直このタイミングでのアニメ化という意味が良く分からず、またも駄作アニメ化かと殆ど期待せずに斜め読みならぬ斜め見してましたが、結構いけててビックリです。特に話の改変が絶妙で、原作に手を加えた映像化でこれほど上手いなと思わせたのは「DEATH NOTE」実写映画版以来です。バスケシーンは流行のCGで、明らかに同じ映像の使い回しもありますが、毎週OAのアニメでは致し方無い事なのでこれは不問という事で。ま、原作はお金ない方は上記リンクで、ちょっと余裕のある方はブックオフetcで、大変余裕のある方は本屋ないし下記リンクで、モノスゴク余裕のある方はDVDまで購入してみると良いと思います(笑)。

banner_03

BUZZER BEATER 1 (1) (ジャンプコミックス)
BUZZER BEATER 2 (2) (ジャンプコミックス)
BUZZER BEATER DVD-BOX
BUZZER BEATER 2nd Quarter DVD-BOX

バスケ漫画話 その5「スラムダンク」アニメ版

こちらのシリーズも久々ですね。前回はスラムダンク漫画版について語りましたが、今回はアニメ版です。基本情報確認用に、再度ウィキペディア貼っておきます。

Wikipedia

とりあえず、オープニング&エンディング集をば。



これらの曲は全て、いわゆるビーインググループの楽曲ですね。古くはB.B.クイーンズの「おどるポンポコリン」に始まり、B'z、ZARD、T-BOLAN、WANDS、DEENといったヒットグループを量産した製作会社です。「君が好きだと叫びたい」のBAADもT-BOLANやWANDSの方法論をそのまま使ってデビューさせたグループでしょう。ただ、私も彼らが織田哲郎や栗林誠一郎といったビーインググループのソングライターから楽曲提供を受けていなかったとは知りませんでしたが・・・。因みに2代目主題歌「ぜったいに誰も」のZYYGは、見事に織田哲郎作曲でした。それにしてもよくこれだけ同じような声質の人を集められるものですね、ビーイング。

http://ja.wikipedia.org/wiki/BAAD

http://ja.wikipedia.org/wiki/ZYYG

エンディングはお馴染み大黒摩季に始まり、WANDS、MANISH(あまり記憶にないなぁ・・・)、そしてZARDと4曲が使われていました。・・・エンディングの方が面子豪華じゃね?

音楽話はそれくらいにしといて肝心のアニメ自体の話なんですが、ひとつ残念なのは、そもそもアニメ版は完結せずに終わってしまった事。インターハイ出場を決めて、その後猛特訓するとこまでは原作と同じなんですが、実際にインターハイに進む前で話は終わってしまいました。もっとも、代わりに陵南+翔陽連合チームとの練習試合なんていうオリジナルストーリーが最後にありますが。あと、映画版もオリジナルストーリーでしたね。

ただ、私がもっと残念なのはアニメ自体の演出です。セル画の使い回しなんて毎週放送のアニメでは常識ですし、むしろそこは大目に見てやりなよって感じなんですが、原作者の意図をアニメ製作側はどのくらい理解していたのかな、とは思います。確かインターハイ予選の陵南戦だったと思いますが、赤木キャプテンがリョータのアシストでアリウープを叩き込む場面がありました。このシーン、アニメだとパスからダンクまでにCMを挟むほど引っ張った演出になってます。が、原作だとリョータがひょいっと無造作にパスを出し、あれれと思ってページをめくるといきなりゴリがダンクを叩き込んでいるのですね。

TV放送などで見ている向きにはアリウープの動きは分かり易いですが、えてしてコートにいる選手にとってアリウープは意表を突く攻撃だと思うのですね。あれ、なんだろうこの高さのあるパスは・・・と思っていたらいきなりダーンク!みたいな。そういう驚きの感覚が原作には明らかに描かれていたのに、アニメ版にはそれがなくなっていました。少なくとも、視聴者としては全く意表を突かれなかったので、見ていてあまり盛り上がらなかったのです。演出過剰と言いますか、近年のオリンピック中継(特に民放)を見るようだったとでも言いますか。

・・・と言ってはみたものの、全体的には良く出来たアニメ化ではあったと思います。今のバスケアニメの殆どがCGで試合の選手の動きを再生していますが、当時は勿論セル画オンリーでしたから、手間暇の差は歴然です。それに上記のシーンも連載中作品アニメ化の常で、尺を伸ばすために必要以上に引っ張る必要が生じた結果だったのかも知れません。そう考えると、ちょっと責め辛いものがあります。

バスケットボール人気を盛り上げる立役者として「スラムダンク」が大きな役割を果たした、それは明白な事実です。まして全国放送されたアニメ版の影響力は更に上を行ったことでしょう。それだけで十分、この作品は凄過ぎます。細かい事は気にせず、素直に楽しんで見るのが一番正しい鑑賞の仕方なのでしょうね、きっと。

P.S.
「ダッシュ勝平」スカパーで見ました。・・・よくこんな内容のアニメ放送出来たな、と正直思いました。「まいっちんぐマチ子先生」一歩手前だと思います、あれ。

banner_03

SLAM DUNK DVDコレクション VOL.1
SLAM DUNK DVD-COLLECTION VOL.2
SLAM DUNK DVD-Collection Vol.3
SLAM DUNK THE MOVIE

バスケ漫画話 その4「スラムダンク」漫画版

いよいよ来ました・・・。そこ、誰も待ってないとか言わない。

この作品についてはあまりに多くが語られており、私如きが今更言い足すべき事も少ない気がしますが、バスケ漫画話をする限りやはりこの作品は避けて通れません。ジャンプ黄金期を支えた大ヒットにして、バスケ漫画史上最高の成功を収めた作品と言えましょう。まあ基本的な情報はWikipediaででもご確認頂くとして。

Wikipedia

自分が昔読んだバスケ誌(立ち読みにつき誌名不詳)には、主要キャラについて特定NBA選手がモデルなのではないか、というツッコミをし、森重寛(名朋工業高校)≒シャックという1点以外、完全に否定されてました(笑)。否定されてるのにもう一度最後に聞き直して更に否定されるとか、読んだ当時もなんだかなぁと思った記憶があります。

前々回に取り上げた「Dear Boys」の場合は作者自らマイケル・ジョーダンとマジック・ジョンソンがそれぞれ主人公の哀川・藤原のモデルと公言してました。確かにゴリこと赤木キャプテンとかどう見てもユーイングがモデルですし、桜木とロドマンの髪型およびリバウンダー振りの近似を否定するのは難しいです。このノリで行くなら、さしずめリョータはケヴィン・ジョンソンですかね?

私が思うには、井上さんの中では特定選手という訳ではなく、各ポジションにおける選手の理想みたいなものがいくつかあって、それを体現させていたのではないかと思います。もちろん同じポジションでも選手によって違う良さがある訳で、そういう描き分けが上手いなと。

例えばPGでもリョータ、仙道、牧、藤真、深津ピョン吉とかなり異なるタイプが描かれていますし、安田のバックアップPG感(リョータほど派手ではないが堅実なプレースタイル)はこれはこれで納得させられます。センターにしてもゴリと花形では剛柔全く対照的ですよね。同じポジションでもキャラごとにプレースタイルの差があり、読んでいてそれぞれの長所が非常に分かり易いです。こういう描き分けってのは特定のモデルがいるというより、長年バスケをプレーし、また観戦することで培ってきたものだろうなと思います。

NBA選手との類似といえば、「スラムダンク」の絵柄をそのまま書き写した漫画が連載強制終了&単行本全巻廃刊扱いになった際、その「スラムダンク」自体がNBAの写真からのトレースを指摘されていました。

検証サイト

個人的には「サルでも描けるまんが教室」の名言「見てかけばいいんだ!」を知っているので、この手のネタにはあまり腹は立たないなと。漫画そのものからのトレースよりは全然マシな気もします。あからさまなパクリはどうかと思いますし著作権法は守るべきだとは思いますが、あまりガチガチ過ぎるのも自由な創造活動の妨げになるかなと。ニコニコ動画で吉幾三絡みのネタとかを見てる人なら分かってくれると思います、これ。

ストーリー展開の巧みさはもう言うまでもないですよね。湘北の先発5人が揃うプロセス、特に三井の登場→殴り込みで部活ピンチ→「バスケがしたいです・・・orz」→先発SG三井復活、というアップダウンの流れは今読み返しても恐れ入ります。私が「スラムダンク」をまともにフォローし始めたのも今にして思えばあのあたりからでした。そうそう、インターハイ出場を賭けた陵南との決戦最終局面で、一切台詞無しで緊張感を表現しておき、この回通して初めて描かれたセリフが花道がリバウンドダンクを叩き込んだ直後のもので、しかもかつての練習試合で仙道にやられた時の伏線回収だったってのも前振りながっ!しかも印象付け上手っ!て感じです。

ただ、それだけにインターハイでの伏線(名朋工業、愛和学院、大栄学園関係)が一切回収されずに話が終わったのは残念でした。一説には井上さんは湘北が山王に惨敗する予定にしていたのを、ジャンプの編集者が湘北の敗北を許さなかったためあんな話になったと言われてますが、うーん信憑性あるかも。何しろジャンプでは当時、「ドラゴンボール」も散々話を引っ張らされたあげく、またまた天下一武道会・・・と思ったら唐突に悟空が会場から抜け出して連載終了、ということがありました。その「ドラゴンボール」も終わった後だけに、「スラムダンク」担当編集もプレッシャーが高かったであろうことは想像に難くありません。それだけに事実関係がそうだったとしても、あまり編集者個人は責められないかなぁ。実際「スラムダンク」連載終了と共にジャンプ黄金期は終了した訳ですし。

とはいえ、そうでなくても話が長くなる井上さんのことです。あのまま更に描き続けてももちろん面白かった事うけあいなんですが、結果的に山王戦で終わったことで、あの試合がこの上なく熱い展開になった事も事実でしょう。実際のところ有り得ないであろうアップセットを、なるべくリアリティーある展開で考えたら、ああいうミラクルの連続でも無ければ描けなかったでしょうしね。それがまた話を嫌が上にも盛り上げた訳ですけど。三井の4ポイントプレーとか。ああ、あそこでのメガネ石井くんの「ぐひぃ」と「湘北に入ってよかった・・・」は名言ですよね。

あの続きが読みたい人は多いですし、実際ブログ等でオリジナル続編を考えておられる方も複数いらっしゃるようですね。続編執筆については井上さんも言を濁してますが、今更あの続きを本格的に描く可能性はかなり低いように思います。「Dear Boys」を見ても明らかなように、時代背景やルール変更を作品に反映させるのも苦しいですしね。それに「バカボンド」「リアル」共にヒット中で長期連載モードに入っており、いつ終わるか分からないでしょうし、その2作品にしてもまだまだ続きが気になります。とりあえず、私は今のままでもう十分満足です。

ということで、最後に井上さんがイヴェントで黒板に書いた続編の動画でもご覧頂きましょう。いやー、これイベント終了後に全部消しちゃったとか本当勿体無いですよね。



次はアニメ版スラムダンクについてぼちぼち語りましょう。

banner_03

スラムダンク 完全版 全24巻セット

バスケ漫画話 その2「Dear Boys」

ちと間が空きましたが集中短期シリーズその2は、バスケットボールを題材にした漫画で只今最長連載中の「Dear Boys」です。

月刊漫画誌最多部数を誇る月刊少年マガジン誌(この分野だけはジャンプも敵いません。だからこそ月刊少年ジャンプ誌はスクエアジャンプ誌にリニューアルしました)にかれこれ20年近く連載を続けるこの作品、連載開始もあの「スラムダンク」より前の1989年。ただ、作者の八神ひろきはどちらかというとお色気漫画が得意技で、実際直前まで同誌に連載していた「二人におまかせ」も、「G-taste」も完全にそっち系。まあ昨今のそっち系の作品とか同人誌の世界に比べれば可愛いものですが・・・。

そんな作者なので、正直ちゃんとバスケ漫画書くんかいと心配でした。第一話を見ると早速主人公の哀川が女子キャラをいきなりスカートめくりで、ああやっぱりか〜と一瞬思ったもんです。が、その哀川がいきなりダンクをかますという、やや現実味は欠けつつもツカミとしては上々な始まり方を見て、少々考えを改めました。

当時の私はバスケへの関心も浅く、ある意味一般的な漫画読者層でした。そんな自分にバスケという、体育の授業以外では馴染みの薄いスポーツを題材とした漫画を読ませる作者の技量は、今にして思えばなかなかのものだったんだなと思います。スターターの5人しかいなくて、藤原が5ファウル退場後4人で戦う話とかなかなか良かった覚えがあります。

バスケとお色気って、考えたら「ダッシュ勝平」と同じですね。主人公がチビ(絵柄的には全く違いますが)なのも同じような。まあ連載1回目に注目を引くためのサービスカットは、ドラマ放送1回目におけるそれと同じようなもんです。「ダッシュ勝平」は基本お色気ラブコメ路線でバスケは二の次でしたが、「Dear Boys」はラブコメ路線は薄くなりましたし。

作品自体については今更私が語る事も少ないでしょう。氷室京介→氷室恭子とかキャラのネーミングに時代を感じるのは仕方ないですね。哀川は哀川翔だし、蘭丸はストリートスライダーズ(分かります?)の蘭丸からだし。森高ってのも'80〜'90sだなって感じです。そもそも髪型含めてキャラの造形が完全に'80sの漫画ですよね。それで20年持たせるのも考えたら凄い事です。

月刊誌掲載作品の常で話が進まず、作者も現代に話を合わせるのが大変だと思いますが、ここまで来たら作者の気が済むまで描き続けて欲しいですね。本格バスケットボール漫画で初の商業的成功を収めた作者に心から拍手を贈りたいと思います。

次はジャンプ掲載の「アレ」に挑む予定です。期待せずに(笑)お待ちあれ。

P.S.

アニメ版をチラ見しました。・・・このオープニングテーマはないわ(笑)。いや、バスケとヒップホップは相性良いですけど、この作品には違うんじゃないかと。あれ、スカートめくりシーンってアニメだと無くなってるんですね。お色気色は完全カットですな。エンディングテーマは・・・まあ動画の続きを探してみて下さいませ。

banner_03

「DEAR BOYS」DVD-BOX

バスケ漫画話 その1「ダッシュ勝平」

ド短期新シリーズです。バスケットボールに関する漫画・アニメについててけとーに語ります。物凄くてけとーです。

こういうテーマだと普通やはりあの超名作漫画「スラムダンク」に行くんでしょうけど、その前に元祖バスケットボールマンガを攻めてみようかなと。「ダッシュ勝平」、少年サンデーに乗ってたのが1979〜82年という最早クラシックな部類に入る作品ですね。

話の内容は正直バスケットボール漫画というより、ラブコメ、いやもっとはっきり言えばエロコメと言っていいでしょう。何しろ主人公の坂本勝平ってのがもう超が付くほどH(死語)です。まあ、Hなだけである意味害はないあたりが「まいっちんぐマチコ先生」あたりにも通じます。明るく健全なエロ、って感じですかね?パンツとか見て喜んでるだけ、って小学生低学年みたいな感じです。実際勝平の背丈も小学生並みですし。

ただ、この漫画を描いたのは後に「F」のようなシリアス路線でもヒットを飛ばした六田 登です。バスケットボールのシーンはきっと真面目に書いているに違いない!と思って、タツノコプロ作成のアニメで見てみようと思ったんですよ。



・・・何故かYOUTUBEで探してみたらイタリア語やスペイン語のVer.があって吹きました。ジャパニメーションの浸透力恐るべし。色々見てたら、バスケットボールのルール解説なんかもあったりして、「スラムダンク」と同じ事やってたんだなーと。一方でキャラのファッションには物凄く時代を感じます。長髪キャラとか「スラムダンク」には殆どいなかったような。何と言いますか、'70sノリですよね。バッシュはどうみてもアディダススーパースターっぽい感じですし。

上の動画見てたら4:20ぐらいから勝平の必殺技、「あかねシュート」(漫画では「トキオシュート」。沢田研二が元ネタか?)が出てきます。これは体の小さい勝平がリムの遥か上まで飛び、ぶかぶかのユニフォームをパラシュート代わりにしてゆっくり降りながらレイアップを入れるという、「だったらダンクしろよ」と思わなくも無い技です。あれ、これってもしやブロックした瞬間にゴールテンディング?「侍ジャイアンツ」の回転魔球だの分身魔球だのという荒唐無稽な必殺技からすれば可愛いものですが、正直「ねえよw」ってレベルではありますな。まあマンガにそんな事言い始めるとあれもこれも「ねえよw」レベルなので無粋な突っ込みは止めときましょう。

もうひとつあった必殺技が「ニャオンシュート」。招き猫みたいな手つきでシュートを放つという、ややフィンガーロールっぽい気もする技です。ただ、シュートにスピンがかかってバックボードで特殊な挙動をするという、これまたやっぱり「ねえよw」レベルの技であります。

・・・てか、調べてたらこんなHPに行き着きました。

http://members.at.infoseek.co.jp/nea/kappei.htm

世の中にはここまで調べ上げる凄い人がいるのですね(更新停止しているのが非常に残念ですが・・・)。漫画に登場する魔球だけを集中して取り上げたこの方のHPによると、実に19種類も魔球があったとは。千手観音シュートとか「スラムダンク」のフンフンディフェンスに通じるものがありますな。詳しくは是非このHPを見てみて下さい。

ストーリー展開としてはこの後、バスケットボールからどういう経緯か卓球部に行ったりするんですよね。素振りだけのキャラとかなかなか着眼点が素晴らしいなと今でも思います。で、最終的にはまたバスケで締め、みたいな。最終話は長嶋監督ネタとか、昭和テイストにも程があると思います(笑)。

今にして思えば、主人公がチビでダンク出来るジャンプ力もあるってのは「Dear Boys」あたりの先駆者でもありますね。背丈の低い日本人がバスケットボールで目立つのはむしろチビだろうというのは発想としてやはり誰しも思う事なのかも知れません。ただ、判官贔屓思想、弁慶<義経的な思想も源流なのかなと思ったりします。チビな選手が自分より大柄な選手達をキリキリ舞いさせる・・・洋の東西を問わず、こういうのが人間は好きなんでしょうね。だから海外でも放送されたのかなとも思います。まあエロコメなんですけど。

正直、本格的バスケ漫画かと言われれば「違いますよ」とお答えするしか無いレベルです。ただ、野球漫画全盛期においてバスケ漫画など異端でしかなかった時代に、曲がりなりにもバスケ漫画でアニメ化されるまでの人気を獲得した事はもっと評価されていい気がします。偉大なる先駆者に今こそリスペクト!あ〜、文庫本とかで再刊されないものですかね。

P.S.
スカパーで再放送始まるみたいですね。時間があったらチラ見してみようと思います。

banner_03

ダッシュ勝平 【コミックセット】
この文を書きたる者
ペニー
六伍壱 ◆MAGICcvM2E
昔の名前はセントトーマスこと 「NBA MAGICAL INSIDE」 (現在更新停止)管理人、 2chマジックスレ は最近はご無沙汰。シャック&ペニー時代からマジックを追っかける'90s世代NBAファンです。耳寄り情報・ご要望・リクエスト・リンク希望・ツッコミetcはmagicalinside651@gmail.comまでドゾー。twitterにもおりますので「六伍壱」で検索してみて下さい。
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
BBS
初めての方等、お気軽に一言どうぞ。前サイトのBBS流用です。 BBS
至高のスニーカーショップ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ブログランキング
このblogでお楽しみ頂けた方、また他blog検索などの際にもポチっとどうぞ。 人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード
緊急地震速報
ニコ生(青文字先輩フルボッコ)
楽天
Googleアドセンス
Google検索(当ブログ内検索用)
カスタム検索
  • ライブドアブログ